登山関連のブログ情報  -  ブログ「 山頂デザートな日々 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 24  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-325.html
風もなく音もなくしっとりとした空気 どこへ向かっているのかもわからないような 朝なのか昼なのかもわからないような この世なのかあの世なのかもわからないような 白い景色の中 周りを見渡して誰もいなくなると この世の中にたった一人残されたような 底なしの不安みたいな気持ちになって 慌てて小走り気味に歩いて行く。AM 7 : 35 立派な水源碑だった。この下の谷には雪渓も見えていて ここから利根川の一滴が始まっているん...   (続きを読む)
2018/08/10 17:37:40 (5日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-324.html
今回ばかりは 山頂デザート、ではなく 自分で担ぎ上げたこのビールを ここまで頑張った自分への御褒美として プシュ! 身体中に沁み渡るビール・・・ 顔をあげれば なだらかな平ヶ岳の山頂 まだ時間も早いので 明日歩く中ノ岳方面への稜線を偵察に。まるで我が家のような小屋に戻って おつかれさまの夕餉の宴。しみじみ呑めば しみじみと。それにつけても カモエダズンネの急登はキツかったねと。そしてごちそうは続く。夕暮れの...   (続きを読む)
2018/08/08 17:36:15 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-323.html
獅子岩を上がったところが 八合目だった。これまでの急登 辛かった登りが報われる景色。丹後山あたりから 大水上山から兎岳 稜線が緑の草原なんて。なだらかで穏やかで ぐるり見渡しても気配というものがない。中ノ岳にかかっている雲も もうすぐ取れそうで 谷底から突き上げるその大きさに見惚れるばかり。越後三山の最高峰である中ノ岳は こんなに大きくて素晴らしい山なのに まるで南アルプス白峰三山の間ノ岳のような 名前...   (続きを読む)
2018/08/01 19:38:22 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-322.html
・ ・ ・ カモエダズンネ その尾根、凶暴につき ・ ・ 登れども登れども 平坦な場所はほとんど出てこない… 吹き出す汗に 脱水にならないようにだけ気をつけて 塩飴や塩分タブレットを口に入れながら 少しでも身体がきつければ すぐに止まって小休止をし ふと止まって見上げれば 美しいブナの並木道のようになっていたりもするけれど ふと、頭には 「牛歩」 という言葉が浮かんできて きっと、こんな時に使うんだろうな… そんな...   (続きを読む)
2018/07/30 19:38:54 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-321.html
・ ・ ・ その名は TANGO ・ ・ 巻機山に行ったとき 地図を広げながら 真っ先に目に飛び込んできた お花マークのついた尾根が続く 越後三山と巻機山と平ヶ岳の真ん中へんにあって 山頂のすぐそばには避難小屋 そして尾根の続きには 利根川の水源碑があるけれど SNSでは普段ほとんど目にすることもない その山の名前は 「丹後山」 。越後三山の雄、中ノ岳の登山口、十字峡。丹後山への取り付きは 林道を歩いてさらに奥まで進む。...   (続きを読む)
2018/07/29 19:38:00 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-320.html
暑い日には やっぱり水辺のそばがいいよね。汗をかきかき 木漏れ日の道を。奥の院をまいていくと 大きな木の下にひっそり建つ 長尾平の茶屋が見えてきた。ソムリエであるご主人か営む小屋だけあって 高尾あたりの茶屋とはかなりイメージが違う雰囲気。今日は寄らずに先へと進むけどいつか来ますね。灼熱の参道を歩いて本殿へ。そして山頂から奥の院を参拝して。どうぞ入って 品が良くて優しそうな女将さんに声をかけられて 亀屋...   (続きを読む)
2018/07/17 20:41:00 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-319.html
・ ・ ・ 汗だくと癒し ・ ・ あいてたら山行きませんかー 声をかけてくれたカヨチャンと 電車で行ける山 しかもこの猛夏のなかで caffeneroにも行きたいのですというリクエストにお応えできて 少しでも涼しく歩ける山は・・・・・ むかし登山部の大先輩に教えてもらってまだ歩けていなかった 上養沢からロックガーデン経由の御岳山… あたりはどうだろうかと カヨチャンにそれで手を打ってもらい 武蔵五日市駅で待ち合わせ。8時...   (続きを読む)
2018/07/17 20:40:59 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-318.html
・ ・ ・ ゆめのあとさき ・ ・ 天国への入り口は 一方通行だった。雄国沼はまるで湖のように ひろく静かな蒼い湖面。どこまでもつづく 一面の いちめんの イチメンノ ニッコウキスゲ 来る時にあれだけの人たちが下山して行ったから 今日はきっと早朝から木道に行列ができていたんだろうなあと それを思うとこうしてゆっくり立ち止まって お気に入りの一輪を見つけられたり のんびり自分のペースで木道を歩けることに 山を登る...   (続きを読む)
