登山関連のブログ情報  -  ブログ「 芦生短信2 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 16  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51908757.html
ササの柵 柵外のササは葉が食べられて稈だけになってしまった オオウラジロノキ 花が付いている オオウラジロノキの花 落ちていた アシウテンナンショウ コバンノキ 天候:曇り時々小雨 田歌の水位13時:23cm 出逢った花:<咲き始め>サンインクワガタ <盛り>ニシキゴロモ・ツボスミレ・コウライテンナンショウ・アシウテンナンショウ <咲き終わり>オオウラジロノキ・ホンシャクナゲ・ニリンソウ・サワハコベ・オオイワカガミ・ムラ...   (続きを読む)
2019/05/19 22:26:06 (3日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51908512.html
大ヨモギ谷 大ヨモギ谷 大ヨモギ谷 大ヨモギ谷 大ヨモギ谷 上流は倒木が多い ウリハダカエデ 雄花 スノキ ホンシャクナゲ 赤色が強い ミヤマガマズミ オトコヨウゾメ ツルカノコソウ 芦生ではほとんど見られなくなっている サンインクワガタ クリメコブズイフシ 栗の害虫クリタマバチによる虫こぶ ヤマソテツの開葉 中心が胞子葉周囲が栄養葉 ジムグリ 久しぶりに見た   (続きを読む)
2019/05/12 00:23:52 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51908327.html
フタゴ谷出合 カズラ谷出合 カズラ谷出合の上流 カズラ谷出合・七瀬間 アヒノ谷出合の上流 ツボ谷出合 二ノツボのすぐ上 三ノツボの上 トコ迫出合付近 小ボケ出合付近 スケン谷出合の上流 トチノキ谷(通称)出合の上流 下谷の大カツラ 着生しているヤマザクラが満開 新緑の山肌 上部の鮮やかな緑はブナ ヒナウチワカエデの新緑 深裂した重鋸歯の葉が美しい ヒナウチワカエデ チドリノキ コハウチワカエデ イタヤカエデ このカエ...   (続きを読む)
2019/05/05 12:25:01 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51908138.html
アヒノ谷 大谷出合下流 大谷出合下流 大ツボ 一ノツボ ツボ谷 トコ迫出合付近 三ノツボ 三ノツボの上流で 四ノツボ シカメコの上流 スケン谷出合の下流 スケン谷出合の上流 ウスギヨウラク" ヒカゲツツジ オオカメノキとホンシャクナゲ 赤と白のコントラストが鮮やか アカシデの雄花 オオタチツボスミレ 距が白い ワチガイソウ ナツトウダイ タヌキラン リュウキンカ リュウキンカの自生環境 オオバキスミレ オオバキスミレの自...   (続きを読む)
2019/04/29 09:24:22 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51907907.html
真っ白い白山と別山が見えた 中山谷山山頂付近からは青葉山と冠島が見えた 中山谷山山頂付近 ハウチワカエデ タムシバ クロモジの花が満開 クロモジの雄株(雄花) クロモジの雌株(雌花) クマシデの雄花 ヤマザクラと新緑の山肌(赤いのはアカシデ) ヒカゲツツジ ニワトコ ヌカボシソウ 正に「ネジキ」そのものの樹皮 ニワトコヒゲナガアブラムシの幹母と単為生殖で生まれたメスの幼虫 一晩お世話になった「いそべ」さん   (続きを読む)
2019/04/21 21:27:27 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51907687.html
山上部にはまだまだ残雪が 柵を上げる前 柵を上げた後 ネコノメソウ 葉が対生する ヤマネコノメソウ 葉が互生する キクザキイチゲ タチツボスミレ トキワイカリソウ バイカオウレン ヤマエンゴサク(ヒメエンゴサクまたはキンキエンゴサ) アズマヒキガエルの卵塊 天候:曇りのち雨 田歌の水位14時:42cm 出発から下山まで9時間45分 出逢った花:<咲き始め>キブシ・タムシバ・イワナシ・イワウチワ・サンインシロカネソウ・トキワイ...   (続きを読む)
2019/04/14 23:23:55 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51907467.html
中ノツボ谷最後の大滝を見下ろす モンドリ谷 上谷 下ノ池 イワウチワとショウジョウバカマが群生 ヒサカキ雄花 うんこの臭いがする タムシバ ヤマナラシの雄花 一瞬毛虫かと思った コシアブラがスギを呑み込んでいるかのように見える コシアブラにあったクマの爪痕 何のために登ったのか? モンドリ谷の中にも、ミヤマカンスゲに強いシカの食痕があった 上谷の流れの中に発信機を着けた牝シカの死体が 天候:晴れのち曇り 田歌の...   (続きを読む)
2019/04/07 22:24:57 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51907437.html
一ノ谷の中流 一ノ谷源頭 トコ迫展望台から由良川源流を見下ろす ホウ谷 胴長を履いて由良川を遡る 由良川 岩谷出合の上流 由良川 岩谷出合の上流 スケン谷 巨大なカツラだったと思われる エンレイソウ チシマネコノメソウ 水中で咲くリュウキンカ ミヤマカタバミ バイケイソウの芽吹き ヒメハイゴケの蒴と赤い蒴柄 ヒメハイゴケの絨毯 ツチグリ 崖の上から落ちてきたのだろう トビが襲われた痕 おそらく猛禽か? 三尖の牡シカの...   (続きを読む)
