登山関連のブログ情報  -  ブログ「 テントミータカ、山と猫の記憶 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 17  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202011/article_7.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
浄因寺の銀杏黄葉が見頃でした 三連休最終日は近場の里山で・・・ 昨年同様、浄因寺の紅葉をメインに、大岩山西公園からの周回ルート 昨年の記事は、→ コチラ 【行程】2020(R2).11.23 足利市大岩山西公園駐車場~巻き道・浄因寺~石尊山見晴らし(行道山山頂)~大岩山(剣が峰)~野山(往復)~伐採地~駐車場 通常朝家事後、最終武器・平常動作品のサブカメラで、足利の里山登山口へ向かう。公園から久しぶりに拝む富士山 まずは大...   (続きを読む)
2020/11/24 20:15:06 (5日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202011/article_6.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
11/22鷹取岩から入道岩を望む(遠景に男体山) 前日の生瀬富士 で×カメラのピンチヒッターで5年ぶり使用の「心の人カメラ」持参で・・・・このカメラも×でした。シャッターは切れるものの、オートモード以外ではすべて赤味の強い写真ばかりで(自宅で試し撮影の時は気が付かなかった)、イマイチな写真ばかりとなりました。昨年の同行程記事は → コチラ 【行程】2020(R2).11.22 大円地駐車場~健脚コース~男体山~大円地越(櫛が峰...   (続きを読む)
2020/11/24 18:13:36 (5日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202011/article_5.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
何とか?撮影できた「かずま」の紅葉 2020(R2).11.21 昨年と同行程のはずが・・・・生瀬富士山頂で、カメラエラー発生。なだめすかすも、気まぐれにたまにオート撮影のみシャッターが切れる×カメラと変わり、かずま分岐から下山。自宅へ戻りました。昨年の生瀬富士・月居山紅葉三昧記事は → コチラ 【行程】 袋田の滝第一駐車場~生瀬富士(岩峰往復)~かずま(滝展望台往復)~滝本~駐車場 朝の生瀬富士 生瀬富士山頂(これが絞り...   (続きを読む)
2020/11/23 18:12:59 (6日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202011/article_4.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
鹿沼の紅葉名所、大芦渓谷(白井平橋、大滝)見物、ついでに、15年ぶりに、この界隈の藪ルート散策(本沢林道から藪尾根ピークまで) 朝の白井平橋 当初の予定11/14-15は、新潟の山巡りで11/13夜車を走らせると・・・・異音 二日前にディーラーで一年点検&サービスメンテ(リコール手前の部品交換)だったので、やな予感がして、遠出は中止、自宅へ戻り。11/14、朝イチでディラーへ持ち込み、状況説明。部品交換部の再セットねじ増し...   (続きを読む)
2020/11/16 22:13:18 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202011/article_3.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
昨年 に続き、再訪の大東岳 11/7落葉しきった、樋の沢避難小屋付近 【行程】2020(R2).11.7-8 宮城県仙台市秋保、二口温泉(本小屋)登山口~表コース・大東岳~樋の沢避難小屋(泊)~裏コース~登山口 前夜夜自宅発、4号線の流れが良く、国見IC~国見SA車中泊~仙台南IC、秋保温泉経由、AM7:00登山口駐車場は満車、付近キャンプ場駐車場入り(周囲の紅葉が見頃) 紅葉は山麓が盛り、雨滝付近が盛り、裏磐司展望台で終盤、避難小屋界...   (続きを読む)
2020/11/10 20:14:22 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202011/article_2.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
ミツモチ山山頂付近から釈迦が岳山頂部を望む 2018年の西尾根往復記事は、→ コチラ 2018年の同行程記事は、→ コチラ 【行程】 2020(R2).11.3曇りのち晴れのち曇り 栃木県矢板市、県民の森キャンプ場駐車場~展望コース~ミツモチ山~西尾根コース~林道尚仁沢線~キャンプ場駐車場 前日の予報で、雨も朝には止み天気回復の様子、軽ハイクの装備で、未明自宅発。途中のすき家で朝食。県民の森キャンプ場に着くころ日差しが覗く。...   (続きを読む)
