登山関連のブログ情報  -  ブログ「 三重の山男の山日記 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 16  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/210-e9a6.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
2月10(日)は、同好会の方々(全10名)と御在所岳へ登って 来ました。今日は念願の藤内沢からの登山でした(^^) 昨年藤内沢の計画が流れてしまい、また藤内沢入口で滑落制止訓練を やりましたが、藤内沢の登山は初めて。◆藤内壁出合 少し積雪が少ないようで心配しましたが、何とか大丈夫でした。沢の雪融けの水流が下を流れており、空洞化しているところや、大きな岩のトラバースで積雪が少なく崩壊の危険もありましたが、登れるぎ...   (続きを読む)
2019/02/13 00:37:32 (3日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/126-7508.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
1/26(土)は、朝熊山と伊勢神宮に行ってきました。4月に同好会の山行を計画しており、その下見となります。朝熊山への昔の街道である"朝熊岳道"と"宇治岳道"を通ります。まずは近鉄"朝熊駅"近くに駐車し、駅から「であいの広場」登山口まで 歩き、"朝熊岳道"にて山頂へ向かいました。約100メートルおきに "○町"の標識とともに登ります。二十二町で朝熊岳道の頂上(朝熊峠) に到着します。この日は大荒れの寒波がやってきているた...   (続きを読む)
2019/02/06 00:43:38 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/23-b2de.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
2月3(日)は、同好会の方々(全19名)と三峰山へ登って来ました。私は昨日の高見山に続き連日になります。高見山からは三峰山の白い 樹氷の山が見えていましたので、期待しておりましたが・・・ 昨日、高見山から見えていた三峰山の樹氷は暖かさのため、ほぼ融けて しまいました。ほんの少しだけ山頂付近だけ融けずに残っていました。登った時刻もあったと思いますが、怖ろしいものですね、一夜にして 消えてしまいました。山頂に...   (続きを読む)
2019/02/03 23:24:00 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/22-231e.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
2月2日(土)は、たかすみ温泉から高見山へ行ってきました。来年に同好会の山行を計画しており、その下見も兼ねています。この日は天気よし、気温も低く、樹氷が見れる絶好の日でした。前日に少し雪が降ったようでした。◆たかすみ温泉駐車場 会社の同僚にも声をかけて一緒に行きました。到着したのが9時頃でしたので、駐車場はほぼ満車状態でした。早速準備して出発しました・・・・ ◆高見杉の避難小屋 高見杉にてアイゼンを装着...   (続きを読む)
2019/02/02 00:07:00 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/127-7e2c.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
1月27(日)は、同好会の方々(全22名)と藤原岳へ登って来ました。年末に行ったときより積雪は少なかったですが、新雪もあり良かった。雪が粉雪のように、風で舞っていました。風が少し寒かった~ 避難小屋でぜんざいをいただき、御馳走様でした。雪山の山小屋では 温かなものが嬉しい。天気もまずまずで、いい山行になりました。皆さんお疲れ様でした。【写真】 【コース】 大貝戸登山口からピストン   (続きを読む)
2019/01/27 23:58:00 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/126-7508.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
1/26(土)は、朝熊山と伊勢神宮に行ってきました。4月に同好会の山行を計画しており、その下見となります。朝熊山への昔の街道である"朝熊岳道"と"宇治岳道"を通ります。まずは近鉄"朝熊駅"近くに駐車し、駅から「であいの広場」登山口まで 歩き、"朝熊岳道"にて山頂へ向かいました。約100メートルおきに "○町"の標識とともに登ります。二十二町で朝熊岳道の頂上(朝熊峠) に到着します。この日は大荒れの寒波がやってきているた...   (続きを読む)
2019/01/26 23:06:00 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/119-5fff.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
1月19(土)は、同好会の方々(全18名)と三重県の南部にある 姫越山へハイキングに行ってきました。昼間は暖かくて春を思わせる天気でした。名鉄ハイキング、コロンビアのハイキングなどのマークがあり、途中で名鉄ハイキングの方々に会いました。◆姫越山山頂 ◆芦浜(電力会社の原発予定地だったところ) ◆芦浜湖 この時期、雪山が多い中で久しぶりの暖かな里山歩きになりました。ゼンザイも振る舞われ、楽しい山行となりました。皆...   (続きを読む)
2019/01/20 20:38:20 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/113-14-181d.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
1月13(日)~14(祝)は、同好会の方々(全15名)と美ヶ原高原へ スノーシューハイクで王ヶ頭ホテル1泊の山行へ行ってきました。雪が少なかったため、レンタルのスノーシューハイクは取りやめましたが、持参した人は何とかスノーシューができました。時間帯によっては山々がよく見えて、アルプスなど満喫できました。昼間は天気がいいため、樹木には樹氷はありませんでしたが、夜の天体観測のときに既に、冷たい風にて霧氷ができてい...   (続きを読む)
