登山関連のブログ情報  -  ブログ「 岩と雪と氷の嶺へ 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 12  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/5]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=486
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
世間は三連休に浮かれる中、日曜だけ休みの身も連日の暑さに堪らず、近場の沢に出掛ける事にしました。で、選んだのは初級者向きと云われる西丹沢マスキ嵐沢。まだ行った事が無かったのです。さして難しい所もなく、それでいて登る滝もあって、入渓から二俣まで1時間は沢らしい涼しさにも満ちて快適でした。が、二俣からは水が伏流するようになると暑いのなんの。腐葉土の匂いに汗ダクの腕には土埃。あぁ、上越の沢だったら雪渓...   (続きを読む)
2018/07/15 20:15:00 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/5]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=485
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
八ヶ岳、甲斐駒方面は雷の確率が高いと云う予報で17日前に来たばかりなのに、また谷川岳にやって来ました。今回は西黒尾根往復。三週間足らずのうちに、何か変わった事も無かろうと思っていましたが、さもありなん。今日は雲が多く山頂は雲の中。おまけに蒸し暑いぞ、っと云う感じでしたが、花は随分と咲いていました。天神尾根とは比べものにならない多さだと思います。   (続きを読む)
2018/07/11 16:15:01 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/5]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=484
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
梅雨明けの空みたいと思っていたら、6月のうちに“梅雨明けしたとみられる”と発表があって、「本当かよ」と云う感じなのですが、確かに暑いので日帰りで、かつ沢歩きで登れるところにしました。足尾方面はあまり馴染みがなかったのですが、北関東自動車道のおかげでアクセスはだいぶ良くなった様です。   (続きを読む)
2018/07/01 20:08:00 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/5]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=483
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
南アルプス林道のバス便も6月22日(金)から開通し、キタダケソウも今時分にしか咲かないので三年ぶりに北岳に出掛けました。夜12時半に芦安駐車場に到着。始発バス5時30分に合わせて車中4時間程度の仮眠しか取れませんでした。今日の天気は上々でしたが、大樺沢沿いに二俣へ上がる途中の橋が流失しているとかで、御池を経由して二俣へ迂回しなければなりませんでした。二俣から上部は夏路が未だ雪渓に埋まっている部分も多く、大...   (続きを読む)
2018/06/28 00:30:31 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/5]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=482
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
肩の広場の残雪もわずかと聞き、梅雨の晴れ間に雪が踏めるかもと思ってやって来ました。今回は時短と省力を図って天神平まで往復ロープウェイ。ちょっとした観光客気分です。天気はとても良く、ハルゼミの鳴き声も谷間から響き上がっているほどです。残念ながら、わずかに融け残った雪は登山コースの縄張りの外にあって、踏む事はできせんでしたが、タニウツギやサラサドウダンの花もあり、肩の小屋周囲にはミヤマキンポウゲの...   (続きを読む)
2018/06/24 18:14:59 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/5]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=481
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
毎年恒例の八ヶ岳のお花見。前日の東京の梅雨空から、一転して雲一つ無い美濃戸の空、赤岳山荘の駐車場は満杯寸前でした。今回は阿弥陀岳は割愛して行者小屋から文三郎尾根をあがり、硫黄岳まで廻って赤岳鉱泉に下る短縮ルート。お花見だし、相方にも配慮してゆっくり歩く事にしました。日帰り荷物で重い物は何もないのですが、文三郎尾根の登りは息が切れて一気に登れません。でも梅雨の晴れ間の爽やかな風が何よりも心地よく...   (続きを読む)
2018/06/20 10:16:25 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/5]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=480
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
今日も初夏らしい良い天気です。残雪など踏みに、せめて谷川岳あたりに行きたいところですが、夕方は室内壁にも行きたいので丹沢にしました。秦野に着いたらヤビツ峠行きは長蛇の列なので、迷わず蓑毛行きの列に並びました。蓑毛から歩いてもヤビツ峠まで1時間、初夏を迎えて緑深い路を歩くのも楽しいものです。今日の表尾根は雲が湧いて景色も霞がちでしたが、風が心地よく、初夏の爽やかさを感じさせてくれました。下山は大倉...   (続きを読む)
2018/06/03 16:28:15 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/5]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=479
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
たまには奥多摩を歩こうと、御前山にやって来ました。奥多摩で駅から歩ける標高差1,000m以上の山となると御前山か川乗(川苔)山しかありません。奥多摩駅から鋸山経由のルートは愛宕神社の急な石段から始まります。今日は神社の先の祠で修験者に出会いました。あちこちで熊野修験道のお札を見かけますが、修験者に出会う事はめったにありません。オオダワまで約2時間。山頂まで更に1時間。山頂にはずいぶん立派な山頂碑が据え付...   (続きを読む)
2018/05/27 18:01:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/5]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=478
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
爽やかな陽気が続いているので、前夜発で遠出しようかと思っていたのに、昨晩、帰宅したあと面倒になってしまって、さらには一杯呑んでしまって敢え無く沈没。それならと云う事で朝起きして、西丹沢から大倉まで縦走することにしました。これまで西丹沢までのアクセス所要時間に敬遠していたのですが、今なら日も長いし、暑さも大丈夫でしょう。平日と云うのに満員のバスは9時近くになって西丹沢に到着。歩き出しは9時を回って...   (続きを読む)
2018/05/22 20:31:05 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/5]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=477
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
午後から雨になると云うので、朝早くから大倉尾根に出掛けました。渋沢駅に着いた時には雲間から多少は陽も射していましたが、それも束の間。でもバスは満員。今回は歩荷のトレーニングに水を10リットル余り担ぎましたが、総重量20kg足らずでバテバテでした。金冷しのあたりはミツバツツジが沢山咲き始めています。蕾も多いので、これからもっと咲くでしょう。帰りの電車に乗ったら、途中で雨になりました。辛うじてセーフだっ...   (続きを読む)
2018/05/13 16:16:41 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/5]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=476
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
ゴールデンウィークで雪山納め、としたいところでしたが、休みの真ん中に悪天候では致し方ありません。実家に帰省したり、諸雑用に時を費やしたり。そして今日は渋滞を嫌って近場のつづら岩にしました。連休のこんな時期に誰も居ないだろうとタカを括って来たら、それなりに先客も居たりして・・・。久しぶりの外岩で、朝イチはおっかなびっくりな始末でしたが、4本登って幾分は感覚をもどせたかもしれません。今日のつづら岩は...   (続きを読む)
2018/05/06 00:13:43 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  岩と雪と氷の嶺へ  [1/5]
http://iwa-yuki.jugem.jp/?eid=475
雪稜は大好きだけど岩登り(特にクラック)は少々苦手。アイスクライミングは修行中。いつまでたっても"ノービスクライマー"の悪戦苦闘の記録
休みの度に天気が悪かったりで、1日に大倉尾根を歩いて以来、四週間も間があいてしまいまったので、手っ取り早く、また大倉尾根で足馴らしにしました。ゴールデンウィーク前半で大倉尾根も沢山の人出。山頂は大賑わいでした。まだツツジは咲き出していませんが、山頂直下の桜が咲き出しています。一本松周辺のモミジの緑もすっかり濃くなりました。   (続きを読む)
2018/04/29 19:13:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 12  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
イラスト地図で登る 長野県の名峰百選(上)