2020/11/03 20:14:27 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202011/article_1.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
今年も無事に御神楽岳参り 杉山が崎尾根の紅葉が見頃でした。昨年の同行程記事は→ コチラ 11/1紅葉見頃の尾根、下山中に、思いがけずに てくてくさん達 とバッタリ 今年は紅葉見頃の時期を見計らっての山行としました。【行程】2020(R2).10.31-11.1 福島県金山町、霧木沢登山口~八乙女の滝~八丁洗い坂~杉山が崎~避難小屋(本名神楽岳管理舎)泊~本名御神楽岳~御神楽岳(往復) 前夜発、途中の道の駅にて仮眠、朝方の霧雨も回...   (続きを読む)
2020/11/02 20:14:27 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202010/article_5.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
一年ぶりの避難小屋泊でゆっくり歩いた心の人の山は、山麓の紅葉が見頃、10/24昼頃から天気回復、10/25朝は降雪と、目まぐるしく変わる天気の中、歩けました。一年前の記事は → コチラ 2020(R29.10.24 真冬並みの装備で、未明自宅発、朝、登山口付近、休憩施設にて準備。虹を見た(降雨の予感で、あまり嬉しくないが・・・綺麗だ) 移動、登山口付近駐車地から、車道歩き始め、山麓の紅葉が見事 山腹も見頃でした。山頂稜線付近は...   (続きを読む)
2020/10/26 21:11:45 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202010/article_4.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
10/17奥の院から祝瓶山 10/17は偶然、地元イベント「葉山民衆登山の日」と鉢合わせ、賑やかな葉山でした。毎年、ほぼ恒例だった、GWの葉山も今年はコロナで行けず・・・、天気を見て、良さそうなので、第二候補で出かけてみました。第一候補の新庄神室は運転の疲れで、届かず・・・。昨年GWの記事は、→ コチラ 秋の葉山は、→ 2009年 の立ち寄り休憩以来、秋の葉山山荘に泊まったのは、2001年おけさ堀コース往復以来、まぁ、懐か...   (続きを読む)
2020/10/19 21:10:39 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202010/article_3.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
毎年恒例の紅葉別天地、那須の姥が平へ・・・ 霧雨交じりでしたが、彩りは最高でした 昨年の記事は → コチラ 10/10台風の雨で一日、家事三昧、彼岸に作り損ねたおはぎ作成、仏壇に供え、友人親類に配る。10/11の午後あたり、天気が良さそうなので、恒例の那須姥が平詣でに、夜出かける。深夜、閑散とした、峠の茶屋駐車場着、10/11AM11:00頃までゆっくり車中泊&天気待ち 雨上がり、姥が平へ出かける。茶臼岳トラバース道から、...   (続きを読む)
2020/10/11 22:13:19 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202010/article_2.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
速報記事は→ コチラ 昨年の夏以来の種池山荘テント泊でした。昨年夏の記事は → 【行程】2020(R2).10.3-4 扇沢駅前無料駐車場~登山口~柏原新道~種池山荘テント場(爺が岳往復)~下山 三岩岳下山の翌日月曜日夕方、週末の予報から、天気ダメ元でも、どこかの標高で紅葉は楽しめるだろうと、久しぶりの紅葉山行の種池山荘テント場予約。10/2金曜夜自宅発、深夜、白馬道路から大町入り、扇沢駅前無料駐車場はまだ10台ほどの空きが...   (続きを読む)
2020/10/05 22:12:31 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202010/article_1.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
運よく、予約が取れたので、種池テント場泊で、紅葉を楽しんできました。毎年のように訪問していますが、紅葉時期は8年ぶり(テント泊装備の防寒対策が増えるので、近年は回避していました) 八年前の紅葉山行記事は→ コチラ 10/3午後遅くの鹿島槍 種池山荘と劔 種池山荘付近のチングルマ 柏原新道の紅葉は、石ベンチ~黄金岬付近が見頃 詳細は後日   (続きを読む)
