登山関連のブログ情報  -  ブログ「 九州の溯渓 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 16  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-823.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は,『 福原川 』 をお送りします。臼杵市の割後場(わりごば)集落の上流を流れる沢になります。この辺りは尺間山層のチャートが斜行しており,岩峰が森の中に散在しています。見るからに何かありそうな雰囲気で魅力的な地域の一つです。沢自体は短いので,左俣を遡行して右俣を下降する形の山行になります。ではどうぞ。左:現場まで来てみると滝の看板あり。やっぱりあったね。右:しばらくは滝見道を辿る。左:ヒメレンゲは...   (続きを読む)
2020/05/24 22:22:59 (18時間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-822.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『 右谷 』 の遡行をお送りします。小丸川の左岸支流で,尾崎峠へ突き上げる沢です。荒天後の快晴のもとでの遡行となりました。ではどうぞ。左:出だしは緩やか。右:夏なら泳げるトロも今回は巻いていく。左:4m滝とその上の開けた場所。右:やっぱり沢は晴れが一番です。左:癒されます。右:ゴルジュの出口にあった4m滝。このゴルジュは腰まで浸かり突破。左:ミニゴルジュと平流の繰り返しで奥へ進んでいきます。右:日当...   (続きを読む)
2020/05/12 10:21:01 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-821.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて5日目。予報通り,深夜3時頃からポツポツ降り出し,明け方にはシトシトと雨が降っている。やっぱり昨日のうちに大船山を越えていて正解だった。いつものようにおにぎり1個を食べて出発。今日は男池から湯布院の町へ。そして最後に由布岳と鶴見岳越えて別府市の的ヶ浜にゴールの予定。今日も残業必至の行程。左:予想外に多くのシカがたむろしていたソババッケの朝。6:27発。右:久しぶりの雨で森がしっとりとしており潤いを感じ...   (続きを読む)
2020/05/07 12:26:56 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-820.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて4日目。今日は阿蘇を離れ,九重連山を駆けめぐる予定です。朝から曇りがちな空模様でしたが,日が昇る頃から一気に晴れだして,日中は真夏日となりました。左:朝,テント内は結露がびっしり。フライのないシングルウォールテントの宿命。5:42出発。右:1kmほど走れば宮地駅。真っ赤な屋根が特徴の駅舎。左:先日の行程の一部。右:瀬の本まで約22km,長い道のりが始まる。左:どこでもかぐわしい藤の花。右:いよいよ古城が鼻の外輪山...   (続きを読む)
2020/05/06 10:20:59 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-819.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて3日目。昨夜の寒さ対策として,ごみ袋に落ち葉を詰め込んでそこに足を入れて就寝。これが予想以上の保温性があり,夜中に起きる回数が減り朝まで比較的よく眠れた。たかがごみ袋と言えども使い方次第では命を救うこともありえると痛感。軽くて嵩張らないので必携品にしよう。今日はここブナ広場から祖母山を越えて高森町,そして残業をして宮地まで足を延ばす。長い一日となりそう。左:一晩お借りしました。ありがとうございま...   (続きを読む)
2020/05/06 00:24:13 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-818.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて2日目。予想通り,最小限の装備では朝までぐっすり・・・とはいかず,約2時間おきに目が覚めることを繰り返し起床。まあ山では当然のこと。横になれただけでも御の字です。今日はブナ広場までを最低限の目標に楽しんでいきます。左:吐野から右俣である瀬戸口谷へ,約8年ぶりの入渓。5:22発。右:こちらも実に大崩の内院らしい,たおやかな渓相が続きます。左:そして黒滝5m。右の岩場をクライム。右:この辺りから右上の尾根(要山...   (続きを読む)
2020/05/05 17:20:45 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-817.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
九州大縦走(Crossing the Mountains in Kyusyu)。延岡の長浜海岸を出発,大崩,祖母傾,阿蘇,九重,由布鶴見岳など九州を代表する山塊を経て,別府市の的ヶ浜までを繋ぐ山岳踏破コース。初めて祖母傾縦走を1日でやった頃から机上の妄想はしていましたが,気が遠くなるようなコースに実現にはほど遠く感じていた10年前。しかし昨年,祖母傾大崩山塊約96kmを54時間程で走破して以来,「そろそろ実行できるかも・・・」と感じ始め,幾度とな...   (続きを読む)
2020/05/05 12:24:03 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-816.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
延岡~大崩~祖母傾~阿蘇~九重~由布鶴見~別府をつなぐ駆け足山行は無事に終了しました。総距離約230km,累積高度約9,800m,約110時間50分 今後,記録をアップしていきます。   (続きを読む)
