登山関連のブログ情報  -  ブログ「 イガイガの丹沢放浪記 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 13  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  イガイガの丹沢放浪記  [2/5]
https://igaiga-50arashi.at.webry.info/202011/article_5.html
丹沢の沢や尾根を勝手気ままに歩いています沢をさかのぼり道なき尾根を歩きヒルに吸いつかれてもマムシを踏んづけそうになっても続けていますブログ記事のほ...
毎度のことだが、行き先をザックリ決めたらあとは気分まかせ。きょうも歩き始めは大滝まで行って、あとのことはそこで考えようと思っていたのに歩いているうち心変わり、脚は自然と白馬尾根へ。ひと月前に登った蛭ヶ岳がガスに包まれ眺望がまるでなく、登った気がしなかった。そんなこともあり、青空の広がったきょうの天気なら間違いなく展望がひらけているだろうと、鬼ヶ岩まで登り、蛭ヶ岳へ向かった。早戸川林道は相変わら...   (続きを読む)
2020/11/23 10:05:08 (4日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  イガイガの丹沢放浪記  [2/5]
https://igaiga-50arashi.at.webry.info/202011/article_4.html
丹沢の沢や尾根を勝手気ままに歩いています沢をさかのぼり道なき尾根を歩きヒルに吸いつかれてもマムシを踏んづけそうになっても続けていますブログ記事のほ...
先回、早朝の澄んだ空気と富士山の眺め、山々の彩りが観たくて鍋割山まで行ったのに、山はガスに包まれホワイトアウト。富士山はもちろん、紅葉の景色さえ楽しめず、まったく期待はずれに終わってしまい何だかとても損した気分だ。今回、またあらためて鍋割山を巡ってみることにしたが、まったく同じルートを歩いても面白くない。鍋割山まで登ったらカヤノキダナ山稜の登山道を外れ、北面の入り組んだ迷路地形を徘徊して楽しん...   (続きを読む)
2020/11/14 23:00:00 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  イガイガの丹沢放浪記  [2/5]
https://igaiga-50arashi.at.webry.info/202011/article_3.html
丹沢の沢や尾根を勝手気ままに歩いています沢をさかのぼり道なき尾根を歩きヒルに吸いつかれてもマムシを踏んづけそうになっても続けていますブログ記事のほ...
夜半に降っていた雨も明け方には上がり、午前中には青空になるはずと、スッキリ晴れた富士山と、周辺の山々の鮮やかな彩りを期待して鍋割山に登ったものの 早くに登りすぎて雲の中、混み合う山がイヤで早めに登ってきたが少々ガッカリ。晴れるのを待つほど暢気じゃないのであきらめて下山、カヤノキダナ山稜から、雨山山稜を回って帰ってきたころには、すっかり晴れてなんだか損した感じ・・・ もしかして、早起きは三文の損な...   (続きを読む)
2020/11/09 18:05:22 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  イガイガの丹沢放浪記  [2/5]
https://igaiga-50arashi.at.webry.info/202011/article_2.html
丹沢の沢や尾根を勝手気ままに歩いています沢をさかのぼり道なき尾根を歩きヒルに吸いつかれてもマムシを踏んづけそうになっても続けていますブログ記事のほ...
昨年来、いまだ通行止めが続く県道70号。塩水橋から丹沢山方面へのアプローチが難しいため、滅多に登山者に会うこともない。きょうは札掛を起点に、ワサビ沢出合から弁天尾根を登り、本間ノ頭南東尾根を下降して塩水橋から札掛まで周回するルートを歩いてみた。写真、キャプションのみ簡単アップです。塩水林道から弁天杉遠景 真下から見上げる 弁天尾根900m付近のモミジ 弁天尾根1000m付近 弁天尾根から本間ノ頭をみる 円山木...   (続きを読む)
2020/11/06 08:06:51 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  イガイガの丹沢放浪記  [2/5]
