登山関連のブログ情報  -  ブログ「 岩と雪と氷の嶺へ 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 11  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/2]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=533
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
梅雨の晴れ間が二日間続く予報でしたから、一日を使って瑞牆山に出掛けました。せっかくの瑞牆山なのに、またもやクライミングではありません。瑞牆山だけならコースも短いので楽勝、と思って朝6時過ぎに出発したのですが、首都高速の事故渋滞にハマってずいぶん時間をロスしました。   (続きを読む)
2019/06/29 08:15:00 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/2]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=532
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
三ツ峠といえばクライミング、と云うぐらい屏風岩での岩登りは何度も出掛けたものですが、ここ数年は帰りの中央道の渋滞に懲りてすっかり足が遠退いていました。一方、三つ峠は花の山として知る人には知られているようなのです。これまであまり気に留めていませんでしたが、梅雨らしい天気が続いて、近場の山にも食傷気味だったところに、当家の山の神が電車とバスで三つ峠に花を見に行こうと言い出しので付き合う事にしました。   (続きを読む)
2019/06/23 21:22:00 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/2]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=531
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
西丹沢を歩いた後、中一日ですが、晴れの一日は貴重なので八ヶ岳へ出掛ける事にしました。阿弥陀は割愛して、文三郎尾根から赤岳へあがり、横岳から硫黄岳を廻って赤岳鉱泉に降りました。ツクモグサはちょうど良い時期でした。でも当然ながら他の花はキバナシャクナゲ、オヤマノエンドウ以外は少なく、あと一、二週間後ならもっと賑やかになりそうです。7:08 美濃戸 8:48/9:00 行者小屋 10:24 赤岳 11:33/11:45 横岳 12:25/12:3...   (続きを読む)
2019/06/19 12:15:41 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/2]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=530
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
明け方までよく降った雨ですが、朝から回復する予報でしたから西丹沢に出掛けました。道志山塊のイメージがある大室山でしたが、加入道山を経て西丹沢へ戻る周遊ルートなら足慣らしにちょうど良さそうな感じです。新松田の駅も道中のバスも良い天気でしたが、山の上だけは仲々雲が取れず、しかし、陽射しが遮られて涼しいのが幸いでした。犬越路まで来ると雲が上がり出して眼下に緑の山肌が広がりましたが、眺めが良かったのは...   (続きを読む)
2019/06/19 12:15:40 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/2]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=529
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
易しい沢が大好きな当家の山の神が、「暑くなって来たから沢へ行こう」と云い出して丹沢 葛葉川本谷へ出掛ける事になりました。正直、奥多摩や丹沢の沢はあまり好みではありませんが、上越の沢はまだ雪に埋まっているし、仕方がありません。秦野駅からバスに乗り、菩提原から歩いて小一時間。すっかり汗だくになりました。葛葉の泉のほとりで支度して、遡行すること2時間で終了点。むしろ、そこから登山道にあがるまでが急登で...   (続きを読む)
2019/06/02 19:59:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/2]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=528
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
雨模様でしたが、昼過ぎまでは保ちそうとの予報でしたから、トレーニングに大倉尾根に出掛けました。渋沢駅からバスに乗る頃までは薄日も射していたのに、大倉から歩き出して、堀山の家を過ぎたところで降り出してしまいました。やや大粒の雨に躊躇なく撤退。大倉に降りて来た時は止んでいましたが、仕方ありません。珍しく戸川公園で花見なぞして帰って来ました。   (続きを読む)
2019/05/28 19:47:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/2]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=527
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
五月の連休が終わると雪にこだわっていた気持ちも明らかに変わる気がします。そんな気分もあって、ほぼ一年ぶりに奥多摩 つづら岩に出掛けました。千足のバス停から1時間半のアプローチも、新緑を浴びてウォーミングアップにはちょうど良い気がします。9時半頃に到着して10時頃には登り出したのに、要領悪く14時にあがるまで3本しか登れませんでした。もっと登りに来なくてはと思いながら、なかなか実行出来ません。   (続きを読む)
2019/05/19 20:13:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/2]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=526
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
前日、丹沢方面で激しい雨があったらしく、泥んこの可能性を敬遠して奥武蔵方面に出掛けました。正丸から伊豆ヶ岳を経由して子の権現を廻るコースは標高差が少ないものの、足慣らしには適度な距離だと思います。旧正丸峠までは鬱蒼とした杉林ですが、峠から芦ヶ久保方面は新緑の明るい森が広がっています。伊豆ヶ岳では小学生の遠足にハチ合わせになりましたが、山頂はツツジが満開でした。あとは平方に子の権現まで歩き   (続きを読む)
2019/05/18 08:15:28 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/2]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=525
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
世間は連休終盤。こんな日に車で遠出をしたなら渋滞にハマりに行く様なもの。近場に電車で出掛けるのが良いでしょう。天気も良いので丹沢 表尾根にしました。秦野駅のバス停に行くと、ヤビツ峠行は長蛇の列。迷わず隣の蓑毛行の列に立ちました。蓑毛から歩いても1時間しか変わりませんから。   (続きを読む)
2019/05/06 09:17:13 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/2]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=524
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
蔵王のお釜を見物した翌日はエコーラインに車を駐め、南下して屏風岳へ向かいました。シラビソの疎林を緩やかに下って行くと刈田峠避難小屋があって、そこからは前山に向かって登り返しになります。杉ケ峰は雪を利して東面を巻きました。雪庇の下は歩きたくないので尾根に上がると、そこは広々とした雪原になっていて実に気持ちの良い場所でした。   (続きを読む)
2019/04/29 20:36:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/2]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=523
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
近年、ゴールデンウィークは帰省の駄賃に山に登ることが多くなりました。年末年始やお盆休みに山に出掛けると、実家に帰省するのはGWくらいしかありません。今年は行き掛けに蔵王に立ち寄る事にしました。エコーラインを使うと、たいした登りはない、と云うお気軽な山です。   (続きを読む)
2019/04/28 20:45:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 11  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
マウンテンスポーツマガジン トレイルラン 2019 夏号