2019/01/16 22:36:13 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/15-eeed.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
1/5(土)は、同好会のメンバー3名と冬の本谷にて御在所岳へ 登ってきました。朝のうちは下界では雨が降っていましたが、山頂付近は昨夜少し降雪があったようでした。全体的に雪は締まっていない状態で、岩場は気が抜けない。今日は凍結個所もなく、行きも帰りもアイゼンは付けなかったが、装着した方がいい。大黒岩へ寄ってから、新しくできたレストランにてお昼にしました。カレーうどんではなく、カレーラーメン(900円)を食べ...   (続きを読む)
2019/01/05 20:37:41 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/13-459c.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
1月3日(木)は初登りで多度山と多度大社へ参拝に行ってきました。健脚コース⇒中道の周回コースにて、途中で多度大社に寄りました。今日は三ヶ日ということで、多度大社は参拝のためかなり並びました。今年の安全を祈願してきました。【写真】 【タイム】 健脚コース駐車場 10:41 多度山山頂 11:14~11:47(33) 多度大社 12:37~13:05(28) 健脚コース駐車場 13:14 登山時間 2:33(61)   (続きを読む)
2019/01/05 20:37:40 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/11-b766.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
今年の元旦は、恒例となっている家族ゴルフでした。ゴルフ場はプロの開幕戦となっている東建多度CC名古屋にて カミサンと長男と私の3人。自宅から20分程度のところ。長男は初のイーグル奪取、私はバーディ1個と年明け早々、いいスタートが切れました。◆18H ◆金閣寺のショートH ◆9H グリーンなどは凍結しているホールもありましたが、風もなく 暖かなゴルフ日和でしたぁ~(^^)   (続きを読む)
2019/01/01 19:16:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/1230-01df.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
12/30(日)は、同好会のメンバー5名と大貝戸登山口から藤原岳へ 登ってきました。前日から今朝まで2日間でたくさん雪が降りました。8合目からは新雪が積もっている冬山コース。残念ながら先行者ではありませんでしたので、踏み跡はある状態。9合目からはさらに積雪量が増えました。多い所で80センチくらい。途中の風は冷たかった! 避難小屋に到着しお昼ご飯にしました。少ししてから山頂へ・・・凄い新雪でした。ラッセル80セン...   (続きを読む)
2018/12/30 19:11:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/1222-23-d717.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
12/22(土)~23(日)は、同好会の方々(全16名)と山出コースの 登山口から経ヶ峰登山後、避難小屋でしし鍋で泊りの忘年会でした。雨天スタートでしたので、避難小屋は貸切でした。皆さん、たくさん飲みましたねぇ~ 今年1年ありがとうございました。楽しい忘年会となりました(^^) 【写真】 【コース】 山出コースの登山口~経ヶ峰~避難小屋(泊)~登山口   (続きを読む)
2018/12/23 19:07:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/128-51ae.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
12/8(土)は、自身の年末恒例となっている丹沢へ行ってきました。今回は下見を兼ねたハードスケジュールのため、ソロでの山行でした。予定では富士山がバッチリ見えるはずでしたが、少し雲が湧いていて 下界は晴れているようなのに、雲の中にて見えずに残念でした。コースは二俣から鍋割山へ上り、塔ノ岳から周回してくる計画の 下見でした。栗ノ木洞の方から鍋割山へは登ったことがあったが、二俣から鍋割山への上りは経験がな...   (続きを読む)
2018/12/09 13:37:10 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/122-90c8.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
12/2(日)は、同好会の方々(全20名+飲み会1名)と朝明渓谷の朝明ロッジ から、鈴鹿の稜線の青岳へ行く途中にあるハライドへ登って来ました。標高は低いが少し急登もあり、一汗かきます。ハライドをピストンしたあと、会の忘年会(お昼)がありました。今日は朝からバスに乗り、乗り合いにての集合です。(飲めない人が運転手) 天気が良かったのでハライドからの眺望もよく、忘年会も楽しく美味しい鍋を いただきありがとうございまし...   (続きを読む)
2018/12/02 13:08:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  三重の山男の山日記  [0/7]
http://mieyama.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/1125-21fb.html
おもいではセピアいろ (風化していく思い出を書き留めたい)
11/25(日)は、同好会の人と六甲山へ行ってきました。下山予定の有馬温泉の有料駐車場に駐車し、まずバスで芦屋川駅へ向かいます。約30分くらいで到着。芦屋川駅横の広場では登山者の待合せ場所なのか、たくさんの人が集まっていた。芦屋川駅からロックガーデンへ向かう人たちである。私たちもその中に加わり、トイレなど済ませ準備して出発した。しばらく芦屋の高級住宅街を上っていくと、その外れに「ロックガーデン」なる 看...   (続きを読む)
2018/11/26 23:03:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 16  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
ヤマケイ文庫 定本 黒部の山賊