https://igaiga-50arashi.at.webry.info/202011/article_1.html
丹沢の沢や尾根を勝手気ままに歩いています沢をさかのぼり道なき尾根を歩きヒルに吸いつかれてもマムシを踏んづけそうになっても続けていますブログ記事のほ...
エンジンのパワーは落ち、足回りもヘタったきわめて年式の古いポンコツ体、当然ながら、各パーツは傷み内燃機関の老朽化も著しい。そんなわけで調子が悪くなった部品の検査をするため、一泊付きの入院を言い渡されてしまった。GoTo対象外なのは残念だけれど安心のためにはしかたがない。生検でチクチクされて戻ってきた翌日ぐらいは、おとなしくしていようと思ったのだが、天候は下り傾向とか、明日の天気がままならないとなれ...   (続きを読む)
2020/11/03 12:05:06 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  イガイガの丹沢放浪記  [2/5]
https://igaiga-50arashi.at.webry.info/202010/article_4.html
丹沢の沢や尾根を勝手気ままに歩いています沢をさかのぼり道なき尾根を歩きヒルに吸いつかれてもマムシを踏んづけそうになっても続けていますブログ記事のほ...
神武天皇社尾根? そんなの聞いたことない。ごもっともです。上青根地区の守護神、神武天皇が祀られている558mピークから、南東の黍殻山まで続く尾根筋に、便宜上かってにつけた呼称なので悪しからず。昨年の台風19号以来、丹沢の各地で寸断された林道の復旧が進まず、神ノ川林道も早戸川林道も通行止めのまま、青根の釜立林道にしてもしかり、車アプローチ派にとって行動範囲が狭まり、遊び場が限られた感がある。たまには蛭ヶ...   (続きを読む)
2020/10/27 18:06:01 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  イガイガの丹沢放浪記  [2/5]
https://igaiga-50arashi.at.webry.info/202010/article_3.html
丹沢の沢や尾根を勝手気ままに歩いています沢をさかのぼり道なき尾根を歩きヒルに吸いつかれてもマムシを踏んづけそうになっても続けていますブログ記事のほ...
10月に入っても、スッキリした秋晴れがほとんどみられず、長雨つづきで山遊びもままならない。丹沢の秋のすすみ具合が気になり、ようやくみつけた晴れの一日をのがさず、塔ノ岳から主脈歩道、丹沢山方面にでかけてみた。写真のみ公開です。2020.10.20(火)   (続きを読む)
2020/10/21 12:06:50 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  イガイガの丹沢放浪記  [2/5]
https://igaiga-50arashi.at.webry.info/202010/article_2.html
丹沢の沢や尾根を勝手気ままに歩いています沢をさかのぼり道なき尾根を歩きヒルに吸いつかれてもマムシを踏んづけそうになっても続けていますブログ記事のほ...
午後から雨になるという予報なので早帰りと決め短い沢を一本、西丹沢ビジターセンターからほど近いマイナーどころの小西沢へいってみた。たぶん、西沢のすぐ隣の下流にある小さな沢なので付いた名なのだろう、一般にはほとんど知名度のない沢である。西丹沢ビジターセンター裏の吊橋脇から河内川に降り、100mほど下流にいくと右岸から小西沢が出合う。出合から水はチョロチョロで少しがっかりだが、塩ビの取水パイプがあり、す...   (続きを読む)
2020/10/08 18:06:07 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  イガイガの丹沢放浪記  [2/5]
https://igaiga-50arashi.at.webry.info/202010/article_1.html
丹沢の沢や尾根を勝手気ままに歩いています沢をさかのぼり道なき尾根を歩きヒルに吸いつかれてもマムシを踏んづけそうになっても続けていますブログ記事のほ...
マイ・フェイバリットのひとつ下棚沢。下流の下棚から続く流麗な連瀑帯、中流域のナメ棚の連続は何度訪れても魅力的な沢である。きょうはじっくり滝見を楽しみ、沢は最後まで詰めずにショート周遊してくるつもりだ。何度も歩いた下棚沢ゆえ、写真中心の簡略アップです。西丹沢ビジターセンター前の駐車余地は7時前でほぼ満車、ギリギリ滑り込ませて出発。まずは誰でも行ける下棚F1から 左岸を迂回してF1落口へ 背後にF2 F2落口...   (続きを読む)
