登山関連のブログ情報  -  ブログ「 何気ない日々 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 17  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-708.html
入水地点に前泊で前鬼川へ。前日から当日にかけてずっと微妙な天気だったが、最後まで降らずに持ちこたえてくれて、涼しく快適でした。逆に泳ぐには厳しい時期に。   (続きを読む)
2021/09/06 09:24:42 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-707.html
名松ゴルフクラブへ。大分ゴルフっぽくなってきて、パー3つの117、と今までの137から20縮めてのベストスコア 更新。体が回っていないのかドライバーがスライスするのと、1Wと7Iの間のクラブをうまく使いこなせないと。   (続きを読む)
2021/08/30 09:23:36 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-706.html
中ノ谷~北中ノ谷遂行~ジャリガ谷下降。ヒルも見かけず、岩もヌメリが少なく、ラバーソールで気持ちよく登れる良い沢でした。   (続きを読む)
2021/08/30 09:23:35 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-705.html
新千歳空港 9:40発 SKYMARK で中部国際空港へ。東海地方も雨の影響がすごく、米原駅までは新幹線を利用し何とか戻れたが、そこからの電車、交通機関がすべて運転見合わせ。タクシーの列も長く、運転再開も夕方近いとの事。雨もやんでいた為、米原駅から自宅まで約12㎞のトレッキング。歩き出す前は12㎞ぐらいと甘く考えていたが、歩き出しすぐに後悔。つらい帰路となりました。   (続きを読む)
2021/08/18 18:25:51 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-704.html
知床半島終了後、訪れたかった富良野。すっかり「北の国から」のファンになってしまいました。ぬのべ駅 富良野駅 朝一で富良野駅周辺をめぐり、麓郷の施設の開館まで時間があったので、ちょっと車を走らせ「吹上露天の湯」へ ドラマの中では乳白色でしたが、実際は無色透明。ここの温泉も熱くてなかなかゆっくりつかることは出来ませんでした。富良野に戻り麓郷へ。最初の家 丸太小屋が燃えた後に住んだ3番目の家 石の家 拾って...   (続きを読む)
2021/08/14 19:17:28 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-702.html
美瑛へ。美瑛では「ケンとメリーの木」や「マイルドセブンの丘」、「セブンスターの木」などCMやたばこのパッケージのモデルになった景色を満喫。北海道らしい景色で綺麗でした。その後富良野、無料キャンプ場「太陽の里」へ。   (続きを読む)
2021/08/13 15:42:20 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-703.html
まずは温泉に入りさっぱりしたいと、無料温泉「熊の湯」へ。熱くて入れないと有名らしいが、何回か出入りしているうちに慣れ、山の中にある気持ちの良い温泉でした。せっかくなのでと、昨日入れなかった「瀬石温泉」に向かうも今日も営業しておらず残念。羅臼町を観光後、知床五湖、ウトロを周り摩周湖方面へ。定食屋として営業している純の番屋のレプリカ 天狗岩 羅臼町 神の子池 摩周湖はアイヌ語で「カムイトー=神の湖)と呼...   (続きを読む)
2021/08/12 21:12:51 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-700.html
知床半島トレッキング最終日。今日も雨かと思って出発したが、徐々に天気も回復。帰路もまだまだ気が許せない箇所があり、慎重に進む。観音岩を過ぎてから、安心感がよみがえってきました。カモイウンベ川河口 純の番屋 行きにはわからなかった、「純の番屋」や結が純にプロポーズしたカモイウンベ川河口等を探しながら相泊に16:00頃着 駐車場に付き、さっぱりしたかったので、これも北の国からのロケ地だった瀬石温泉に向かう...   (続きを読む)
2021/08/11 14:35:35 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-699.html
今日は知床半島の先端、知床岬まで行き、元の天場まで。小雨降る中出発。乾いていればそれほど難しくないであろうカブト岩の高巻きも雨でドロドロの斜面の為、行きも帰りも難儀。運よく良いアイテムが海岸にあり、何とかそれらを利用し、帰路はかろうじて上り返すことが出来ました。   (続きを読む)
2021/08/10 09:47:44 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-698.html
今日はメオトタキ川とメオトタップ川の間にある、天場に良いと聞いていた所まで。出発してすぐに真新しいヒグマの足跡があり、クマ避けスプレー握りしめ、大声を出しながら進む。たまに獣臭もあり、鉢合わせだけは避けたいと、入りくった岩場を通る時は声を出しながら。トッカリ瀬では、台風の影響で風、波が高かった為ロープを出し通過。その後、モイレウシ(高巻き)、剣岩(渡渉)、近藤ヶ淵(高巻き)し、天場へ。   (続きを読む)
2021/08/09 22:20:46 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-697.html
斜里町でクマよけスプレー、ガス缶、行動食等、必要なものを揃え、知床半島トレッキングの拠点となる羅臼町・相泊へ。今回、自身初北海道。北海道と言えば「北の国から」? 良いドラマとは知っていましたが、見たことは一度もなかった為、事前に見ておかなければと数か月かけ全話鑑賞。羅臼町に入り、ふと横を見ると見覚えのあるコンビニが。コンビニに入り、ご主人にいろいろ話を聞かせて頂きました。その後、相泊へ。ヘツらな...   (続きを読む)
2021/08/08 14:57:35 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-696.html
中部国際空港 18:15発 AirDo で新千歳空港へ。着後すぐ今回の目的地、知床へ。今回借りたレンタカー会社は事前のやり取りで空港に車を置いてくれており、店舗に出向くことなく便利でした。約6時間かけ斜里町へ3:00着。クマよけスプレー必須なので、ホームセンターが空く翌9:30まで近くのコンビニの駐車場で車中泊。   (続きを読む)
2021/08/07 14:38:17 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-695.html
今回は短めの沢へ。ゴルジュ有り、泳ぎありと短いながらも楽しめました。下山中、ヒルの超密集地帯を通る羽目になり、どこに目をやっても獲物を探している彼らに身の毛が立ちました。密集地帯を抜けた後に足下を確認すると5匹ほどまとわりついていましたが、ストッキングを履いていたおかげで被害に遭わず。ヒル対策にはストッキングかなり有効です。   (続きを読む)
2021/08/03 10:25:24 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-694.html
毎年恒例の赤坂谷~ツメカリ谷へ。水量少なく、いつもは飛び込むところもビビッてしまいクライムダウン。   (続きを読む)
2021/07/26 16:27:03 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-693.html
元越谷 左俣の左俣から鎌尾根に。下山は仙ノ谷より。水流が稜線近くまで伸びていたので、厚さ和らぎ助かりました。   (続きを読む)
2021/07/23 14:43:34 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-691.html
7月17日、18日で赤木沢へ。日本一の美渓と言われているので、ずっと行ってみたかった赤木沢。沢も、山並みも、花も、全てが綺麗でした。   (続きを読む)
2021/07/19 01:03:17 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  何気ない日々  [1/2]
http://iichan0530.blog.fc2.com/blog-entry-690.html
鈴鹿セブンマウンテンの内、唯一登った事の無かった雨乞岳へ武兵から。武兵からの登山道は思っていたのと違い、良い登山道で、またヒルも出ず、良い山でした。しかし、国見峠から来たと言う、山頂にいた四日市高校の山岳部のグループはヒルにやられまくったとの事で、ペットボトルに詰め込んだヒルを見せてもらい寒気がしました。帰りに寄り道した七人山も展望は無いものの、雰囲気の良いところでした。   (続きを読む)
2021/07/11 10:00:35 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 17  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
富士山と文学 石田 千尋

