登山関連のブログ情報  -  ブログ「 wandering 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 17  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-e3ccd1.html
昨夜は石巻の寿司屋で美味しい海鮮丼を食べたが酒は控えておいた。翌日のレースに備えてだが、記録は二の次になってしまった今はどうでもよいようにも思うが、昔の習慣はなかなか変わらないようである。どしゃ降りの中を明日の天気を案じながらホテルに向かい早めに床に着く。翌朝は打って変わった好天でマラソン日和である。レース会場の運動公園は駅から歩くと1時間近くかかるということで駅前からシャトルバスが出ているとの...   (続きを読む)
2019/06/24 20:08:48 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-d9ec77.html
久慈行きの始発に乗り、久慈で三陸鉄道に乗り換える。いよいよ今回の旅行の最大目的である三陸鉄道全線乗車の旅が始まる。3月に全線開通したにもかかわらず、今まで当地訪問が遅れたのは、ひとつには三陸鉄道にも乗れる大人の休日倶楽部パスは年三回発売されるが、三陸鉄道全線開通後は、今回が初めての発売期間であったことと、もうひとつは三陸海岸の旅の終着駅ともいえる石巻において開かれる復興マラソンの開催日が6月23日...   (続きを読む)
2019/06/22 22:12:23 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-7dda7d.html
2011年の東日本震災で三陸の鉄道は津波により寸断されたが徐々に復旧されて、今年3月にJR東日本の山田線の釜石~宮古が復旧されて三陸鉄道に移管されたことにより、BRT区間を除き全線が復旧したことになる。復旧次第全線乗車をしたいところであったが、三陸鉄道も乗車可能な大人の休日パスが6月下旬に利用可能であり、また三陸鉄道全線乗車後に終着となる石巻で日曜日に復興マラソンが開催されるということで、それも併せて楽し...   (続きを読む)
2019/06/21 20:08:54 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-08b228.html
氷見まで戻る際に途中までJR氷見線と私鉄の万葉線が平行して走っていることに気付き、平行区間はそれぞれの路線に乗り換えたので、全区間を往復乗車せずに済んだ。氷見に戻って、滑川までのツーリングを再開するが、前半は氷見線と万葉線の後半部分に沿っての走行であった。万葉線は越ノ潟が終点で、そこから先は対岸までは橋がないように思われたが、見上げるとレインボーブリッジのように上空を越えている新湊大橋がありグー...   (続きを読む)
2019/06/11 20:08:45 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-16cfef.html
今日の行程には多少余裕があるので、能登町から穴水までは最短距離を取らずに海岸線沿いの遠回りの道を行く。交通量が少なくて走りやすい絶景コースであった。穴水からは鉄道が走っているので、いざというときは鉄道を使えるので気がらくになる。和倉温泉までも、島を経由するコースを選んだので、とても変化に富んだコースとなった。今日のゴールの氷見まではいくつかのコースを選ぶことができるが、いずれも途中に山越えがあ...   (続きを読む)
2019/06/11 00:09:18 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-abcb1a.html
輪島のキャンプ場を6時に出発し輪島の町に戻る。朝市はまだ準備中だったので先を急ぐ。海岸沿いの道を進むので、天気が良ければ気持ちが良いのだろうが、どんよりとした曇り空では今ひとつ気分が乗らない。ただ途中に千枚田という段々畑ならぬ段々田んぼがあったり、江戸時代から製塩の盛んな当地ならでわの製塩に関する展示があって気が紛れる。海岸沿いの道と言っても多少のアップダウンはあるものだが、能登半島先端の手前に...   (続きを読む)
2019/06/10 00:24:35 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-094ed7.html
今回の日本列島海岸線ツーリングは能登半島からスタートである。能登半島は高校時代にバスで一周したことがあるが、70近くに なって自転車で行くことになるとは夢にも思わなかった! 始発の新幹線が金沢に着いた時は雨はやんでなかったので、特急に乗り換えて一時間ほど先の羽咋からスタートすることにした。羽咋に着くと読みが当たって雨は止んでいて幸先のよいスタートを切ることができた。しばらく走ると海岸線に沿った道とな...   (続きを読む)
2019/06/09 00:09:24 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-50c65c.html
来年の70歳での七千メートル峰登頂に際しては脚力強化の必要性を痛感して、本年7月に十数年ぶりのトレランレースである北丹沢12時間耐久レースにエントリーしたが、そのトレーニングとして高尾~陣馬往復30キロを走ってきた。このコースはトレランをやってた頃は、富士登山競走が終わると、日本山岳耐久レース直前まで毎週走ってたコースだ。当時はここを4時間以内で走れれば、フルでもサブスリーが狙えると言われていたが、一...   (続きを読む)
2019/06/08 08:08:48 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-4bf4ae.html
ネパール帰りの週末に家内と甲府近郊の温泉に行き、翌日、ロープウェイで山梨百名山の羅漢寺山に行った後に昇仙峡の遊歩道を歩いてきたのだが、アップし忘れたので、遅まきながら写真のみアップしておく。   (続きを読む)
