登山関連のブログ情報  -  ブログ「 いろんな山に登る 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 31  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7593
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
2013/8/29 白山平瀬道にて 今までいろんな山を歩いてきたけど、ほんとうに素晴らしい景色を見せていただいて、幸せだった。山というのは条件が揃わないと、なかなか行けるところではないのが、今の忙しさの中で分かる。忙しいと、時間を作れないのだよね。それと、「山に登るのに適した気象条件」も揃わないといけない。「忙しくない」「気象条件が良い」「体調も良い」でないと、登山は出来ない。また、気持ちが山に向かってい...   (続きを読む)
2018/08/10 18:30:36 (5日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7585
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
地球温暖化についての科学的な分析 今年の暑さは本当に今までに経験したことのないレベルである。実際、高山帯においても、立山室堂の7月の平均気温が19度という、今までにない暑さだったようだ。この暑さで登山中の事故が3倍になったという。まったく、登山どころでないような状況である。江守正多氏( 国立環境研究所地球環境研究センター副センター長)の記事によれば、今の気温上昇が、人間の活動の影響によるものであること...   (続きを読む)
2018/08/06 15:31:37 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7582
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
(気象庁 「台風情報」の画像を加工して使用) 台風12号は今までに無いコースを取っている。平成28年台風第10号 も一旦南下して、さらに戻ってくる、という変なコースを取っていたが、今回は西に行ってから、南に下がる、という今まで見たこともないコースを取った。日本近海の海水温が上昇している影響もある、ということだ。今年の暑さは異常。本来なら涼しくて、半袖では寒いはずの山も、今年は全く涼しくなかった。まさに「天...   (続きを読む)
2018/07/29 18:30:19 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7580
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
Q、登山すると何かいいことがありますか? A、足に、筋肉が付きます。Q、登山すると超能力みたいなものは付きますか? A、断じて付かないと思います。むしろ、頭の中がスッキリして、より現実的にものごとを見ることができるようになります。一歩一歩、現実に近づくみたいな。机に向かっている時とはまったく逆です。机に向かっていると、一歩一歩現実を離れていくような気がします。脳はどんなことでも考えますからね。妄想は睡...   (続きを読む)
2018/07/24 23:32:08 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7574
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
西穂山荘 登山情報 最近は有名な山小屋はすべてホームページを持っており、そこから最新の情報、正しい情報が得られるようになっている。大変ありがたいことだ。登山道の状況、コースに関する注意点など、現地を一番よく知る方が書いておられるので、一番信頼できる。ヤマレコ等SNSで発信される情報より、信頼できるといえるだろう。(そもそもこのブログを始めるきっかけが、登山SNSの問題を考えてみるということだった) 西穂山...   (続きを読む)
2018/07/22 22:30:33 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7569
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
岐阜県 山岳白書 岐阜県 北アルプス山岳遭難対策協議会発行の『山岳白書』(平成29年版)を読んでいると、考えさせられる話があったので、書いておこうと思う。「セルフレスキュー」という題で、山岳警備隊員の廣田将海さんが書かれた一文。要点をまとめると 最近は中高年や高齢者の登山者が増えている 笠新道で、あきらかに遭難しているにもかかわらず(夜になっても山荘に着けず、停滞しているところを発見)、「なんで警察が来る...   (続きを読む)
2018/07/22 14:30:45 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7561
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
間ノ岳滑落事故 昨日の記事 で、西奥縦走路に人が入っていて、よくあんなところに行くなと思っていた。2人の人が写真に写っている。今日のニュースを見て愕然とした。そこは、まさに事故現場であった。写っていたのは、おそらく、同行のパーティーか、救助の方だったのだ。そういえば、山岳警備隊のヘリが、西穂高口駅の周辺を飛び回っているな、何かあったかな、とは思っていた。もう一度言っておく。西穂高岳から先は、ガレガ...   (続きを読む)
2018/07/21 12:34:59 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7531
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
酷暑が続くが、山の上の気温は朝で15℃ぐらいだという。剱岳の早月尾根のように、低いところから登る山は無理だけど、ロープウエイで標高を稼げる西穂高岳なら大丈夫ではないか? ここで大丈夫ならば、剱岳の別山尾根などはバスで標高を稼げるから行けるのではないか? そう思ったので、試しに日帰りで行ってみることにした。いきなり剱岳はちょっとためらわれたし。西穂高岳主峰は今回で3回目の登頂。冬場の独標や、夏でも腰が痛...   (続きを読む)