山梨の大学に勤務し、世界文化遺産登録に向け、富士山の歴史的・文化的価値を古典文学のなかに見出す仕事に取り組んだ著者の集大成。富士山は万葉の古代から...
[本日発売]
魔の山 ジェフリー・ディーヴァー

ヘイトクライムの犯人を捕らえた流浪の名探偵ショウは、背後に自己啓発カルトがあるとにらんで潜入するが…。好評新シリーズ第二弾。
[本日発売]
まるっと高尾山 こだわり完全ガイド 改訂版

人気の高い高尾山のコース、薬王院をはじめ各施設&スポットを紹介。周辺情報、動植物データなども掲載。
[9月18日発売]
ヤマケイ新書 山小屋クライシス 国立公園の未来に向けて 吉田 智彦

多くの登山者が利用する日本の山小屋が存続の危機に瀕しています。これは、戦後に制定された日本の国立公園制度が抱え続けてきた課題が、新型コロナウイルス...
[9月18日発売]
ヤマケイ文庫 マタギ 日本の伝統狩人探訪記 戸川 幸夫

動物文学の第一人者・戸川幸夫が昭和20~30年代に秋田県阿仁を訪れ、山の戒律を受け継ぐ最後のマタギたちを記録したノンフィクションの名作を文庫化。マタギ...
[9月18日発売]
ヤマケイ文庫 山・原野・牧場 坂本 直行

北海道の大地に生き、日高の山々を愛した画家・坂本直行の若き日の画文集を文庫化。昭和初期、日高山脈を望む十勝平野の開拓牧場で、厳しい開墾労働の日々を...
[9月18日発売]
ヤマケイ文庫 山びとの記―木の国 果無山脈 宇江 敏勝

郷愁を呼び覚ます、記録文学の名著。紀伊半島で育まれた山林労働の歴史と文化、そして思考。奥深い熊野の山小屋から生まれた稀有な山の自叙伝がヤマケイ文庫...
[9月18日発売]
山旅と珈琲 (BOOK☆WALKER セレクト) さえぐさ じゅん

外で飲む珈琲の美味しさにハマり、道具を揃えて奮闘しながら山へ湖へ。ステップアップするかと思えば実はそうでもなく、一喜一憂するぐだぐだな珈琲話です。
[9月17日発売]
遙かなる蒜山 吉井 康哲

どこまでも続く空のひろがり、冷涼で澄み切った空気、四季折々色を変える木々― 「蒜山」に魅了された風景写真家が、20年もの歳月をかけてその美しさを余すと...
[9月17日発売]
山のふもとのブレイクタイム (単行本) 髙森 美由紀

「あの味っこさ会えて、いかった」 青森県南部の葵岳登山口にあるレストラン。そのシェフ・登磨には亡き祖母との思い出の味があった。それを思い出させてくれ...
[9月17日発売]
山の本 117号

[9月15日発売]
ランドネ特別編集 アウトドアで防災BOOK 新装版 (PEACSムック)

外あそびするほど、「いざ」というときに強くなる 特集:災害に役立つアウトドアの知識 外あそびするほど、「いざ」というときに強くなる地震、大雨、雷、噴火...
[9月13日発売]
ヤマケイ新書 山岳気象遭難の真実 過去と未来を繋いで遭難事故をなくす 大矢 康裕、 吉野 純

爆弾低気圧、豪雨、落雷、異常高温、台風、豪雪など。最新の知見に基づいて気象遭難を引き起こす背景を探り、事故を防ぐ手立てを考察。決して埋もれさせては...
[9月11日発売]
季刊のぼろ Vol.34

[9月9日発売]
soto 秋山2021 (双葉社スーパームック)

山歩き3年目ぐらいの読者を対象に、宿泊・温泉・紅葉など、旅の要素も加えた山旅提案マガジン。ギアやフィールド情報が満載。
[9月8日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2021 登山の四方山話 - 2021/09/24 09:22:31