長野県内の登山向け百名山を選び、詳しく、楽しく、美しいイラストマップで紹介するユニークな登山ガイド。上巻は50山72コースを紹介します。著者は手描き絵...
[7月18日発売]
山岳王 望月将悟 強くてやさしい本物の山男 ここにあり!

究極の山岳レース・トランスジャパンアルプスレースを4連覇した山男・望月将悟。消防士で山岳救助隊員、山でめっぽう強く、気はやさしくて謙虚。誰もが好きに...
[7月16日発売]
Coyote no.65 特集 MOUNTAIN STORIES 一瞬の山 永遠の山

本当の登山ってなんだろう。記録のためか、それとも自分のためか。限界の先へ挑み続ける孤高の登山家・山野井泰史にその答えを探す。山は今、"誰"のものなの...
[7月15日発売]
岳人 2018年 8月号

[7月14日発売]
マウンテンスポーツマガジントレイルラン 2018 夏号

巻頭特集 山で鍛えるトレイルラン総合力 「夏の特訓!山の走力&山のワザ」 山を走るための基本的なスキルはもちろん、テクニカルなシチュエーションへの対応力...
[7月9日発売]
タープの張り方 火の熾し方-私の道具と野外生活術 (ヤマケイ文庫)

沢登り、渓流釣り愛好家、ブッシュクラフトで注目の野外生活術を楽しんでいる方々に朗報。登り会のレジェンド・高桑信一が教える美しいタープの張り方と火の...
[7月9日発売]
クルマで行く山あるき 関東周辺 (大人の遠足B)

クルマだから行ける、行きたい中級向けの名山50コースを掲載。最短ピストンコースで歩ける!! 電車やバスの時間を気にしないですむ、登山口まで歩かずに済む、...
[7月6日発売]
日本の名峰 DVD付きマガジン 30号 (戸隠山) [分冊百科] (DVD付)

個性豊かな日本各地の名峰を訪ね、山の魅力に迫る! DVDには、毎号、BS-TBS『日本の名峰 絶景探訪』から1話を再編集して収録。絶景はもちろん、その地で見る「...
[7月3日発売]
ブラボー!大雪山: カムイミンタラを撮る

「写真甲子園」「株主制度」「君の椅子」など、ユニークな政策を展開している〈写真文化首都「写真の町」東川町〉は、北海道の中央部に位置している。18年前...
[7月2日発売]
男の隠れ家 別冊 夏、山へ。2018 (SAN-EI MOOK 男の隠れ家別冊)

「男の隠れ家」恒例、夏山シリーズ保存版 遠くに見える、あの頂を目指して一歩一歩足を運ぶ心地よさ 夏満喫 北アルプスへ 槍ヶ岳へ 東から、西から、そして南...
[7月2日発売]
涼しい!緑の絶景ハイキング ウォーカームック

スニーカーでラクラク行けて涼を感じる緑のハイキングコースが充実! 滝、小川、古道、並木道など、豊かな緑に囲まれた、ビギナーでも手軽に楽しめる関西の絶...
[7月2日発売]
北海道の山と谷2

第2巻は北海道の日高山脈、道東知床・標津山地・阿寒の山を収録している。「北海道の山と谷」シリーズは北海道の登山のコース、ルートを夏の尾根道から沢登り...
[7月1日発売]
週末の山旅

[6月29日発売]
国東半島 山ガイド さあ山へでかけよう

大分県豊嶺会が7年間という長い期間をかけて制作を自信の一冊。 六郷満山はもとより、地元山岳会ならではのマニアックな山歩きルートも掲載。 誌面にはQRコー...
[6月28日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2018 登山の四方山話 - 2018/07/23 02:55:00