登山関連のブログ情報  -  ブログ「 ソロで生きる 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 15  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  ソロで生きる  [0/4]
http://torasan819.exblog.jp/31878533/
今回歩いた小斎峠~鹿狼山は阿武隈山地に属する。阿武隈山地は宮城県南部から茨城県北部にかけて連なる山地で、大半は福島県内にあり北端は宮城県岩沼市の阿武隈川に接している。自分は呼称として阿武隈山地がなじんでいるが阿武隈高地が本来の様でもある。この阿武隈山地の中でも福島県新地町から太平洋岸沿いに阿武隈川まで南北に続く山々を亘理地塁山地と呼んでいる。亘理地塁山地のある地域は温暖で穏やかな気候で冬も比較...   (続きを読む)
2020/11/11 00:23:07 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ソロで生きる  [0/4]
http://torasan819.exblog.jp/31876325/
山域山名 青麻山 (799.2m) 山行期間 2020年11月7日(日) 山行形態 トレーニング 天候 曇り 参加者 単独 行程 下別当登山口15:57~青麻山16:40~下別当登山口17:03 行動時間 1時間6分 移動距離 3.7km 累積標高差 ±492m 11/7は所用があり山には行かずに終わろうとしていたが、青麻山なら登れそうだと思い向かった。時間的に山頂ピストンとなるが電波塔登山口より標高差の大きい下別当登山口から登ることにした。スタートは16時近く...   (続きを読む)
2020/11/08 00:24:48 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ソロで生きる  [0/4]
http://torasan819.exblog.jp/31860892/
山形からの帰り道すがら七ヶ宿町を通過中に国道からほど近い傾城森が目に入った。傾城森は登ってもあっけなく終わってしまいそうで、いつでも立ち寄れるという意識もあり登ったことが無かった。今日は帰りが早く時間に余裕があったこともあり良い機会なので登ってみることにした。傾城森は山伏森と隣り合わせにある小さな岩山であり、手前にあって国道からよく目立つ方が山伏森、その後ろというか南側が傾城森である。実は今回...   (続きを読む)
2020/11/07 00:23:55 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ソロで生きる  [0/4]
http://torasan819.exblog.jp/31853280/
F川さんに山ごはんのお誘いをいただいた。F川さんはヤマップで百山百味という山ごはんの活動日誌を付けている方だ。現地で本格的に調理をするらしく2時間ほどかかるという。場所の選定は自分となったのだが11月上旬にへたに標高を上げると気温と風で2時間ものステイはきつい。ということで標高の低い沢なら大丈夫だろうと栗子山塊にある烏川に行くことにした。さらに烏川のピストンではちょっとつまらないので枝沢の桂沢を使っ...   (続きを読む)
2020/11/05 22:22:14 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ソロで生きる  [0/4]
http://torasan819.exblog.jp/31806966/
8月に中津川を遡行した。雨と増水で苦労したこともあり、ある意味達成感と充実感のある遡行であった。しかしやり残した感もまたあった。滝の高巻きでのルートファインディングミスと見ることが出来なかった滝があったことによる。そのような訳で秋には中津川を再訪したいと考えたのだ。しかし2泊3日の沢登りに付き合ってくれるパートナーは簡単には見つからない。1泊2日でも遡行は可能だが日の短い秋は行動時間的に厳しい。頑張...   (続きを読む)
2020/10/25 20:39:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ソロで生きる  [0/4]
http://torasan819.exblog.jp/31805539/
山域山名 番城山・大深沢 山行期間 2020年10月24日(土) 山行形態 沢登り 天候 晴れのち曇り 参加者 2人(L:トラ山・I田) 行程 駐車地点8:28~入渓8:32~610m二俣11:03~740m二俣12:21~1,140m支尾根14:00~廃林道14:53~猫沢渡渉15:56~大深沢渡渉16:17~林道16:21~駐車地点16:37 行動時間 8時間9分 移動距離 14.8km 標高 最低点460m 最高点1,140m 装備 ロープ30m×1・20m×1 24日は沢登り2回目のI田さんのトレーニング。寒気が入...   (続きを読む)
2020/10/25 10:22:34 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ソロで生きる  [0/4]
http://torasan819.exblog.jp/31783260/
会長の和○さんが葉山(長井市)に登るというのでパーティーに加えてもらうようお願いした。自分はまだ葉山に登ったことがなかったのだ。山形県内に葉山と呼ばれる山は4つあるようだ。村山市、鶴岡市、上山市そして今回登る長井市の葉山だ。区別するために村山葉山、長井葉山(または置賜葉山)と地名を付けて呼ぶことも多い。なお葉山という名前は「端の山」が由来なのだという。長井葉山の山頂には葉山神社と奥の院があり、戦国時...   (続きを読む)
2020/10/17 14:22:19 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ソロで生きる  [0/4]
http://torasan819.exblog.jp/31775106/
