登山関連のブログ情報  -  ブログ「 東京志岳会(東京都) 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 5  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


クラブ  東京志岳会(東京都)  [2/3]
http://shigakukai.exblog.jp/240359356/
「東京志岳会」
大普賢岳から国見岳の稜線 もうそろそろ入梅。先週登った行者還岳の新緑と石楠花が素晴らしかったので、あわててまたまた大峰へ。今週はちょっと標高を上げて大普賢岳。和佐又ヒュッテから無双洞ルートを反時計回りに歩きます。先週登った行者還岳。奥の山は弥山(みせん)。笙の窟(しょうのいわや)ここは平安時代以来の冬籠の行場で、千日籠修行が行われていたとか。日本岳のコルを過ぎると、ハシゴで高...   (続きを読む)
2020/06/02 00:02:35 (5日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  東京志岳会(東京都)  [2/3]
http://shigakukai.exblog.jp/240348141/
「東京志岳会」
頂上は石楠花が見頃でした (拍手) 本日登る行者還岳 (行者還峠道から撮影) 同じく、峠道からの弥山(みせん)。実に立派。車2台を布引沢出合と行者還峠にとめて、行者還岳へ。まずは布引沢出合の吊り橋を渡り、小坪谷に入ります。鮮やかな新緑 沢を離れて急登開始。踏み跡は薄いですが、古い赤テープが木々に着けられており、そ...   (続きを読む)
2020/05/27 00:02:33 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  東京志岳会(東京都)  [2/3]
http://shigakukai.exblog.jp/240338403/
「東京志岳会」
正面の尾根が、目指す大菩薩嶺北尾根 この尾根は標高差約1200m、全く登山道ナシで踏み跡のみです。三条新橋に駐車して、まずは小一時間の林道歩き。北尾根が見えてきました。林道を離れ、泉水谷と小室川谷の出合に下りていきます。泉水谷にかかっていた橋は、台風で流されてなくなっていました。飛び石で渡渉 尾根まではグズグズのザレを直登...   (続きを読む)
2020/05/22 00:02:38 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  東京志岳会(東京都)  [2/3]
http://shigakukai.exblog.jp/240190674/
「東京志岳会」
世界中で猛威を振るうコロナウイルスのおかげで、世界中が鎖国状態。予定していた海外渡航予定もすべてキャンセル(´・ω・`) 「コロナごときのただの風邪に世の中大騒ぎしすぎ」と思いながらも経済への影響は深刻で3月の売上は大幅減。おまけに13日未明のNYダウの歴史的大暴落に見事に巻き込まれ、リーマンショック超えの大損失orz ああこんなときは原点に帰って旅に出よう・・・そして山...   (続きを読む)
2020/03/18 20:03:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  東京志岳会(東京都)  [2/3]
http://shigakukai.exblog.jp/240186260/
「東京志岳会」
今日は桂川(相模川上流)右岸の山稜を、立野峠から鈴ヶ音峠まで歩きます。まずは梁川駅から立野峠へ。前日は東京にも雪が降り、図らずもスノーハイクとなりました。立野峠到着 じゃ~ん♪ 登頂。次は高畑山へ。穴路峠 高畑山の登り じゃ~ん♪ 高畑山到着。最後に正面の大桑山を越えます。お天気がちょっと回復。...   (続きを読む)
2020/03/16 20:03:07 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 5  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
ヤマケイアルペンガイド 関西周辺 週末の山登りベスト123

この一冊で関西エリア一帯の登山・ハイキングが楽しめる。関西在住の登山者、ハイカーに向けた登山・ハイキングガイドブックの決定版! 関西地方の山々とその...
[5月30日発売]
脊振山系徹底踏査!

巷ににあふれる登山ガイド本は、各山のメインルートのみの紹介がほとんどです。しかし、それではあまりにももったいない! 花々を愛でるルートや滝を巡るルー...
[5月29日発売]
散歩の達人 日帰り山さんぽ (旅の手帖MOOK)

首都圏から日帰りで行ける低山コースを25~30本ご紹介。持ち歩きやすいB5判型ながら、見やすくて大きな地図を掲載し、また美しいビジュアルも満載です。各コー...
[5月28日発売]
富士山境目図鑑: 境目だから面白い、五合目の地質と動植物

世界文化遺産、富士山。イラストでよく見かけるギザギザ模様には理由がありました。本書は、登山のための本ではありません。スポットをあてるのは、登山開始...
[5月27日発売]
増補版 富士山にのぼる

見ているだけでなく登りたい、と冬の富士山を登り始める著者。樹海や風穴などさまざまな場所、夏の山などの回想も入れつつ、富士山の全体イメージを伝える。...
[5月25日発売]
岳人 2020年 6月号

[5月15日発売]
白嶺の金剛夜叉 山岳写真家 白籏史朗

山岳写真界の草分けであり、日本を代表する山岳写真家・白籏史朗の生涯を井ノ部康之が描く。『山と溪谷』2003年1月号から12月号まで掲載されたスーパー・ロン...
[5月14日発売]
ヤマケイ文庫 山の朝霧 里の湯煙

山旅と温泉を愛したドイツ文学者・池内紀の紀行集。関東周辺から、北海道、東北、九州まで、温泉情緒や自然についての味わい深い作品27編。
[5月14日発売]
レスキュー・ハンドブック 増補改訂新版

野外に遊びにいくなら、救急箱と一緒に必携の一冊。ハンディーな手帳サイズ、防水ビニールカバー付。野外でなにかトラブルがあったとき、すぐに役立つ情報が...
[5月7日発売]
山小屋ガールの癒されない日々

ウェブメディア「cakes」の人気連載が書籍化!山小屋にお風呂はある?腹が立つお客さんはいる?スタッフの人間関係は?北アルプスで10年働いた著者が隅から隅まで...
[4月30日発売]
大文字山トレッキング手帖

さあ、登ってみませんか! 送り火の山へ―― 地球史を物語る地質、森に息づく植物や生きものたち、人の歩みを語る歴史遺産など、5つのトレッキングコースから大...
[4月28日発売]
別冊ランドネ 親子でキャンプBOOK

家族みんなで、自然あそび!自然体験から得られることは子どもはもちろん、大人にだってあります。失敗を恐れずに日常から一歩踏み出し、自然のなかへ飛び出す...
[4月27日発売]
新潟100名山+10

[4月26日発売]







 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/06/07 11:30:30