登山関連のブログ情報  -  ブログ「 (大阪府)飄逸沢遊会 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 16  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/467105187.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
[遡行日] 令和元年6月9日 [参加者] KB浦、O西、TN崎、会員外1名、野村(L/記) [行 程] 7:35 駐車地 出 7:40 見行地谷出合 入渓 9:00 二俣 11:10 奥の二俣 12:35 稜線 14:15 栗平川 14:30頃 駐車地 [天 気] 晴れ 金曜日に風屋で130mmの大雨。どの程度の増水か想像もつかないまま、往年の災害以来荒れていると聞く栗平川流域へ。ヒルたちもさぞかし元気だろう。幸い天気は良好。駐車地となる林道は道幅も広く、何台でも縦列駐車が...   (続きを読む)
2019/06/13 22:02:24 (2日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/467087943.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
[遡行日] 令和元年5月26日 [参加者] O西、YM中、TK橋、S野、野村(L/記) [行 程] 8:30 駐車地 出 15:00 25m滝(吊橋下) 遡行終了 16:30頃だったかな 駐車地 [天 気] 晴れ 今回は、暑い街中を避けるべく少々シャワーもある沢を選んだ。さらに今年2回目の沢ということもあり、短めの物件をチョイス。とは言っても、どんなところだったかあまり覚えてはいないのだが... でも、結果オーライ。なかなかコンパクトで充実した参考となり...   (続きを読む)
2019/06/13 10:02:24 (3日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/466196381.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
2019年6月2日(日) 曇りのち小雨 参加者 a立 k浦 k谷 t橋 h田 t﨑(記) 上多古、本谷 林道P8時過ぎ 出発. 二回目となるが、あまり覚えておらず。所々にテープがあり、滝の巻き、そこかしこにもテープ、ロープあり。下山道にも、赤リボンテープがしっかりと結ばれていた。新緑と岩肌の黒、水の白が絶妙。マイナスイオンたっぷり浴び、すっきり。9時半 洞門ノ滝 9時50分 孝次郎窟 孝次郎窟入り口 10時40分 煙突ノ滝 12時15分 六字ノ...   (続きを読む)
2019/06/03 21:02:47 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/465810313.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
5月1日~3日、メンバー大西・佐野・宗川夫妻、沢中二泊 カリヤス谷より涅槃岳と証誠無漏岳に登る新緑の周回コース 5月1日AM9時30分不動滝℗出発林道終点少し手前ケーブル作業場の前よりカリヤス尾に登り990M花瀬からのほんみちさんの道に出てカリヤス谷㏇810mに降りる11時50分小雨が降りだす河原を進み㏇912m二又を右又へ右岸の台地で本日は終了15時着、雨も本降りにテントにして正解。18時頃小雨になりたき火で少し温まる。今回...   (続きを読む)
2019/05/21 12:02:10 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/465714361.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
5月14日中奥川松葉づくりの谷、メンバー武田(L)・京谷・大西 AM8時30分出会の上流堰堤本流左岸踏み跡より松葉づくりの谷へ。二又手前のCS滝を少し戻り右岸を高巻き左又へ降り右又に進みCO700m辺り植林小屋あとか?この辺りから傾斜が緩みCO850mまで進むも黒滝らしきものは無く地形図の水線切れCO950mにあり水は少しあり2段25M位。15時下山開始来た谷を植林の㏇700mまで辿り右岸の踏み跡から左又に下降し左又右岸より高巻きし来た...   (続きを読む)
2019/05/15 17:02:46 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/465694292.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
【月 日】令和元年5月12日(日) 【場 所】木屋谷川本谷(台高) 【参加者】山口(L)川添 佐野 宗川夫妻 槙野 米田(記) 【コース】駐車場発8:10 万歳橋8:45 奥山谷出合10:10 1150m・11:40休憩 稜線尾根12:30 木梶山分かれ12:53 千秋林道14:04 万歳橋14:32 駐車場着14:52 【時間】 7時間 【天候】 晴 台高の癒し渓、木屋谷川を溯行してきた。千秋林道は酷い荒れようで、以前は万歳橋の袂まで車で入れたのだが、2kmほど手前の舗装スペ...   (続きを読む)
2019/05/14 21:02:57 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/465514603.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
【月 日】令和元年5月3日(金) 【場 所】ナル谷下流部(南紀) 【参加者】吉田 米田(記) 【コース】東屋発8:48 一ノ滝9:12 二ノ滝9:50 三ノ滝10:33 取水堰堤10:58 美渕12:10(戻) 取水堰堤12:59 水平導水路 導水管下降13:19 高田小水力発電所 (遊歩道入口)13:47 東屋13:51着 【時間】 5時間 【天候】 晴 五月晴れの一日、南紀の癒し渓・ナル谷を溯行した。二ノ滝50m 目印の高田郵便局を見落とし、雲取温泉を過ぎ、川沿いに林道を登...   (続きを読む)
2019/05/05 12:02:19 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/465498393.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
[日 程] 2019年5月2日 [参加者] 川添 西田 石田 槙野 中山 寺田(L/記) [コース] 芦生山の家 7:35 9:50カズラ谷出合(入渓) 10:10ゲロク谷出合 13:00二俣 14:202段12M 15:35赤崎東谷上部 15:55 904Mピーク 16:30赤崎尾根分岐 18:05赤崎谷出合 芦生山の家18:40 [天 気] 曇のち晴れ 快晴の予報の中、芦生の原生林の中へ! 前夜は美山ふれあい広場でプチ宴会。朝は小雨降る中の出発となりましたが、途中からは晴れ間が出て新緑の中の...   (続きを読む)
