登山関連のブログ情報  -  ブログ「 夜も山あるき 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 8  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  夜も山あるき  [3/3]
https://dekameno.blog.fc2.com/blog-entry-364.html
まるめのが登った山々の覚書き
コウシンソウは戦術家 足尾・皇海山を目指した。庚申山から鋸山を経て皇海山を登り、六林班峠をまわる周回ルートだ。梅雨の合間のワンチャンス、運よく掴めるだろうか? 学生時代、皇海山はちょっと惹かれる存在だった。何故惹かれたんだろう? 一風変わった山名と2,000mを超す標高、100名山が世に喧伝されるずっと以前だったので、人に知られていなかったこともあったと思う。その頃、僕はパイオニアワークという言葉に憧れてい...   (続きを読む)
2020/06/30 12:20:16 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  夜も山あるき  [3/3]
https://dekameno.blog.fc2.com/blog-entry-362.html
まるめのが登った山々の覚書き
ツクモグサはどこ? 6月の八ヶ岳の主役はツクモグサだ。10年ほど前、小同心クラックの終了点でツクモグサの群落に出逢った。岩場を埋め尽くして一面に咲くツクモグサたちにもう一度逢いたい。W辺とO原を誘い横岳最短コースの杣添尾根を登った。杣添尾根には、去年1月に手軽な雪稜ハイクのつもりでA斎と取付いた。しかし、重いラッセルに登高は捗らず追い返されていた。今年の2月、コロナウイルス流行が大騒ぎになる前に、講習生...   (続きを読む)
2020/06/24 16:22:26 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  夜も山あるき  [3/3]
https://dekameno.blog.fc2.com/blog-entry-359.html
まるめのが登った山々の覚書き
引き戸を上げたら・・・ ずっと気になっていた奥只見の未丈ヶ岳(みじょうがたけ)を登った。未丈ヶ岳。ユニークなそして何やらいわくありげな山名である。干支(えと)で「未」は「羊(ひつじ)」のことだ。考えてみれば「ひつじ」って字はあまり山名に用いられていない。羊蹄山(北海道)と未丈ヶ岳くらいじゃないか? 未丈ヶ岳。かつては北方にある大鳥岳と共に「大鳥未丈ヶ岳」と呼ばれていたそうだ。なので山頂の三角点名は「二等三...   (続きを読む)
2020/06/08 20:20:13 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  夜も山あるき  [3/3]
https://dekameno.blog.fc2.com/blog-entry-352.html
まるめのが登った山々の覚書き
地元で沢登り 自宅から車で30分程の南アルプス神宮川・ヤチキ沢を遡行した。神宮川はサントリー白洲蒸留所の脇を流れる川で、以前は濁川と呼ばれていた。源流に濁山という山があったことから「濁川」と呼ばれたそうだ。嘘か誠か、サントリーが「濁る」を嫌ったので「神宮」に改名したとか。そりゃそーだよね。ウイスキーや飲料を製造している工場の脇を流れる川が「濁川」じゃ困るだろう。5、6年前だろうか?1月の神宮川本谷を訪...   (続きを読む)
2020/05/19 10:20:44 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  夜も山あるき  [3/3]
https://dekameno.blog.fc2.com/blog-entry-361.html
まるめのが登った山々の覚書き
癒しの沢第2弾 好天に誘われ、癒しの沢第2弾ということで西丹沢世附川(よずくがわ)水系の 水の木沢を遡行した。今回も山伏峠を起点に山伏沢を下降して入渓する周回遡行だ。今回は、前回の下降点より手前、2本のテープが立ち木に巻きつけられた標高1,200m付近から山伏沢へ下ってみた。傾斜は若干緩やかで下りやすいが、その分最初の滑までの距離が長かった。金山沢林道の歩きは3、40分ほどだったんじゃないか? 思ったより世附橋...   (続きを読む)
2020/05/12 16:21:02 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  夜も山あるき  [3/3]
https://dekameno.blog.fc2.com/blog-entry-358.html
まるめのが登った山々の覚書き
癒しの沢を周回 近場で滑の沢を歩きたいと思い、西丹沢の山伏峠を起点として世附川の山伏沢から西沢を周回した。いずれも滑が連なる癒し系として知られる沢だ。NETでは山伏沢を沖ビリ沢としている記録が多い。これは誤りで、金山沢二俣の下流すぐ右岸から合わさる小沢が沖ビリ沢だそうだ。沖ビリ沢のさらに1本下流は中ビリ沢と呼ばれているらしい。鳥居をくぐり九十九折れに急登すると山伏峠からの登山道に合流した。下降点へ向...   (続きを読む)
2020/05/01 14:20:56 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  夜も山あるき  [3/3]
https://dekameno.blog.fc2.com/blog-entry-360.html
まるめのが登った山々の覚書き
嵐の後 夕陽と競うように、戸中川林道の臨時駐車スペースに車を滑り込ませた。深南部、それも平日とあって当然ながら1台も車は停まっていない。本来、戸中川林道のゲートまで車で入れるのだが、林道の法面が崩れたため手前でストップを強いられたのだ。前三ツ頭へ 単独の車中泊は無敵だ。駐車場所で迷惑さえかけなければどこでも我が家。雨が降ろうと雪が舞おうとへっちゃらである。ひとりぼっちはちと寂しいが、車内スペースは...   (続きを読む)
2020/04/22 16:20:31 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  夜も山あるき  [3/3]
https://dekameno.blog.fc2.com/blog-entry-357.html
まるめのが登った山々の覚書き
深南部のヘソ 南アルプス深南部のヘソとも言える不動岳を登った。鎌崩(かまなぎ)ノ頭から西北西に伸びる尾根、私は鎌崩尾根と呼んでいる、を登り、天上の楽園、鹿ノ平から不動岳を往復し六呂場山を経て P1740西北西尾根を下る周回縦走だ。夕陽と競うように、戸中川林道の臨時駐車スペースに車を滑り込ませた。深南部、それも平日とあって当然ながら1台も車は停まっていない。本来、戸中川林道のゲートまで車で入れるのだが、林...   (続きを読む)
2020/04/17 20:21:19 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 8  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
筑波山 徹底パーフェクトガイド この1冊で山歩きから観光まで!