2019/05/29 00:09:22 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-1b4b4b.html
今日は予備日の使い残しの日だったので、ゆっくりと起きる。最初は郊外にある日帰りトレッキングのコースにでも行こうかと思ったが、今さらトレッキングでもあるまいと思い直し、地震による倒壊からの修復が最近行われたというボダナート寺院(通称、目玉寺)に行ってみることにした。午前中は土産を買ったりした後、昨晩行き損なった和食の店、「絆」で早めのランチとる。ネットの評判ではカトマンズの和食の店No1の評価を得てい...   (続きを読む)
2019/05/07 10:09:23 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-c52f0f.html
チュルー登山も終わり後は帰るだけだが、日本帰国となると気が遠くなるほど先のことである。先ずはベースキャンプまでの帰還である。前回は高山病でフラフラの中での下降であっただけに、絶対に事故を起こしてはならないと慎重に下降したが、今回はかなりフィックスが張られているし、ガイドも同行しているので、それほどの緊張感はない。ベースキャンプへの帰着時間いかんによっては、マナンまで一気に降りたいと思ったが、時...   (続きを読む)
2019/05/06 12:08:57 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-96b0d7.html
ベースキャンプ出発の日はまずまずの天気となった。頂上を目指すのはガイドと私の二人だが、高所キャンプまではコックとポーターも付いてきてくれて私の荷物を持ってくれるという。空身登山は自分のプライドが許さないが、それが今の実力と悟り大名登山をさせてもらうことにする(三浦雄一郎さんみたいな気分だ)。前回は核心部の20メートルくらいにロープを張っただけだったが、今回は前日に100メートル近くも張ってくれてあった...   (続きを読む)
2019/05/06 12:08:56 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-b6dbf5.html
今朝は昨日の遅れを取り戻すため暗いうちから出発する予定だったが、明るくなってもモーニングコーヒーの連絡がないので、どうしたのかと思ったら予定時間を大幅に遅れてガイドがやって来て言うには「ポーターの1人が高山病にかかって吐いてしまったので、出発が遅れている」とのこと。「ガ~ン」である。そう言えば、39年前に同じ山に挑戦しながら、ポーターが原因で登頂できなかった悪夢(キャラバンの途中で祭りのためにポー...   (続きを読む)
2019/05/06 12:08:55 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-cec000.html
ムクチナートのロッジの前に張られたテントから外に顔を出すと、ダウラギリの連山が1峰を筆頭にずらりと並んだ豪勢なながめであった。今朝はモーニングティーから始まって洗面用のお湯のサービスと続いて朝食につながるキャラバンのお決まりのスケジュールが始まる。夜中にポーター二人が遅れて到着したので、我がパーティーは客1人に対して、ガイド及びコックが各1人、ポーターが5人の総勢8人となった。自分1人のために、こん...   (続きを読む)
2019/05/06 10:36:15 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-be8ca2.html
カトマンズから夜行バスで来るコックやポーターとバス停で合流してムクチナートに向かう。39年前に来た時は何日もかけて歩いた所を1日で車で行けるようになったことは驚きであるが、道自体は期待に反して悪路の連続であった。特に湖の上部の道が大河カリガンダキに合流する地点から、前回(39年前)通ったゴラパニ峠から下ってくる道と合流するあたりまでは特に悪く、出来れば帰りは通りたくないくらいだが、そういうわけにもいか...   (続きを読む)
2019/04/22 23:08:48 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-24b6d5.html
早朝にガイドが迎えに来て、ツーリストバスでネパール第二の都市であるポカラに向かう。6年前にポカラに向かった時に乗った路線バスに比べれば快適だが、さほどスピードアップするわけではなく、日本なら3~4時間で行けるところを道路事情等のために丸1日の行程となる。もっとも飛行機もそこそこの本数は出ているのだが、ガイドやコックの分まで含めると結構な負担になる上、移動時間の短縮にはなっても日程短縮にはつながらな...   (続きを読む)
2019/04/22 00:10:40 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [0/1]
http://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-60ec40.html
3年ぶり5回目のネバール訪問となった。訪問国としては、中国とフランスの各6回に次ぐことになるが、中国の場合には毎回訪問地が違っているのに対して、ネバール訪問に際しては必ず訪れる首都カトマンズは訪問都市としては、フランスの山岳リゾートであるシャモニと並ぶ最多の5回目となる。前回のカトマンズ訪問の際は地震の爪痕が随所に見られたが、復興が進んだためか今回は地震の影響はほとんど感じられなかった。エージェン...   (続きを読む)
2019/04/21 06:08:59 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 17  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
大雪山―神々の遊ぶ庭 市根井孝悦精選作品集

