登山関連のブログ情報  -  ブログ「 隠居の『飛騨の山とある日』 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 12  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  隠居の『飛騨の山とある日』  [4/4] 人気ブログ
http://hidanoyama.jugem.jp/?eid=785
飛騨山脈のふもとに住む山惚け隠居が、徒然なるままに四季の山に登り、山への思いを綴る。いまや隠居にとっての山は、信仰の対象に近い。
『ぎふ百山』という山の本があることを、今ではご存じない方が多いかも知れない。なにせ今から 44 年前の昭和 50 年に、岐阜県山岳連盟が県内の秀山を選んで出版した古い本だ。この本はもう忘れられていると思ったら、先般まだ完登を目指して登っている人がいると聞いて驚いた。この人は愛知県の山岳会の人だったが、他にもそんな人がいて、なかには最近 3 年かけて完登した人もいるとのことで、共著者としてはうれしい限りだ。...   (続きを読む)
2019/10/11 08:02:32 (3日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  隠居の『飛騨の山とある日』  [4/4] 人気ブログ
http://hidanoyama.jugem.jp/?eid=784
飛騨山脈のふもとに住む山惚け隠居が、徒然なるままに四季の山に登り、山への思いを綴る。いまや隠居にとっての山は、信仰の対象に近い。
長年の役目を終えてヤブに埋れつつある峠を探して歩くのは、変わり者の隠居の楽しみの一つだ。過日、以前から気になっていた峠へいってきた。飛騨における近世の主要街道といえば、越中へ行く「越中街道」、乗鞍岳南山麓の野麦峠を通って中山道へ合流する「江戸街道」、そして美濃方面への「益田街道 」(現国道41号線)と、郡上八幡へ行く「郡上街道」であった。その当時郡上八幡から高山へ入るには、国境の坂本峠を越えて大原集...   (続きを読む)
2019/10/04 06:02:43 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  隠居の『飛騨の山とある日』  [4/4] 人気ブログ
http://hidanoyama.jugem.jp/?eid=783
飛騨山脈のふもとに住む山惚け隠居が、徒然なるままに四季の山に登り、山への思いを綴る。いまや隠居にとっての山は、信仰の対象に近い。
青垂滝(雄滝) 池之俣御輿谷を青垂谷合流点まで下り、今度は青垂谷へ入る。いきなり砂防堰堤だったが、これを越すと御輿谷同様のコケむした美しい谷になった。堰堤を降りる ここでも鬱蒼たる、潤いに富んだ原生の森のなかを溯るが、まさに深山幽谷。こういうところを歩いていると、一瞬自己を忘れて無我になることがある。昔からかじっている道元禅では、このように自己を忘れた時にすべてが自己になり、それを悟り(=万法に証せ...   (続きを読む)
2019/09/27 08:02:20 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  隠居の『飛騨の山とある日』  [4/4] 人気ブログ
http://hidanoyama.jugem.jp/?eid=782
飛騨山脈のふもとに住む山惚け隠居が、徒然なるままに四季の山に登り、山への思いを綴る。いまや隠居にとっての山は、信仰の対象に近い。
里の豊穣を喜ぶ飛騨山脈(9月19日・上野平) 左から笠ヶ岳 槍ヶ岳 穂高連峰 池之俣御輿滝 今年の沢登りは 8 月末の長倉本谷で終えたつもりでいたが、その後どうしても乗鞍北西面の滝の写真が必要になり、また清冽な谷水に浸かってきた。今回は急だったので、同行者を得られず単独で。ここはガイド付きでなければ入れない「五色ヶ原の森」エリアだ。高額なガイド料を払う気がしない吝嗇家の隠居は、専用の登山道を歩かず、谷からな...   (続きを読む)
2019/09/20 10:02:23 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  隠居の『飛騨の山とある日』  [4/4] 人気ブログ
http://hidanoyama.jugem.jp/?eid=781
飛騨山脈のふもとに住む山惚け隠居が、徒然なるままに四季の山に登り、山への思いを綴る。いまや隠居にとっての山は、信仰の対象に近い。
抜戸稜線から笠ヶ岳 西穂高岳からの穴毛谷 右が2ノ沢 頂上下が4ノ沢 9 月に入っても天候不順が続いて山へ行けなかったので、登山史のこぼれ話を。もともと9月は、花が少なく紅葉には早いので山行には中途半端な月だが、若い頃は花や紅葉より岩のほうがよくて、この時期に結構岩登り山行をしている。その時期笠ヶ岳東面の岩場へ通っていて泊まったのが、今はなき穴毛小屋だ。今ではこの小屋のことを知る人は少なくなった。昭和30...   (続きを読む)
2019/09/10 08:02:20 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  隠居の『飛騨の山とある日』  [4/4] 人気ブログ
http://hidanoyama.jugem.jp/?eid=779
飛騨山脈のふもとに住む山惚け隠居が、徒然なるままに四季の山に登り、山への思いを綴る。いまや隠居にとっての山は、信仰の対象に近い。
乗鞍に沸き立つ名残の夏雲(8月26日) 前回掲載の「追悼登山」、連日驚くほど多くの方にご覧いただいたため、ロングランになってしまいました。改めて M さんのご冥福をお祈りいたします。報告が遅れましたが、先の日曜日( 25 日)、足早に去って行った夏を惜しんで、また乗鞍の谷に浸ってきました。同行は 50 歳代の体力抜群の男性 3 名。足弱じいさんは、最近若い人の歩行スピードについてゆくのが少々しんどくなってきたが、彼...   (続きを読む)
2019/09/02 08:02:39 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  隠居の『飛騨の山とある日』  [4/4] 人気ブログ