2020/10/04 22:12:42 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202009/article_5.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
偶然にも山開きイベントの日でした。(事前に知っていたら行かなかった・・・) 初めて戴く、山開き記念バッジ(オオバキスミレ・・・可愛い)、裏に年月日の刻印入り ※今回の山行はコンデジ撮影 【行程】2020(R2).9.26-27 南会津町伊南、小豆温泉登山口臨時駐車場(第二)~国体コース~三岩岳避難小屋(泊)往復 三週間前 の避難小屋泊の時に,うっかり、置き忘れた赤いナップサック 翌週の西吾妻山行後に気が付く有様で。年代物でくた...   (続きを読む)
2020/09/28 21:11:22 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202009/article_4.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
9/21、紅葉のオヤマソバと旭・清水岳稜線 【行程】2020(R2).9.19-21 蓮華温泉駐車場~雪倉鉱山道(途中、幕営二泊)~9/20軽装にて小蓮華岳・白馬岳。鉢が岳往復、9/21雪倉岳往復~鉱山道下山 前回 からの、続きです。9/21未明、外を覗くと星影も見えない曇天の空。予報では富山方面一日曇り、昼頃少し晴れる様だ。今日は、雪倉岳往復、体力と時間が残っていれば、蓮華温泉へ下山の予定。朝食、荷物を軽くまとめ、軽装で、雪倉岳...   (続きを読む)
2020/09/24 20:15:37 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202009/article_3.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
9/20白馬岳山頂 昨年とほぼ、同行程です。昨年の記事は、→ コチラ 【行程】2020(R2).9.19-21 蓮華温泉駐車場~雪倉鉱山道(途中、幕営二泊)~9/20軽装にて小蓮華岳・白馬岳。鉢が岳往復、9/21雪倉岳往復~鉱山道下山 初日・二日目の予報が冴えず、どうしようか迷うも、山中で停滞でも良しとして、9/19夜自宅発、深夜の蓮華温泉駐車場は降雨で車10台ほどと閑散としたもの。車中泊。9/19、霧雨模様の朝でも駐車場は閑散としたもの...   (続きを読む)
2020/09/23 22:12:05 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202009/article_2.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
ようやく、初秋らしい雰囲気の西吾妻山 今回の花見目的、エゾオヤマリンドウもたくさん見ることが出来ました。このルートは、2005年10月 以来でして、記憶も薄れ、我がブログ記事が大いに参考になった山行でした。西吾妻避難小屋泊は、2016年9月 以来で、月日の経つのはあっという間を実感しています。【行程】2020(R2).9.12-13 天元台ロープウェイ駅~ロープウェイ・リフト三本~カモシカ展望台~大凹~梵天岩~天狗岩・吾妻神...   (続きを読む)
2020/09/14 22:11:53 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  テントミータカ、山と猫の記憶  [2/7]
https://tenmitaka.at.webry.info/202009/article_1.html
私のだらだら書き・偏屈ブログに、ご訪問戴き誠に有難うございます。2005年7月から拙ブログ開始、今日まで続けてこられたのも皆様の御支援のおかげです。記事...
山体力維持の為、いつもの避難小屋泊で静かな山へ・・・ 7/11-12 以来の再訪です。三岩岳山頂にて・・・ 【行程】 2020(R29).9.5-6 南会津町伊南、登山口(国体コース)手前、国道脇橋の袂~国体コース~三岩岳避難小屋(泊)~三岩岳(ピストン)~窓明山~家向山尾根~駐車地 前夜自宅発、途中の道の駅にて車中泊 朝、車一台先着の登山口着。歩き出し。ブナ林は涼しいが、気温が高いので、意識して、給水休憩を多めにとる。オニシオ...   (続きを読む)
2020/09/07 20:13:48 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 17  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
ソロトレッキングの登山術 ひとりで楽しく安全に山を歩くためのガイドブック

