登山関連のブログ情報  -  ブログ「 九州の溯渓 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 16  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-782.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は沢ではなく化石採集をお送りします。台風10号一過から天候が思わしくなく,また遡行先もなかなか見つからないので,雨でもできる化石採集をしてきました。たまには沢を離れて別の活動に力を注ぐのもいいものです。ではどうぞ。左:まずはここから。八代市坂本町にある深水層という古生代・シルル紀ラドロウ世前期(4億2740万年~4億2300万年前)の石灰岩を探します。右:石灰岩を目当てに歩くとビンゴ!運よく発見できました...   (続きを読む)
2019/08/22 00:22:29 (1日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-781.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は,『 波寄川・左俣 』 をお送りします。先月,右俣を遡行し,大滝が2本ほど懸かっているのを確認した沢です。台風前の最後の晴れ間の中,開拓をしてきました。ではどうぞ。左:まずは山口集落から入渓。今日もよろしくお願いします。右:ゆるやかな渓をしばらく進む。左:するとゴルジュの先に大滝が。二本松の滝36m。筋状の流れが優雅。手前にあるゴルジュがいい配置になっている。右:巻きの途中にて。チャート岩脈に懸かる...   (続きを読む)
2019/08/15 14:22:01 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-780.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さてお盆遠征前の最後の沢は 『 葛谷(くずたに)・左俣』 をお送りします。ここは2017年5月に右俣を遡行して,なかなか良い谷だったので,今回は左俣を遡行してきました。天気は快晴,汗だくで準備していざ入渓です。ではどうぞ。左:九州自動車道の下の葛集落から入渓。今日もいい天気。右:汗だくの林道歩きを少しで沢へ。はあ~涼しい。今日もよろしくお願いします。左:出だしは緩やかでたおやか。右:ちょっとしたゴルジュ帯になる...   (続きを読む)
2019/08/11 12:23:43 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-779.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は,お盆の赤石川遡行と南アルプス縦走に備えて沢ボッカをおこなってきました。元々は九重連山で行う予定でしたが,最近の殺人的な暑さではトレーニングどころではなくなるかもしれませんので,沢で行うことにしました。内容は,13kgほどの荷で2つの沢を継続して遡行するというものです。ではどうぞ。左:夏の森。木々の緑と空の青とがよく映えている。右:まずは4kmほど林道を走って入渓地点まで。左:鹿川の名峰・釣鐘山を眺...   (続きを読む)
2019/08/05 14:21:39 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-778.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『 走水川 』 をお送りします。ここは中流域に走水滝という滝があることで有名です。また川沿いには古生代・シルル紀の地層も出ており,できればサンゴ系化石採集も楽しみです。ではどうぞ。左:入渓時にいつもの一礼。今日もよろしくお願いします。右:いきなり3m滝。さすが本流だけあって水量が多い。左:いや~いい感じです。気温は軽く30℃超えですが,沢中はひんやりとして涼しい。右:キツネノカミソリ。もうこの花を...   (続きを読む)
2019/07/30 08:21:23 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-777.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『 中内谷 』 をお送りします。祖母傾山系の沢で,障子岩尾根の池原付近に突き上げる沢で,中内大滝で有名な沢です。ここはかつて2003年に遡行しており,それ以来,16年ぶりの再訪となります。今日は早朝から閾値走の練習をしてからの沢となります。ではどうぞ。左:麓の白水(しろうず)集落から障子岩尾根を望む。右:入渓は中内橋から。増水と日差しで沢が輝いている。今日もよろしくお願いします。左:4m滝。右:沢が右に...   (続きを読む)
2019/07/28 10:23:22 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-776.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『 波寄谷・右俣 』 をお送りします。小半(おながら)鍾乳洞で有名な本匠地区にある谷になります。昨日の雨天から天気は回復,今日も一日ケガなく楽しみたいと思います。ではどうぞ。左:名前だけは知っていましたが,初めて来る本匠の森林公園。ここの遊歩道沿いにはハングした石灰岩にクライミングルートが引かれています。右:足元の石灰岩をつぶさに調べると,メガロドンがありました。これは中生代の三畳紀~ジュラ紀...   (続きを読む)
2019/07/16 12:23:56 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-775.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は,『 日之影川・左岸支流 』 をお送りします。連日の雨で予想以上に増水している日之影川を見て気分も高揚。この様子だと今日の支流もさぞかし増水してるに違いない。はやる気持ちを心地よく感じながら入渓地に向かいます。天気は小雨で問題なし。ではどうぞ。左:まずは日之影川を渡る。足元の日之影川は増水中。いいね~。右:まずは左岸の作業道をたどる。左:タマゴタケ発見。もう開ききっているので美味しくありませ...   (続きを読む)
