登山関連のブログ情報  -  ブログ「 山頭克の旅 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 24  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201908/article_4.html
2014年11月に川上村の天狗山に登ったがその尾根続きにある男山にはその時登る時間がなくそのままになっていた。今回は御嶽山登山が主であるが、帰宅前に軽く一山と言うことで、先日の女山に続き男山に登る事にした。信濃川上駅に車を駐めて出発、車道歩きで男山登山口へ向かう。天気が良すぎて日差しが暑い。千曲川に架かる男橋を渡り、千曲川を左手に車道を進む。約30分弱で登山口に着いた。扉を開けて中に入り、車道の舗装路...   (続きを読む)
2019/08/15 21:18:06 (3日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201908/article_3.html
御嶽山は2011年8月(8年前)に田の原から一度登った事がある。2014年の噴火以来入山規制が続いていたが今年入山が可能になった。wnabeさんが登った事が無く誘われで8年振りに黒沢口から登った。朝、6時過ぎに御岳ロープウェイに到着。ロープウェイ駅からは青空の下に御嶽山が見える。やけに白く感じた。ゴンドラに乗って周りの山々が見える様になると近くの乗鞍岳が見え、遠くに奥穂、前穂が見える。そしてよく見ると乗鞍と奥穂の...   (続きを読む)
2019/08/15 17:17:37 (4日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201908/article_2.html
2014年11月に八ヶ岳の西岳に登ろうとしたが雪で断念、急遽川上村の天狗山・男山を目指した。結局は天狗山だけになり男山は登ってないがその時近くに女山があることが分かり、そのうちと思ていた。ちゃんとした登山道はないが人は登っている。今回硫黄岳のあと帰るつもりであったがメンバーがもう一つ登って帰ろうと言う話になりsawaさんが以前の女山の計画を思い出し、行ってみる事にした。先ずは信州峠へ向かう。昨年近くの横...   (続きを読む)
2019/08/07 06:16:06 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201908/article_1.html
akiさんとは2011年から毎年定期的に山へ登っており、八ヶ岳は全部一緒に登ろうと約束。しかし、2017年の栗駒山の後に体調が良くなく中断して2年が過ぎた。今年に入ってぼちぼち再開しようとの話になり、今回まだ登ってない硫黄岳に行くことになった。八ヶ岳は2016年の横岳以来。他山仲間も誘って当初本沢温泉側から考えていたが、まだ登っていない峰の松目を合せて登ろうと桜平からのコースに変更した。桜平は2014年の根石岳に...   (続きを読む)
2019/08/06 21:17:16 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201907/article_12.html
所用で関西へ来ていたが予定の要件がなんとか終わりちょっと時間だ出来た。この時期なのでちょこっと行けそうな場所、以前から気になっていた日本で一番低い山「天保山」に行こうと思った。また天保山だけでは・・・他に何かと思って調べてると堺に一等三角点がある日本で一番低い蘇鉄山があるのを見つけこの二つを回って帰ることに決めた。朝shuuさんから同行するとメールが入り二人で出かける事になった。また二つではなく天...   (続きを読む)
2019/07/31 15:24:57 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201907/article_11.html
最終日、当初予定は早池峰山。しかし南は天気が悪い。岩木山も候補に挙がったがちょっと距離があるので昼頃通り雨の可能性はあるがうまく行けばセーフの秋田駒ヶ岳に行くことにした。秋田駒ヶ岳は今回で4回目、秋が1回と7月前半が2回、今回は7月の後半花は違っているだろう。八合目行きバスの三便目に乗車、乗客は我々だけ。準備をして出発、モミジカラマツ、ヤマハハコ、ハクサンチドリ、ハンショウズルと咲いてる!咲いてる!写...   (続きを読む)
2019/07/27 16:15:54 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201907/article_10.html
二日目、今日は岩手山、焼走り登山口から登る。前回は2013年10月に馬返しから登っているのでコースと時期が違い、気持ちはワクワク。朝靄の焼走り登山口駐車場には車が二台、一人が食事してるので先行者は一人?準備をして出発、森の中へ。キソチドリ?、マイズルソウは実になってる。いい雰囲気の森だ。15分ほど歩いて山頂まで6.0Kmの標識がありその先で一段あがる。左手から溶岩ぽい石が落ちてる場所が有り登って覗いて見ると、...   (続きを読む)
2019/07/27 09:17:03 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201907/article_9.html
nishiさんに誘われ東北の八幡平、岩手山、早池峰山に行くことにした。八幡平は4回目、他は2回目になる。初日は八幡平、6月初に1回、10月に2回でこの時期は初めてである。盛岡からレンタカーで八幡平へ、途中でいつも気になっていた茶臼岳に寄ってもらった。茶臼岳は源太岩から見ると三角錐の山でよく目立つ。少し先の茶臼岳登山口からのコースタイムは往復1時間20分、駐車場所に車を止めてスタート。登山道に入るとモミジカララ...   (続きを読む)