2020/10/04 16:06:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  イガイガの丹沢放浪記  [2/5]
https://igaiga-50arashi.at.webry.info/202009/article_3.html
丹沢の沢や尾根を勝手気ままに歩いています沢をさかのぼり道なき尾根を歩きヒルに吸いつかれてもマムシを踏んづけそうになっても続けていますブログ記事のほ...
なんだか富士山が眺めたくなり、ちょっとばかり丹沢山塊をはみだし、箱根外輪山の金時山へいってみた。足柄方面からのアプローチなので、麓の地蔵堂までいってみると、なんと登山ルートの入り口には通行止の案内が… なんてこったい! どうやら、昨年の台風19号の影響が残っているらしいのだが、被災して一年近くたち、状況もだいぶ落ち着いたはず。まっ、行きゃ何とかなるでしょと、案内は見なかったことにしてそのまま進んでい...   (続きを読む)
2020/09/30 20:06:13 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  イガイガの丹沢放浪記  [2/5]
https://igaiga-50arashi.at.webry.info/202009/article_2.html
丹沢の沢や尾根を勝手気ままに歩いています沢をさかのぼり道なき尾根を歩きヒルに吸いつかれてもマムシを踏んづけそうになっても続けていますブログ記事のほ...
オレにはあんまり関係ないが、世間は4連休。コロナ疲れの人たちが、鬱憤ばらしの旅行やドライブ、キャンプに登山にと各地に繰り出してくるのは間違いなさそうだ。密になりそうな電車やバスの利用は避けて車で来る人も多いはず。当然、帰りの道路は渋滞必至、巻き込まれないよう昼頃までの早帰り山遊びと決め、短い周回ルートのとれる丹沢湖北岸・中川左岸の棚沢を訪れることにした。周回後の車回収を考え、大仏大橋先の千代の園...   (続きを読む)
2020/09/21 23:00:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  イガイガの丹沢放浪記  [2/5]
https://igaiga-50arashi.at.webry.info/202009/article_1.html
丹沢の沢や尾根を勝手気ままに歩いています沢をさかのぼり道なき尾根を歩きヒルに吸いつかれてもマムシを踏んづけそうになっても続けていますブログ記事のほ...
暑い、暑い、といいながら、今年もいつのまにかサガミジョウロウホトトギスの咲く季節になった。この可憐な黄色い花、沢の上流域、それも足場の悪いガレ場の岩壁にひっそりと咲き、足元が定まらないだけではなく、垂れ下がった花は谷間を抜ける風に揺らいでシャッターがなかなか押せない。いいわけじゃないけど、撮った写真のほとんどがピンボケになるのが悲しいね… 写真のみ公開です。2020.9.3(木)   (続きを読む)
2020/09/04 08:05:47 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  イガイガの丹沢放浪記  [2/5]
https://igaiga-50arashi.at.webry.info/202008/article_4.html
丹沢の沢や尾根を勝手気ままに歩いています沢をさかのぼり道なき尾根を歩きヒルに吸いつかれてもマムシを踏んづけそうになっても続けていますブログ記事のほ...
家にいても暑くて堪らず、どうせ大汗かくなら山で汗をかこうと思ってはみたものの、先日のように欲張って歩きバテてしまっては大変だ。ムリなく歩けて、綺麗で楽しそうな沢はないか… そんな都合のいい沢あったかなと、思いついたのが世附の奥にある法行沢。林道歩きは長くなるが、花崗岩が綺麗な沢で周回のコースもとりやすい。久しぶりに訪れてみることにした。浅瀬橋の分岐を大又沢沿いに進み、林道をひたすら歩いておよそ45...   (続きを読む)
2020/09/01 12:07:42 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 13  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
関東・七福神ハイキング: 御利益&健康ゲット