2018/07/20 22:29:42 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7528
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
京都で6日連続猛暑日 2014/07 早月尾根 今日も猛暑。毎日、風の無い、湿度の高い高温状態が続いている。普段は使わないエアコンを、このところ毎日使っている。水分は摂っているはずだが、体調は思わしく無い。湿度が高いのは、台風のせいか。ほんとうに不快な暑さだ。熱中症にならないように、注意しましょう。   (続きを読む)
2018/07/19 21:31:37 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7518
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
2014/07 早月小屋より 実は本日、山へ行く予定を立てていたのだが、キャンセルせざるを得なくなった。連日の猛暑のため、体調を崩し、常にだるい。天気予報は「激しい運動は禁止」と、何度も警告している。今年の夏の暑さは、いつもと違う。登山はとりわけ熱中症にかかりやすいスポーツである。以前 北ノ俣岳 に行った時に、少しだけ熱中症の症状が出たことがある。剱岳に行った時 、だるくて足が上がらなくなったのも弱い熱中...   (続きを読む)
2018/07/19 10:31:21 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7507
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
早月尾根入り口の「剱岳(やま)に祈る」の慰霊碑 2016/11/04 伊折橋から剱岳 いろんな山に登ってきたが、これらの山行は全て「剱岳(やま)」に登ることを目標にやってきた。早月尾根入り口の「剱岳(やま)に祈る」の慰霊碑は、剱岳のルビが「やま」になっている。「やま」と言えば、剱岳のことだ、と言われても、たぶんこの尾根を登ったことがある人は、否定しないだろう。日本に数多くある山の中でも、特に美しく、険しく、山らし...   (続きを読む)
2018/07/04 17:30:41 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7500
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
秋田県でクマ 秋田県でまた、タケノコ狩りでクマに襲われる事故が多発している。2年前に始まった一連の事故。スーパーKと言われたクマは撃たれたが まだ残党が生き残っていたらしい。北陸地方ではツキノワグマの事故はけっこうあるものの、「食われる」という事故は聞いたことがない。たいていは突然鉢合わせ、クマが驚いて攻撃してくる、というパターン。「食べる」ということは、まず考えられない。しかし秋田の事例では、積...   (続きを読む)
2018/06/29 09:30:03 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7496
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
古地図に見える「三方崩山」。白山の前衛峰として書かれている。はるか下まで崩れているであろう、と思われる斜面。天正13年11月29日(1585年)の午後11時ごろ、白山付近を震源とするM7.9と言われる大地震が発生した。この地震によって、三方崩山が大規模崩壊したと言われる。その後の安政大地震(安政5年2月26日。1858年)によっても、山崩れを起こしている。崩壊面は鋭く切れ落ちているはずであるが、ガスのために下まではよく見...   (続きを読む)
2018/06/27 18:31:14 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7458
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
2018/06/18 三方崩山 登山道わきのニッコウキスゲ 2018/06/18 三方崩山 白ガレ 白山山系の山の特徴は、何と言っても「手つかずの自然」が、そのまま残されていることだ。北アルプスのように、人の手が入りすぎていることはない。これはとても良いことだ。山を商業化していない。なんとなく、空気が美味しいような気がする。生えている植物も、みずみずしいような。白山の山域が、とても大切に守られている証拠だろう。別当出合...   (続きを読む)
2018/06/20 21:29:52 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7454
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
2018/06/18 三方崩山 山頂付近の危険な道 長い間、パソコンの前に座ると、体と脳に負担がかかる。目は画面を見つめ、指先しか動かさない。一方、脳は極限とも言えるほど「論理的思考」を強いられる。足はほとんど動かさない。食事に行く時、トイレに行く時以外は、机の前を離れない。この状況を考えるだけで、コンピュータを使った業務が、いかにアンバランスかというのがわかる。しかし今の世の中、この状況にほとんど誰も疑問...   (続きを読む)
2018/06/20 09:29:53 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7446
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
三方崩山の山行は、前に書いた LA SPORTIVA TX4 MID のデビュー戦でもあった。雨の中の最悪のコンディションにも関わらず、「まったく滑らない」という驚異のグリップ力を発揮してくれた。滑ってはいけない場所で、しっかり踏ん張りが効いた。Vibramのメガグリップの性能には恐れ入った。この靴がなければ、雨の中、あの崩れやすいナイフリッジを通過することは困難であっただろう。こういう山では下山時こそが、靴の性能が発揮...   (続きを読む)