10月になりカラッと晴れが続くかと思いきや週末の天気のめぐりが悪い。今週末も台風の影響なので諦め気分だった。しかし予報では土曜日はダメだが日曜日は曇りとはいえ天気が持ちそうな山がある。吾妻も何とかなりそうなので縦走路を浄土平から谷地平の周回で歩いてみようと思った。K藤さんを誘い磐梯吾妻スカイラインを登っていくと天気が悪くなりだした。浄土平に着いたころには雨になりがっかりする。しばし待ったが止みそう...   (続きを読む)
2020/10/12 18:15:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ソロで生きる  [0/4]
http://torasan819.exblog.jp/31762347/
これまで福島登高会では会として取り組む山行といえば、合宿と沢登り講習会くらいのものであり、あとはほとんどが個人山行であった。しかし、時代とともに会員も高齢化し取り巻く環境も変化している。特に今年は新型コロナという想定外の事態により、会員の山行も大きな制限を受けることとなり活動量が減少していた。制限も解除となり山登りに弾みをつけようと、これまでやったことのなかった月例山行を試験的に企画してみた。...   (続きを読む)
2020/10/10 14:22:24 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ソロで生きる  [0/4]
http://torasan819.exblog.jp/31764608/
沢登りをやりたいので入会したいとのメールを会に送ってきた方がいる。時々そんな方はいるが今回は少々気持ちの熱さが違う。やたら熱い気持ちを吐露されて何やら11年前の自分がオーバーラップするようだ。ある程度の沢登りのようなことは最近やってみたらしい。さらに本格的に取り組みたいのだという。とりあえず体験してもらい続けるかどうかは本人に考えてもらうのが一番だろう。低山の初心者向きの沢として豪士山の砂川本沢...   (続きを読む)
2020/10/08 08:22:49 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ソロで生きる  [0/4]
http://torasan819.exblog.jp/31385059/
カクナラ沢は朝日連峰南端に位置する祝瓶山の沢である。祝瓶山は1,417mという標高からは想像できないほど峻険でピラミダルな姿をした遠方からもそれと分かる山である。特に東面は長年にわたり雪に削られ形づくられた急峻な雪蝕地形となっていて東北のマッターホルンとも呼ばれている。自分は祝瓶山の沢をこれまでに6本の計8回遡行しているが、残っていたのがカクナラ沢だ。カクナラ沢は祝瓶山東面の沢であり、同じ東面のヌルミ...   (続きを読む)
2020/09/25 21:50:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ソロで生きる  [0/4]
http://torasan819.exblog.jp/31376146/
吾妻山の地形図を見ると中吾妻山の西側に延びている道の北端に吾妻山神社とある。こんな山中深くにあることに興味をひかれ、いつか辿ってみたいと思っていたが、今回予定がぽっかりと空いたので急きょ歩いてみることにした。吾妻山神社についてはそこそこ記録があり、登山口までのアプローチは中津川レストハウスからと金堀地区の林道からとふた通りあることが分かった。金堀地区からの林道でアプローチすることにして向かうと...   (続きを読む)
2020/09/20 05:32:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ソロで生きる  [0/4]
http://torasan819.exblog.jp/31365177/
山域山名 日中飯森山 山行期間 2020年9月12日(土) 山行形態 一般登山 天候 晴れのち曇り 参加者 2人(L:トラ山・K藤) 行程 登山口7:53~見晴台8:31~薬師寺9:06~地蔵9:52~大倉の頭10:32~鉢伏山11:04~飯森山11:51-12:14~鉢伏山12:49~大倉の頭13:12~地蔵13:45~薬師寺14:31~見晴台14:48~登山口15:05 行動時間 7時間12分 移動距離 15.7km 累積標高差 ±1,775m 日中ダムの駐車スペース 登山口へ向かう 登山口 案内板 すぐ急...   (続きを読む)
2020/09/17 06:20:47 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ソロで生きる  [0/4]
http://torasan819.exblog.jp/31351175/
夏場はもっぱら沢登りばかりの自分だが、たまにはガッツリとした縦走もしたくなる。鶴ちゃんに声をかけたら付き合ってくれることになり、他にも募集したのだが結局2人で行くことになった。今回の縦走は部分的にではなく飯豊連峰全山縦走を目指す計画とした。日程は8月29日~31日の3日間。スタートは新潟県側の大石ダムからでゴールは福島県側の弥平四郎だ。飯豊連峰縦走の場合、限られた日数で入山と下山をどのようにするかがカ...   (続きを読む)
2020/09/03 22:20:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ソロで生きる  [0/4]
http://torasan819.exblog.jp/31319283/
吾妻山の沢は数々あるが、渓谷の大きさや遡行の長さと滝などを考えると、三大渓は松川と塩ノ川に中津川といわれている。中津川は2014年7月に一度遡行しようとしたのだが、アクシデントにより中途退却したままとなっていた。松川と塩ノ川は遡行しているので、次は中津川とそれ以来いつか遡行したいと思っていたのだが、なかなかタイミングを掴むことができずに早6年。先月Tくんと話していると彼が中津川を遡行したいと思っている...   (続きを読む)
2020/09/03 01:05:56 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 15  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
関東・七福神ハイキング: 御利益&健康ゲット