2019/05/04 13:02:30 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/465422167.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
【月 日】平成31年4月28日(日) 【場 所】万ヶ谷川(兵庫県・宍粟市) 【参加者】久保浦(L)富永 足立 槇野 高橋 鷺本 米田(記)会員外3名 【コース】ソーメン滝入渓8:42 二ノ滝9:30 三ノ滝10:32~11:31 下山開始11:58 R29号線墓地12:48 【時間】 4時間 【天候】 曇のち晴 中国道・山崎IC下車。鳥取に向かう若桜街道(R29号線)を北上する。朝6時、気温はなんと2度。3つ目の道の駅“波瀬”にて待ち合わせ。そこには何故か、昨夜律儀に退...   (続きを読む)
2019/04/29 14:02:35 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/465382781.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
【月 日】平成31年4月21日(日) 【場 所】中奥川・奥粉谷(台高) 【参加者】幕内(L)大西 山口 佐野 宗川夫妻 槙野 米田(記) 【コース】中奥林道・奥粉谷入渓8:32 850m二俣9:36 10m滝 稜線12:23 木ノ実ヤ塚山頂(1373m)12:56 半左衛門尾 中奥林道15:00着 【時間】 6時間半 【天候】 曇時々晴 台高・中奥川、記録のないマイナー谷・奥粉谷を溯行してきた。その雰囲気の良い出合は以前から気になっていたのだが、今回この谷を溯行し、...   (続きを読む)
2019/04/27 00:02:22 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/465325619.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
[日 程] 2019年4月21日 [参加者] 川添 西田 山中 石田 寺田(L/記) [コース] 栂の平橋 7:40入渓 9:00ヤケベ岩 11:00三俣 12:10稜線 12:30烏帽子岩 烏帽子山12:45 栂の平橋14:30 [天 気] 晴れ 今年の初沢登りは南紀の癒やしの沢から♪ 水は少し冷たかったが天気もよく気温も高かったので気持ちの良い遡行となりました♪ 前夜は道の駅瀞峡街道熊野川にてKさんTさんと共にプチ宴会♪ 栂の橋横の路肩に駐車し橋の左よりすぐに入渓。少し...   (続きを読む)
2019/04/24 12:02:39 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/465312747.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
美しい森に魅了されました。[参加者] 幕内(L)、大西、米田、宗川夫妻、槙野、佐野、山口(記) [天気] はれ [地形図] 2万5000分の1「大豆生」 [遡行図] [入渓] 中奥川沿いの林道は日枌谷の出合いの橋を少し過ぎたあたりで通行止めなのでその手前に駐車。すでに車2台が止まっており若者らが釣りの準備中だったが、快く場所を空けてくれた。彼らは日枌谷に入るようだ。車止めを超えて少し上流へ向けてしばらく歩くとまた橋が架かっ...   (続きを読む)
2019/04/24 01:02:45 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/465306901.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
2019年4月21日(日)参加者 k谷氏 t﨑(記) 前泊、栂谷メンバーと歓談(アルコール付きで)。早朝より皆元気(?)で、それぞれに7時までには出発。ちょっと三ノ滝で遊びました! 今日は曇り、天気は今ひとつ。8時過ぎにP(一ノ水林道起点の曲がり角)出発。k谷氏「ウドのにおいがする!」と、沢より山菜探し。何本か発見、が、あまりにも高く、小さく採取断念。ゴロゴロの沢を堰堤を越え、一ノ滝へ。大岩の隙間に体を入れ込み、次は二ノ滝...   (続きを読む)
2019/04/23 08:02:22 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/465153148.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
2019年4月13日(土)参加者 k谷氏 t﨑(記) 沢登り第2弾も南紀。天瀬谷を右俣から左俣へ。トポでは左から右になっていたが、見間違えて反対に遡行。新緑が芽生え、ナメ・滝がきれいな沢だった。晴天とはいえ、風は冷たく、水も冷たく感じた。今週も、早朝、奈良、十津川へ車を飛ばす。おぼろげに、大塔のサクラがきれいだった! 国道から三和大橋を渡り、三重県紀和町へ。でこぼこの林道に緊張で目が覚める。林道のUカーブ前の広場...   (続きを読む)
2019/04/14 18:02:47 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/465152287.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
2019年4月6日(土)晴天 参加者 k谷氏 t﨑(記) この山は晴天の日に登らないと・・・それを狙って、早朝の高速を高山方面向けて走る。9時平湯トンネル手前のPに車を止め、出発。乗鞍スカイラインの道路から最初の南尾根で取り付く。赤テープがゆれていた。急斜面で所々藪が出てくる。雪は柔らかく、わかんをはいてももぐる。スノーシュー跡があり、辿る。乗鞍がまず顔を出す。下は、丹生川村。1800m越えると樹氷も。遠くには、白山...   (続きを読む)
2019/04/14 18:02:46 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (大阪府) 飄逸沢遊会  [1/4]
http://takuyu.seesaa.net/article/464806198.html
「飄逸沢遊会」
ひょういつたくゆうかい。沢登り主体の大阪の山岳会。
【月 日】平成31年3月17日 【場 所】坂本谷(鈴鹿) 【参加者】山本(L)佐野 宗川夫妻、米田(記) 【コース】藤原町内駐車場発7:23 坂本谷第1堰堤下7:37 第4堰堤上8:07 右俣入口8:19 土石流センサー 8:39 10m枯滝9:03 650m二俣 木和田尾登山道10:57 山口登山口11:59 駐車場着13:00 【時間】 5時間半 【天候】 曇のち雪のち雨 福寿草で有名な鈴鹿・藤原岳の北部に位置する坂本谷はかつては花の人気ルート だったそうだが、土石流の為...   (続きを読む)
2019/03/25 22:34:20 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 16  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
山の本 108号

