登山関連のブログ情報  -  ブログ「 九州の溯渓 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 13  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  九州の溯渓  [0/4]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-865.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は,『 久住山トレラン 』 をお送りします。1月31日予定の東京チャレンジマラソンが都の緊急事態宣言により3月20日に延期になりました。1月31日をピークに練習を積んできたので,あと2か月も維持することはできないと思い,今回は出走を見送ることにしました。きつい練習をこなし,身体を絞り込んで,鋭く研いできたものがポキンと折れた感じです。喪失感や虚無感が残りますが,社会情勢を考えると仕方ありません・・・。とい...   (続きを読む)
2021/01/19 00:22:36 (2日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/4]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-864.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
新年あけましておめでとうございます。今年も様々な活動の様子をお届けし,少しでも皆様の刺激や関心につながるような記事をお届けできればと思っています。さて今日は2021年の走り始めということで,雪の草千里を走ってきました。先日は2020年の走り納めで21kmビルドアップでしたので,今日は疲労抜きも兼ねた軽ランです。ではどうぞ。左:先日とは打って変わって一面の雪景色。右:樹氷がきれいです。左:ここ数日の寒波の勢いがう...   (続きを読む)
2021/01/02 00:24:00 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/4]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-863.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
今年も残すところわずかとなりました。終わればあっという間でしたが,今年はランと沢,ともに充実していました。GWの4泊5日の九州大縦走では登山の新たな分野を経験し,これが実に楽しかった。このスタイルで2週間,2か月と続けていくとどんなに楽しいことか・・・と想像せずにはいられませんでした。また,秋の白神・赤石川遡行では自然の本来のあり方を考えさせられました。人間が偉そうに自然を守るだとか言っても,自然には人智...   (続きを読む)
2021/01/01 00:22:39 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/4]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-862.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
今回はマラソントレーニングの一環で牧ノ戸峠での峠走をお送りします。今期のレースは1月31日にある東京チャレンジマラソンのみですので,そこに照準を合わせています。峠走はいつもは阿蘇のグリーンロードで行っているのですが,今日は一度走ってみたかった牧ノ戸峠で行います。瀬の本~牧ノ戸峠~長者原~牧ノ戸峠~瀬の本の往復コースで,瀬の本~牧ノ戸峠間が7,500m,牧ノ戸峠~長者原間が5,370mとなり,往復で25,74km。路面の凍...   (続きを読む)
2020/12/21 13:03:58 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/4]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-861.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『 別府八峰(はっぽう)トレイル 』 をお送りします。このコースは,別府市を取り巻く8つの峰々を伝うコースで,レースで知り合いになった sanjin様 が数年かけて整備されました。今年の春から走ろうと考えており,いよいよ実行の時がやってきました。まずはsanjinさんにそのことをお伝えしてから実行することに。コースの大部分は初見で,かつ別府市を取り巻くコースということで走る前からワクワク感が高まります。では...   (続きを読む)
2020/12/16 12:38:35 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/4]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-860.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『 九重トレラン 』 をお送りします。日頃のロード練習の息抜きに軽く走ってきました。コースは長者原起点で時計回りに,雨ヶ池~法華院~諏誐守越~大曲~長者原という周回コースです。ではどうぞ。左:スタートはここから。右:まずは左方向へ雨ヶ池を目指す。この時期は,見通しの良くなった森をサクサク言わせながら走ります。今日はのんびりランなので心拍数が130を超えないようにしていきます。左:ひと登りで雨ヶ...   (続きを読む)
2020/12/08 12:25:57 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/4]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-859.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『 高千穂峰 sea to summit 』 をお送りします。sea to summit (略してSTS) とは 『 海から山頂まで 』 という意味で,文字通り自分の足でその行程を辿る山行形態の一つです。元々はオーストラリアの登山家であるティム・マッカートニースネイプ氏が1990年,インドのベンガル湾から約1,000km,4か月かけてエベレストに登頂し,その後,地元のパースで創業したメーカーSEA TO SUMMIT に由来します。慣れ親しんだ山である高...   (続きを読む)
2020/12/03 01:37:11 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/4]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-858.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は2020年度の沢納である 『 巣之浦川・左俣左沢 』 をお送りします。夷守(ひなもり)岳と丸岡山のコルに突き上げる短い沢で,林道のすぐ上に滝記号のある沢です。2020年度の沢納になります。ではどうぞ。左:まずは林道ジョグから。右:30分ほど登り入渓。今日もよろしくお願いします。左:いきなり右岸から湧水滝の登場。右が20m,左が15mほどあります。右:そして谷が左へ曲がるとすぐに視界にこれが飛び込んできます。でか...   (続きを読む)
2020/12/01 12:25:32 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/4]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-857.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『 下谷・左俣 』 をお送りします。西米良の横尾集落の東側の沢になります。まったくの新規開拓になりますので,どんな沢なのかは遡行してのお楽しみ。ではどうぞ。左:出だしは一ツ瀬川との出合から。今日もよろしくお願いします。右:出だしは河原基調でどんどん進んでいく。左:この時期は虫もいなく汗ばむこともないので,とても快適な遡行ができます。右:10m斜滝。良いアクセントになっています。左:4m滝の巻きの途...   (続きを読む)
2020/11/24 10:22:40 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/4]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-856.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『 仲村川 』 をお送りします。九重の黒岳南面には芹川の支流が切れ込んでおり,その中の一本になります。清滝という滝があるらしくその見物も兼ねての遡行となります。九重山域は遡行対象となる沢が少なので,どういう沢なのか楽しみです。ではどうぞ。左:すっかり晩秋の装い。右:いい感じの渓相です。左:車道終点。ここから清滝まで歩道が整備されていました。右:歩道を歩くこと5分,眼の前に清滝32mの登場。半円形状...   (続きを読む)
2020/11/17 12:24:26 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/4]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-855.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は大崩山塊にある 『 落水谷 』 をお送りします。ここは落水滝で有名な谷で,ダム湖から鬼の目山まで遡行する計画です。天気は快晴で言うことなし,ではどうぞ。左:まずは今日の大崩。雨後の快晴に恵まれました。右:ダム湖の対岸から眺める落水谷。遠くに落水滝も遠望できます。左:まずは落水林道歩きから。右:作業道を拾ってダム湖へ降りる。左:そしてようやく出合の5m滝。ここからが遡行の始まりです。右:4m滝。下部は...   (続きを読む)
2020/11/11 10:22:17 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/4]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-854.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『 板谷川・左岸支流 』 をお送りします。九州一の名瀑と名高い祇園滝(65m)で有名な場所です。車道終点の広場に右手から入ってくる谷はすぐに二俣に分かれ,右手に鉤掛滝(30m),左手に8m滝と椎尾(こじお)滝(25m)を掛けています。コースは上部の神話街道からまず椎尾滝の懸かる谷を下り,二俣で折り返し,鉤掛滝の懸かる谷を登り返すコースです。諸事情で出発が遅れたので,最後はランプ遡行となります。ではどうぞ。左:行...   (続きを読む)
2020/11/10 09:21:45 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/4]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-853.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は,『 ニタノオ谷・左俣 』 をお送りします。九州の沢の最高峰である市房山東面の沢で,境谷や鍋床谷といった名渓に引けを取らない沢です。特に出だしから高度差で375mの区間にはこれでもかというくらいに滝が連続し,その滝の密度は市房随一と言っても過言ではありません。秋晴れの中,遡行,トレランと目いっぱい楽しみたいと思います。ではどうぞ。左:出合の4m斜滝。今回で3度目の入渓ですが,あまり記憶に残っていません...   (続きを読む)
2020/10/29 12:22:15 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 13  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
ヤマケイ文庫 山小屋の灯

