登山関連のブログ情報  -  ブログ「 wandering 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 18  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/11/post-dc14e2.html
徒歩のみによる日本海から太平洋までの日本アルプス縦走の一筆書きは若い時から歩いたコースを繋げたものだが、北アルプスは親不知から直接山稜を登って後立山連峰を南下するものと、富山湾から早月川を遡って剣北方稜線に達し、そこから立山連峰を南下するものがあり、両者は合流して槍・穂高を経て上高地に至っている。そこからはジョギングで木曽谷に降り、木曽駒を登って中央アルプスに達する。中央アルプスの稜線は摺古木...   (続きを読む)
2020/11/27 12:09:33 (1日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/11/post-5e6823.html
明るくなってから春埜山への登路を探すが、踏み跡程度しかなく判然としない。適当に登っていると、だんだん踏み跡もはっきりしてきたし赤布も現れたので、これで間違いないと思って前進をしていたら道が急降下しだした。変だと思ったが、そのまま下っていくとなんと沢に降りたってしまった。GPSで確認すると、さきほどの登り口の少し上流に降りてしまったことがわかった。尾根上で道を踏み外して支尾根を下ってしまったのだろう...   (続きを読む)
2020/11/22 20:10:30 (5日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/11/post-658c5b.html
電車を乗り継いで大井川鉄道の家山駅から大井川以西の東海自然歩道の旅を始める。3日間の食料装備を詰め込んだザックはズシリと重い。最近は日帰りか、泊まりでも夏の軽装のことが多かったので、久しぶりの重荷(といっても20キロ程度なのだが)はこたえる。ゆっくりと歩いているので、行程は捗らないかやむを得ない。それでも昼過ぎあたりから少しは慣れてきて金剛院への長い登りも我慢しながら登っていく。途中でトレランで登っ...   (続きを読む)
2020/11/22 08:10:03 (6日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/11/post-8c1bac.html
勤労感謝の日までの四日間で静岡県内の東海自然歩道の歩き残した分を全部終えてしまおうという計画を立てた。初日は大井川以東で歩き残している安倍川から興津川までの分を歩き、その後の3日間で大井川以西を歩き通して、愛知県に抜けるという計画である。初日は静岡駅で下車してから荷物をコインロッカーに預けて軽装でバスに乗り込む。と言うのは、夜にまた静岡に戻ってくるからである。安倍川中流の牛妻坂下で下車して竜爪山...   (続きを読む)
2020/11/21 00:09:14 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/11/post-ba7ab1.html
一筆書きによる秩父札所巡りを目指しているわけだから、本来は昨日の最終地点である白久駅からスタートすべきであるが、白久駅から31番札所までは18キロもあってめちゃくちゃ遠いので、31番と32番の順序を入れ替えて、32番を先に参拝することとする。これならば武州日野駅からは10キロほどの距離ですむことになる。ただその場合には白久と武州日野の間は片道しか通ってないことになり、札所間を歩きで繋げることはできても、一...   (続きを読む)
2020/11/09 12:10:56 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/11/post-a26a5a.html
今日は、昨日門が閉められて参拝できなかった札所18番からスタートすることとしたので、近くまではバスを利用することにした。今日は札所間の距離が短いため行程が捗り、お昼前には23番の音楽寺に着く。この寺は名前がユニークなことと、秩父市街地を一望できるロケーションの良さで秩父34箇所の札所の中で一番印象の強い寺である。明治初めに起きた秩父事件では、秩父の奥の吉田町で武装放棄した困民党の数千人の一向はこの音...   (続きを読む)
2020/11/08 00:11:04 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/11/post-f129ce.html
ちょうど10年前の11月に秩父34箇所の札所巡りを思いついたのは、この年に60歳になったのがきっかけであった。この時は家内と一緒に9回に渡って翌年にかけて細切れで参拝を行ったが、70歳となった本年は全行程を一筆書きで廻ることにした。全行程は100キロ強だから、3日で十分に回れる距離である。札所である寺院の門は8時頃から5時頃まで開いているのが通常なので、開門中に参拝しようとすると、1日の行動時間は限られてくるの...   (続きを読む)
2020/11/07 00:10:52 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/10/post-f369a5.html
二日目は鉢伏山を目指す。鉢伏山登山は通常は松本から車で扉温泉まで入って、そこからはハイキングで登るようだが、松本郊外からも尾根が延びているので、松本からの日帰り登山も可能だろうとトライしてみることにした。松本から鉢伏山に直接登る人は少ないとみえ、尾根に上がるまでは道が不鮮明な上に傾斜が急で、意外と時間がかかってしまった。ただ尾根に出てしばらくすると、林道と合流してなだらかな登りが続くようになる...   (続きを読む)
2020/10/29 16:10:30 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/10/post-c0d30c.html
GOTOトラベルを利用して妻とともに美ヶ原温泉に再び出掛ける。自分にとっては今回も山がメインなので、まずは前回途中で断念した中央アルプスの200名山である経ヶ岳のリベンジを狙う。ただアプローチが長いので朝出では日帰り登山は難しいと考えて、前夜から出かけて登山口近くに仮眠してトライすることにした。登山口近くにオートキャンプ場はあるが、シーズンオフで営業してないようなので、その近辺で仮眠することにしたが、...   (続きを読む)
2020/10/28 00:10:01 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/10/post-33f736.html
