登山関連のブログ情報  -  ブログ「 岩と雪と氷の嶺へ 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 10  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/4]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=464
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
花粉の季節が近づいてきて、丹沢へ出掛ける事が出来るのもあとわずか。と云うより簡単に足慣らしがしたくて今日も大倉尾根へ出掛けました。普段の出勤と同じような時刻に家を出て、大倉には10時少し前に到着。大倉は暖かいところですが、今日は一段と暖かく、結局、終日手袋なしで大丈夫でした。最近、少し気になるのは登山道が荒れて来ている事。大倉尾根の階段はあまり評判のよくない代物ですが、私のようなトレーニングに訪...   (続きを読む)
2018/01/17 12:15:00 (14時間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/4]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=463
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
八ヶ岳でも、と云う気はあったのですが、3連休の美濃戸の駐車場やら中央道の渋滞やらを考えて、日和って丹沢にしてしまいました。秦野駅8:55分発のバスにちょうどよく繋がったのでヤビツ峠まで乗り、表尾根から塔ノ岳まで歩きました。風も弱くとても良い陽気で、塔ノ岳山頂には大勢の人が登ってきていました。富士山は勿論、南アルプス、八ヶ岳に至るまで実に良く見渡す事ができました。今年も良い山登りができますように・・・。   (続きを読む)
2018/01/10 14:15:20 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/4]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=462
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
今年の年越し山行は何処にしようと云う話も二転三転の結果、木曽駒ヶ岳へ向かう事になりました。もちろん、ロープウェイなど使わずに桂小場から将棊頭山を経て往復する計画でした。大樽避難小屋のあたりから雪が深くなり始め、壺足で頑張っては見たものの、一歩ごとに腰までもぐってしまう様ではワカン無しには歩けません。ワカンを持参しなかった私は標高2,300m付近で降参。大樽避難小屋に一泊して退却する事になりました。・...   (続きを読む)
2017/12/31 22:00:00 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/4]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=461
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
先週の八ヶ岳に続いて、今回は谷川岳の雪を踏みに出掛けました。天気もよく、電車の中ではあんなに寒かったのに、西黒尾根の下半を登っているうち暑くてTシャツ1枚になるほどでした。森を抜けて見晴らしに出ると天神平のスキー場もよく見えますが、雲が多くなって来てラクダのコブに出る頃にはチラチラと雪も舞い始めました。ここで警備隊の訓練一行が下って来るのとすれ違いましたが、その先は一人でラッセルしている単独行者...   (続きを読む)
2017/12/20 12:17:08 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/4]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=460
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
鉱泉日誌の記事によると、11日夜から鉢巻道路にも雪が降ったそうです。先週、スタッドレスタイヤに交換したばかりだったので八ヶ岳に出掛けました。折しも本格的な寒気がやって来ているとのことで寒そうだし、久しぶりの冬靴、アイゼンだし、文三郎尾根から上がって地蔵尾根を下る最短ルートで登る事にしました。行者小屋あたりまで来るとようやくピッケルが突き刺せる位の積雪でしたが、さすがに12月半ばではそれほどの雪では...   (続きを読む)
2017/12/15 22:15:49 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/4]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=459
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
本日は歩荷トレ第三回。水10リットル+アルファで総重量20kg。陽射しが暖かく、歩荷トレーニングには勿体ない一日でした。のんびりペースで登り3時間、下り1時間50分。大倉山の家は老朽化で近く解体されるそうな。大倉尾根の最初の休憩は必ず此処なので少々残念。一本松あたりの紅葉も今が盛りのようです。   (続きを読む)
2017/12/03 23:44:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/4]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=458
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
先週に続いて今週も大倉尾根歩荷トレーニング。前回の荷に重りを2kg追加して重量20kg。歩荷の本職から見れば笑われそうなもんです。今年は寒くなるのが早くて、戸沢分岐のうえまで来ると、時刻は正午なのに霜柱が残っていました。これからの大倉尾根は霜柱が融け登山道の表土がドロドロになるようになります。ここは大勢の登山者がやって来るので年々、こねられた泥ドロの具合がひどくなっているように思います。今日は先週より...   (続きを読む)
2017/11/23 00:33:16 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/4]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=457
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
年末年始も近づいてきたので歩荷トレーニングを開始しました。去年は秋口から首の故障で、年末年始も大した所に行けなかったのです。この年末に何処に行くか具体的に決まった訳でもありませんが、担げなければ選択肢も狭くなるだけ。最近は早く歩く事ばかりで、担ぐ事をサボっていたので歩荷力が大幅低下しています。笑われそうですが手始めに18kgから始める事にしました。10リットルの水タンクにいつもの荷物を加えたら18kgに...   (続きを読む)
2017/11/15 21:25:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/4]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=456
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
火曜日に表尾根に行き損ねたので、また丹沢、と思いつつも出掛けました。秦野駅でバス停に向かうとヤビツ峠行きは長蛇の列。岳ノ台、菩提峠は静かでしたが、三ノ塔の下りや、行者岳の先の鎖場などでは順番待ちの渋滞が発生。こんなに人の多い表尾根は初めてです。   (続きを読む)
2017/11/05 20:20:28 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/4]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=455
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
ヤビツ峠から表尾根を歩こうと思っていましたが、家を出るのが遅くなってしまって、平日は朝一本しかないバスに間に合わなくなってしまいました。いつもの大倉尾根になってしまいましたが、朝から雲の多い天気で、表尾根にしなくて良かった様です。花立の上で尾根の見晴らしまで来ると、鍋割山の山肌が紅葉に彩られています。陽射しがあれば綺麗だったでしょう。二週間ぶりの歩きだったのでゆっくり歩いて、登りは2時間35分。下...   (続きを読む)
2017/11/02 00:38:57 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 10  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
世界でいちばん高い山 世界でいちばん深い海-いきもの・地球のいちばん事典-