2019/07/26 10:17:56 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201907/article_8.html
tanaさんから何時もの案内、今年は町田で開催となった。今回は imoriさんが欠席、kikeさんとは一年振りの再会となった。tanaさん、toshiさん、minaさんは相変わらず元気だった。近況や農作物等々の話で盛り上がり、また金目鯛のコースだったが生ガキのメニューを見つけて早速追加注文、久々に美味しかった。   (続きを読む)
2019/07/26 10:17:55 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201907/article_7.html
恒例の高校時代の友との同窓会、今年は信州地区へ。入笠湿原、木曽駒ヶ岳、尖り石遺跡、八島湿原、そして美ヶ原と高山植物、登山等自然を楽しんだ。最終日、なんとかホテル主催の朝霧自然教室は開催され付近の高山植物を見て回った。テガタチドリ、オオヤマフスマ、ハクサンフウロが結構多かった。ミネウスユキソウ、コメツツジ、キジムジロ、ミヤマオトコヨモギ、キバナノコマノツメ、シロバナヘビイチゴ、キバナノヤマオダマ...   (続きを読む)
2019/07/26 10:17:54 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201907/article_6.html
恒例の高校時代の友との同窓会、今年は信州地区へ。入笠湿原、木曽駒ヶ岳、尖り石遺跡、八島湿原、そして美ヶ原と高山植物、登山等自然を楽しんだ。その三日目、今日は御前中は天気が悪いのでまずは尖石遺跡を見て、天気がそこそこなら八島湿原を散策して宿泊地の美ヶ原高原の王ヶ頭ホテルへ向かう事にした。尖石遺跡で縄文のビーナス、仮面の女神など土偶と縄文土器などを見学、八島湿原へ向かう途中で茅野駅前へ寄りヤッチの...   (続きを読む)
2019/07/25 16:40:17 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201907/article_5.html
同窓会2日目、どこかの山へ。色々悩んだが乗鞍岳は霧予報、展望がありそうな木曽駒ヶ岳に行くことにした。果たして結果は?ロープウェイに乗り千畳敷へ向かう。高く曇りでまずは甲斐駒、仙丈ヶ岳、北岳が目に入った。南アルプスは見えそうである。8時半過ぎに千畳敷に到着。千畳敷カールの上に少し青空、なんとか期待通りになりそうでちょっとほっとした。準備をしてスタート。ヤッチ、マー君はスタートから初めての2600m越え、...   (続きを読む)
2019/07/25 16:10:14 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201907/article_4.html
恒例の高校時代の友との同窓会、7/12~7/15で今年は信州地区へ。入笠湿原、木曽駒ヶ岳、尖り石遺跡、八島湿原そして美ヶ原と高山植物、登山等自然を楽しんだ。その初日。12日 集合は小淵沢駅12時、nonbo、mkatsu、ヤッチと私の4人は半日早く着き、入笠湿原を散策した。ゴンドラに乗り山頂駅へ向かう、残念ながら八ヶ岳は雲がかかって絶景は見えなかった。それでも流石富士山は雲海の上に姿が見え、高さを誇示していた。ゴンドラ...   (続きを読む)
2019/07/25 07:46:12 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201907/article_3.html
この時期珍しく snoさんから誘いのメール、「高尾山へ行こうと・・・」。4月の福島の山以来、今まで夏の時期は行動パターンが違うのでほとんど一緒に山を歩いていない。暇が出来たので会って飲もうと言う事だろう。他仲間を誘い出かけた。shima さんも4月坪山以来の再会だった。高尾駅で待ち合わせ、小仏行きのバスに乗った。高尾駅から小仏へバスに乗るのは初めてかも?小仏から登山口への道もなにか新鮮に思えた。登山道へ入っ...   (続きを読む)
2019/07/16 17:16:27 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201907/article_2.html
今週末谷川岳へ行きませんかと誘われ、やはり新潟 方面だけ天気は持ちそうなのと7月の谷川岳は初め てなので出かけた。朝4時半にピックアップしても らい谷川ロープウエイ駅へ。今日が開山式と言う事 でロープウェイは朝5時から動いている。人が多い のかなと思ったがすんなりロープウェイに乗れちょ っと拍子抜け。山はガスって山頂は見えない。予報 は霧、これも人が少ない原因?駅近くはクリンソウ 、ニッコウキスゲがお出迎...   (続きを読む)
2019/07/08 10:16:44 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201907/article_1.html
この水曜日に nishiさんが浅草岳リベンジするので どうかと誘いがあったが所要があり参加できなかっ た。ヒメサユリが綺麗だとの知らせを受け、天気予 報を調べると新潟方面はまあまあと天気、行く気に なり仲間に連絡三人で出かけた。越後湯沢でレンタ カーを借り、登山口へ。車が少なく、10時過ぎに駐 車場に着いた。車は20台弱止まっており我々が最後 のようだった。山頂はガスがかかっていて見えなか ったが準備をして出発...   (続きを読む)
2019/07/06 16:16:22 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201906/article_5.html