2018/06/19 21:29:31 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7435
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
傾斜がよく似ている、と思ったので、三方崩山と早月小屋までを比較してみた。意外にも、早月尾根の方がずっと傾斜は厳しいことがわかった。恐るべし、早月尾根。私の足では、早月尾根で剱岳日帰りは無理だな。やはり一泊しよう。剱岳早月小屋まで 早月小屋まで、単純標高差は1400mほど。距離は約5km 三方崩山 三方崩山山頂まで、単純標高差は1100mほど。距離は約4.3km。Garmin eTrexが示す三方崩山の標高は2078m。だいたい正確...   (続きを読む)
2018/06/19 02:12:08 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7411
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
梅雨の晴れ間(だと思っていたのだが)を狙って、怖い山だと言われる三方崩山へ行ってきた。この山が怖い理由は、ボロボロの岩で出来た痩せ尾根が連続することだ。間違いなく、初心者向けではない。一歩踏み外すと奈落の底まで転落する。この山では滑落ではないね。転落だろう。早月尾根に似ている。しかし早月尾根より道が細い。距離が4.8kmと短いため、まだ耐えられるが、もしも7kmぐらいあったら、とてもたいへんだろう。早月...   (続きを読む)
2018/06/18 18:37:06 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7404
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
梅雨に入り天気が悪くなってきた。山に行けない。太陽光線がさえぎられているために、気分が滅入る。うつうつする。体を動かせないことと、光を浴びないのは、精神的に良くない。こういう時は、”音楽を聴くこと”、”音楽を作ること”が一番である。ここまでが、作ったやつ。今回気晴らしに、聴いたのは、あの佐村河内守の『交響曲hiroshima』(笑) これは2014年、作曲者が全盲だと嘘をついていて、話題になった曲。大衆受けするよ...   (続きを読む)
2018/06/15 17:36:45 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7399
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
金剛堂山 2018/5 登山中になんらかのアクシデントで「行動不能」になる場合はありえる。滑落や道迷いはもちろん、突然の発病、つまづいたりして足を痛めたりして動けなくなる場合もあり得る。基本的には山に登ったら、そこから自力で下山するのが鉄則である。可能な限り、自力下山を試みなければならない。テーピングや三角巾をして行動できるようになる場合もあるかもしれない。しかし、下山すら不可能になることもありえる。...   (続きを読む)
2018/06/05 23:31:58 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7389
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
最近、夏は全てトレランシューズ( Adidas Vigor 5 TR .今は廃番になっていた)で登っていた。登った山は、大日岳 、剱岳2800mまで、八郎坂経由弥陀ヶ原、野谷荘司山鶴平新道 、白山観光新道ピストン etc… 他にも近所の山をいくつか登っている(どこに行ったのか忘れてしまった)。非常に軽く、足もぐねらなかったが、さすがにへたってきた。また、この靴は雨に弱い。雨が降るとスリップしてとても怖かった。夏山登山していると、途...   (続きを読む)
2018/05/30 20:30:11 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7378
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
2016/07 妙法山帰り道 山はたぶん”征服しよう”として、戦いを挑もうとすると、容赦無い鉄槌を下してくる。無理をすると、無理をした分だけ、厳しい状況を与えてくる。高いところに登ったは良いが、足がすくんで下りてこられない状況に似ている。20代、30代の若いうちならば、挑戦的な登山も良いだろう。しかし、日本100名山ブームか何か知らないけど、森林限界を超えたような山に、高齢の登山者がいる。70歳、80歳の登山者が「...   (続きを読む)
2018/05/29 09:30:17 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7376
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
自分をあきらめよう 「人間である以上、ノーミスで棺桶まで行くことはできない。ケガしたり、失敗したり、挫折は絶対ある。それなら、早め早めに失敗を重ねて、『ここやったら行ける』という道を見つけた方が効率的でしょ。人生、なるべく早く失敗した方がいいですよ」 そうなんだよね。上のリンクは「一発屋」と言われる人たちが今どうしてるか、という話なんだけど、なかなかいいこと言っている。やはり一度徹底的に”挫折”し...   (続きを読む)
2018/05/25 22:30:43 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7373
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