知らなかった「世界のいちばん」を学ぶ美しい絵の事典 本国イギリスでの発売後、たちまち世界12カ国で売れたヴィクトリアンスタイルの美しい絵の事典。これま...
[昨日発売]
八甲田山 消された真実

「天は我を見放したか」という映画の著名なフレーズとは大違い、新発見の事実を丹念に積み重ね、青森第5連隊の悲惨な雪行行軍実態の真相に初めて迫った渾身の...
[昨日発売]
蒼き山嶺

警察から追われ、刺客に命を狙われながら、それでも男たちは進む。荒れ狂う風、吹き付ける雪、体力は枯渇し、白い斜面が先を阻む。白馬岳を越え、栂海新道を...
[昨日発売]
岳人 2018年 2月号

[1月15日発売]
素晴らしき山々 谷川岳から二百名山へ (YAMAKEI CREATIVE SELECTION Frontier Books)

同級生の武勇伝がきっかけとなり、「魔の山」谷川岳へ通うようになった著者。50年余の登攀人生を振り返り、「素晴らしき山々」の魅力を真摯な筆致で綴る。昭...
[1月12日発売]
登山者ための法律入門 山の法的トラブルを回避する 加害者・被害者にならないために (ヤマケイ新書)

加害者・被害者にならないために! 知らないでは済まされない、イマドキの山の世界、そのルール 山の法的トラブルを回避する
[1月12日発売]
Jack中根のクライミング道場 目からウロコが50枚 もっとうまくなるための50のTIPS!

もっとうまくなりたいあなたに贈る!クライミングの基本技術と上達のコツを、ユーモアと哲学を織り交ぜながら指南します~もっとうまくなるための50のTIPS!
[1月11日発売]
RUN+TRAIL Vol.28

[2017年12月27日発売]
つり人 2018年 2月号

[2017年12月25日発売]
リイシリ

老境にさしかかった山口和彦は、道北の小都市で小学五年から中学二年まで暮らした少年時代の同窓会に初めて参加し、札幌で四十数年ぶりに初恋の佐川宏子と再...
[2017年12月19日発売]
山岳読図ナヴィゲーション大全

大好評にて登山者に絶大の信頼を誇る「山岳読図大全」が更にパワーアップ、読図だけでなく、新たにナビゲーションの初歩から実践的テクニックまでを完全網羅!...
[2017年12月18日発売]
PEAKS(ピークス) 2018年 1 月号

[2017年12月15日発売]
岳人 2018年 1月号

[2017年12月15日発売]
山と溪谷 2018年 1月号

[2017年12月15日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2018 登山の四方山話 - 2018/01/18 02:56:14