2010年伯耆大山登頂の帰りに大学の学友 izaさんと40年振りに再会、昨年は卒業後約半世紀を記念して第一回の同窓会が春に東京であり再び再会し、秋には他の学友とizさん宅を訪問し二泊三日の出雲の旅を楽しんだ。izさんも山登りは楽しんでいるが伯耆大山クラスとの事で北アルプスを登って見たいとの思いを持っていたようで今年の2月初にトントントンと話は進み6月24ー26日で蝶ヶ岳に決まった。天気が心配だったが予報はドンピシ...   (続きを読む)
2019/06/28 12:15:52 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201906/article_4.html
昨年は所要で出席できなかったので2年振りにデバイス友の会に出席した。今年は先日のHICREL懇親会で一緒したkumaさんと待ち合わせて出席した。ちょっと早めに会場へ着いたので1階でちょっと座って待った。三々五々と皆さんが到着、「久し振りです」「元気でした?」「山行ってる?」とか言葉を交わしながら、諸先輩や同僚と前段階。何時もの様に会は自然に始まり、あちこちで話の輪が。haruさん、hideさん、hodさん、fzmtさん、ni...   (続きを読む)
2019/06/28 12:15:51 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201906/article_3.html
梅雨の時期、また天気が悪くなる。ちょっと左足に違和感があり来週の蝶ヶ岳の前に調整した方がいいかなと思い前日押し迫って仲間にメールした。「山予定の人は居ませんか?」。殆ど返信無し。一人で行こう!塔へ行く気になっていたが「のんびり山歩き」の番組が目に入り、足の調整なんだからと「のんびり高尾山を歩こう」と気が変わり高尾山に向かった。駅に向かう途中で珍しく昔の仕事仲間だったGTさんばったり、そして駅近くでT...   (続きを読む)
2019/06/20 22:16:03 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201906/article_2.html
2017年宮之浦岳へ登った後でいつか最北端の百名山利尻山へ行って見たいと思っていた。今年その機運が高まり、どうせ行くならレブンアツモリソウも見たいと6月に行く事になった。当初4人で行く予定がちょっとingakiさんにアクシデントがあり、3人になったのが残念。10日に出発、稚内観光と礼文観光を済まして3日目に利尻山を目指した。登山日までの天気はまずまずの予報だったが前日になって霧の予報に変わった。前日礼文島の北...   (続きを読む)
2019/06/15 09:16:05 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201906/article_1.html
利尻山が一週間に迫って来た。練習としてはちょっと足りない感じがするがsawaさんと塔ノ岳へ出かけた。渋沢駅に着くと山には雲がかかってる。天気はいいはずだが?7時40分発のバスの乗客は半分にもならない数だった。大倉で準備してスタート。5~9月に塔ノ岳へ登った事がなく、この時期は初めてである。登山道を登って行くがちょっとイメージが違う。緑が多いようだ。見晴茶屋からの展望も今日は雲が多く、海は見えない。暑さも...   (続きを読む)
2019/06/06 09:15:06 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201905/article_10.html
昨年から始めた懇親会の第二回目、町田の同じ場所で開催した。残念ながらkikuさんと zenさんの二名が所用で参加できなかったが新たに saiさんが参加9名の会になった。昨年再会してるので今回はスーっとおしゃべりタイムに突入。しかし、この歳になると大体、健康関係の話題からになるが、やはりそうであった。その後はあちこちに話題が飛びながら約2時間半、あっと言う間に時間は過ぎた。今回二人出席出来なかったことも有り、1...   (続きを読む)
2019/05/30 06:15:45 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201905/article_9.html
以前から nonboさんに榛名山へ行こうと誘われており、今回出かけた。2013年3月に一度、榛名富士と掃部ヶ岳に登っているが残雪がまだあったのとガスってなにも見えなかった。久し振りに八高線に乗り高崎へ。ぼんやり車窓を楽しんでいると畑が黄金色、麦秋だ!この景色も久し振り、乗ってる気動車の音とスピードと共になつかしい昭和の時代に戻った感じがした。高崎駅で仲間と合流、レンタカーで榛名湖へ向かう。榛名富士の登山口...   (続きを読む)
2019/05/29 16:15:42 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頭克の旅  [2/12]
https://santoukastu.at.webry.info/201905/article_8.html
乾徳山には3回来ているが奥にある黒金山は昔から気になりながら登ったことが無い。今年は雁坂峠から大弛峠まで歩きたいと思ってる。地図を見ると黒金山からはその稜線がきっちり見えそうな好位置にある。ツアー案内に新コースとありまだ満員の表示でなく参加出来た。塩山集合なので電車で塩山に着くとビックリ。ロータリは登山客で長蛇の列、駅の階段まで並んでいた。こんなに多い登山者は初めてだった。大平高原の登山口までタ...   (続きを読む)
2019/05/28 09:15:48 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 24  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
女ひとりで26日間 ヒマラヤを歩いてみれば 〜大自然と自分に繋がる旅〜

