登山関連のブログ情報  -  ブログ「 沢ヤカ男のブログ 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 21  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12600718580.html
水道みち&白糸の滝 緊急事態宣言は解除されたものの、公私の制約で不要不急の遠出は今しばらく辛抱の身。今日は水道みちと滝のある不動尊をトレーニング散歩のwalkコースに選択してみた。命の次に大切なものそれは「水」のような気がしてならず、横浜水道みちと市内にある渓谷の滝についてにわか勉学。進路は多種あり 蛇口をひねると衛生管理された「おいしい飲める水」が出てくる国は世界中で日本くらいではないか。維持管理コ...   (続きを読む)
2020/05/31 12:01:17 (4日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12599277610.html
奇跡の里山 この森に足を踏み入れると、沢の源頭に迷い込んだ錯覚を覚えた。谷戸は毛細血管のように枝分かれ、その一つ一つから滲みだす一滴を観る。すごい森だ。ここも開発の時代は住宅地になる予定だったとか。事実周囲は大型団地と区画整理された住宅地がギリギリまで迫っている。にもかかわらず、絶え間なく鳥の囀りが、蝶が乱舞し、花紅柳緑の森が続く。山行自粛以降トレーニング散歩も兼ね近隣の谷戸の森の探索を続けてい...   (続きを読む)
2020/05/25 00:01:23 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12597672075.html
自然との共存 デジタル辞書によると萌芽更新は、「樹林を人為的に伐採する方法の一つで、伐採後その切株や木の根元から伸びた萌芽が成長し、やがて新たな樹木を構成する」とのこと。従前日本の里山は薪炭林の維持管理に必要なこれらの手法が広く行われていたようだ。竹林の抗菌、忌避効果は驚くべきものであるが、それは驚異的な生命力の裏腹に人間の手が無かろうものなら、無尽蔵に拡大しやがて野山を駆逐させる表裏一体の関係...   (続きを読む)
2020/05/17 21:01:26 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12596676367.html
いづれも必須 沢で使う手袋がボロボロなのでホームセンターで 新調。指先をカットし調整すると完成。耐久性抜群ながら扱いやすく、すぐ乾くすぐれもの。手首に「BREATH GRIP」がプリントされカッコよくなっていた。【必須その1】 安全をグリップ 沢専門に比し値段は10分の1 防寒テムレス含め一年中利用させていただいております。【必須その2】 ノミュニケーショングリップ オンラインは3~4人くらいが丁度よい 来月計画した山...   (続きを読む)
2020/05/13 08:01:57 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12596226549.html
横浜の高尾山と長津田十景 毎年行うロングコースを歩くトレーニング山行の代替に トレーニング散歩を実施してみました。横浜市内に従前から気になる山があります。それは東名高速横浜町田インターのそばにある小高い山で、その名は何と!「高尾山」。「高尾さま」とも言うようですが標高は100.5m、横浜市内で一等三角点が唯一あるところです。東工大すずかけ台キャンパスのすぐ裏で、眺望抜群の地。ここは 長津田十景5番目の高尾...   (続きを読む)
2020/05/11 12:01:19 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12595260343.html
森と沢のそれ You tubeではピークを知る男の「オッぱっピー授業」が人気らしいが、森林セラピーは人間の心を治癒する不思議な自動調整機能「森の力」があり、健康増進の効果が実証されているようだ。沢の見えざる手は、落水するとき発生するマイナスイオンと焚火の灯だ。森の力に水のマイナスイオンが加わり、火を手に入れ二足歩行を始めた人間は、危険を伴う猛獣のいる原野に踏み出せた。その遺伝子が自然に回顧され、精神安定...   (続きを読む)
2020/05/07 16:02:07 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12594892391.html
健康管理アプリ 当面stayhomeと言う軟禁が続きそう。GWに入り適当に体を動かしてはいたものの、何か物足りないのでトレーニングメニューを自作してみた。柔軟、筋トレ、ヨガ、縄跳び、walking等を無理せず長続きするよう老体にムチを入れている。メニューを工作していると、今の生活パターンで「自分は一日どのくらい歩いてるか」と考えだす。今まで月平均5回の山行。一回の山行で平均8時間。厳しい沢登りともなると12~13時間...   (続きを読む)
2020/05/05 22:02:04 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12592574023.html
トリビアの泉 近所を散歩していると軽トラの荷台に朝採れタケノコが並んでいる。丁度良いサイズからビックサイズまで選り取り見取り。今年は雨が多く大豊作らしい。農家のお方からアドバイスをいただく、●「すぐ煮込んでね。2時間くらい」 ●「アク抜きじゃないよ、煮込むことで 渋味の進行がとまるんだよ」 ●「でないとスーパーと同じ味になるよ」 ★なるほどヘェ ヘェヘェ ヘェ ヘェ! トリビアの泉!となる 3本購入 よし!タケノ...   (続きを読む)
2020/04/26 20:02:13 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12592424127.html
自宅大気6 来るべき日に備え、沢用スパッツを新調。年に数回のバーゲン時「ひと回り大きいLLを」と足を運ぶと、いつも売り切れかシーズン外で手にすることができず、やむなく 裂けたところを自分で縫い、騙しだまし使用していたがそれも限界に達していた。もともとLLは製造される数が少ないのであろうか、すぐ売り切れたり、検索すると他商品とセットで販売されるなど不遇の扱いを受けることが多かったが、いろいろ考え事ができ...   (続きを読む)
2020/04/26 04:02:31 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12591256269.html
八方塞がり にわか勉強によると、古代科学の一つ陰陽道(おんみょうどう)は、「万物(全てのもの、全ての事象)は偶然の産物ではなく、一定のルールがあり、そのルールを分析解明する」自然哲学の思想の一つであるそうだ。毎年決まったように畦道を彩る野花もそうだろう。カメラに収めたくなるような誘目性と視認性が高い、何とも言えない配列で癒される。世の中は八方塞がり的な雰囲気。気持ちを「三方よし」と「自然の理(ことわ...   (続きを読む)
2020/04/21 11:37:41 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12590831925.html
