登山関連のブログ情報  -  ブログ「 Yuzurihaののんびり山歩き 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 20  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-9a0ffc.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年8月13日 (火) 曇後晴 夏のカツラ谷が歩いてみたかったので、台風10号がくる前にと、比良・蛇谷ヶ峰へ。家を出るのが予定より1時間遅くなったうえ、名神でも渋滞、湖西道路でも渋滞・・・登山 口へ着いた時は9時半を過ぎていた。あ〜ぁ、暑い中を歩くことになりそうだ。<駐車地近くから蛇谷ヶ峰山頂が見えた。中央鞍部の左手のピーク。> 『いきものふれあいの里』の建物があると思っていた場所は、広い空き地になっていた...   (続きを読む)
2019/08/25 00:12:45 (22時間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-169313.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年8月7日 (水) 晴一時曇 立山アルペンルートの室堂行き高原バスに乗ると、弥陀ヶ原へ向かう途中で、右手に見える 鍬崎山と、鍬崎山にまつわる佐々成政の埋蔵金伝説が紹介される。今まで何回も聞いていたが、鍬崎山を登山の対象として考えたことはなかった。が、3年前、太郎平から折立に下る途中で見た鍬崎山は、青空を背景にした秀麗な山容で、初めて登ってみたいと思った。<折立へ下る登山道から見えた鍬崎山> 調べて見る...   (続きを読む)
2019/08/23 00:13:14 (2日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-ca387b.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年7月30日(火) 晴 夜の早い時間には雨音がしていたが、夜更けに目がさめると「星がすごいよ」とMちゃん の声。窓越しでも満点の星空が見えたので、二人で外へ見に行った。山でこんなに空いっぱいの星を見るのは、久しぶりのような気がした。この日の予定は東天狗岳から中山峠を経て麦草峠へと歩き、茶臼山・縞枯山を登って、北八 ヶ岳ロープウェイ山頂駅まで。山麓駅発14時45分のバスには乗りたいので、この日も 朝食はお弁...   (続きを読む)
2019/08/20 00:13:38 (5日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-421ff0.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年7月29日(月) 曇一時晴 夜の間に何回も、雷鳴と土砂降りの雨音。テントの人はさぞ大変だろう。屋根の下にいることのありがたさをつくづく思った。その雨も朝にはあがっていた。<赤岳鉱泉から見る阿弥陀岳。> この日の行程は文三郎尾根で赤岳へ登り、横岳・硫黄岳を越えて根石岳山荘まで。赤岳鉱泉の朝食は6時からなので、朝食は前夜にお弁当でもらい、5:30に出発した。赤岳は山かげになって見えないが、阿弥陀岳の上には青...   (続きを読む)
2019/08/16 13:14:09 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-db47c4.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
1日目 2019年7月28日(日) 曇のち雨 毎年恒例のMちゃんとの夏山山行だが、今夏、彼女が山行のために休める日は7月29・ 30日(月・火)しかないという。それなら行き先は、登山口へのアプローチが便利で、計画の組みやすい八ヶ岳かな。27日(土)夜のバスで出発して30日まで、3日間の山行計画をたてた。7月24日に梅雨も開けたことだし、晴天間違いなしと喜んでいたら、なんと! 台風6号が27日に近畿から関東へと進むことになった。あ〜...   (続きを読む)
2019/08/12 22:13:22 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-7799dc.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年7月24日(水) 曇のち晴 ずっと雨続きだったが、この日なら天気も大丈夫そうかと、檜塚方面へ。菅谷川右岸駐車地で山行準備をしていると、車が1台中入ってきた。平日にめずらしいこと。見ると、知り合いの方だった。しばらく話をしてから出発。千秋林道から見あげる檜塚は雲の中だった。ここは陽がさしているが、稜線はガスの中かも。途中のユクノキに寄って葉っぱを確認する。葉のつき方はやはり互生だった。先日の能勢で...   (続きを読む)
2019/08/05 00:13:35 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/07/post-91c91c.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年7月15日(月・祝) 曇一時晴 人の多い山はちょっと苦手。そんなこともあって、オオヤマレンゲ咲く季節の八経ヶ岳は、近年行ったことがなかった。が、先月、熊渡からカナビキ尾根経由で狼平へ行った時、このコースなら会う人も少なそう だと思った。高崎横手から八経ヶ岳へ登るレンゲ道も歩いてみたいし、ならばオオヤマレンゲが見られる うちにと、梅雨の中でもまだ天気が良さそうな15日(月・祝)に出かけた。7:25、熊渡には...   (続きを読む)