2019/04/06 22:25:11 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51907247.html
七瀬スベリ谷 七瀬スベリ谷の滝場 キンキマメザクラ ツノハシバミの雌花 後方は雄花 タチネコノメソウ ホクリクネコノメ ショウジョウバカマ イワウチワ ヤマルリソウ サンインシロカネソウ ミヤマキケマン スミレサイシン キブシ シカが急斜面のぎりぎりまで入って食べている ショウジョウスゲ? 天候:曇りのち雨が降ったり止んだり(山上部では雪) 田歌の水位13時:40cm 古屋の積雪13時:0cm 須後~カズラ谷出合~七瀬~七瀬谷・...   (続きを読む)
2019/03/31 22:24:41 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51907212.html
P936mから三国岳方面 ニボケ最源頭 カズラ谷本谷最源頭 カズラ谷本谷最源頭 P927m北東尾根の最後に近い下りで 雪を跳ね上げたスギ まだ雪が付いている 野鳥がタムシバの花芽を食べた後の滓が落ちていた 枯れた木の株に根を下ろしたノリウツギとコミネカエデ(?) タヌキの溜糞場にササがた茂っていた イヌブナの稚樹が10本程 すべて葉が落ちず残っていた ホソバカンスゲに対するシカの強い採食痕 ミヤマカンスゲに対するシカの強...   (続きを読む)
2019/03/30 21:24:04 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51907024.html
中山橋から上流側 中山橋から下流側 ノリコの滝 三ノ谷源頭から傘峠 傘峠山頂付近から百里ケ岳方面 知ろう守ろう芦生の森の柵下流側 積雪は70cm 知ろう守ろう芦生の森の柵上流側 積雪は50cm 雪を被ったマルバマンサク 全体 雪を被ったマルバマンサク 一部 フキノトウ ホオノキの冬芽と維管束痕 ナナカマドの果実 ここまでなっても摂りに食べられていないのは、よほどまずいからだろう。実際食べるとおいしくはない。アカシデの...   (続きを読む)
2019/03/24 22:25:03 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51906983.html
山上部は残雪がいっぱい 柵を上げる前 柵を上げた後 ダンコウバイ この花が咲くと春が来たことを知る マルバマンサクの花が満開 アセビ 山上部にもシカの足跡がたくさん見られるようになった シカの強い採食痕 エビネ類 シカの採食痕 ミヤマカンスゲ 早速マダニ(若ダニ)が付く そこでダニ除けズボンを履いた タヌキの溜糞 この季節は気温が低く分解されにくいのでたくさん残っている 天候:曇り時々晴れ 田歌の水位13時:46cm 古...   (続きを読む)
2019/03/23 22:24:58 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51906794.html
櫃倉谷 櫃倉ゴルジュの巻道の下流 櫃倉谷 権蔵谷出合のすぐ下流 権蔵谷 中山谷山山頂付近から八ケ峰方面 奥ノ谷山分岐からの下りで 吹雪模様 イワナシの花 トリカブトの若葉 有毒植物 少し食べたがサラダにできそうなほど癖がない 誤って食べてしまうはずだ イノシシの寝床 アセビでできている   (続きを読む)
2019/03/17 22:24:25 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51906593.html
トロッコ道を奥に入ると雪がいっぱい 七瀬の下流 七瀬の下流 七瀬 カズラ谷 刑部谷 セリバオウレン バイカオウレン" タマゴケ 蒴は今が見頃 エノキタケ ウスタビガの繭が2個ぶら下がっている シライトソウの根生葉にシカの食痕が シカに樹皮をはがされたネムノキの倒木   (続きを読む)
2019/03/11 00:34:27 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51906362.html
若走路谷支流の滝 若走路谷の滝 三国峠の北側 三国峠の西側 枕谷左俣の源頭 中山神社裏尾根分岐から若狭方面 野田畑谷を見下ろす 野田畑谷を見下ろす 若狭側から野田畑谷 若丹国境稜線の鞍部 杉尾峠から下る 由良川最初の一滴付近 上谷 モンドリ谷出合の下流 上の池が現れてきた 下の池はすっかり現れている 野田畑付近の上谷の流れ マルバマンサクの花が一輪だけ咲いていた 若狭側から芦生へ越えた多数のシカの足跡 芦生側のシ...   (続きを読む)
2019/03/03 00:38:25 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  芦生短信2  [0/4]
http://blog.livedoor.jp/ashunomori2/archives/51906151.html
内杉林道から 南斜面からは雪が消え春のような景観 林道櫃倉線の終点付近 中ノツボ谷出合 雪解け時には湧水も増える 櫃倉ゴルジュの下流 櫃倉ゴルジュの下流 櫃倉ゴルジュ 櫃倉ゴルジュ 中ノツボ谷 中ノツボ谷 櫃倉谷の流れの中を下る タマゴケ 蒴が早くもできていた 2尖の牡の死体 倒れたウラジロガシ シカの口が届くところまで採食されていた イワガラミの樹皮に残され食痕 サワグルミの地上に現われた根にあったシカの食痕 ...   (続きを読む)
2019/02/24 00:28:46 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 16  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
ヤマケイ文庫 安曇野のナチュラリスト 田淵行男