山川草木悉皆仏 テントを格納すると、仏さまのような紫色の花が目に留まる。この鉢から花芽が出たのは数年ぶり?いや初めてかもしれない。名前はわからずとも大変美しい。庭の方にも目を向けてみると、結構花が咲いている。写真をお花モードにセットし撮影してみた。爛熟した果実のよう 色調色彩に生仏 尖端に向かって少しづつ開花していくようだ 消えよコロナ禍! ビオラ ? オオデマリ ゼラニューム ? ハナニラ ハナニラアップ ...   (続きを読む)
2020/04/19 18:01:30 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12590823613.html
移動式別荘 週末結構お世話になる移動式別荘。固定資産税は掛からない優れものであるが、修理に出すとそれなりの請求となる。厳しい環境で使われることが多く、年数の経過とともにあちこち痛んでくるのは致し方ないが、それに気づかず現地に担ぎあげ、広げたところ、あ!とならぬよう日頃のチェックは必須。実際それが定期的にできないのが悩みどころ。ほつれた糸をハサミで切り取り、その箇所を目止めボンドで補修、シームテー...   (続きを読む)
2020/04/19 18:01:29 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12590656945.html
WEB飲み会 一人呑みも退屈。今流行りのオンラインで集合。時間切れで2次会へ。会話しながらの酒と肴は美味かった。Zoomさん良いシステムありがとう!   (続きを読む)
2020/04/19 00:01:33 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12590530000.html
沢メシ練習 叩きつけるような雨音に起こされた今日。さてはて外にも出れず。憂鬱な気分を払拭させるため、不得意分野のご飯作り。作れる人からすれば、朝めし前?の即席メニューながら、余りものののご飯を発見したのでチキンライスを作ってみることに。材料をチキン?と入れず適当に作ったため、試食家はウーんと言った感じ。カレー粉をまぶしカレーチーハンにすると、粉のお陰かまずまずとの反応。沢の朝食恒例の冷たいご飯を食...   (続きを読む)
2020/04/18 14:01:45 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12589054221.html
転ばぬ先の私学塾 リュックの肥やし活用 高桑信一さんの本「タープの張り方火の熾し方」を従前熟読。こんな時でないと機会もないので、早速実行。ザイルとシュリンゲ、カラビナを使わずに、ビニール紐だけでタープを張る訓練。ハーフヒッチ、ツーハーフヒッチにトートラインヒッチ(自在結び)と市販のビニール紐でタープを設営する。近代装備に慣れ浸しみすぎる今日。古き良きジャパンの流も知るとリスクヘッジとなる。しかし結...   (続きを読む)
2020/04/12 16:01:52 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12587452978.html
奇跡の森へ 2020年4月5日 跋渉に勤しみたい気持ちを発散すべく、近隣にある奇跡の森に軌跡を残した。一周すると概ね1時間。散歩なら2時間ってところ。ポイントにお休みどころ、トイレ、水場、ベンチ、案内板、工房と至れり尽くせり。丹沢にも沢ヤしか見れないの「奇跡の源頭の森」が幾つか存在するがここも素晴らしい場所。花冷えの一日ながら、ちょい歩で春の錦を満喫。懐かし里山に桜咲く お弁当ポイント 竹林 ? 徒渉点 イン...   (続きを読む)
2020/04/06 00:01:27 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12587152814.html
自宅大気2 2020年4月4日 燦々と春の日差しとかほりを感じるこの時期に、家の一部となっているのは何年振りだろう。驚天動地のいま自分にできることは、接触低減拡散防止に協力するため、ジッとすることか。4月全ての山行を取りやめ仄暗い気持ちは自然と体を陽のもとに導くようだ。FMラジオをBGMに本を読み耽んでいると、福島と新潟の豪雪地帯の古道である僻遠の地八十里越え歩く妄想計画が浮かんできた。一日がとてつもなく長く...   (続きを読む)
2020/04/04 22:02:04 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12585594083.html
大気予報 2020年3月29日 お空からも待機せよと降雪 発散は雪掻きに専念せよ   (続きを読む)
2020/03/29 12:01:18 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12584030650.html
奥利根 雨ヶ立~烏帽子 2020年3月20ー21日 大烏帽子山と天国のツメと称されるナルミズ沢右俣源頭部 2011年に岳人で特集された雪山技術読本に紹介されて以降山行の機会を伺ったていた場所で、仲間に声掛けすると「即OK」となり計画遂行となりました。木曜日から二つ玉低気圧の影響で列島各地は大荒れの予報。当山域も同様で初日はジェット気流のような爆音のする強風。雪洞泊の予定でしたが僅雪と天候不良でテン泊に変更しました...   (続きを読む)
2020/03/22 20:01:58 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12582632375.html
三国山稜 鮎沢川水系 棚沢~小野畑沢下降 2020年3月15日 泥?ゴルジュ脱出 いやはや凄い渓相 棚沢と小野畑沢は三国山稜の白クラノ頭の南面を源泉に駿河小山の野沢川から御殿場線沿いの鮎沢川(酒匂川)に流れ込む短い沢です。地形図を見ても平凡な等高線で、記録もほとんどヒットせず、中間にある大滝以外は何もないとの先入観で臨みましたが、どっこい!非常に面白い特異な渓相で、大滝の先標高520mの二俣を右俣に進路をとるとロー...   (続きを読む)
2020/03/16 21:00:17 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/6]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12580581072.html
丹沢 セドノ沢左俣 2020年3月7日 希少動物のかもしか君とバッタリ出会う(丹沢で2度目) 水無川本谷8mF1 この時期にしては水量が多い 先週沢登りのための岩トレを終え、今週は体を沢の慣らすことを目的に登攀要素のあるセドノ沢の左俣へ。来月の沢レスキューの下見と踵の様子見も兼ねての山行ですが、曇りの予報を反し、終日背に日差しを受けながらの遡行となりました。10年振りで記憶が薄れており新鮮味を感じましたが、昨年の台...   (続きを読む)
2020/03/08 13:01:36 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 21  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
ヤマケイアルペンガイド 関西周辺 週末の山登りベスト123