2020/05/04 16:21:42 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-815.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は2020年度の沢開きをお送りします。遡行先は鹿川峠に突き上げる鹿川峠谷です。ではどうぞ。左:今年は鹿川に通う機会を増やして,そこらじゅうを遡行しまくろう。右:出だしは穏やかな流れ。左:いい感じです。右:3m小滝。左:いつの間にか新緑がいっぱい。右:帰りは鉱物探し。釣鐘山(中央)を見上げる。という感じで今年も無事に沢開きができました。沢を始めてもう20年以上経ちますが,毎年毎年よく飽きもせずに続けてきた...   (続きを読む)
2020/04/26 20:21:53 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-814.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は 『 鹿川(ししがわ)周遊ラン 』 をお送りします。コースは宮崎県北の鹿川という天上の楽園ともいえる盆地を取り囲む峰々を辿るもので,コースは中川橋→竹の畑山→だき山→国見山→雄鉾→雌鉾→鬼の目山→鹿川越→大崩山→鹿納山→鹿納の野→日隠山→鹿川峠→釣鐘山→山師峠→中川集落→中川橋。約1か月前から未踏区間の確認,夜間走に備えた整備を行ってきました。総距離41,09km 累積高度4,368m 17時間48分 PC上ではありますが,ぜひご...   (続きを読む)
2020/04/06 16:23:39 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-813.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
無事に走り終えました。総距離 41,09km 累積高度 4,368m 17時間48分 走れる尾根,激しい登り下り,大展望,夜の山から見下ろす街の明かり等々,実に面白いコースでした。準備ができ次第,なるべく早めにアップします。   (続きを読む)
2020/04/06 00:25:43 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-812.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は,鹿川周遊コースと日之影川周遊コースのコースの最終調査をお送りします。まずは鹿川周遊コースで夜間走に備えたコース整備からお送りします。区間は釣鐘山~山師峠の間になります。ではどうぞ。左:今年完成予定の阿蘇大橋。徐々に橋脚ができつつある。右:山師峠から尾根に入る。少し登ると左手に戸川岳を擁する本谷山南尾根が俯瞰できる。左:釣鐘山と右手に烏帽子岳が見えた。ここからが下りの際にわかりづらいので...   (続きを読む)
2020/03/31 01:02:56 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-811.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回も鹿川(ししがわ)のコース調査をお送りします。今日のコースは,中川橋~竹の畑山~だき山~国見山~鬼の目山~鹿川越~中川橋になります。晴れの予報を信じて朝一から出発です。ではどうぞ。左:ここがスタート地点の中川橋。まずは竹の畑山まで標高差約1,000mの登り。右:車道から尾根に取り付くと作業道あり。左:尾根筋は道はないものの十分歩けるので安心。右:振り返ると山師峠やひはろ越(丹助の肩を車道が越える地点)...   (続きを読む)
2020/03/15 22:23:34 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-810.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は先週に引き続き,鹿川(ししがわ)と取り巻く尾根のコース調査をお送りします。コースは,今村橋~鹿納山~鹿納の野~日隠山~鹿川峠~今村橋。調査の中心は鹿納の野から鹿川峠までで,以前はヤブヤブで歩くのも困難だった尾根が今はどうなっているのかを確かめることです。ここが走れれば鹿川周遊コースの目途が立ちます。ではどうぞ。左:行きしなの戸川岳。やっぱり格好いい。これこそザ・マウンテンでしょう。右:今日の...   (続きを読む)
2020/03/09 00:23:15 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-809.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は,宮崎県は日之影町の鹿川(ししがわ)のトレランをお送りします。コースは釣鐘谷橋~釣鐘山南西尾根~釣鐘山~鹿川峠~釣鐘谷橋になります。将来の計画へ向けてのコース調査も兼ねています。ではどうぞ。左:まずはウォーミングアップ。林道を走って登る。右:おっ,ミツバツツジじゃないの。まだ3月頭だというのに。例年より2週間ほど早いなあ。左:赤線を登っていきます。右:花崗岩(下)と泥岩(上)の境界をもつ石ころ。こ...   (続きを読む)
2020/03/04 00:24:44 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  九州の溯渓  [0/9]
http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-808.html
主に九州の溯渓記録を集めたものです。 良かったら覗いていって下さい。
さて今回は天草観海アルプスの縦走をお送りします。予定では北から南への縦走でしたがバス時刻の関係で,南の龍ヶ岳から寄り道しながら北の高舞登山(たかぶとやま)までに変更。距離は約25km,累積標高は約2,000mほどになります。快晴の元,久々の山をたっぷりと堪能してきました。ではどうぞ。左:まずはここから。龍ヶ岳脇浦登山口。レースではないのでのんびり行こうと思います。右:早速の階段。このコースは階段が非常に多く,観...   (続きを読む)
2020/02/26 12:23:42 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 16  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
増補版 富士山にのぼる