2019/07/25 18:13:11 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/07/post-d1d5e7.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年7月10日(水) 曇のち晴 この日は梅雨の晴れ間だと思って木梶林道へ出かけて行ったが、東吉野村へ入った頃から 霧雨になり、高見峠へあがる旧道は霧の中だった。雨の中の山歩きを覚悟したが、林道支線分岐から歩き始める頃にはあがってきた。良かった! 鳴滝駐車地には、もうすでに車が1台。釣りの人かな? 今日は長靴。ぬれた草にも神経を使わなくても良いのがいい。木梶川は水量が多め。キハラ谷を登っていく。梅雨は菌類の...   (続きを読む)
2019/07/22 00:13:07 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/07/post-ee4889.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年7月8日((月)) 曇のち晴 山仲間と岐阜県揖斐川町の池ノ又谷から夜叉ヶ池へ。このコース、20年前の5月下旬にも歩いたことがあり、忘れられない思い出?がある。山の会の先輩たちと三周ヶ岳へ登る計画で、前夜に出発して、バイクランド坂内で仮眠。そこまでの道中で、池ノ又谷林道が通行止めで登山口までは7キロ歩かねばならないのが わかった。先輩諸氏は「うわぁ〜!」とため息はついたものの、行き先の変更は話題には なら...   (続きを読む)
2019/07/21 02:12:23 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/07/post-f1c215.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年7月4日(木) 曇のち晴 雨模様が数日続いた後の、久しぶりの晴れ間。大阪北部もこの日は大丈夫かな。昨年の秋以来の剣尾山へ出かけて行った。元野外活動センターのゲート前に駐車し、メイン道路を登って行く。ここからの剣尾山へ足を運ぶようになって4年、ここの建物群が好きだった。特徴ある活動センターの建物が年々草に埋もれ、荒れて朽ちていくのを見るのは、しかたが ないとはいえ心淋しいものがある。『冒険の森・能...   (続きを読む)
2019/07/18 01:11:55 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/07/post-5a4701.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年6月28日(金) 雨のち雨 宿泊観察会で、福井県と石川県の県境近くにある、白山市白峰の白山高山植物園へ。予定では明日に回ることになっていたが、28日の夕方が雨のやみ間になりそうだった ので、急きょ予定を変更した。入園時間は15時まで。もうギリギリの時間だったので、皆よりひとあし先に駐車場からの 坂を登り、受付のテントで全員の入園料を払った。「少し前まで雨が降っていたんですよ。良い時にきましたね」と受付...   (続きを読む)
2019/07/14 22:13:13 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/07/post-8e98be.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年6月24日(月) 晴時々曇 山仲間から、カナビキ尾根から狼平へ行こうとお誘いがきた。カナビキ尾根は以前から歩いてみたいと思いながら、機会がなかったところ。この時期ならば、運が良ければオオヤマレンゲの花もみられるかなと期待した。天川村役場で待ち合わせ、メンバーの車で川迫川の熊渡へ。昨年の台風でハシゴが崩落して、双門・弥山コースが通行不可能になっている。いつもなら 何台もの車が並ぶ熊渡はひっそり静か...   (続きを読む)
2019/07/13 14:13:31 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-f20f35.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年6月13日(木) 雲の多い晴 黒滝村へ行く道はマタタビの白くなった葉がめだっていた。もう、そんな季節なんだ。天川村川合から行者還トンネル西口へと道幅の狭いR309を走るのは、4年ぶりだ。道の両脇の木が大きくなって、晴天でも薄暗いところが増えたような気がする。登山口にいちばん近い駐車地は20台ほどの区画が8割ほど埋まっていた。平日で車も少ないようだ。駐車料金は1000円。<バリゴヤの頭から稲村ヶ岳(中央左手)の...   (続きを読む)
2019/06/20 00:13:31 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-5652e2.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年6月6日(木) 晴、雲多し 2日間、久しぶりの草刈りをしたので、身体のあちこちが痛い。こんな状態で山歩きができるのかと思いつつも、せっかく北陸へ来たのだからどこかの山は 登りたい。白山市鶴来の奥獅子吼山(おくししく山)へ出かけて行った。<獅子吼高原へのゴンドラと山麓駅> 手前の獅子吼高原(標高650m)は麓からゴンドラもあり、ちょっとした観光地だ。ゴンドラの山麓駅・パーク獅子吼近くにも登山口があるはず。駐車...   (続きを読む)
