登山関連のブログ情報  -  ブログ「 山歩きの記録 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 7  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  山歩きの記録  [2/3]
http://gebilksjag.exblog.jp/239108159/
毎年恒例の我がPJCの忘年会山行。今年は12月8日、奥多摩・高水三山です。今回は過去最高の4パーティ・23人の参加。毎年この忘年会山行は、全員参加が原則なので、すでに会社を退職して一年に一回しか会えないようなメンバーも、この山行には参加してくれます。ということで集合場所の軍畑に向かう青梅線の車中では、そこここで「おお!久しぶり!」などのやり取りが。あたしも各車両にいるメンバー...   (続きを読む)
2019/02/15 02:18:11 (1日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山歩きの記録  [2/3]
http://gebilksjag.exblog.jp/239105141/
前編から続く。雲取山は、今年2回目。山頂には思いのほか登山者も少なく、普段ならここがゴールなのでのんびり過ごすところですが、今回の山行ではまだまだ折り返し地点。今日のテント場は、七ツ石小屋までいくか、奥多摩小屋までにするか、到着した時間次第かなぁ、ということで先を急ぎます。奥多摩小屋に到着したのは15:15頃。もうちょっと先まで行ってもいいけど、景色もいいし、このテン場...   (続きを読む)
2019/02/13 00:19:31 (3日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山歩きの記録  [2/3]
http://gebilksjag.exblog.jp/239090424/
2016年夏に石尾根を登ったとき、棒の折山から長沢背稜を経て、雲取山を経由して石尾根を歩いてきたという初老の登山者と出会い、登山談議に花を咲かせたことがありました。これは、ちょうど奥多摩の日原を軸にして、その周りの尾根をぐるりと回るかたちになる奥多摩最長のロングコースです。一度は歩いてみたいものの、そのあと経験した鷹ノ巣避難小屋での恐怖体験から、一人で行くのはなんか怖いなぁ…、と二の...   (続きを読む)
2019/02/03 12:21:57 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山歩きの記録  [2/3]
http://gebilksjag.exblog.jp/238944839/
Facebookをつらつらめくっていたところ、焚き火に照らされてる「グレンリベット12年」の画像が。シングルモルトの中では、あたしの一番好きなスコッチウイスキーです。うわぁ、キャンプで焚き火とスコッチなんて、最強の組み合わせだなぁ・・・。投稿者は、弊社エンジニアのよしだし。彼とは同年入社なので、もう15年選手です。トイレですれ違ったとき、「今度あたしもキャンプに連れてっとくれ」と頼ん...   (続きを読む)
2018/12/28 10:19:40 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山歩きの記録  [2/3]
http://gebilksjag.exblog.jp/238942903/
2017年の忘年会山行で年間計画で告知した通り、11月公式山行として山ランチ山行を裏高尾の一丁平で行いました。幹事のおがこさんは、我がPJCでは、王子と双璧をなす仕事人。仕事でもプライベートでも、きっちりとこなす仕事ぶりには、社内でも定評があります。そのおがこさん、今回も7月末から準備を開始し、概要決定・メンバー募集・スケジュール設定と、安定した仕事人ぷりを発揮していましたが、10...   (続きを読む)
2018/12/27 00:33:10 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山歩きの記録  [2/3]
http://gebilksjag.exblog.jp/238941267/
白馬岳山行でエンジンかからず、急遽王子のクルマで山に向かったのは、前回記した通り。そのあと、かかりつけのクルマ屋さんに応急診断してもらうと、どうもシガーソケットから電源を引っ張ってる車内スピーカーに原因があるかも? とのこと。そんなんでバッテリー上がりするものか? と思いつつも、まぁなんとかエンジンかかるようになったので、一安心して、レイニー山行の準備。レイニー山行とは、7月の末...   (続きを読む)
2018/12/26 00:20:07 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山歩きの記録  [2/3]
http://gebilksjag.exblog.jp/238902134/
PJCの月例公式山行、10月は殿下の幹事で白馬岳へ。白馬岳はもともと6月に計画していたのですが、その時は残雪量と天候を勘案して、より難 度の低い常念へと山域を変更。今回はそのときのリベンジ登山となりました。メンバーは、幹事の殿下のほか、王子、ぬましん、もえたとタカさん、ホイミとあたしの七 人。たろうとリンダさんとレイニー(仮)、殿下の会社の人二人もアサインされてたの...   (続きを読む)
2018/12/13 12:32:53 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 7  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
ヤマケイ文庫 定本 黒部の山賊

北アルプスの最奥部・黒部原流域のフロンティアとして、長く山小屋(三俣山荘、雲ノ平山荘、水晶小屋、湯俣山荘)の経営に携わってきた伊藤正一と、遠山富士弥...
[一昨日発売]
いざ!お山!山番長のパノラママップ

関東甲信越の山を中心に山番長が登ってきた96の山をオリジナルのパノラママップで詳しく紹介。登山のコースタイム、距離、高低差の記載はもちろん、温泉情報...
[1月28日発売]
3000mのドラマ 北アルプス 小川誠写真集

エベレスト登頂者にして山岳写真家の小川誠。これまで約半世紀にわたって撮りためた北アルプスの写真を厳選して1冊にまとめたベスト作品集。ベテラン登山家と...
[1月17日発売]
岳人 2019年 2月号

[1月15日発売]
神さぶる山へ

富士山に魅入られ40年以上にわたってレンズを向け続ける写真家大山行男氏。富士山をテーマとするヴィジュアル要素に富んだ出版物といえば、これまでは型どお...
[1月11日発売]
人生のなかに山があった ―私が登った山々―

私が学生時代と会社員人生の一環として行ってきたものに登山がある。入社後4年間は多忙で登る機会がなかったが、山好きの友人にも恵まれ、低山から百名山に至...
[1月1日発売]
ヤマケイ文庫 萩原編集長のヤマ塾 写真で読む山の名著 ヤマケイ文庫50選

NHKのテレビ番組「実践! にっぽん百名山」の解説者を5年にわたってつとめた萩原編集長が、ヤマケイ文庫に収録された山の本の中から印象に残る一節と、文章に...
[2018年12月27日発売]
山の花旅紀行

[2018年12月18日発売]
太陽のかけら ピオレドール・クライマー 谷口けいの青春の輝き

一流のアルピニストでありながら山や自然に対するしなやかな感性を持ち続け、ヒマラヤにもウラヤマにも等しい愛情をもって登り続けた谷口けい。その生涯は201...
[2018年12月17日発売]







 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/02/16 12:54:05