北アルプスの最奥部・黒部原流域のフロンティアとして、長く山小屋(三俣山荘、雲ノ平山荘、水晶小屋、湯俣山荘)の経営に携わってきた伊藤正一と、遠山富士弥...
[一昨日発売]
いざ!お山!山番長のパノラママップ

関東甲信越の山を中心に山番長が登ってきた96の山をオリジナルのパノラママップで詳しく紹介。登山のコースタイム、距離、高低差の記載はもちろん、温泉情報...
[1月28日発売]
3000mのドラマ 北アルプス 小川誠写真集

エベレスト登頂者にして山岳写真家の小川誠。これまで約半世紀にわたって撮りためた北アルプスの写真を厳選して1冊にまとめたベスト作品集。ベテラン登山家と...
[1月17日発売]
岳人 2019年 2月号

[1月15日発売]
神さぶる山へ

富士山に魅入られ40年以上にわたってレンズを向け続ける写真家大山行男氏。富士山をテーマとするヴィジュアル要素に富んだ出版物といえば、これまでは型どお...
[1月11日発売]
人生のなかに山があった ―私が登った山々―

私が学生時代と会社員人生の一環として行ってきたものに登山がある。入社後4年間は多忙で登る機会がなかったが、山好きの友人にも恵まれ、低山から百名山に至...
[1月1日発売]
ヤマケイ文庫 萩原編集長のヤマ塾 写真で読む山の名著 ヤマケイ文庫50選

NHKのテレビ番組「実践! にっぽん百名山」の解説者を5年にわたってつとめた萩原編集長が、ヤマケイ文庫に収録された山の本の中から印象に残る一節と、文章に...
[2018年12月27日発売]
山の花旅紀行

[2018年12月18日発売]
太陽のかけら ピオレドール・クライマー 谷口けいの青春の輝き

一流のアルピニストでありながら山や自然に対するしなやかな感性を持ち続け、ヒマラヤにもウラヤマにも等しい愛情をもって登り続けた谷口けい。その生涯は201...
[2018年12月17日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/02/16 12:45:34