鋭い視点で山岳写真の新境地を拓き、高山蝶の生態写真や雪形の研究などで、一時代を築いた先駆者、ナチュラリスト「田淵行男」の生涯。日本を代表する山岳写...
[5月16日発売]
岳人 2019年 6月号

[5月15日発売]
山人生いい加減 登山家・高橋和之の歩んだ道

登山用品店カモシカスポーツのオーナーにして登山家でもある高橋和之さんの半生記。医師で登山家である今井通子さんを妻に持ち、登山具の販売店とメーカー2社...
[5月15日発売]
山を探す

四十代を迎えたある日を境に、無性に山が気になりはじめた。 それからというもの、何かに取り憑かれた様に山に入った。 気づけば一年と経たないうちに数十座...
[5月14日発売]
富士山ブック 2019 (別冊山と溪谷)

令和元年は、日本の頂・富士山へ! 安全に楽しく登頂するためのノウハウ1冊に。初心者向けにわかりやすく、登山経験者の声がリアル! 富士登山初心者必読の『富...
[5月11日発売]
アルプストレッキングサポートBOOK2019 (NEKO MOOK)

感動の絶景を求めて雲上の稜線を歩こう!
[5月10日発売]
低山手帖

だれでもが気軽に楽しめる低山歩きの魅力。低山登山は、自然を歩き、歴史を楽しみ、生活を知る! 本書では、1500mを基準に低山として区別しています。低山トラ...
[4月23日発売]
東北 山歩きガイド ゆったり楽しむ

日帰りで楽しめる初級者向けのトレッキングコースから上級者向けのコースまで紹介。周辺の立ち寄りスポット情報なども掲載。
[4月19日発売]
山釣りJOY 2019 vol.3 (別冊山と溪谷)

いざ、尺上イワナ舞う秘境へ。今年の源流釣り計画はこの一冊で決まり!
[4月18日発売]
ちゅうごく山歩き Vol.6

中国新聞連載の「ちゅうごく山歩き」をまとめた冊子の第6集です。2017年6月から18年7月までの掲載分(50回)を収録。山ごとに、地形図を使った登山ルートや所要...
[4月17日発売]
CAMP LIFE Spring&Summer Issue 2019 (別冊山と溪谷)

特集 基本のレシピ キャンプ料理はシンプルに。キャンプといえば料理と焚き火。手間のかかるキャンプ料理レシピが多いなか、本特集では「とりあえずこの料理...
[4月17日発売]
岳人 2019年 5月号

[4月15日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/05/22 23:37:49