こんなにも美しい大自然の中で、目一杯体を使い、五感をフル稼働させて体感した先にあったのは、自分への信頼と美しい地球に生きていることへの喜びだった。...
[昨日発売]
岳人 2019年 9月号

[8月16日発売]
夢のトライアル (山とマラソンに挑んだ鉄人の記録)

みちのく福島・白河に、昭和・平成を駆け抜けた韋駄天にして山男がいる。本書は、その驚くべき数多の足跡を綴った夢と冒険の記録であり、登山やマラソンを愛...
[7月30日発売]
走ること、生きること ―強く、幸福で、バランスのとれたランナーになるために―

美しさと強靭さを兼ね備え、数々の山岳競技で勝利を飾り、世界中のアスリートを虜にするエミリー。その独創的な練習方法、健康レシピなどのライフスタイルか...
[7月25日発売]
山は心の支えだった

著者は1962年北大医学部薬学科卒、在学中はスキー部山班で活動。国立衛生試験所(現・国立医薬品食品衛生研究所)勤務。最後の1年間、PMDEC(現PMDA)医療機器審...
[7月24日発売]
山の霊異記 霧中の幻影 (角川文庫)

山岳怪談実話の名手による、山の霊気に満ちた本当に怖い怪談集。霧の山道で背後からついてくる操り人形のような女性、登山中になぜか豹変した友人の態度、死...
[7月24日発売]
マウンテンスポーツマガジン トレイルラン 2019 夏号

夏到来。ガッチリ汗をかいて、気持ちよく山を走ろう。
[7月19日発売]
大雪山―神々の遊ぶ庭 市根井孝悦精選作品集

憧れの北の大地・大雪を、写真家・市根井孝悦が渾身の力をこめて表現した決定版 2000年の『大雪山――母なる大地』、2006年の『大雪山――四季の彩り』、2014年の...
[7月16日発売]
岳人 2019年 8月号

[7月13日発売]
ヤマケイ文庫 山怪 山人が語る不思議な話

日本の山には「何か」がいる。シリーズ累計20万部突破! ! 山の怪談ブームの火付け役。山で働き暮らす人々が実際に遭遇した奇妙な体験。NHKドキュメンタリーで...
[7月6日発売]
ヤマケイ文庫 名残の山路

旅行雑誌『旅』の名編集長が平成に残した山と旅の珠玉の紀行文集 旅行雑誌『旅』の元編集長で、紀行作家としても知られる岡田喜秋さんが、平成時代30年間に書...
[7月6日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/08/19 21:03:34