見ているだけでなく登りたい、と冬の富士山を登り始める著者。樹海や風穴などさまざまな場所、夏の山などの回想も入れつつ、富士山の全体イメージを伝える。...
[本日発売]
岳人 2020年 6月号

[5月15日発売]
白嶺の金剛夜叉 山岳写真家 白籏史朗

山岳写真界の草分けであり、日本を代表する山岳写真家・白籏史朗の生涯を井ノ部康之が描く。『山と溪谷』2003年1月号から12月号まで掲載されたスーパー・ロン...
[5月14日発売]
ヤマケイ文庫 山の朝霧 里の湯煙

山旅と温泉を愛したドイツ文学者・池内紀の紀行集。関東周辺から、北海道、東北、九州まで、温泉情緒や自然についての味わい深い作品27編。
[5月14日発売]
レスキュー・ハンドブック 増補改訂新版

野外に遊びにいくなら、救急箱と一緒に必携の一冊。ハンディーな手帳サイズ、防水ビニールカバー付。野外でなにかトラブルがあったとき、すぐに役立つ情報が...
[5月7日発売]
山小屋ガールの癒されない日々

ウェブメディア「cakes」の人気連載が書籍化!山小屋にお風呂はある?腹が立つお客さんはいる?スタッフの人間関係は?北アルプスで10年働いた著者が隅から隅まで...
[4月30日発売]
大文字山トレッキング手帖

さあ、登ってみませんか! 送り火の山へ―― 地球史を物語る地質、森に息づく植物や生きものたち、人の歩みを語る歴史遺産など、5つのトレッキングコースから大...
[4月28日発売]
別冊ランドネ 親子でキャンプBOOK

家族みんなで、自然あそび!自然体験から得られることは子どもはもちろん、大人にだってあります。失敗を恐れずに日常から一歩踏み出し、自然のなかへ飛び出す...
[4月27日発売]
新潟100名山+10

[4月26日発売]
山と森を愉しむ: 中年からの山歩き

人生に楽しみと彩りを添える山歩きへの讃歌の書。前編では人生と山歩き、森の魅力、山と文学、山の事故を自身の山歩きを交えて考察し、後編では近隣の山々、...
[4月23日発売]
もっともっとゆる山歩き まいにちが山日和

のんびり、ゆったりが心地よい ゆる山歩きに出かけましょう!緑豊かな森、可憐な花、山々の連なり、さわやかな風、心地よい沢のせせらぎ、心やすらぐ里山…。ゆ...
[4月23日発売]
山釣りJOY 2020 vol.4「行くぜ、日本の美しき源流へ! 」 (別冊山と溪谷)

行くぜ、日本の美しき源流へ! 今年の源流釣り計画はこの 1 冊で決まり! ハウツー&カタログ満載の保存版
[4月23日発売]
東京発 日帰り山さんぽ50 改訂版(仮)

東京周辺の日帰りで楽しめる山を50コース紹介。1ページ大の地図を中心に、高低差がわかりやすく、登山道も見やすい詳細マップを掲載し、初心者でも使いやすい...
[4月21日発売]
CAMP LIFE Spring&Summer Issue 2020 「テント大全」 (別冊山と溪谷)

キャンプに必携。失敗しないテント選びに。■特集 「テント大全」■第2特集 「グランピングの世界」 ■特別企画 「トランギア メスティンの故郷を訪ねて」
[4月16日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/05/25 16:46:50