2017年にフェイスブックを始めて、政治状況や日々の身の周りの出来事についての感じたことを発信することになり、このブログは主として自分の行動記録を後になってから読み返すための備忘録としての性格に徹することとなりました。遅まきながらお知らせしますので、私の拙い意見にも興味のある方は以下のアドレスにアクセスされてフェイスブックもご覧いただければ幸いです。なおブログの右端の一番下の「HPへのリンク」の最後...   (続きを読む)
2020/10/24 00:09:48 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/10/post-47d67f.html
大人の休日パスが1日余り、富士急にも乗車できるとのことなので富士山にでも日帰りで登ってこようと思ったが、コロナの影響で富士登山自粛となっているためか、バスの運転時間が日帰り登山はできないようになっている(としか思えない!)ため諦めて富士山を眺めるハイキングに変更して、西湖北方の山梨100名山でまだ登ってない王岳を目指すことにする。ただこちらもバスの本数が少なくなっていて、西湖よりも奥の精進湖からの登山...   (続きを読む)
2020/10/05 22:10:06 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/10/post-51568e.html
東北200名山二日目は焼石岳である。ただ最寄り駅から登山口までの距離が30キロ近く、標高差で500メートル以上ある上、前夜の深夜までの行動で疲労が溜まっていることを考えてタクシーを利用することにした。ただ帰りは自転車を利用するため折り畳んで荷物入れに収納した。登山口で下車すると、砂利道の林道が延びていたが、タイやの細いロードバイクではパンクのリスクがあるため、不要な荷物とともにデポしていくことにしたが...   (続きを読む)
2020/10/04 08:10:28 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/10/post-e1a11b.html
東北地方には200名山(101~200)が九座あるが、未登の三座を全部登ってしまおうという欲張った計画を立てた。ただ200名山となると、100名山ほどポピュラーではないので、秋田駒ヶ岳と栗駒山以外は公共交通機関がなく、車を運転できない私は自転車で登山口まで行くことにした。最初の目標である和賀岳は東京を始発の新幹線で出て角館から自転車で20キロほど乗って登山口に着いて登るつもりで、稲刈り後の田んぼを眺めながら、ノン...   (続きを読む)
2020/10/03 02:09:59 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/09/post-140ef8.html
登り残したハセツネのコースである鋸岳から日和田山のコースを登ってきた。四連休最終日の秋晴れということもあって、奥多摩駅から鋸岳のコースも大にぎわいであったが、高尾~陣馬のコースと違ってトレランの人はおらず、ハイカーばかりだったので、ごぼう抜きにして2時間弱で登頂できた。その調子で大岳山まで向かったのだが、頂上直下まで来た時に凄い勢いで登ってくる人がいて、今日初めて抜かれてしまう。早い人もいるもの...   (続きを読む)
2020/09/22 22:09:26 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/09/post-7b3f55.html
当初の予定では前日に黒法師岳を往復するつもりだったので、疲労困憊で翌日は行動できなくなることも考えて休養することを予定してたが、前黒法師岳で引き返したためにさほどダメージも大きくないので、予定を一日繰り上げて東海自然歩道山の続きを歩くことにした。ネットで調べると絶妙のタイミングで電車とバスが接続しており、当日に帰京できることもわかり、不快なキャンプ生活をもう一晩せずにすむこともわかりラッキーだ...   (続きを読む)
2020/09/16 00:11:27 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/09/post-2148e4.html
当初は黒法師岳まで行くつもりであったが、寝過ごしたことや体調が今一つだったこともあり、手前の前黒法師岳で引き返すことにしたので、のんびりと歩いた。前黒法師岳まででも標高差は1400メートルあり、往復に12時間を要してなかなかハードだった。快晴に恵まれて雄大な景色も堪能し、静かな山行を楽しむことができた。寸又峡には5時過ぎに戻ったが、飲食店は営業を終了しており、黒法師岳まで行くと帰りが遅くなることが予想...   (続きを読む)
2020/09/15 00:58:51 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/09/post-fffde0.html
今回は南アルプス深南部にある300名山である黒法師岳の登頂を目指すこととしたが、なにしろ長大な尾根で、登山基地となる寸又峡温泉からの日帰りでの往復はかなりの強行軍となるので、前日中に尾根をある程度進んでおくことにしたが、それだけだと時間がもったいないので、大井川鐵道の終点である井川からひとつ手前の閑蔵までの約7キロを歩いておくことにした。と言うのは、日本海から太平洋までを日本アルプスを縦走しながら...   (続きを読む)
2020/09/14 08:09:51 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  wandering  [2/5]
https://vibram.cocolog-nifty.com/blog/2020/09/post-6cefe5.html
先日のハセツネコースの後半戦を目指して三頭山に向かう。もっとも暑い時期の奥多摩は歩きたくないので、夜から午前中にかけての暑くない時間に行こうと、最終バスで数馬に向かう。終点のだいぶ前からバスは他の乗客は降りてしまって貸し切りとなる。数馬で下車して、都民の森方面に歩き出すと、しばらくして数馬の湯の灯りが見えてくるが、全館にわたって煌々と灯りが灯されている。GOTOキャンペーンの東京除外の影響で都内で...   (続きを読む)
2020/09/05 10:08:43 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 18  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
関東・七福神ハイキング: 御利益&健康ゲット

