登山関連のブログ情報  -  ブログ「 さすらい人の独り言 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 10  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  さすらい人の独り言  [2/5]
https://blog.goo.ne.jp/iide3/e/975ce9bfb76afcad74a9708cc2800519
山登り、日々の独り言。「新潟からの山旅」別館http://iide.hp.infoseek.co.jp/
グレイシャーポイント駐車場展望台からのハーフドームの眺め 10月8日(日) 8:45 Yosemite Lodge発(グレイシャーポイントハイキングバス 8:25出発予定) 9:45 グレイシャーポイント駐車場 10:37 発 (4 mile trail) 10:56 El Capitan 見晴し 11:22 発 12:18 小沢 12:43 トレイルヘッド 13:08 Yosemite Lodge 着 最終日は、バスでグレイシャーポイントに上がり、4マイルトレイルを歩いて下りることにした。グレイシャーポイントは人...   (続きを読む)
2020/07/06 20:34:34 (2日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  さすらい人の独り言  [2/5]
https://blog.goo.ne.jp/iide3/e/96961f25d039eb6985960fd5d5d3f95d
山登り、日々の独り言。「新潟からの山旅」別館http://iide.hp.infoseek.co.jp/
広大な台地になったハーフドーム山頂 ハーフドーム・トレッキングルート(カーリー・ヴィレッジからハーフドーム山頂) 10月7日(土) 5:50 Yosemite Lodge発 6:30 Curry Village 6:58 Happy Isle Bridge 7:20 橋 (Mist Trail) 7:48 Vernal Fall滝口 8:04 橋 8:38 Nebada Fall分岐 8:42 Nebada Fall滝口~9:02 発 9:07 Nebada Fall分岐(Muir Trail) 9:35 Marced Lake Treck分岐 10:15 John Muir Treck分岐 10:45 稜線 11:03 ドーム...   (続きを読む)
2020/07/02 18:31:56 (6日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  さすらい人の独り言  [2/5]
https://blog.goo.ne.jp/iide3/e/c466482dc5af1126b4d48b82314026b9
山登り、日々の独り言。「新潟からの山旅」別館http://iide.hp.infoseek.co.jp/
二日目に、丸一日をかけてハーフドームの山頂をめざすことになった。ハーフドーム・トレッキングルート(カーリー・ヴィレッジからハーフドーム山頂) 10月7日(土) 5:50 Yosemite Lodge発 6:30 Curry Village 6:58 Happy Isle Bridge 7:20 橋 (Mist Trail) 7:48 Vernal Fall滝口 8:04 橋 8:38 Nebada Fall分岐 8:42 Nebada Fall滝口~9:02 発 9:07 Nebada Fall分岐(Muir Trail) 9:35 Marced Lake Treck分岐 10:15 John Muir Treck...   (続きを読む)
2020/06/29 16:34:09 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  さすらい人の独り言  [2/5]
https://blog.goo.ne.jp/iide3/e/18fe939093db69e3b4c5a76147c816a2
山登り、日々の独り言。「新潟からの山旅」別館http://iide.hp.infoseek.co.jp/
この原稿を書いている時点から35年ほど前のことになりますが、サンフランシスコに短期滞在した際に、ヨセミテを訪問しました。ヨセミテ国立公園は、アメリカでイエローストンに次いで2番目に制定された国立公園であり、最も人気の高い国立公園になっています。その魅力は、氷河によって形成されたU字谷の上に聳える大岩壁(その代表はハーフドームやエル・キャピタンで、バレーフロアから1000mの高さを誇っています。)やそこから...   (続きを読む)
2020/06/26 20:32:52 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  さすらい人の独り言  [2/5]
https://blog.goo.ne.jp/iide3/e/951e9ea3582fb84d41c9a7a01b32330d
山登り、日々の独り言。「新潟からの山旅」別館http://iide.hp.infoseek.co.jp/
この週末の6月21日に犬ヶ岳を登って、新潟100+10名山完登となりました。2010年7月に最初の「新潟100名山」の本が出版された段階で、残るは信越トレイルと犬ヶ岳になっていましたが、そのままにしていました。選ばれた山に、かならずしも納得がいかないところがあったこともあります。新型コロナの規制中の4月に新版が出版されたことから、ここらで決着を付けようかと思いました。犬ヶ岳の肩に建つ栂海山荘。栂海新道上の重要な...   (続きを読む)
2020/06/25 00:35:16 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  さすらい人の独り言  [2/5]
https://blog.goo.ne.jp/iide3/e/98ace7adb758c4a7c34715e4db74940d
