登山関連のブログ情報  -  ブログ「 Small Steps to the Snowy Mountains 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 26  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/08/blog-post.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
お隣の韓国では、山小屋は統廃合が進んでいます。不必要な山小屋は自然保護の観点から、廃止の流れです。インスボンがある白雲山荘も廃止されました。日本の山小屋も、要不要を整理して、ごみをまき散らす稜線の小屋は、事故防止の観点からも、きちんと歩ける山やだけを受け入れる体制にした方が良いのではないかと思います。現状の、下界と同じ生活が可能な山小屋では、そもそも山に来るべきでない人 が、大挙して山に押し寄せ...   (続きを読む)
2019/08/17 06:09:12 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/07/blog-post_27.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
今朝はこんなのが来ました。いや~ あぶない。手繰り落ちは、やってはいけないことの筆頭です。下のビレイヤー、ずいぶんぶっ飛んでいますね。ビレイヤーとクライマーがぶつかって、ビレイヤーの首がむち打ちというのがよく聞く事例です。   (続きを読む)
2019/07/27 08:08:17 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/07/blog-post_25.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
■ セッターが作っていない課題 5級以下のボルジム課題がつまらない…のは、特にセッターに頼んで質の良い課題を作ろうという意図がないためと先日、判明。7,8級なんて誰が作ってもいっしょだろーという訳で、面白くなかったらしいですよ~(笑) 私が思うに、ボルジムで8級とかの初心者課題で面白い!と初日で思う人、めっちゃ稀です。これの何がおもしろいの…となるのが普通だろうなぁと。今はボルジムはかっこいい!と思われている...   (続きを読む)
2019/07/25 13:08:40 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/07/blog-post_20.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
こちらは、エーデルリッドのオームです。体重差のあるクライマーをビレイする際に、安全性を高める道具です。1ピン目に使います。欧米では、男性クライマーが体が大きく、女性クライマーが華奢というパーティを見かけることが多いです。体重差が顕著な場合は、クライマーは、激オチ禁止です。静的にテンションを掛けるほうがいいです。この道具があれば、フリクションの増加によって、ビレイヤーへ伝わる衝撃が緩和されるので、...   (続きを読む)
2019/07/20 09:07:49 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/07/blog-post_16.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
ツインゲートのカラビナでの事故がありましたが…。入間クラックで、トップロープ中にグランドフォールと言う事例だそうです。← こちらはFBより拝借したツインゲートのカラビナ事例。ツインゲートのカラビナ自体、そうメジャーな製品でないので、見たことがない人もいると思いますが、このようなお品です。前にベースキャンプに行ったときは、環付きビナがトップロープには設置してあったと思いますが、なんでツインゲートになっ...   (続きを読む)
2019/07/16 04:08:28 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/07/blog-post_8.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
岩崎さんの無名山塾は、私が山岳総合センターと同時に考慮した登山学校でした。山岳総合センターが公立とすれば、山塾は私立、とセンターの講師の先生が言っていました。(ちなみに私は個人塾出身です…笑) 総合センターを終わった時に、仲間は必要だし、地元の山岳会は団塊登山化していて山を教えてもらうことは不可能だし、若い会は無謀登山だし…、と言うので行くところがなく、山塾に、と思ったときに、入会を打診しました。す...   (続きを読む)
2019/07/08 09:08:28 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/07/blog-post_98.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
■ メインロープとPASの違い まぁ、ずっとテンションしているから、理解してしまえば、別に何も問題がないのですが、理解していない人が理解するまでの間に事故になってしまうことが多いのがクライミングの世界の常… 伸びないスリングに落ちてはいけないということがワカラナイ…のは初心者の常です。それが分かるにはどうしたらいいのだろうか?と考えていて、思いついたのが、ヴィアフェラータ。ヴィアフェラータのセルフビレイ...   (続きを読む)
2019/07/06 21:08:29 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/07/blog-post_6.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
■ 境界線のあいまいな日本 登山界ではよく知られていますが、外国では、一般登山者と本格的な登山をする人は、まったく歩くトレイル自体も別です。一方、日本は混在しています。同じことが、岩場にも言えます。スポーツクライミングの岩場で、アルパインクライミングの論理をかざしたり、アルパインの岩場でスポーツクライミングの理論をかざしたり…と、ややこしい…。■ 段階的にリスクを大きくしていく アルパインへ行くにも、...   (続きを読む)
2019/07/06 06:08:28 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/07/blog-post_12.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
夏山の遭難 を減らすのに必要なことは何か? 夏山での遭難者数が、例年過去最大を示していることは残念なことです。遭難を減らすのに、そもそも必要なのは何なんでしょう? ・未組織登山者を組織化 ・引率者 ・知識 → 資格? クイズ? ・体力 → 体力テスト? ・登山道の整備 ・登山ツアーの開発 ・GPS発信装置 ・入山口での詳細な案内とか? ・ヘリ有料化 夏山のお客さんというのは、”お客さん”、であって、文字通り。”登山者”ではな...   (続きを読む)