2019/07/15 00:22:52 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-774.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『小又川支流・江平(えびら)谷(仮)』 をお送りします。その前に東京マラソンの話題を一つ。今年もチャリティで応募すべく7月2日に申し込みしましたが,応募が集中しすぎたせいか全く繋がらず,3時間後にようやく繋がりました。まずチャリティ寄付をしてそれからエントリー費を払おうとしたらまた不通・・・繋がっと思ったら「エントリー受付終了」との文字が。このままではチャリティ費だけ払って走れないことになるの...   (続きを読む)
2019/07/08 10:23:20 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-773.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『長淵川・右俣左沢』 をお送りします。先週遡行した西山川・左岸支流の下流に長淵川というのがあり,そこの支流になります。この辺り一帯は北東~南西方向でチャートが貫入しており,それが岩壁となって目を引く地域です。チャートは浸食には強いので,必ず滝があるだろうと見越しての開拓です。ではどうぞ。左:行きがけに大理石の谷を覗いてみる。この谷は石灰岩が火山の熱で大理石に変成しており真っ白。こんな谷は...   (続きを読む)
2019/07/01 00:22:39 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-772.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『西山川・左岸支流』 をお送りします。西山川と言えば,傾山に突き上げるベニガラ谷が有名ですが,ここはその下流にある支流になります。まるで秋のような空気と快晴の下,遡行してきました。ではどうぞ。左:出だしからこれ。2m滝と美しい大釜。期待が高まる。右:そして平流区間へ。いい感じです。左:光が射しこみ渓が輝いている。右:う~ん,素晴らしい渓相。左:ここは白神山地の追良瀬川を想起させてくれます。右:こ...   (続きを読む)
2019/06/25 12:24:27 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-771.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『市房山縦走』 をお送りします。コースはキャンプ場~神社~市房山頂~二ツ岩~野々首登山口~キャンプ場という周回コースで,本格的な梅雨入り前の山行となりました。距離約15km,累高約1,450m,6時間15分程の山行です。ではどうぞ。左:まずはここから登山開始。右:市房神社。昨秋のトレーニング以来。社屋の赤と周囲の緑が補色しあい,際立っています。左:6合目の馬の背。かつては沢から引いた水が得られましたが,今...   (続きを読む)
2019/06/24 00:24:45 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-770.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『井崎(いさき)川源流』 の遡行をお送りします。大分県佐伯(さいき)市を流れる川で中の谷トンネル付近に源頭を持つ沢です。ちなみに佐伯という読みですが,通常なら「さえき」ですが,ここは「さいき」と読みます。当地では古来から「さえき」と読まれていましたが,1916年の町議会で読みの変更(「さえき」→「さいき」)が行われたと市史にあります。しかし,戦前までは「さえき」の読みが主流であったようで,戦後から徐...   (続きを読む)
2019/06/18 12:22:36 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-769.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は,杉の内谷の支流をお送りします。ここは昨年100m級の大滝を発見した場所で,まだまだ大滝が潜んでいそうな雰囲気があります。ではどうぞ。左:今回は渡瀬橋のところから入渓。今日もよろしくお願いします。右:なかなかスケールがある渓相。左:尾根を回り込むと急に平坦になる。右:行く先に大滝群が見える。左から105m,170m,そして右端にちょこっと見えているのが今日の遡行先。左:3m滝の懸かる二俣を右に取り, 右:進ん...   (続きを読む)
2019/06/11 10:50:14 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-768.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『渋利(しぶり)川』 をお送りします。本来なら楮木川の予定でしたが急用で午後からの遡行となったため,近くの短い沢に切り替えました。出だしに八幡(やはた)滝というのがあるらしく楽しみです。ではどうぞ。左:出だしは球磨川との出合から。国道をくぐる。右:のっけはたおやか。左:5m滝。ここから滝場が連続します。右:4m斜滝と15m滝。左:15m斜滝。おそらくこれが八幡滝でしょう。右:滝の右横を登ります。左:その上...   (続きを読む)
2019/06/04 10:21:14 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/6]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-767.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は『地蔵岳南東谷・左岸支流』をお送りします。本来なら,大野原谷の予定でしたが夕方から天気が崩れるとの予報でしたので,短めの沢に切り替えその分,水晶採集に充てようという計画です。ではどうぞ。左:アプローチの林道でニシキウツギ(二色空木)発見。色が白から紅に変わることからの命名です。この花を見かけるようになるのは梅雨が来る前。右:左岸支流はおだやかな渓相で始まる。左:小滝と新緑の森。右:いい感じの渓...   (続きを読む)
2019/05/28 12:22:57 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 16  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
ワンダーフォーゲル 10月号増刊 秋山JOY2019 「紅葉のアルプスへ」 (別冊 山と溪谷)