山登り、日々の独り言。「新潟からの山旅」別館http://iide.hp.infoseek.co.jp/
サンタ・マリア教会に隣接する回廊は、ジェロニモス修道院の見どころの一つになっています。回廊は、修道士の祈りと瞑想のための空間であったといいます。回廊には、幾重ものアーチと柱が並んで、複雑な形に装飾されていました。1階はフランス人建築家ボイタック、2階はその死後に建設を引き継いだジョアン・デ・カスティーリョが手掛けたもので、マヌエル様式の傑作と言われています。マヌエル様式の特徴であるヤシやロープな...   (続きを読む)
2020/06/11 12:34:51 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  さすらい人の独り言  [2/5]
https://blog.goo.ne.jp/iide3/e/e269d66465d2795beac63bd033eb2e46
山登り、日々の独り言。「新潟からの山旅」別館http://iide.hp.infoseek.co.jp/
ジェロニモス修道院付属のサンタマリア教会の堂内に進んでいきます。正面の祭壇です。ローレンス作の5枚の飾り板が飾られています。祭壇 天井まで装飾が施されています。ローレンス作の5枚の飾り板。キリストの生涯が描かれています。主祭壇の両脇にも礼拝堂が設けられていました。これは正面に向かって右側のもの。左側のもの。入口を振り返ると、二階部分に合聖歌隊用のテラスが設けられていました。テラスいは、大きな十字架...   (続きを読む)
2020/05/26 12:33:57 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  さすらい人の独り言  [2/5]
https://blog.goo.ne.jp/iide3/e/d56d15084b9f2ae90c4f9d40a2d75368
山登り、日々の独り言。「新潟からの山旅」別館http://iide.hp.infoseek.co.jp/
発見のモニュメントに続いて、その背後に広がるジェロニモス修道院を見学しました。ジェロニモス修道は、エンリケ航海王子とヴァスコ・ダ・ガマの偉業を称え、また新天地開拓へ乗り出していく航海の安全を祈って、マヌエル1世が1502年に着工し、海外からもたらされた富をつぎこみ、約1世紀をかけて完成されました。巨大な建物ですが、向かって左は海洋博物館になっています。向かって右側にはサンタ・マリア教会があります。ス...   (続きを読む)
2020/05/19 20:31:55 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  さすらい人の独り言  [2/5]
https://blog.goo.ne.jp/iide3/e/622a296b83e986296a8aef0125b3c18a
山登り、日々の独り言。「新潟からの山旅」別館http://iide.hp.infoseek.co.jp/
発見のモニュメントは、エンリケ航海王子の500回忌を記念して1960年に造られたものです。リスボンで欠かせない観光スポットの一つになっています。エンリケ航海王子(1394~1460年)は、アヴィス朝を創設したジョアン1世の息子で、探検家・パトロンとしてアフリカ西海岸、さらにインド航路開拓を推し進めた大航海時代の重要人物です。発見のモニュメントの置かれた広場には、世界地図とともにポルトガルの諸外国への到来年が記載...   (続きを読む)
2020/05/15 00:32:49 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  さすらい人の独り言  [2/5]
https://blog.goo.ne.jp/iide3/e/2c839f1fbc51148cf09fb7d645b2fb45
山登り、日々の独り言。「新潟からの山旅」別館http://iide.hp.infoseek.co.jp/
リスボンでは、ラマダ・リスボンに2泊することになりました。客室。時差の関係で時間の感覚がおかしくなっていましたが、シャワーをあび、日本から持ってきたおにぎりとパンで夜食をとって寝ました。一日目は、これで終わり。日本からの直行便が無く、乗り継ぎの必要なポルトガルは遠いですね。二日目は、リスボンの市内観光です。まずは、リスボン中心地から南西部に位置するベレンの塔と発見のモニュメントの見学に向かいまし...   (続きを読む)
2020/05/13 00:35:04 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 10  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
筑波山 徹底パーフェクトガイド この1冊で山歩きから観光まで!

ハイキングコースはもちろん、パワースポット、縁結び、グルメ&おみやげなどの情報も満載。山歩きも観光も、筑波山の魅力が1冊に
[7月1日発売]
関東周辺 レベル別おすすめ登山ガイド 日帰りから山小屋泊まで 選べる30コース

★ 「キャリア」や「レベル」に合わせた快適に登れる「爽快コース」を厳選して紹介! ★ 「気軽」に行ける陣馬山 ★ 「レベルアップ」して日光白根山 ★ 燕岳、鳳...
[7月1日発売]
石槌山に抱かれて

[6月22日発売]
季刊のぼろ Vol.29

[6月19日発売]
富士山八十八景

[6月18日発売]
山の本 112号

[6月16日発売]
岳人 2020年 7月号

[6月15日発売]
ヤマケイ新書 萩原編集長 危機一髪! 今だから話せる遭難未遂事件と教訓

どんなベテランであっても、どんなに慎重な計画を立てたとしても、山の遭難をゼロにすることはできない。自然の中に潜む危険は、ときに人間の想像をはるかに...
[6月13日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/07/09 09:47:08