登山関連のブログ情報  -  ブログ「 沢ヤカ男のブログ 」の情報の一覧  -  2020年9月4日までの90日分の情報



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 2020年9月4日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 13  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/2]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12622288383.html
片品川水系 泙川 小田倉沢~津室沢下降 2020年8月29日~30日 片品川支流の泙川流域に初めて足を踏み入れた。皇海山と袈裟丸山界隈の沢は2019年の一本のみでアプローチ含め新鮮極まりない。山深いにも関わらず、足尾銅山の関係で昭和初期まで人の往来があったようで径路や集落や石垣の跡が要所に残っていた。今回は皇海山西側の小田倉沢を遡行し津室沢を下降する周回コース。小田倉沢は柱状節理の深い谷に多くの滝が架かり後半は...   (続きを読む)
2020/09/03 22:01:44 (4ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/2]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12620046748.html
愛鷹山麓 赤淵川牛ケ淵ゴルジュ 2020年8月22日 僕と私の夏休みファイナルは愛鷹山麓にある赤淵川ゴルジュへ。富士山剣ケ峯大沢岩樋部の渓相を両岸からギュッと圧縮したような渓相で短いながら、淵と神秘の滝で形成された碧潭の渓。愛鷹の湧水はコバルトブルー「夏の垢はここで」と言わんばかりに、2年前増水時に遡行した記憶で挑んだが渇水で拍子抜け。それでもポイントはそれなりにガツンと脳天にインスパイとする富士のミネラ...   (続きを読む)
2020/08/25 00:50:19 (5ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/2]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12618774546.html
奥多摩 水根沢谷 2020年8月15日 長梅雨と連日の雷雨で水根沢谷は大増水。その分泳ぎとシャワークライムを思う存分堪能できた。溺れかけていたパーティーもあり、初心者の入渓は当面控えたほうがよいと感じた。革の運動靴、ノーヘル、ノー装備、ノーリュックで遡行する若者もおり、20代の事故が各地で起きていることを考えると、啓蒙活動が必要では考えてしまう光景を見た。長梅雨と連日の界雷により大増水と化した水根沢谷。小...   (続きを読む)
2020/08/19 12:01:16 (5ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/2]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12618259155.html
南木曽 岩倉川本流 2020年8月9-10日 明時に雨は止み好天の兆しもあり予定通り本流へ。前日の樽ケ沢に比し高低差の少ない岩倉川を一言で表現すれば「耽美の渓」。滝に深い釜と淵はエメラルドグリーンの一色。自然の創り出す美しさに吸い込まれそうになる。ラストの堰堤は興ざめするが、林道が並走しており入渓脱渓とも容易な点を考慮すれば、お勧めしたい沢の一つにあるだろう。折角の木曽路。このまま帰京はもったいないと秘密...   (続きを読む)
2020/08/16 18:01:46 (5ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/2]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12618258844.html
南木曽 樽ケ沢 2020年8月7 8日 天候不良のため山形朝日の沢から晴天域を求め長野南木曽の沢に転進。ゴロ寝した道の駅を後に岩倉川支流の樽ケ沢に向かう。地形図に渓名も水線も記されない不遇の渓であるが、美渓かつ登攀的で林道ゲートから15分の利便性もあり多くの遡行者を迎え入れている。また柿其渓谷増水時代替の沢でもある。出合の橋から白い花崗岩に渓水がキラキラ輝き、co1100mまで10mから30m級の大滝とエメラルドグリー...   (続きを読む)
2020/08/16 18:01:45 (5ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/2]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12615747446.html
廻り目平 小川山と天狗山 2020年8月1 3日 漸く梅雨が明け、待望の夏が到来したので、避暑を兼ね廻り目平を起点に気になる山を2つほど。東洋のヨセミテと称される景勝の地である廻り目平は極上テン場の宝庫であるも、なぜか駐車場は満車の表示。管理人曰く「今年は日帰りが多く、車も個々に来る傾向」との談。影響はこんなところまでかと感じた。小川山の尾根ルートは2008mまで急登が続き、奇岩のアップダウンでわかりにくい。苦...   (続きを読む)
2020/08/05 12:02:42 (5ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/2]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12615611037.html