正月行事としてだけでなく、通年で根強い人気をもつ「七福神めぐり」。本書は町なかの寺社だけでなく、山あいや郊外の寺社なども含めた「ハイキング要素」に...
[本日発売]
関西 山のぼり&ハイキング BESTコース

日帰りで無理をせずに低山を楽しむ!関西の人気山登り&ハイキングコース!ヤマガスキナダケさんがおすすめする関西の人気山のぼり&ハイキングコースを徹底紹介!...
[昨日発売]
山は登ってみなけりゃ分からないー朝焼けをリュックにつめて

「山の達人」石丸謙二郎が、軽妙でリズミカルな文章に墨絵を加えて表現した「山の発見本」。
[11月24日発売]
よくわかる山岳信仰 (角川ソフィア文庫)

国土の七割以上を山に囲まれた日本では、古くから山を神聖視して信仰の対象とする山岳信仰が盛んだった。そして、六世紀に仏教が伝来すると、山岳信仰は仏教...
[11月21日発売]
ヤマケイ新書 マタギに学ぶ登山技術

山のエキスパート集団「マタギ」が教えてくれる歩き方から衣食住まで網羅したサバイバル登山技術集!山で生き残るためのマタギの叡智をわかりやすく紹介。最新...
[11月18日発売]
ヤマケイ文庫 画文集 山の独奏曲

軽妙な文体と洒脱な挿絵が醸し出す串田作品の隠れた名作。一九六〇年代のハイキング雑誌『ハイカー』に連載された山のエッセイに、筆者がみずから書き下ろし...
[11月18日発売]
ヤマケイ文庫 山の不可思議事件簿

山には「不可思議」が満ちている。山と登山にまつわる怪現象・謎・怪物など、奇妙な事件を一挙紹介。
[11月14日発売]
ヤマケイ文庫 定本 山小屋の主人の炉端話

山で暮らす人ならではの信じられない実話を丹念に拾い集めた山語り34編。
[11月14日発売]
岳人 2020年 12月号

[11月13日発売]
ヤマケイ新書 ソロ登山の知恵

山の魅力を独り占めでき、マイペースで歩けるのがソロ登山。その魅力やリスク、必ず身に着けておきたい登山技術などを経験豊富なエキスパートたちが解説。ソ...
[11月12日発売]
ちゅうごく山歩き Vol.7

中国新聞に連載された「ちゅうごく山歩き」をまとめた冊子の第7集です。2018年7月から19年5月までの掲載分(42回)を収録し、山ごとに、地形図を使った登山ルー...
[11月10日発売]
故郷の懐かしき山

それは不幸な偶然だった……。彼らの前に現れた不審な男は何を隠しているのか。明るい将来を夢見たふたりに不幸は突然おそってきた。変わらぬ故郷は語る「罪を...
[11月1日発売]
最新科学が映し出す火山 その成り立ちから火山災害の防災、富士山大噴火 (ベストセレクト)

火山の噴火は本当に素晴らしい、強烈な現象です。夜中に真っ赤な溶岩が飛び散る様子は、実に神々しいものがあります。一方、火山噴火は危険で、場合によって...
[10月27日発売]
ランドネアーカイブ 山好きのための簡単レシピBOOK

食材と調理器具は最小限に、手間もなるべくかけずに、ひと工夫で美味しくつくれるワンバーナー料理レシピ集。ランドネでこれまで連載をしてきた「かんたん山...
[10月27日発売]
そこにある山-結婚と冒険について

人はなぜ冒険し、山に登るのか―― 「永久にわからないだろう、わかるはずがない、わかってたまるかこの野郎」と思い続けてきた謎を解き明かしたのは、まさかの...
[10月20日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/11/27 10:59:42