2019/06/19 00:14:53 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-3a9760.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年6月3日(月) 晴 <北陸自動車道・南条SA付近からの杣山> 早くに家を出て、冠岳か銀杏峰あたりへ寄れたらと思っていた。が、先週は何かと忙しく、すっかりお疲れ。家をでたのが遅くなってしまった。それなら、南越前町の杣山へ寄ってみるかな。ササユリがもう咲き始めているかも。<中央右手の谷筋が、姫穴コース> 杣山の第二登山口の駐車場には、福井ナンバーの車が10台も停まっていた。この駐車場は何回か来ているが、こん...   (続きを読む)
2019/06/16 19:12:13 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-e26e72.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年5月26日(日) 晴 山仲間との定例山行は、京都市山科区と滋賀県大津市との境の音羽山へ。音羽山へは京阪大谷駅から東海自然歩道で登るのがよく使われているコースだが、階段が 続いて人も多く、私はあまり歩きたくないコースだ。他のコースはないかと調べていると、大津駅からのコースがあるのがわかった。<この石柱が尾根取り付きの目印> JR大津駅で待ち合わせ、国道1号線を渡って、山裾の音羽台へ。取付きがわかるか心配...   (続きを読む)
2019/06/12 00:13:11 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-025db1.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年5月23日(木) 晴 <交野山山頂の観音岩> 低山ハイクの仲間と北河内の国見山( 284m )と交野山( 341m))へ。この辺りは今まで来たことがない山域で、低山だがどんなところかちょっと楽しみ! 3人で、JR津田駅から歩きはじめたのは10時過ぎ。駅前にはおおさか環状自然歩道の案内板があった。これによると国見山まで2 . 8km、交野 山まで4 . 5km。市は交野(かたの)市と読むが、山は交野山(こうのさん)と呼ぶようだ。電車の高架下...   (続きを読む)
2019/06/09 20:12:49 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-881561.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年5月22日(水) 晴 シロヤシオにはまだ早そうだが、シャクナゲはまだ咲いてだろうと、22日(水)、O・Tさん と檜塚奥峰へ。飯高へ向かう道中の空は、雲がきれいな模様を描いていた。菅谷川右岸広場に車を停め、マナコ谷登山口へ。途中で、ここでは初めて見る花・2種類に出会った。え? こんな花が咲くの? 何回も来ているつもりでも、その花が咲くタイミングでないと出会わないということか。奥峰へは何回も登っているO・Tさんだ...   (続きを読む)
2019/06/03 00:15:11 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-a262f7.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年5月16日(木) 晴一時曇 15日は美山町自然文化村の河鹿荘に泊まり、翌16日は京大芦生研究林のブナノ木峠へ。このあたりは山の山頂を『峠』と表現するようで、ブナノ木峠も傘峠も三国峠も鞍部では なくピークだ。駐車場に車を置き、橋を渡った研究林入口で、入林申請書を書いた。近年は一般入林者の規制が厳しくなり、入口の案内板によると、公認ガイドなしで入林 できるのはケヤキ坂からブナノ木峠とトロッコ道の小ヨモギ谷...   (続きを読む)
2019/06/01 20:13:06 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  Yuzurihaののんびり山歩き  [0/6]
http://greenyuzutan.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-650923.html
自然を求めて山歩き。出会った花や風景などを記していきます。
2019年5月15日(水) 晴時々曇 春と秋に飯高の山に登るのが、Kさんとのここ10年ほどの恒例になっていたが、今年は Kさんの希望で京都北山方面となった。1日目は京都市の北端・左京区と京都府南丹市の境界にある小野村割岳(931.7m)へ。小野村割岳は、昨年、東側から登ったことがあるので、杉の大木が多いのは知っていたが、巨木や変木が多いことで知られた山らしい。私の中では、このあたりの山域は『かなり遠方の山』のイメージだ...   (続きを読む)
2019/05/31 20:13:10 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 20  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
山びとの人生: 神秘と不思議の民俗を訪ねて