夢枕獏原作 谷口ジロー著『神々の山嶺』1(コミック版) 西穂独標下 2017/04 登山する人に人気のある『神々の山嶺』を、原作を読まず、コミックではじめて読んでみた。うーん。これは読まない方が良かったな。私のやりたい登山、考えている登山とは、まるっきり違う。実在のクライマー、森田勝をモデルにしたと思われる羽生丈二なる人物の、すさまじい登山の物語だ。読んでいると、胸を締め付けられるような感じ。「おい、そっち...   (続きを読む)
2018/05/25 19:31:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7363
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
2016/10 白山山頂にて 西洋式登山である「アルピニズム」では、山頂に立つことを「山を征服した」とか「山を制覇した」とか言われることがある。例えば、エドムンド・ヒラリーはエベレストを征服した、とか言われる。そこには、「人間の力が、大自然に打ち勝った」という含みがある、と思う。エベレストはもはや人間の力の支配下に入った、もう神秘は無い。山頂には神はいなかった、と。ほんとうにそうなのだろうか? ヒマラヤは...   (続きを読む)
2018/05/24 10:29:58 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7357
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
日本人は山とともに生きてきた民族だと思う。だから山に入るのは、生活のためであったのだ。そこから食料を得たり、炭を焼いたり、狩りをしたりしていた。山頂に至るのも、修行のため、山から力を頂いて、人々の平和と幸福を祈るために、そうしていたのだ。”西洋式登山”は、ただひたすら山頂に至るための「スポーツ」だ。信仰とか生活とか、そういう視点が欠けている。高い山に登った、という自己満足以外の何物でもない。日本...   (続きを読む)
2018/05/23 23:31:40 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7347
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
ぼちぼちいこか 「 山登りで一番難しいのはね、登ることじゃない。登った山を無事に下りることだ。事故の多くは下山時に起きるものだ。無事に下りて初めて登山が成立する。ま 下りが一番難しいってこともきっとこれから学ぶと思う。人生という山を無事に下りるという生命の重さや 難しさも 」 2016/0720 西穂高岳 山関係の有名人がこのところたくさん遭難されている。「ぼちぼちいこか」のブログで有名な穂高岳山荘の小屋番、宮...   (続きを読む)
2018/05/23 19:30:40 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7339
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
「僕だけじゃない。誰もが日常のなかで、いろんな山を登っている」-栗城 史多- このブログのタイトルにも関わることなんだけど、「山に登る」というのは、必ずしも「登山」ばかりのことではない。日常の困難な状況や、たとえば会社経営や、生活や人生など、ほんとうに目の前の困難を突破していくこと、それが「山に登る」ことなのかもしれない。栗城氏の場合は、たまたまそれが「登山」であった(もしくは、命がけの挑戦をさらけ...   (続きを読む)
2018/05/22 13:31:19 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7336
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
栗城史多さんの死。悲しみを禁じえません。インターネットではさまざまな意見や批判が書かれています。「メディアが彼を追い込んだ」とか「商業主義に巻き込まれた」とか。私が思うに、彼ぐらいの年齢(35歳ぐらい)の若い人は、「有言実行」の人が多いと思います。”言ったら、やらなければならない”と思い込んでいると思う。言ってやらなければ、「かっこわるい」、「だれにも相手にされなくなるんじゃないか」という不安に常に...   (続きを読む)
2018/05/22 06:29:51 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7331
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
栗城氏がなくなった 先日、このブログで紹介した栗城史多氏が、エベレストに散った。無理でも、無事、下山して、また挑戦されることを、願っていた矢先の訃報。非常に残念だ。「体調が悪い」のに無理をしてしまったのか。言葉もない。8000m以上にあるという「デスゾーン」。常にマイナス20度以下、空気は地上の三分の一、風速30m以上の風が常に吹く世界に、酸素を持たずに、行ってしまったのか。栗城氏は山頂から、中継したいと...   (続きを読む)
2018/05/21 16:29:54 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  いろんな山に登る  [4/9]
http://yamanoblog.wordpress.com/?p=7328
最近は同じ山になってるけど、ま、いいか
”仙人”の「仙」は人べんに山と書く。だから山に住んでいる人を、仙人というのだろう。一般の理解では、このような人たちは、世俗を捨てて山で自給自足の生活をしている人だ、と思いがちだ。しかし、生活をしているだけなら、それだけのことである。そこに何か真実をつかんでいなければ、せっかく山に住んでいる意味はないだろう。真実をつかんだ人のことを「真人(しんじん)」という。真人は必ずしも山に住んでいるとは限らない...   (続きを読む)
2018/05/20 20:29:18 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 31  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
黄色いテント (ヤマケイ文庫)