2019/07/05 15:07:58 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/07/blog-post_1.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
この写真を見て、分かる人は、山やとして適性があり、問題がないです。分からない人=ハイコンテキストが必要な人(ハイコンテキスト=説明)なので、山の勉強を十分しないと、自分がほかの人のリスク因子になる可能性があります。1)クランポンが左右反対 2)クイックドローなんていらない 3)ザックからモノが落ちそう = 後ろの人が危険 4)ヘルメットなんでザックにつけていて被っていないの? 基本的にザックにじゃらじゃらと外付け...   (続きを読む)
2019/07/05 15:07:57 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/07/blog-post_5.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
昔の山やさんに押してもらったところによると、山を歩きとおせるだけの踏破力や体力、およびヘッドライトを持ってくるという常識や、2時から登山開始しては夜になってしまうという推察力がない人たちが山に大挙してきてしまう理由は、昔と違ってヘリが無料になってしまったから ではないか?ということでした。ヘリ有料化の動きはあるようです。沢登をするような人は、たぶん、山に来ることがそもそも疑問である、地図持ってこな...   (続きを読む)
2019/07/05 10:08:30 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/07/blog-post.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
■ 独学スキル 独学スキルが私にはすでにあったことで、山の世界では成功したと思います。落石沢で顔を洗ってしまう登山者との差はこれです。学び方をすでに知っているかどうか?です。豊後ピートさんの 落石の怖さを誰もわかってくれない 夏山のお客さんが、10年山に登っても、”お客さん”なのは、山を学ばないからというものですが、そもそも、学び方を学ばないから、です。今日来たメマガです。長いですが、お付き合いを。こん...   (続きを読む)
2019/07/04 08:08:36 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/07/ok.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
こちらは豊後ピートさんのブログです。岩崎師匠が傘の使用について述べたものを救助隊が批判したもの。山で傘は原則NG つまり、場合によっては便利 っていうのも、ビレイで下がってビレイしていいというのと同じで時と場合ですが、その 時と場合 がほとんどの人にとって切り分けられない… 切り分けられるようになるのに、10年くらいの経験値がいる 、というのが山の最大の問題のような…? センター試験のような単純な唯一の正解...   (続きを読む)
2019/07/03 21:09:11 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/06/blog-post_36.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
ギュリッヒの著作からの引用です。『』P17~ 1)トップロープで取りつく(初級者) この際、いつかリードで取りつくことを目標にする。未修得のムーブが洗練され、体に記憶される。これを繰り返してリードに至る。このスタイルは必ずしも理想的なものではない。2)いきなりリードで取りつく(上級者) ムーブの暗記に頼らないで登る。当然墜落をすることがある。核心部では何回か落ちることがある。その場合、最終支点から、ムーブを...   (続きを読む)
2019/06/25 18:08:40 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/06/blog-post_25.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
■ 美学と現実 建て前と本音 オンサイトが一番いいスタイルと言うのは、クライマーだったら誰でも知っていると思う。しかし、その哲学を主張する人の意見に感化されて、そのまま取り入れることが可能な人と不可能な人がいると思う。ので、真に受けない ようにしないといけない。1)環境 落ちれるビレイヤーかどうか? 2)体格 165cm標準体格に合わせてピンが打たれている 3)標準体力 ガバがガバでなかったりとか、一般的に想定され...   (続きを読む)
2019/06/25 08:08:24 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/06/blog-post_24.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
■ トップロープからリードへ 昨日は色々と考えさせられたクライミングだった。初心者にトップロープで登らせる期間は、どれくらいにすべきなのだろうか? というのは、私はクライミングをしたことがない一般登山者の時点で、三つ峠に行き、2度目からリードだったし、その次の半分フリー半分アルパインみたいな西湖の岩場(いわゆるゲレンデ)へ行ったときは、人工壁に通い始めて3か月のころだったが、初回から5.8でリード。マルチ...   (続きを読む)
2019/06/24 10:09:06 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/06/blog-post_19.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
■ 一般登山からアルパイン(本格的という形容詞)がつく登山へ 一般登山とアルパインの差は、二つです。1)道がある(一般)vs 道がない(アルパイン) 2)難易度 (4級以下)vs(5級以上) この2点の内、人から教わることなく、独学で到達できるレベルと言うのが1)ナビゲーションスキルです。なので、一般に、本格的登山へ進もうという方は、1)については、自分のできる範囲で済ませてきている、ということが前提になります。山の中で右も...   (続きを読む)
2019/06/19 15:09:19 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/06/blog-post_56.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
またクライミングに行ってきました。この写真は軽さを重視したドリルです。私は現代のクライミングルートというのは、全部ラッペルで作られているのか?と思っていました。違いました…驚いた。ラッペルではなく、グランドアップで作っているルートもあるそうです。それならば、オンサイトの重みが重くなります。■ 歴史上 ラッペルのルートができてクライミング能力が飛躍的に伸びたこと リン・ヒルの『クライミング・フリー』と...   (続きを読む)