この一冊で関西エリア一帯の登山・ハイキングが楽しめる。関西在住の登山者、ハイカーに向けた登山・ハイキングガイドブックの決定版! 関西地方の山々とその...
[5月30日発売]
脊振山系徹底踏査!

巷ににあふれる登山ガイド本は、各山のメインルートのみの紹介がほとんどです。しかし、それではあまりにももったいない! 花々を愛でるルートや滝を巡るルー...
[5月29日発売]
散歩の達人 日帰り山さんぽ (旅の手帖MOOK)

首都圏から日帰りで行ける低山コースを25~30本ご紹介。持ち歩きやすいB5判型ながら、見やすくて大きな地図を掲載し、また美しいビジュアルも満載です。各コー...
[5月28日発売]
富士山境目図鑑: 境目だから面白い、五合目の地質と動植物

世界文化遺産、富士山。イラストでよく見かけるギザギザ模様には理由がありました。本書は、登山のための本ではありません。スポットをあてるのは、登山開始...
[5月27日発売]
増補版 富士山にのぼる

見ているだけでなく登りたい、と冬の富士山を登り始める著者。樹海や風穴などさまざまな場所、夏の山などの回想も入れつつ、富士山の全体イメージを伝える。...
[5月25日発売]
岳人 2020年 6月号

[5月15日発売]
白嶺の金剛夜叉 山岳写真家 白籏史朗

山岳写真界の草分けであり、日本を代表する山岳写真家・白籏史朗の生涯を井ノ部康之が描く。『山と溪谷』2003年1月号から12月号まで掲載されたスーパー・ロン...
[5月14日発売]
ヤマケイ文庫 山の朝霧 里の湯煙

山旅と温泉を愛したドイツ文学者・池内紀の紀行集。関東周辺から、北海道、東北、九州まで、温泉情緒や自然についての味わい深い作品27編。
[5月14日発売]
レスキュー・ハンドブック 増補改訂新版

野外に遊びにいくなら、救急箱と一緒に必携の一冊。ハンディーな手帳サイズ、防水ビニールカバー付。野外でなにかトラブルがあったとき、すぐに役立つ情報が...
[5月7日発売]
山小屋ガールの癒されない日々

ウェブメディア「cakes」の人気連載が書籍化!山小屋にお風呂はある?腹が立つお客さんはいる?スタッフの人間関係は?北アルプスで10年働いた著者が隅から隅まで...
[4月30日発売]
大文字山トレッキング手帖

さあ、登ってみませんか! 送り火の山へ―― 地球史を物語る地質、森に息づく植物や生きものたち、人の歩みを語る歴史遺産など、5つのトレッキングコースから大...
[4月28日発売]
別冊ランドネ 親子でキャンプBOOK

家族みんなで、自然あそび!自然体験から得られることは子どもはもちろん、大人にだってあります。失敗を恐れずに日常から一歩踏み出し、自然のなかへ飛び出す...
[4月27日発売]
新潟100名山+10

[4月26日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/06/05 03:20:51