2018/07/13 20:36:25 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-317.html
・ ・ ・ 濃緑の前奏曲 ・ ・ こんな色 ミタコトナイ。コバルトブルー エメラルドグリーン 翡翠色… どんな言葉を当てはめてよいかもわからない 次々に現れた様々な沼の表情は これまでに見たことのない、そして 沼という今までの概念を180度変えてくれた。無事に五色沼巡りを終えて 一台だけ待っていたタクシーに乗り もとの駐車場へと戻るけれど まだまだこれで終わらない。どうしても見たい 雄国沼のニッコウキスゲのために ...   (続きを読む)
2018/07/11 20:36:16 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-316.html
朝活その2は 兎平駐車場から栂平へ。さわやか全開♩ 梅雨に入っている東京では 多分もう味わうことはできない さわやかな空、緑揺らす風、まだ少しだけしっとりした朝の空気感。そしてここもまた 足元にはどこまでも続く マイヅルソウの国。ほかの花たちとも 仲良く暮らすマイヅルソウ。空がひらけたら栂平 昨日歩いた山が遠くに見える。ここももう少しすれば 一面のコバイケイソウの国になる。それにしても またしても貸し切り...   (続きを読む)
2018/07/10 20:37:24 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-315.html
「吾妻小舎」 なんてお洒落な小屋の看板。受付をして お茶をいただいた後 今日の寝床を指定されたら 兎にも角にもおつかれさまでした! 関東からの十人くらいのグループに 二、三人の個人のグループ。なかなかにぎやかな談話室の一角に陣取って 小屋で買ったビールと あとは担いできた会津の清酒「花春」で 今日歩いた道を 見てきた景色を 感じた風を振り返りながら。午後6時 夕食です、と呼ばれて食堂に行くと これまで泊まった...   (続きを読む)
2018/07/08 21:36:39 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-314.html
ゆるっと。ゆるっと。安達太良山が見えてくるころ すこしずつ空に青さが戻ってきた。うん、いいんじゃないの~。樹林帯に入ると足元には 見たこともないほどの 見える限りに埋め尽くされた マイヅルソウ。登山道の脇はマイヅルソウの国だった。そして 登山道を下ってきて 湿原を一回りしようと足を進めると・・・ え? ええ?! うわああ! 埋め尽くすワタスゲ。あゝ また こんなところに ふわふわほわほわの王国が待っていたのか。...   (続きを読む)
2018/07/08 13:37:02 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-313.html
・ ・ ・ 伏し目がちのその瞳 ・ ・ 青空でないかなぁ・・・と無いものねだり。吾妻小富士のお鉢が見えてくる頃には さえぎるものは何もなくなり 帽子が飛ばされそうな強い風の中をもう少し。AM 10:50 赤茶けた広い地面の広がる そして強風吹きすさぶ一切経山の山頂に着いた。一応標高が2000メートル近くもあるんだね。山頂をさらに進んで いよいよ魔女の瞳とご対面。ハート ♡ を逆さまにしたみたいなその瞳。今日は高曇りの空...   (続きを読む)
2018/07/07 17:36:27 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-312.html
・ ・ ・ のんびりおだやか ・ ・ なかなか行く機会のない東北だけど 前回行ったのはいつだろう。大朝日岳、秋田駒ヶ岳、八幡平、安達太良山… 思い返せば何度かは訪れているけど あまりにも一括りにすると広すぎる上に 東京からだととても遠い印象ばかりで なかなか行くには決心みたいなものも必要だったり。それでも今回は「魔女の瞳」に逢いたいと 吾妻山へと向かうことに。あそこへ行くんだ と、高速を降りたらすぐに見えて...   (続きを読む)
2018/07/06 19:44:41 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-311.html
・ ・ ・ 秘密の花園 ・ ・ こじんまりとした田代湿原 緑の中にワタスゲもホワホワと 周りをコバイケイソウとレンゲツツジか取り囲んでいる。田代湿原から花咲湿原までの道乗りは・・・・・ もう写真も撮れなかったけれど それはちょっとオカルトのように 足がハマるとドロ沼地獄…的な かなりハードな道だったことだけは記しておこう。でも 崩れ落ちそうな木道の先に 待っていたのは それは まるで 秘密の花園。もうぽわぽわの...   (続きを読む)
2018/07/01 18:35:34 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-310.html
AM 10:20 山頂に到着。どこまでも青い空の下に緑の剣ヶ峰が 見渡す限りの雲海の上に浮かんでいる。富士山を目の前に 軽いランチとデザートと。風は爽やかで気持ちよくて デザートに添えた珈琲も格別の味。遥かに見える雪の残る稜線は 山座同定ができないのが残念だけど 越後駒や巻機山の方かなぁ。3月には真っ白な あの頂まで歩いた 中ノ岳。山頂でゆっくりと 見渡す限りの展望を楽しんだら 団体さんに場所を譲って さて次のお...   (続きを読む)
2018/07/01 16:35:51 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-309.html