ハイキングコースはもちろん、パワースポット、縁結び、グルメ&おみやげなどの情報も満載。山歩きも観光も、筑波山の魅力が1冊に
[7月1日発売]
関東周辺 レベル別おすすめ登山ガイド 日帰りから山小屋泊まで 選べる30コース

★ 「キャリア」や「レベル」に合わせた快適に登れる「爽快コース」を厳選して紹介! ★ 「気軽」に行ける陣馬山 ★ 「レベルアップ」して日光白根山 ★ 燕岳、鳳...
[7月1日発売]
石槌山に抱かれて

[6月22日発売]
季刊のぼろ Vol.29

[6月19日発売]
富士山八十八景

[6月18日発売]
山の本 112号

[6月16日発売]
岳人 2020年 7月号

[6月15日発売]
ヤマケイ新書 萩原編集長 危機一髪! 今だから話せる遭難未遂事件と教訓

どんなベテランであっても、どんなに慎重な計画を立てたとしても、山の遭難をゼロにすることはできない。自然の中に潜む危険は、ときに人間の想像をはるかに...
[6月13日発売]
ヤマケイアルペンガイド 関西周辺 週末の山登りベスト123

この一冊で関西エリア一帯の登山・ハイキングが楽しめる。関西在住の登山者、ハイカーに向けた登山・ハイキングガイドブックの決定版! 関西地方の山々とその...
[5月30日発売]
脊振山系徹底踏査!

巷ににあふれる登山ガイド本は、各山のメインルートのみの紹介がほとんどです。しかし、それではあまりにももったいない! 花々を愛でるルートや滝を巡るルー...
[5月29日発売]
散歩の達人 日帰り山さんぽ (旅の手帖MOOK)

首都圏から日帰りで行ける低山コースを25~30本ご紹介。持ち歩きやすいB5判型ながら、見やすくて大きな地図を掲載し、また美しいビジュアルも満載です。各コー...
[5月28日発売]







 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/07/07 15:23:42