秋山・紅葉に特化したヤマケイの丸ごと1冊コースガイドブック。秋は一年を通じて山がもっとも美しく彩られる季節。鮮やかな紅葉の山を満喫するために、ワンダ...
[昨日発売]
関東日帰りの山ベスト100 改訂版 (ブルーガイド山旅ブックス)

丹沢・箱根・奥多摩・高尾・八ヶ岳・南ア・富士山周辺・秩父・奥武蔵・上州・尾瀬・日光・房総・筑波…関東周辺登っておきたい山
[一昨日発売]
女ひとりで26日間 ヒマラヤを歩いてみれば 〜大自然と自分に繋がる旅〜

こんなにも美しい大自然の中で、目一杯体を使い、五感をフル稼働させて体感した先にあったのは、自分への信頼と美しい地球に生きていることへの喜びだった。...
[8月18日発売]
岳人 2019年 9月号

[8月16日発売]
夢のトライアル (山とマラソンに挑んだ鉄人の記録)

みちのく福島・白河に、昭和・平成を駆け抜けた韋駄天にして山男がいる。本書は、その驚くべき数多の足跡を綴った夢と冒険の記録であり、登山やマラソンを愛...
[7月30日発売]
走ること、生きること ―強く、幸福で、バランスのとれたランナーになるために―

美しさと強靭さを兼ね備え、数々の山岳競技で勝利を飾り、世界中のアスリートを虜にするエミリー。その独創的な練習方法、健康レシピなどのライフスタイルか...
[7月25日発売]
山は心の支えだった

著者は1962年北大医学部薬学科卒、在学中はスキー部山班で活動。国立衛生試験所(現・国立医薬品食品衛生研究所)勤務。最後の1年間、PMDEC(現PMDA)医療機器審...
[7月24日発売]
山の霊異記 霧中の幻影 (角川文庫)

山岳怪談実話の名手による、山の霊気に満ちた本当に怖い怪談集。霧の山道で背後からついてくる操り人形のような女性、登山中になぜか豹変した友人の態度、死...
[7月24日発売]
マウンテンスポーツマガジン トレイルラン 2019 夏号

夏到来。ガッチリ汗をかいて、気持ちよく山を走ろう。
[7月19日発売]
大雪山―神々の遊ぶ庭 市根井孝悦精選作品集

憧れの北の大地・大雪を、写真家・市根井孝悦が渾身の力をこめて表現した決定版 2000年の『大雪山――母なる大地』、2006年の『大雪山――四季の彩り』、2014年の...
[7月16日発売]
岳人 2019年 8月号

[7月13日発売]
ヤマケイ文庫 山怪 山人が語る不思議な話

日本の山には「何か」がいる。シリーズ累計20万部突破! ! 山の怪談ブームの火付け役。山で働き暮らす人々が実際に遭遇した奇妙な体験。NHKドキュメンタリーで...
[7月6日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/08/23 00:48:21