登山関連のブログ情報  -  ブログ「 静岡の山と渓 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 12  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  静岡の山と渓  [0/0]
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/blog-entry-1048.html
by Katayama
市内某所の庭にある馬酔木が開花した。昨日は二・三分咲きだったが、今日は七分咲ほどに。昨年は3月10日に満開の写真を撮ったのに・・・。   (続きを読む)
2019/02/13 20:22:01 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  静岡の山と渓  [0/0]
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/blog-entry-1047.html
by Katayama
この時期に雪の無い大谷は、記憶に無い。過去に暖冬と云われた時でも、南岸低気圧が通過すればかなりの積雪があった。しかし今冬は南岸とは云えない、かなり南を低気圧が通過し、雨も降らず安倍川は干上がっている。   (続きを読む)
2019/01/27 22:23:19 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  静岡の山と渓  [0/0]
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/blog-entry-1046.html
by Katayama
21日に撮った写真をよく見たら、今まで気付かなかった山が見えていました。見月山の左に、笊ケ岳が写っていたのです。風が強く、湿度も20%以下そして雲もなかったことが幸いしたのでしょう。年に何十回も散歩に行く山なのに、今まで気付かなかった。標高108mの谷津山々頂、低山でも馬鹿にできない素晴らしい展望台であることを改めて感じました。下二枚は、21日に見えた山々です。クリックするとかなり大きくなります。青字は雲...   (続きを読む)
2019/01/23 20:29:23 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  静岡の山と渓  [0/0]
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/blog-entry-1045.html
by Katayama
午前中は、今冬初めて真っ白に見えた大谷嶺でした。午後になってから、久しぶりにカメラを持って谷津山に行ったが、強風のためか木々に積もった雪が落ちてしまったようだ。富士山も風で飛ばされ、黒い部分のほうが多い。風と湿度の低さか、伊豆半島もくっきり見えた。南アも午前中は聖が雪煙をあげているのが見えたが、午後は雲の中。カメラを構えていると、強風で体が揺れる。椿だけが咲いていた。   (続きを読む)
2019/01/22 00:24:16 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  静岡の山と渓  [0/0]
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/blog-entry-1044.html
by Katayama
久しぶりにJRに乗り 夜明けの浜名湖を見 着いたところは豊橋。大学を卒業してから3年間居たところだが、駅などの変化にただ驚くばかりでした。   (続きを読む)
2019/01/14 20:22:38 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  静岡の山と渓  [0/0]
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/blog-entry-1043.html
by Katayama
昨晩は、所属会の新年会でした。1/3弱のメンバーしか集まりませんでしたが、和気あいあいの時間を過ごしました。左から当会初の女性会員Nちゃん、昨年ガイド資格を取得したノタゾー君、岩から入ったF沢君、最近は山よりpらグライダーにはまっているT也。右から大昔剣御前の小屋番をしていたM会長、岩やスキーが好きなF田君、いつも一緒に歩いているM浦、仕事の関係で単独が多いA池君。左から当会のというより県岳連の技術委員長...   (続きを読む)
2019/01/06 20:25:14 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  静岡の山と渓  [0/0]
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/blog-entry-1042.html
by Katayama
本年も宜しくお願い致します。   (続きを読む)
2019/01/01 12:23:57 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  静岡の山と渓  [0/0]
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/blog-entry-1041.html
by Katayama
昨日で仕事が終わったので、今日は墓参りに。木蓮の花芽が大きくなっていました。10年前の私なら「休みが一日多い!」 だったら、山に入ろうと思ったものです。が、今は「家でのんびり・・・」になってしまいました。、   (続きを読む)
2018/12/30 20:21:49 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  静岡の山と渓  [0/0]
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/blog-entry-1040.html
by Katayama
今日未明からの雨が、高地では雪だったようです。写真はライブカメラから借りました。富士山では標高1500m位まで白くなり、赤石岳もだいぶ白くなりましたが、こちらは例年よりも少なさそうです。安倍奥の山、八紘嶺も薄っすらと白くなっているのが見えました。5cmは積もっていないでしょう。   (続きを読む)
2018/12/18 00:24:56 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  静岡の山と渓  [0/0]
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/blog-entry-1039.html
by Katayama
最近話題になっている用宗(もちむね)へ、家内と息子の三人で行ってきました。ここは用宗港すぐ西側にある、シーサイド港横丁です。今月になって、お店が増えました。   (続きを読む)
2018/12/17 00:23:53 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  静岡の山と渓  [0/0]
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/blog-entry-1038.html
by Katayama
「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」とは、多くの人が知る言葉ですね。その「超すに越されぬ大井川」に関わる街並みが、島田市に遺跡として残されています。旧東海道と川越遺跡の街並みです。   (続きを読む)
2018/12/16 00:22:53 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  静岡の山と渓  [0/0]
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/blog-entry-1037.html
by Katayama
久し振りの「山」は、電車で。(12/9) 下車駅は島田ですが、藤枝から車両には私のみ!   (続きを読む)
2018/12/12 00:34:29 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 12  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
エヴェレストが教えてくれたこと

エヴェレスト日本人初登頂を成し遂げた著者が、豊富な登山経験をもとに成功を収めた理念を語る。日本人によるエヴェレスト初登頂は1970年、松浦輝夫、植村直...
[2月18日発売]
岳人 2019年 3月号

[2月15日発売]
ヤマケイ文庫 定本 黒部の山賊

北アルプスの最奥部・黒部原流域のフロンティアとして、長く山小屋(三俣山荘、雲ノ平山荘、水晶小屋、湯俣山荘)の経営に携わってきた伊藤正一と、遠山富士弥...
[2月14日発売]
いざ!お山!山番長のパノラママップ

関東甲信越の山を中心に山番長が登ってきた96の山をオリジナルのパノラママップで詳しく紹介。登山のコースタイム、距離、高低差の記載はもちろん、温泉情報...
[1月28日発売]
3000mのドラマ 北アルプス 小川誠写真集

エベレスト登頂者にして山岳写真家の小川誠。これまで約半世紀にわたって撮りためた北アルプスの写真を厳選して1冊にまとめたベスト作品集。ベテラン登山家と...
[1月17日発売]
岳人 2019年 2月号

[1月15日発売]
神さぶる山へ

富士山に魅入られ40年以上にわたってレンズを向け続ける写真家大山行男氏。富士山をテーマとするヴィジュアル要素に富んだ出版物といえば、これまでは型どお...
[1月11日発売]
人生のなかに山があった ―私が登った山々―

私が学生時代と会社員人生の一環として行ってきたものに登山がある。入社後4年間は多忙で登る機会がなかったが、山好きの友人にも恵まれ、低山から百名山に至...
[1月1日発売]
ヤマケイ文庫 萩原編集長のヤマ塾 写真で読む山の名著 ヤマケイ文庫50選

NHKのテレビ番組「実践! にっぽん百名山」の解説者を5年にわたってつとめた萩原編集長が、ヤマケイ文庫に収録された山の本の中から印象に残る一節と、文章に...
[2018年12月27日発売]
山の花旅紀行

[2018年12月18日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/02/24 02:23:06