憧れの北の大地・大雪を、写真家・市根井孝悦が渾身の力をこめて表現した決定版 2000年の『大雪山――母なる大地』、2006年の『大雪山――四季の彩り』、2014年の...
[一昨日発売]
岳人 2019年 8月号

[7月13日発売]
ヤマケイ文庫 山怪 山人が語る不思議な話

日本の山には「何か」がいる。シリーズ累計20万部突破! ! 山の怪談ブームの火付け役。山で働き暮らす人々が実際に遭遇した奇妙な体験。NHKドキュメンタリーで...
[7月6日発売]
ヤマケイ文庫 名残の山路

旅行雑誌『旅』の名編集長が平成に残した山と旅の珠玉の紀行文集 旅行雑誌『旅』の元編集長で、紀行作家としても知られる岡田喜秋さんが、平成時代30年間に書...
[7月6日発売]
出羽三山

出羽三山神社が著す「出羽三山」の写真読本。世界が注目する「自然」と「信仰」が息づく聖なる地「出羽三山」。古来修験道の霊場として人々の崇敬を集めるそ...
[7月1日発売]
東海 山歩きガイド ゆったり楽しむ

県別のおすすめコースを徹底解説! 山の詳細データ・見どころをご紹介。温泉などの「立ち寄りスポット紹介」も! 山を楽しむためのマル得情報が満載! 四季折々...
[6月30日発売]
PEAKS8月号増刊 CAMP TOOLS

いま、日本は空前のキャンプブーム。アウトドア専門誌はもとより、女性一般誌までもがキャンプに注目している時代ですが、果たして、自分が思い描いているキ...
[6月27日発売]
ひとり山ごはん・ふたり山ごはん

ひとりで行くのか、ふたりで行くのか。日帰りハイクなのか、山の上でテント泊するのか。コースタイムは長いのか短いのか、季節はいつなのか。誰とどこへどん...
[6月27日発売]
ヤマケイ文庫 「アルプ」の時代

山を思索の場とし、研ぎ澄まされた感性を集めた山の文芸誌「アルプ」。創刊当初から編集に深く関わってきた山口耀久が、次代へ語り継ぐため、渾身の力をこめ...
[6月24日発売]
山小屋ガールの癒されない日々

ウェブメディア「cakes」の人気連載が書籍化! 山小屋にお風呂はある? 腹が立つお客さんはいる? スタッフの人間関係は? 北アルプスで10年働いた著者が隅から隅...
[6月21日発売]
登拝開運祈願 山伏ガール (HONKOWAコミックス)

「富士山に登ると廃人になる」と予言された著者が「逆に富士に登ってやる」と一念発起。登山経験ゼロのため、富士の前にさまざまな霊山に登り経験と功徳を積...
[6月20日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/07/18 16:16:29