特集=どうしても登りたかった山
[昨日発売]
霊峰、伊吹山を歩く

伊吹山にまつわる説話、実話を辿る。古代より人々が崇した伊吹山は今日も悠然と構えている 伊吹山には数多の石仏が祀られている。山懐の「天狗の石仏」は滝崖...
[昨日発売]
フリークライミング日本100岩場 2 関東 増補改訂新版 御前岩ルート収録

今、国内で最もアツい岩場、奥多摩・御前岩の情報をプラス。クライミングエリア・ガイド『日本100岩場』シリーズの「関東」の増補改訂版に、奥多摩・御前岩の...
[昨日発売]
岳人 2019年 7月号

[一昨日発売]
季刊のぼろ Vol.25

[一昨日発売]
空撮ヒマラヤ越え 山座同定

中国南西部辺境に40回以上足を運び、地理的空白部を解明してきた著者を中心としたヒマラヤ越え空撮写真集。未知の大地の高峰群の山々に山座同定を付したヒマ...
[一昨日発売]
クライマーズ コンディショニング ブック

生涯、クライミングを続けたいと願う、すべての人に。クライマー必読!上手くなるため、登り続けるためのボディケアを徹底解説。クライミングに関する書籍を多...
[6月12日発売]
私家版 誰でも登れる47サミッツ 都道府県最高峰登頂ガイド (YAMAKEI CREATIVE SELECTION Pioneer Books)

登山経験が少ない初心者でも全国47都道府県最高峰に立てる! できるだけ楽をして山頂に立つための指南書、ついに完成。
[6月7日発売]
ヤマケイ文庫 名作で楽しむ上高地

上高地再発見!登山家、文学者の紀行・エッセーと歴史エピソードの名作集。文政9(1826)年の播隆、明治24(1891)年のウェストンに始まり、上高地は常に日本の登...
[6月7日発売]
ワンダーフォーゲル 7月号増刊 夏山JOY2019

夏山登山ガイドブックの大定番!日本アルプスデビューの計画はこの一冊にお任せ!入下山口情報、山小屋最新情報、夏山登山ハウツー情報も充実しています!■特集 ...
[6月6日発売]
富士山絶景 眺めに行きたいベストスポット50 (ぴあ MOOK)

日本を代表する絶景「富士山」。いつどこから眺める富士山が美しいのか?そんな疑問にお答えする一冊の登場です。20年以上富士山を取り続けてきた写真家・山下...
[6月6日発売]
追憶の山旅日記

[6月3日発売]
那須雪崩事故の真相 銀嶺の破断

高校生ら8名が死亡、40名が重軽傷を負った那須雪崩事故を徹底的、かつ多角的に検証した渾身のノンフィクション。2017年3月27日、那須温泉ファミリースキー場...
[6月1日発売]
PEAKS特別編集 日本アルプス・八ヶ岳・中央線沿いの山 詳細ルートガイド

日帰り・1泊で歩く、魅力的な山を総括 首都圏の登山者が最も集中する中央線、中央道沿いの山の中で、初級者でも登ることのできる山を中心にして取り上げます...
[5月23日発売]
ヤマケイ文庫 安曇野のナチュラリスト 田淵行男

鋭い視点で山岳写真の新境地を拓き、高山蝶の生態写真や雪形の研究などで、一時代を築いた先駆者、ナチュラリスト「田淵行男」の生涯。日本を代表する山岳写...
[5月16日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/06/16 19:51:34