正月行事としてだけでなく、通年で根強い人気をもつ「七福神めぐり」。本書は町なかの寺社だけでなく、山あいや郊外の寺社なども含めた「ハイキング要素」に...
[昨日発売]
関西 山のぼり&ハイキング BESTコース

日帰りで無理をせずに低山を楽しむ!関西の人気山登り&ハイキングコース!ヤマガスキナダケさんがおすすめする関西の人気山のぼり&ハイキングコースを徹底紹介!...
[一昨日発売]
山は登ってみなけりゃ分からないー朝焼けをリュックにつめて

「山の達人」石丸謙二郎が、軽妙でリズミカルな文章に墨絵を加えて表現した「山の発見本」。
[11月24日発売]
よくわかる山岳信仰 (角川ソフィア文庫)

国土の七割以上を山に囲まれた日本では、古くから山を神聖視して信仰の対象とする山岳信仰が盛んだった。そして、六世紀に仏教が伝来すると、山岳信仰は仏教...
[11月21日発売]
ヤマケイ新書 マタギに学ぶ登山技術

山のエキスパート集団「マタギ」が教えてくれる歩き方から衣食住まで網羅したサバイバル登山技術集!山で生き残るためのマタギの叡智をわかりやすく紹介。最新...
[11月18日発売]
ヤマケイ文庫 画文集 山の独奏曲

軽妙な文体と洒脱な挿絵が醸し出す串田作品の隠れた名作。一九六〇年代のハイキング雑誌『ハイカー』に連載された山のエッセイに、筆者がみずから書き下ろし...
[11月18日発売]
ヤマケイ文庫 山の不可思議事件簿

山には「不可思議」が満ちている。山と登山にまつわる怪現象・謎・怪物など、奇妙な事件を一挙紹介。
[11月14日発売]
ヤマケイ文庫 定本 山小屋の主人の炉端話

山で暮らす人ならではの信じられない実話を丹念に拾い集めた山語り34編。
[11月14日発売]
岳人 2020年 12月号

[11月13日発売]
ヤマケイ新書 ソロ登山の知恵

山の魅力を独り占めでき、マイペースで歩けるのがソロ登山。その魅力やリスク、必ず身に着けておきたい登山技術などを経験豊富なエキスパートたちが解説。ソ...
[11月12日発売]
ちゅうごく山歩き Vol.7

中国新聞に連載された「ちゅうごく山歩き」をまとめた冊子の第7集です。2018年7月から19年5月までの掲載分(42回)を収録し、山ごとに、地形図を使った登山ルー...
[11月10日発売]
故郷の懐かしき山

それは不幸な偶然だった……。彼らの前に現れた不審な男は何を隠しているのか。明るい将来を夢見たふたりに不幸は突然おそってきた。変わらぬ故郷は語る「罪を...
[11月1日発売]
最新科学が映し出す火山 その成り立ちから火山災害の防災、富士山大噴火 (ベストセレクト)

火山の噴火は本当に素晴らしい、強烈な現象です。夜中に真っ赤な溶岩が飛び散る様子は、実に神々しいものがあります。一方、火山噴火は危険で、場合によって...
[10月27日発売]
ランドネアーカイブ 山好きのための簡単レシピBOOK

食材と調理器具は最小限に、手間もなるべくかけずに、ひと工夫で美味しくつくれるワンバーナー料理レシピ集。ランドネでこれまで連載をしてきた「かんたん山...
[10月27日発売]
そこにある山-結婚と冒険について

人はなぜ冒険し、山に登るのか―― 「永久にわからないだろう、わかるはずがない、わかってたまるかこの野郎」と思い続けてきた謎を解き明かしたのは、まさかの...
[10月20日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/11/28 14:19:50