http://hidanoyama.jugem.jp/?eid=778
飛騨山脈のふもとに住む山惚け隠居が、徒然なるままに四季の山に登り、山への思いを綴る。いまや隠居にとっての山は、信仰の対象に近い。
涸沢岳西尾根(4月西穂高北西尾根から) お盆明けの今週にテント泊山行を計画していたが、連日の雨で断念。今年はこのまま秋になってしまいそうだ。こういう記事を載せることについては迷うところもないではないが、隠居なりの追悼と、この遭難の実態を知ってもらうことによって再発を防げればと思い、あえて。山岳会の後輩 M さん( 58 歳)涸沢岳西尾根であっけなく逝ってしまったのは、今年の 3 月 24 日のことだった。奥穂高岳...   (続きを読む)
2019/08/23 08:02:23 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  隠居の『飛騨の山とある日』  [4/4] 人気ブログ
http://hidanoyama.jugem.jp/?eid=777
飛騨山脈のふもとに住む山惚け隠居が、徒然なるままに四季の山に登り、山への思いを綴る。いまや隠居にとっての山は、信仰の対象に近い。
「山の日」には、日本古来の信仰の山に登ってきたといったら聞こえはいいが、なんのことはない、白山を縦走する東京の山仲間を車で石徹白登山口まで送りがてら、日帰り登山をしただけ。登山口の駐車場には 10 台くらいの車があったが、途中で会った登山者は 4 〜 5 人で、あとは釣り客だと思われた。久々に対面した 1800 歳という長寿( 1800 年)の大杉に、崇敬の念をもって挨拶をする。こちらはまだ 70 年と少々だ。彼ら 2 人は...   (続きを読む)
2019/08/16 10:02:21 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  隠居の『飛騨の山とある日』  [4/4] 人気ブログ
http://hidanoyama.jugem.jp/?eid=776
飛騨山脈のふもとに住む山惚け隠居が、徒然なるままに四季の山に登り、山への思いを綴る。いまや隠居にとっての山は、信仰の対象に近い。
残暑お見舞い申し上げます。あまり暑いので、乗鞍の谷で遊んできました。飛騨の谷の涼風をお届けします。乗鞍岳の奥座敷である広大な千町ヶ原を源とするのが、九蔵本谷。今年も日本山岳会岐阜支部と大垣山岳協会の方 8 名(年齢構成は 50 、60 、70 歳代)と一緒に、本谷約 6 ?を遡行した。昨年は支流の小俣谷へ入ったので、このグループとの遡行はこれで 3 回目になる。青屋集落を過ぎて九蔵川沿いの林道に入り、森林管理署ゲー...   (続きを読む)
2019/08/09 08:02:32 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  隠居の『飛騨の山とある日』  [4/4] 人気ブログ
http://hidanoyama.jugem.jp/?eid=775
飛騨山脈のふもとに住む山惚け隠居が、徒然なるままに四季の山に登り、山への思いを綴る。いまや隠居にとっての山は、信仰の対象に近い。
連日の酷暑お見舞い申し上げます。山国高山も今日は 37 度の予報です。ではチベット紀行の最終回をご笑覧ください。四川省から揚子江の源流金沙江を渡って雲南省へ入り、麗江にむかって南下する途中にシャングリラという新しい町がある。金沙江 シャングリラとは、イギリスの小説家ジェームズ・ヒルトンが書いた『失われた地平線』( 1933 年)に出てくる桃源郷をあらわす言葉で、語源はチベット語「シャング地方のリ(山)のラ(峠)...   (続きを読む)
2019/08/02 08:02:27 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  隠居の『飛騨の山とある日』  [4/4] 人気ブログ
http://hidanoyama.jugem.jp/?eid=774
飛騨山脈のふもとに住む山惚け隠居が、徒然なるままに四季の山に登り、山への思いを綴る。いまや隠居にとっての山は、信仰の対象に近い。
ようやく梅雨も明けて、いよいよ夏山シーズンの到来だ。穂高に沸き立つ夏雲を見ていると、雪渓を渡る風や岩の匂いがしきりに思い出され、この年になってもそわそわしてくる。もう少しチベットの話におつきあいを。登山のほうはあっけなく終ったが、そのほかの収穫は、横断山脈の山々を見ることができたことと、以前から関心があったチベット仏教への理解がさらに深まったことだ。四川省や雲南省のチベット寺院を巡って、仏教に...   (続きを読む)
2019/07/25 08:02:19 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  隠居の『飛騨の山とある日』  [4/4] 人気ブログ
http://hidanoyama.jugem.jp/?eid=773
飛騨山脈のふもとに住む山惚け隠居が、徒然なるままに四季の山に登り、山への思いを綴る。いまや隠居にとっての山は、信仰の対象に近い。
畦地梅太郎の画ではないだろうか 大垣市にある老舗山岳会=大垣山岳協会(堀 義博会長・会員約 100 名)が、このほど創立 60 周年を迎えられ、大垣フォーラムホテルで盛大な記念式典が開催された。この協会には 100 名を越す会員がおられ、今までに伊吹山北尾根の新道開発、アフガニスタンのシャー・イ・アンジュマン( 6026 m)初登頂、日英交流登山、岐阜県境 800 ?の完全踏破、上石津烏帽子岳の新道開発、揖斐川、長良川など各水...   (続きを読む)
2019/07/18 08:02:32 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 12  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
カレンダー2020 Mountains 日本百名山より (ヤマケイカレンダー2020)