夏到来。ガッチリ汗をかいて、気持ちよく山を走ろう。
[7月19日発売]
大雪山―神々の遊ぶ庭 市根井孝悦精選作品集

憧れの北の大地・大雪を、写真家・市根井孝悦が渾身の力をこめて表現した決定版 2000年の『大雪山――母なる大地』、2006年の『大雪山――四季の彩り』、2014年の...
[7月16日発売]
岳人 2019年 8月号

[7月13日発売]
ヤマケイ文庫 山怪 山人が語る不思議な話

日本の山には「何か」がいる。シリーズ累計20万部突破! ! 山の怪談ブームの火付け役。山で働き暮らす人々が実際に遭遇した奇妙な体験。NHKドキュメンタリーで...
[7月6日発売]
ヤマケイ文庫 名残の山路

旅行雑誌『旅』の名編集長が平成に残した山と旅の珠玉の紀行文集 旅行雑誌『旅』の元編集長で、紀行作家としても知られる岡田喜秋さんが、平成時代30年間に書...
[7月6日発売]
出羽三山

出羽三山神社が著す「出羽三山」の写真読本。世界が注目する「自然」と「信仰」が息づく聖なる地「出羽三山」。古来修験道の霊場として人々の崇敬を集めるそ...
[7月1日発売]
東海 山歩きガイド ゆったり楽しむ

県別のおすすめコースを徹底解説! 山の詳細データ・見どころをご紹介。温泉などの「立ち寄りスポット紹介」も! 山を楽しむためのマル得情報が満載! 四季折々...
[6月30日発売]
PEAKS8月号増刊 CAMP TOOLS

いま、日本は空前のキャンプブーム。アウトドア専門誌はもとより、女性一般誌までもがキャンプに注目している時代ですが、果たして、自分が思い描いているキ...
[6月27日発売]
ひとり山ごはん・ふたり山ごはん

ひとりで行くのか、ふたりで行くのか。日帰りハイクなのか、山の上でテント泊するのか。コースタイムは長いのか短いのか、季節はいつなのか。誰とどこへどん...
[6月27日発売]
ヤマケイ文庫 「アルプ」の時代

山を思索の場とし、研ぎ澄まされた感性を集めた山の文芸誌「アルプ」。創刊当初から編集に深く関わってきた山口耀久が、次代へ語り継ぐため、渾身の力をこめ...
[6月24日発売]
山小屋ガールの癒されない日々

ウェブメディア「cakes」の人気連載が書籍化! 山小屋にお風呂はある? 腹が立つお客さんはいる? スタッフの人間関係は? 北アルプスで10年働いた著者が隅から隅...
[6月21日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/07/23 13:45:03