「山小屋」という響きにどこか憧れを持ってしまうのはなぜでしょう。本書は山小屋をこよなく愛し、全国の山小屋を訪ね歩いてきた編集者と写真家によるフォト...
[1月18日発売]
ヤマケイ文庫 夢の山岳鉄道

山岳景勝地には、道路ではなく、鉄道を。鉄道紀行の第一人者だからこそ描ける、壮大で優しい夢の列車たち。登山者も鉄道ファンも、誰もが心暖かくなる名著、...
[1月18日発売]
岳人 2021年 2月号

[1月15日発売]
山と食欲と私 13巻: バンチコミックス

知られざる鮎美の過去、23歳・山ガール時代が明らかに! 登山計画を人任せにして甘えていた鮎美。友人とぎくしゃくしたことで一念発起! 自ら計画し、叔母と北...
[1月9日発売]
ヤマケイ新書 ドキュメント 山小屋とコロナ禍

コロナ禍により、営業継続の危機に瀕している日本の山小屋。山小屋主人の肉声を多数取材し、山小屋存続のヒントを探る。2020年、「コロナ禍」により、大半の...
[1月7日発売]
八ヶ岳の野鳥に逢いにきました。

日本野鳥の会の会長職を永年勤めて名誉会長となり、日本の野鳥文化を見守り続ける柳生博さんと、大の鳥好き&カメラマニアで知られる高柳明音(SKE48)さんの共...
[1月7日発売]
いくつになっても山は楽しい: 百名山をめぐる60年

中学生の時代から60年にわたる人生と山登り-。学生時代、社会人、退職後の大病など様々な人生の局面において、通奏低音のように響いていたのは山登りであった...
[1月5日発売]
ヤマケイ登山学校 アルパインクライミング

アルパインクライミングとは、元来、ヨーロッパアルプスなどの氷河や雪のある山岳地域での岩稜、雪稜、岩壁、氷壁といった要素が含まれたバリエーションルー...
[2020年12月21日発売]
RUN+TRAIL別冊 絶対身に付けたいトレイルランニングテクニック

レースデビューからスキルアップまでをフルカバー
[2020年12月18日発売]
【Amazon.co.jp 限定】現代山岳信仰曼荼羅 (Amazon限定特典: 写真集「山―祈りの象(かたち)」PDF版データ)

フォトジャーナリスト・藤田庄市氏がこの20年間にわたり取材・発表してきた現代に生きる「山岳信仰」の姿を活写する著者渾身のフォト・ルポルタージュ。「山...
[2020年12月17日発売]
雪崩事故事例集190

日本国内で発生した雪崩事故を、これまでにない、まったく新しい視点で編纂した事例集。複合的な要素を持つ事象である雪崩事故を5つの要素(地形特徴・積雪コ...
[2020年12月17日発売]
岳人 2021年 1月号

[2020年12月15日発売]
山の本 114号

[2020年12月15日発売]
絶対身に付けたい トレイルランニング テクニック (RUN+TRAIL別冊 サンエイムック)

過去10年掲載分から厳選 & 最新理論を特別総集 レースデビュー編 ロングレース編 スキルアップ編 トップ選手から学ぶ
[2020年12月15日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2021 登山の四方山話 - 2021/01/21 01:42:07