あなたのデスクに、テーブルに、書斎やオフィスの机の上に百名山の世界が広がります! 多くの登山者が目標にしている「日本百名山」。その山々を毎年13座ずつ...
[10月7日発売]
カレンダー2020 日本百名山 (ヤマケイカレンダー2020)

日本を代表する名峰・名山の写真に、登山関連のイベント情報をプラス!百名山好き、百名山登山者のための定番カレンダー2020年版。多くの登山者に愛されている...
[10月7日発売]
季刊のぼろ Vol.26

[10月4日発売]
ヤマケイ新書 東京発 半日ゆるゆる登山

朝寝坊しても大丈夫!都心から6時間で行って登って帰ってこられるゆるゆる登山案内。寝坊したから、時間がないから、とせっかくの休日に山をあきらめるのはも...
[9月30日発売]
カレンダー2020 美しき日本の山 (ヤマケイカレンダー2020)

日本を代表する山岳写真家による傑作選名作・力作・秀作の中から選びに選びぬいた13点の山岳写真で構成、毎年大好評のヤマケイ定番山岳カレンダー2020年度版...
[9月28日発売]
カレンダー2020 美しき世界の山 (ヤマケイカレンダー2020)

素晴らしき地球の「神々の座」を真近に世界各国の山岳美を厳選! ヒマラヤ、アンデス、ヨーロッパアルプス……。地球上に残された秘境「神々の座」や魅力あふれ...
[9月28日発売]
上越・信越 国境山脈

豪雪が削り出し、研ぎ上げた個性的な山々が連なる上越・信越国境。長野・群馬・新潟の県境周辺は百名山級の有名山岳だけでなく、知る人ぞ知る隠れた名山も多...
[9月28日発売]
中国5県 登山口情報322

さぁ! 山へ行こう! !登山口の疑問に全て答えます!・最寄りのICからの距離・時間は・駐車場は広い狭い・駐車場が満車になることはある・トイレはある? きれい...
[9月27日発売]
日本百名山 山あるきガイド下 (大人の遠足BOOK)

深田久弥が名著『日本百名山』で選んだ全国の名山を上下巻で紹介。下巻は人気の槍・穂高から中央・南アルプス、北陸、関西、中四国、九州屋久島・宮之浦岳ま...
[9月19日発売]
山の本 109号

[9月17日発売]
ヤマケイ登山学校 ロープワーク

ロープワークをはじめよう!大きな判型で、読みやすくわかりやすいヤマケイ登山学校シリーズ。ときに命を預けることになるロープワーク。日本山岳ガイド協会が...
[9月17日発売]
岳人 2019年 10月号

[9月14日発売]
ヤマケイ文庫 どくとるマンボウ青春の山

終戦の年、避けられぬ死への煩悶を抱きつつ訪れた憧れの上高地。父との葛藤を胸に対峙した穂高岳。青春と自然を綴った北杜夫のエッセー選集。昭和20年、昆虫...
[9月14日発売]
山歩きの地図読みドリル

■地図読みの基本と応用力が身につく!この本は、入門者にも無理なく読図力が身につくように、「基本解説編」で地図読みの基礎をおさえたうえで、「問題編」で...
[9月11日発売]
カレンダー2020 空から見た北アルプス (ヤマケイカレンダー2020)

空から見た『北アルプス』Bird's Eye View of Northern Alps北アルプスの名峰の数々を、鳥目線でとらえた雄大な航空写真によるカレンダー2020年版です。日本...
[9月9日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/10/14 08:13:12