飽くことのない自然探究の精神と山岳写真への情熱。安曇野のナチュラリスト〟が遺した唯一のエッセー集、待望の文庫化! 山岳写真家として、また、高山蝶、雪...
[8月13日発売]
富士山デイズ vol.1

世界に誇る、日本一の山の麓で 「富士山に、暮らしたい。」日本が世界に誇る「富士山」は、「信仰の対象と芸術の源泉」として世界遺産にも登録される、日本人...
[8月10日発売]
火山のしくみ パーフェクトガイド: 成り立ちから噴火、災害、恩恵まで、火山のすべてを大解剖!

火山のすべてを大解剖! 日本には、111山もの活火山があり、世界でも有数の火山列島です。ここ数年、御嶽山や口永良部島の噴火による災害に続き、草津白根山や...
[8月9日発売]
ビヨンド・リスク 世界のクライマー17人が語る冒険の思想 (ヤマケイ文庫)

物故者6人を含め、クライミング界のレジェンドたちの貴重な証言集。1993年に本国アメリカで、96年に邦訳版が33社から刊行されて以来、四半世紀過ぎてなお、一...
[8月4日発売]
谷川岳と上越の山: ブルーガイド復刻版(昭和36年)

空前の旅行ブームがやってきた昭和30年代。当時の旅が、読めばよみがえる! 昭和36年創刊の旅行ガイドブックシリーズ「ブルー・ガイドブックス」のラインナッ...
[7月20日発売]
イラスト地図で登る 長野県の名峰百選(上)

長野県内の登山向け百名山を選び、詳しく、楽しく、美しいイラストマップで紹介するユニークな登山ガイド。上巻は50山72コースを紹介します。著者は手描き絵...
[7月18日発売]
山岳王 望月将悟 強くてやさしい本物の山男 ここにあり!

究極の山岳レース・トランスジャパンアルプスレースを4連覇した山男・望月将悟。消防士で山岳救助隊員、山でめっぽう強く、気はやさしくて謙虚。誰もが好きに...
[7月16日発売]
Coyote no.65 特集 MOUNTAIN STORIES 一瞬の山 永遠の山

本当の登山ってなんだろう。記録のためか、それとも自分のためか。限界の先へ挑み続ける孤高の登山家・山野井泰史にその答えを探す。山は今、"誰"のものなの...
[7月15日発売]
岳人 2018年 8月号

[7月14日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2018 登山の四方山話 - 2018/08/16 09:57:24