正月行事としてだけでなく、通年で根強い人気をもつ「七福神めぐり」。本書は町なかの寺社だけでなく、山あいや郊外の寺社なども含めた「ハイキング要素」に...
[本日発売]
関西 山のぼり&ハイキング BESTコース

日帰りで無理をせずに低山を楽しむ!関西の人気山登り&ハイキングコース!ヤマガスキナダケさんがおすすめする関西の人気山のぼり&ハイキングコースを徹底紹介!...
[昨日発売]
山は登ってみなけりゃ分からないー朝焼けをリュックにつめて

「山の達人」石丸謙二郎が、軽妙でリズミカルな文章に墨絵を加えて表現した「山の発見本」。
[11月24日発売]
よくわかる山岳信仰 (角川ソフィア文庫)

国土の七割以上を山に囲まれた日本では、古くから山を神聖視して信仰の対象とする山岳信仰が盛んだった。そして、六世紀に仏教が伝来すると、山岳信仰は仏教...
[11月21日発売]
ヤマケイ新書 マタギに学ぶ登山技術

山のエキスパート集団「マタギ」が教えてくれる歩き方から衣食住まで網羅したサバイバル登山技術集!山で生き残るためのマタギの叡智をわかりやすく紹介。最新...
[11月18日発売]
ヤマケイ文庫 画文集 山の独奏曲

軽妙な文体と洒脱な挿絵が醸し出す串田作品の隠れた名作。一九六〇年代のハイキング雑誌『ハイカー』に連載された山のエッセイに、筆者がみずから書き下ろし...
[11月18日発売]
ヤマケイ文庫 山の不可思議事件簿

山には「不可思議」が満ちている。山と登山にまつわる怪現象・謎・怪物など、奇妙な事件を一挙紹介。
[11月14日発売]
ヤマケイ文庫 定本 山小屋の主人の炉端話

山で暮らす人ならではの信じられない実話を丹念に拾い集めた山語り34編。
[11月14日発売]
岳人 2020年 12月号

[11月13日発売]
ヤマケイ新書 ソロ登山の知恵

山の魅力を独り占めでき、マイペースで歩けるのがソロ登山。その魅力やリスク、必ず身に着けておきたい登山技術などを経験豊富なエキスパートたちが解説。ソ...
[11月12日発売]
ちゅうごく山歩き Vol.7

中国新聞に連載された「ちゅうごく山歩き」をまとめた冊子の第7集です。2018年7月から19年5月までの掲載分(42回)を収録し、山ごとに、地形図を使った登山ルー...
[11月10日発売]
故郷の懐かしき山

それは不幸な偶然だった……。彼らの前に現れた不審な男は何を隠しているのか。明るい将来を夢見たふたりに不幸は突然おそってきた。変わらぬ故郷は語る「罪を...
[11月1日発売]
最新科学が映し出す火山 その成り立ちから火山災害の防災、富士山大噴火 (ベストセレクト)

火山の噴火は本当に素晴らしい、強烈な現象です。夜中に真っ赤な溶岩が飛び散る様子は、実に神々しいものがあります。一方、火山噴火は危険で、場合によって...
[10月27日発売]
ランドネアーカイブ 山好きのための簡単レシピBOOK

食材と調理器具は最小限に、手間もなるべくかけずに、ひと工夫で美味しくつくれるワンバーナー料理レシピ集。ランドネでこれまで連載をしてきた「かんたん山...
[10月27日発売]
そこにある山-結婚と冒険について

人はなぜ冒険し、山に登るのか―― 「永久にわからないだろう、わかるはずがない、わかってたまるかこの野郎」と思い続けてきた謎を解き明かしたのは、まさかの...
[10月20日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/11/27 11:09:29