2019/06/18 16:08:23 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/06/blog-post_18.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
山岳会は高齢化で、すでに高度な山はできなくなっています。また、若い人の会も、指導者がいないため、高度な山はできなくなっています。若い人だけの会は、そのため、どちらかというと婚活的な活動拠点になっていますが、まぁ、それはそれで、価値ある活動ではないか?と思います。中高年登山の会は、退職者の第二の青春の会として大盛況中です。若い人は育っていません。若手で強いクライマーはスピンアウトして、1)個人で登る...   (続きを読む)
2019/06/18 14:08:41 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/06/100-100-5.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
■ クライミングの分類 現代では、クライミングは、・外にあるボルダーという岩を登るボルダリング ・その模倣である、インドアジムの壁を登るインドアボルダリング ・ロープを命綱にして、できるだけロープに頼らず登るフリークライミング ・ロープを全身の手段にして登るエイドクライミング ・何十回も落ちながらトライして、やっと登れるスタイルの高難度フリークライミング ・落ちないで自然物だったら、なんでも使い、落ち...   (続きを読む)
2019/06/17 09:09:19 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/06/blog-post_15.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
■ 初心者の行くところがない 日本では、”クライミングガイドについてクライミングのイロハを学ぶ”というルートが確立されていないですが、それは現状のクライミングガイドが、クライミングを教えるやり方が、横柄で間違っているから、と思います。商業ベースでやっているのに、旧来の山岳会のやり方を踏襲しているのでは?と思います。例:「こんなことも知らんのか」→ 知らないから教わりに来てるんでしょ! 「5.10aでは、あなた...   (続きを読む)
2019/06/15 09:09:09 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/06/blog-post_11.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
■ 荒れに荒れている登山道の山=夏山 九重連山は、霧ヶ峰みたいなところだった。基本的にえらいオーバーユースされた山だった。登山道は、人が歩いたせいで、深くえぐられ、表土が削り取られて、その下の真土?が、出ているせいで、粘土質の黒い土…火山性なのだろう、黒ぼくのようだった…が露出しており、荒れに荒れている、と言える状態だった。この荒れ具合は、登山道の左右の痛めつけられていない部分の状態と比べると分かる。...   (続きを読む)
2019/06/11 08:08:34 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/06/blog-post_10.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
眼下に坊がつる ■夏山は山のオーバーユースが顕著 かねてより、行きたかった坊がつるへ、ミヤマキリシマの見頃という適期を捕まえて、行ってきました。長者ヶ原でパーキング前泊。夏山の一般道なんて歩くもんじゃないな~ということが分かった(笑)。登山道が、あまりにもオーバーユースされすぎていて、観光業に自然環境が破壊されている実態を見に行く、ということと全く変わりがありません(笑)。かなり急で岩は 4級です 私は...   (続きを読む)
2019/06/10 20:08:23 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/06/blog-post.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
私が10年ほど前に福岡にいた頃...、商社のお仕事で環境問題も追いかけてはいましたが(九大水素タウン構想)、いわゆる環境問題は、結局のところ、産業廃棄物問題でした。長らく歴史的にそうで、結局、企業は環境問題に取り組むことについては後ろ向きでした。太陽光にしてもそうで、パネル単価が下がらないと普及は難しいという合意が経産省と企業の間にありました。のちに太陽光パネル銀座と言われる北杜市に、太陽光パネルが自...   (続きを読む)
2019/06/08 10:08:34 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/06/on-mount-fuji-for-every-foreign-visitors.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
I have gotten this question this morning. And since I got so many similar questions so much, I think I will write the answers here. Question Hello , I m a climber and a musher too but in living in East Greenland. I ve been on the Mt Fuji once and would like to go there at the end of October. Do you know if it is possible? Greetings, Mx_Greenland Here is my answer: Hi Mx, thank you for asking. E...   (続きを読む)
2019/06/03 09:09:38 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Small Steps to the Snowy Mountains  [2/2]
https://stps2snwmt.blogspot.com/2019/05/blog-post_29.html
茅ヶ岳から前穂北尾根…山ヤになるってどんなこと?
■ 人を馬鹿にする心理 Bad版 山岳会の新人さんを馬鹿にする、という心理的な習慣は、日本の山の世界に、とても根強いですが、それは、先輩後輩システム、によります。後輩=目下の人間=馬鹿にして良い 前回のブログでの、ガイドさんが「みんなにはアップにならないかも」 というのは、みんなにはアップにならない ⇒ 下手くそねぇ 自分にはアップになる ⇒ 自分の実力自慢 と言うことでした。この心理は、5年目の社員が新入1年目の...   (続きを読む)
2019/05/29 13:09:14 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 26  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
山びとの人生: 神秘と不思議の民俗を訪ねて