マタギや木地屋の取材などから、山人の暮らし、伝承、信仰に迫る。怪異現象や山岳地名の分析も懇切に。
[昨日発売]
山の手帖2020

いつも手元に山がある幸せを― 山の手帖も3年目。2020年版をお届けします!北・中央・南アルプス&八ヶ岳の情報満載の山のスケジュール帳です。2019年12月~2020...
[一昨日発売]
ワンダーフォーゲル 10月号増刊 秋山JOY2019 「紅葉のアルプスへ」 (別冊 山と溪谷)

秋山・紅葉に特化したヤマケイの丸ごと1冊コースガイドブック。秋は一年を通じて山がもっとも美しく彩られる季節。鮮やかな紅葉の山を満喫するために、ワンダ...
[8月22日発売]
関東日帰りの山ベスト100 改訂版 (ブルーガイド山旅ブックス)

丹沢・箱根・奥多摩・高尾・八ヶ岳・南ア・富士山周辺・秩父・奥武蔵・上州・尾瀬・日光・房総・筑波…関東周辺登っておきたい山
[8月21日発売]
女ひとりで26日間 ヒマラヤを歩いてみれば 〜大自然と自分に繋がる旅〜

こんなにも美しい大自然の中で、目一杯体を使い、五感をフル稼働させて体感した先にあったのは、自分への信頼と美しい地球に生きていることへの喜びだった。...
[8月18日発売]
岳人 2019年 9月号

[8月16日発売]
夢のトライアル (山とマラソンに挑んだ鉄人の記録)

みちのく福島・白河に、昭和・平成を駆け抜けた韋駄天にして山男がいる。本書は、その驚くべき数多の足跡を綴った夢と冒険の記録であり、登山やマラソンを愛...
[7月30日発売]
走ること、生きること ―強く、幸福で、バランスのとれたランナーになるために―

美しさと強靭さを兼ね備え、数々の山岳競技で勝利を飾り、世界中のアスリートを虜にするエミリー。その独創的な練習方法、健康レシピなどのライフスタイルか...
[7月25日発売]
山は心の支えだった

著者は1962年北大医学部薬学科卒、在学中はスキー部山班で活動。国立衛生試験所(現・国立医薬品食品衛生研究所)勤務。最後の1年間、PMDEC(現PMDA)医療機器審...
[7月24日発売]
山の霊異記 霧中の幻影 (角川文庫)

山岳怪談実話の名手による、山の霊気に満ちた本当に怖い怪談集。霧の山道で背後からついてくる操り人形のような女性、登山中になぜか豹変した友人の態度、死...
[7月24日発売]
マウンテンスポーツマガジン トレイルラン 2019 夏号

夏到来。ガッチリ汗をかいて、気持ちよく山を走ろう。
[7月19日発売]
大雪山―神々の遊ぶ庭 市根井孝悦精選作品集

憧れの北の大地・大雪を、写真家・市根井孝悦が渾身の力をこめて表現した決定版 2000年の『大雪山――母なる大地』、2006年の『大雪山――四季の彩り』、2014年の...
[7月16日発売]
岳人 2019年 8月号

[7月13日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/08/25 23:10:57