虎毛山塊 赤湯又沢~虎毛沢 2020年7月23-25日 湯ノ又沢 乳白色のナメ 秋田と宮城の県境にある虎毛山塊は真の原生林が広がる山容水態紫幹翠葉の山域。12年前遡行した記憶が脳裏から離れず再訪したい地の一つに、4つの山岳会合同でパーティーを組み軌跡を残すことができた。7月の4連休になっても梅雨明けせず、全国的に大荒れのなか、この地は洋々と陽が差しており、赤湯又沢では湧き出す熱水源泉のそばに野天風呂を自作し全員で...   (続きを読む)
2020/08/05 12:02:41 (5ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/2]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12612541742.html
尾瀬 白尾山 センノ沢~柳沢下降 2020年7月18日 限られた入渓回数の中で間もなく4連休を迎える。沢の体にならないまま長期の逍遥はリスクが高まる。沢はとにかく体力と現地適応力が必要で、来週の計画に向け体に喝を入れるため、短めの遡行と下降に変化のある沢を選定し計画実行となる。梅雨明けどころか日本全国で天候不順による災害や事故が起きており、沢でのそれも近時起きている。尾瀬も梅雨前線の動き如何の不安定な予報...   (続きを読む)
2020/07/22 00:07:06 (6ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/2]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12609724619.html
徒渉訓練は沢屋にとって必須の技術。水の力と自分の限界を体験する絶好の機会。それは登山道でも同じで「増水した沢が、水が引くまでの数時間待ちをゼロにすることが、命を賭けるに値するか」を冷静に判断できる経験をこの訓練で毎年積み重ねて行くことが重要です。昨今経験したことない降雨が日常茶飯事となりつつあるなか、自信の水に対する限界を知ることが山ヤの共通条件ではないでしょうか。今回緊張が連続する激流下の訓...   (続きを読む)
2020/07/11 00:01:27 (6ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/2]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12607416749.html
奥秩父 ヌク沢左俣右沢 2020年6月27日 3か月の山行ブランクを感じたボロボロの山行となりました。ウォーミングアップした先週の元気はどこへやら。7月の連休山行に備えてリュックは敢えて重くし臨んだ。軟禁中も家の近隣をあちこち歩いたが、やはり「沢の体力は沢で」鍛えるしかないようだ。暑さと湿度に沢特有の温度変化に体はついて行けず、脱渓後山道に出るまでにギブアップ状態となる。初心に戻り一から体を作り直していき...   (続きを読む)
2020/06/30 22:01:39 (6ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/2]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12606128464.html
西丹沢 大滝沢マスキ嵐沢 2020年6月20日 大滝橋から大滝沢沿いの林道に入ると、いきなりと林道工事で通行止め。やむなく大滝キャンプ場の駐車場からのスタートとなる。管理人に断りの連絡を入れると、「先日マスキ嵐沢で滑落事故が起きているので」と注意喚起を受ける。コロナ禍で3月を最後に山から遠ざかって身。準備の段階を含め何だかしっくりこない。感覚をなかなか掴めず、入渓してもそれは同じ。兎にも角にも初級の沢から...   (続きを読む)
2020/06/22 22:01:37 (7ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/2]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12604240292.html
そろそろ限界か 梅雨入り後初めての週末を迎えたが、この時期の雨の音が「しとしと」から「ザーザー」に変化していることがいささか気になるのは私だけだろうか。これ以上北上しないこと祈りたい。お目当ての本がある図書館がようやく開いたようなので、運動がてら本取りに行く。往復10キロ弱、約2時間の道のりだ。雨と高湿で大汗を掻いたが丁度良い運動になった。運動すれば、喉が渇き、腹が減る。先日手にした地域の情報誌に...   (続きを読む)
2020/06/15 00:01:20 (7ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  沢ヤカ男のブログ  [0/2]
https://ameblo.jp/9000224/entry-12602581715.html
トレーニング散歩 歩くでも、走るでも、競歩でもない程度の早歩きで、里山を駆け抜けるトレを仲間と実施。とは言え休憩や地元の人との会話も兼ね、ネタの収集にも勤しむ。今日は往復13キロの20321歩。ここは冬の陽だまり展望コースとしてお勧めの場所。勢いあまって「違うルート」に進んでしまうズッコケの横道ハイクもありましたが、「7月は温泉の出る沢、8月は朝日の沢、9月は東北の沢リベンジ」なんて、計画にも花咲く一日と...   (続きを読む)
2020/06/07 22:02:00 (7ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 13  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 2020年9月4日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
ヤマケイ文庫 小屋番三六五日