・ ・ ・ ・ ・ 坂の上の雲、を突き抜けて ・ ・ ・ まるで絵本にでも出てきそうな 赤い三角屋根の武尊避難小屋。中を覗くとかなりくたびれた雰囲気ではあるけれど 雨風がしのげる避難小屋、という意味では 飛ばない大きなツェルト… そんなイメージの小屋だった。相変わらずブナやその他の気持ち良い森の中 少しずつ勾配が急になってきた頃 先頭を歩くタイチローサンが立ち止まったので 急いでそこまで上がって行くと・・・ お...   (続きを読む)
2018/06/29 20:39:14 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-308.html
・ ・ ・ ・ ・ 『眠る男』 の山 ・ ・ ・ ;車二台で日帰り、独標にでも行こうか そんな話も出た日曜日 結局それぞれの思惑とお天気と見たい景色の違いから 車は一台ずつ別々の山へ行くことに。一台は予定通りの独標へ さてもう一台の車の行き先は。早朝着いたのは武尊スキー場。残念ながらしばらく前に閉鎖となって リフトは使えなくなっていて 8時まで待てば上にある武尊キャンプ場の駐車場まで入れるみたいだけど そんな時間...   (続きを読む)
2018/06/27 20:36:41 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-307.html
・ ・ ・ 竹馬の友 ・ ・ 3月末にあった小学校の同級会。少しだけ特殊な事情で6年間クラス替えはなく そのおかげでそれぞれのクラスメイトについての理解はかなり深く 今でも会えば鮮明に思い出す小学校時代。担任の先生も二人だけ しかも今でもご健在で大学や教育界でご活躍と かなり恵まれた環境であったのは確かだけど。このところ一年おき位に開催されるそのクラス会で 「山歩いてます」 と言い続けてきたからか 今回は何人...   (続きを読む)
2018/06/10 14:36:38 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-306.html
・ ・ ・ 赤いちゃんちゃんこ ・ ・ 自分が子供のころ 還暦のお祝いといえば もう白髪でシワシワのおじいちゃんが 孫に囲まれて赤いちゃんちゃんこと 布袋様みたいな赤い頭巾をかぶってお祝いされている そんなイメージ・・・だった。5月の徳沢でもちょっとだけお祝いの真似事をしたけれど いつも地元登山部でみんなのリーダー的存在で いつもアクティブに山に挑んできたシゲコが いつの間にやら還暦を迎えて 今回は奥様のリホ...   (続きを読む)
2018/06/09 22:36:32 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-305.html
お腹も満たされて 程よく酔いも回ったところで 徳沢ロッヂを後にしてぶらぶらとテン場へと帰る。ソフトフォーカスがかかるくらいの程よさで。まだ陽の高い夕方前 みんなごそごそおつまみやら飲み物やらを出してきて 気持ち良い芝生の上で井戸端話し。例年の様にシゲコはひとりテントで高いびきだけど。今年初対面のタイチローサンとユーチャンは お互いに山ヤとして感じるものがあったのか意気投合。みんなそれぞれ お互いの山...   (続きを読む)
2018/06/07 20:35:54 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-304.html
・ ・ ・ 自分が生まれた季節を 好きになるワケ ・ ・ 明神橋を渡ると ニリンソウが出迎えてくれる。りんごカクテルも出迎えてくれる。これが爽やかで美味しいんだ♩ 春先の雪をまだ残した明神は 惚れ惚れするほどカッコ良い。いよいよ両脇に広がる ニリンソウロード。今年も来たね、徳沢へ。先週のゴールデンウイークは やっぱり激混みだったみたいだけど それも過ぎればのんびりムードの ゆったりとした芝生に我が家を思い思い...   (続きを読む)
2018/06/06 20:36:20 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-303.html
・ ・ ・ ニリンソウの季節に ・ ・ また一年が巡ってきた。徳沢のニリンソウとテント泊を楽しみ そして徳沢ロッヂでの宴会の季節。今年は冬が厳しかったけれど 花の便りはどこも早くて だいたい二週間ほど例年よりも早く見頃を迎えているという。それに合わせていつもは5月の下旬に企画する この山行も今年はGWの次の週末と いつになく早い設定となった。タクシーを降りて 朝6時の大正池は静かで美しかった。今日はここから歩...   (続きを読む)
2018/06/03 00:40:48 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [0/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-302.html
人もまばらな山頂。正面に見える富士山は また白く綺麗に化粧された姿で。富士山の左手にゆったり構えているのが 去年歩いた牛奥ノ雁ヶ腹摺山。今日はこの先まで行かないけど いつかこの間も繋げて歩きたいな。左右均等に裾野を広げて こちら側からの姿は本当に美しい。特等席でランチと山頂デザートを。ツキロク珈琲さんの山小舎ブレンドは 5月の限定ブレンドで 山小屋を山小舎にしたらどうですかという ネーミングのアイデア...   (続きを読む)
2018/05/19 08:35:04 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 24  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
黄色いテント (ヤマケイ文庫)