マタギや木地屋の取材などから、山人の暮らし、伝承、信仰に迫る。怪異現象や山岳地名の分析も懇切に。
[一昨日発売]
山の手帖2020

いつも手元に山がある幸せを― 山の手帖も3年目。2020年版をお届けします!北・中央・南アルプス&八ヶ岳の情報満載の山のスケジュール帳です。2019年12月~2020...
[8月23日発売]
ワンダーフォーゲル 10月号増刊 秋山JOY2019 「紅葉のアルプスへ」 (別冊 山と溪谷)

秋山・紅葉に特化したヤマケイの丸ごと1冊コースガイドブック。秋は一年を通じて山がもっとも美しく彩られる季節。鮮やかな紅葉の山を満喫するために、ワンダ...
[8月22日発売]
関東日帰りの山ベスト100 改訂版 (ブルーガイド山旅ブックス)

丹沢・箱根・奥多摩・高尾・八ヶ岳・南ア・富士山周辺・秩父・奥武蔵・上州・尾瀬・日光・房総・筑波…関東周辺登っておきたい山
[8月21日発売]
女ひとりで26日間 ヒマラヤを歩いてみれば 〜大自然と自分に繋がる旅〜

こんなにも美しい大自然の中で、目一杯体を使い、五感をフル稼働させて体感した先にあったのは、自分への信頼と美しい地球に生きていることへの喜びだった。...
[8月18日発売]
岳人 2019年 9月号

[8月16日発売]
夢のトライアル (山とマラソンに挑んだ鉄人の記録)

みちのく福島・白河に、昭和・平成を駆け抜けた韋駄天にして山男がいる。本書は、その驚くべき数多の足跡を綴った夢と冒険の記録であり、登山やマラソンを愛...
[7月30日発売]
走ること、生きること ―強く、幸福で、バランスのとれたランナーになるために―

美しさと強靭さを兼ね備え、数々の山岳競技で勝利を飾り、世界中のアスリートを虜にするエミリー。その独創的な練習方法、健康レシピなどのライフスタイルか...
[7月25日発売]
山は心の支えだった

著者は1962年北大医学部薬学科卒、在学中はスキー部山班で活動。国立衛生試験所(現・国立医薬品食品衛生研究所)勤務。最後の1年間、PMDEC(現PMDA)医療機器審...
[7月24日発売]
山の霊異記 霧中の幻影 (角川文庫)

山岳怪談実話の名手による、山の霊気に満ちた本当に怖い怪談集。霧の山道で背後からついてくる操り人形のような女性、登山中になぜか豹変した友人の態度、死...
[7月24日発売]
マウンテンスポーツマガジン トレイルラン 2019 夏号

夏到来。ガッチリ汗をかいて、気持ちよく山を走ろう。
[7月19日発売]
大雪山―神々の遊ぶ庭 市根井孝悦精選作品集

憧れの北の大地・大雪を、写真家・市根井孝悦が渾身の力をこめて表現した決定版 2000年の『大雪山――母なる大地』、2006年の『大雪山――四季の彩り』、2014年の...
[7月16日発売]
岳人 2019年 8月号

[7月13日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/08/26 05:16:07