山を住処とし、山を仕事場とする小屋番たち。ちょっと懐かしくて、あたたかい気持ちになる、全53話を収録。巻末には、ピオレドール受賞クライマーで南アルプ...
[1月22日発売]
ヤマケイ文庫 山小屋の灯

「山小屋」という響きにどこか憧れを持ってしまうのはなぜでしょう。本書は山小屋をこよなく愛し、全国の山小屋を訪ね歩いてきた編集者と写真家によるフォト...
[1月18日発売]
ヤマケイ文庫 夢の山岳鉄道

山岳景勝地には、道路ではなく、鉄道を。鉄道紀行の第一人者だからこそ描ける、壮大で優しい夢の列車たち。登山者も鉄道ファンも、誰もが心暖かくなる名著、...
[1月18日発売]
岳人 2021年 2月号

[1月15日発売]
山と食欲と私 13巻: バンチコミックス

知られざる鮎美の過去、23歳・山ガール時代が明らかに! 登山計画を人任せにして甘えていた鮎美。友人とぎくしゃくしたことで一念発起! 自ら計画し、叔母と北...
[1月9日発売]
ヤマケイ新書 ドキュメント 山小屋とコロナ禍

コロナ禍により、営業継続の危機に瀕している日本の山小屋。山小屋主人の肉声を多数取材し、山小屋存続のヒントを探る。2020年、「コロナ禍」により、大半の...
[1月7日発売]
八ヶ岳の野鳥に逢いにきました。

日本野鳥の会の会長職を永年勤めて名誉会長となり、日本の野鳥文化を見守り続ける柳生博さんと、大の鳥好き&カメラマニアで知られる高柳明音(SKE48)さんの共...
[1月7日発売]
いくつになっても山は楽しい: 百名山をめぐる60年

中学生の時代から60年にわたる人生と山登り-。学生時代、社会人、退職後の大病など様々な人生の局面において、通奏低音のように響いていたのは山登りであった...
[1月5日発売]
ヤマケイ登山学校 アルパインクライミング

アルパインクライミングとは、元来、ヨーロッパアルプスなどの氷河や雪のある山岳地域での岩稜、雪稜、岩壁、氷壁といった要素が含まれたバリエーションルー...
[2020年12月21日発売]
RUN+TRAIL別冊 絶対身に付けたいトレイルランニングテクニック

レースデビューからスキルアップまでをフルカバー
[2020年12月18日発売]
【Amazon.co.jp 限定】現代山岳信仰曼荼羅 (Amazon限定特典: 写真集「山―祈りの象(かたち)」PDF版データ)

フォトジャーナリスト・藤田庄市氏がこの20年間にわたり取材・発表してきた現代に生きる「山岳信仰」の姿を活写する著者渾身のフォト・ルポルタージュ。「山...
[2020年12月17日発売]
雪崩事故事例集190

日本国内で発生した雪崩事故を、これまでにない、まったく新しい視点で編纂した事例集。複合的な要素を持つ事象である雪崩事故を5つの要素(地形特徴・積雪コ...
[2020年12月17日発売]
岳人 2021年 1月号

[2020年12月15日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2021 登山の四方山話 - 2021/01/25 03:35:45