飽くことのない自然探究の精神と山岳写真への情熱。安曇野のナチュラリスト〟が遺した唯一のエッセー集、待望の文庫化! 山岳写真家として、また、高山蝶、雪...
[8月13日発売]
富士山デイズ vol.1

世界に誇る、日本一の山の麓で 「富士山に、暮らしたい。」日本が世界に誇る「富士山」は、「信仰の対象と芸術の源泉」として世界遺産にも登録される、日本人...
[8月10日発売]
火山のしくみ パーフェクトガイド: 成り立ちから噴火、災害、恩恵まで、火山のすべてを大解剖!

火山のすべてを大解剖! 日本には、111山もの活火山があり、世界でも有数の火山列島です。ここ数年、御嶽山や口永良部島の噴火による災害に続き、草津白根山や...
[8月9日発売]
ビヨンド・リスク 世界のクライマー17人が語る冒険の思想 (ヤマケイ文庫)

物故者6人を含め、クライミング界のレジェンドたちの貴重な証言集。1993年に本国アメリカで、96年に邦訳版が33社から刊行されて以来、四半世紀過ぎてなお、一...
[8月4日発売]
谷川岳と上越の山: ブルーガイド復刻版(昭和36年)

空前の旅行ブームがやってきた昭和30年代。当時の旅が、読めばよみがえる! 昭和36年創刊の旅行ガイドブックシリーズ「ブルー・ガイドブックス」のラインナッ...
[7月20日発売]
イラスト地図で登る 長野県の名峰百選(上)

長野県内の登山向け百名山を選び、詳しく、楽しく、美しいイラストマップで紹介するユニークな登山ガイド。上巻は50山72コースを紹介します。著者は手描き絵...
[7月18日発売]
山岳王 望月将悟 強くてやさしい本物の山男 ここにあり!

究極の山岳レース・トランスジャパンアルプスレースを4連覇した山男・望月将悟。消防士で山岳救助隊員、山でめっぽう強く、気はやさしくて謙虚。誰もが好きに...
[7月16日発売]
Coyote no.65 特集 MOUNTAIN STORIES 一瞬の山 永遠の山

本当の登山ってなんだろう。記録のためか、それとも自分のためか。限界の先へ挑み続ける孤高の登山家・山野井泰史にその答えを探す。山は今、"誰"のものなの...
[7月15日発売]
岳人 2018年 8月号

[7月14日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2018 登山の四方山話 - 2018/08/16 09:58:41