ひとりで山を満喫するための計画の立て方から、地図の読み方、必要な食料、水の量、コンパスの読み方、役に立つGPSアプリ、山の天気の基本、必要なトレーニン...
[本日発売]
関東・七福神ハイキング: 御利益&健康ゲット

正月行事としてだけでなく、通年で根強い人気をもつ「七福神めぐり」。本書は町なかの寺社だけでなく、山あいや郊外の寺社なども含めた「ハイキング要素」に...
[11月27日発売]
関西 山のぼり&ハイキング BESTコース

日帰りで無理をせずに低山を楽しむ!関西の人気山登り&ハイキングコース!ヤマガスキナダケさんがおすすめする関西の人気山のぼり&ハイキングコースを徹底紹介!...
[11月26日発売]
山は登ってみなけりゃ分からないー朝焼けをリュックにつめて

「山の達人」石丸謙二郎が、軽妙でリズミカルな文章に墨絵を加えて表現した「山の発見本」。
[11月24日発売]
よくわかる山岳信仰 (角川ソフィア文庫)

国土の七割以上を山に囲まれた日本では、古くから山を神聖視して信仰の対象とする山岳信仰が盛んだった。そして、六世紀に仏教が伝来すると、山岳信仰は仏教...
[11月21日発売]
ヤマケイ新書 マタギに学ぶ登山技術

山のエキスパート集団「マタギ」が教えてくれる歩き方から衣食住まで網羅したサバイバル登山技術集!山で生き残るためのマタギの叡智をわかりやすく紹介。最新...
[11月18日発売]
ヤマケイ文庫 画文集 山の独奏曲

軽妙な文体と洒脱な挿絵が醸し出す串田作品の隠れた名作。一九六〇年代のハイキング雑誌『ハイカー』に連載された山のエッセイに、筆者がみずから書き下ろし...
[11月18日発売]
ヤマケイ文庫 山の不可思議事件簿

山には「不可思議」が満ちている。山と登山にまつわる怪現象・謎・怪物など、奇妙な事件を一挙紹介。
[11月14日発売]
ヤマケイ文庫 定本 山小屋の主人の炉端話

山で暮らす人ならではの信じられない実話を丹念に拾い集めた山語り34編。
[11月14日発売]
岳人 2020年 12月号

[11月13日発売]
ヤマケイ新書 ソロ登山の知恵

山の魅力を独り占めでき、マイペースで歩けるのがソロ登山。その魅力やリスク、必ず身に着けておきたい登山技術などを経験豊富なエキスパートたちが解説。ソ...
[11月12日発売]
ちゅうごく山歩き Vol.7

中国新聞に連載された「ちゅうごく山歩き」をまとめた冊子の第7集です。2018年7月から19年5月までの掲載分(42回)を収録し、山ごとに、地形図を使った登山ルー...
[11月10日発売]
故郷の懐かしき山

それは不幸な偶然だった……。彼らの前に現れた不審な男は何を隠しているのか。明るい将来を夢見たふたりに不幸は突然おそってきた。変わらぬ故郷は語る「罪を...
[11月1日発売]
最新科学が映し出す火山 その成り立ちから火山災害の防災、富士山大噴火 (ベストセレクト)

火山の噴火は本当に素晴らしい、強烈な現象です。夜中に真っ赤な溶岩が飛び散る様子は、実に神々しいものがあります。一方、火山噴火は危険で、場合によって...
[10月27日発売]
ランドネアーカイブ 山好きのための簡単レシピBOOK

食材と調理器具は最小限に、手間もなるべくかけずに、ひと工夫で美味しくつくれるワンバーナー料理レシピ集。ランドネでこれまで連載をしてきた「かんたん山...
[10月27日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/11/30 07:56:13