登山関連のブログ情報  -  ブログ「 山頂デザートな日々 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 26  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-348.html
夏にはニッコウキスゲが 咲き乱れるという湿原。この季節ひとけもない。さ、お待ちかね 火を起こして。ランタンに灯がともるころ 静かにJAZZが流れて 好きなお酒を片手に。雲の上にはお月さま。静かに時間が流れていく。9/24 ( SUN ) テントの中がほんのりと明るくなって ようやく目覚めるキャンプの朝。期待通りの 朝霧がそこに。美しい朝。モーニング珈琲を淹れるころ 朝の陽が無数の光のビーズを紡ぎ出す。もりもり朝ごはん...   (続きを読む)
2018/10/16 20:36:30 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-347.html
・ ・ ・ ゆっくりと秋と ・ ・ お彼岸の三連休 がっつり山に浸って 山の一部になるのもいいけれど 天気予報とにらめっこして 無理して行くこともないし 山に登らないキャンプへ行こうか、4年ぶりに。しかもオートキャンプへ。甲武信ヶ岳をその源に持つ信濃川が もうこんなにタウタウと流れる北信の地 美しい朝霧が見られるという 木島平村にあるカヤの平キャンプ場へと。管理センターにキャンプの申し込みに行けば この地で採...   (続きを読む)
2018/10/15 20:37:17 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-346.html
見晴でのんびりと お昼ごはんまで済ませて テン場をのぞきに行ったりしているうちに 青空がご機嫌をなおしてくれて 風がさらさらと渡っていく。帰りたくないけど。振り返る燧ケ岳と見晴。また来るね。そしてあの至仏山の下まで ぽくぽく歩いて帰るんだ。アヤメ平への道も 今日はきっと静かだったんだろうね。静かな秋の入り口 心地よく風に吹かれて。お日さまを浴びて ヒツジグサも花開いて。青空を深い藍色にかえた池塘 文様の...   (続きを読む)
2018/10/14 12:36:09 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-345.html
少しずつ 青空も顔をのぞかせてきた。心地よい風。素晴らしいバランスで 後ろにひっくり返らないように。この風景を少しでも大きく画面に収めたいんだね^^ 雲が切れてきて 少しずつ原に色彩が戻ってきた。何年かぶりのヨッピの吊り橋。この先へ行くのは初めてなので 熊の目撃がとても多いというその道は どんな道なのかとてもたのしみだった。あれが東電小屋… なんて絵になる。振り返る至仏山も 雲が上がりはじめている。東電小...   (続きを読む)
2018/10/11 07:36:20 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-344.html
・ ・ ・ 秋の入り口 ・ ・ 夏の終わりを告げるように 8月の後半になると 東京でもすさまじい雷とともに 局地的短時間大雨情報が出るような この夏一番くらいに激しく雨が降った夜がある。それ以降 季節が駆け引きをしているかのようで 秋雨前線が本州にぴったりと寄り添い どっちつかずのお天気が続いていた。みんなでどこか行こう♩ と楽しみにしていた9月の初めだったけど お天気がねぇ… じゃあ台風じゃなければしっとりして...   (続きを読む)
2018/10/07 21:36:17 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-343.html
・ ・ ・ 夏の終わりに ・ ・ いろんな山を歩いてきたけれど よくよく思い返せば 何度も来ていても その季節には歩いていない山 というのもある。夏の大菩薩嶺がそれだ。甲府盆地のヘリにあり 標高二千メートルほどということで 夏の高尾山や奥多摩あたりと同じく 暑さは東京とほぼ同じくらいということで できれば夏の間は御遠慮申し上げたい場所だった。しかも今年の夏は特別酷暑・・・ それでもお盆を過ぎ 8月もようやく終わ...   (続きを読む)
2018/09/30 21:40:27 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-342.html
・ ・ ・ 大人の遠足 ・ ・ 茅野の町並み 見わたして 続く峰々 八ヶ岳 シラカバ林に包まれた なかよし僕らの一宇荘 ・ ・ ・ 春先にあった小学校のクラス会で 小学生の時に行っていた茅野にある 「一宇荘」 に行こうという話になった。四年生から六年生まで3泊4日くらいの日程で 共同生活を学び、湖で飯盒炊爨をしたり 霧ヶ峰(多分ヤシマ湿原)を歩いたり 行く前には各自テーマを決めて調べものをしたり 帰ってきてからは作文を...   (続きを読む)
2018/09/29 16:37:02 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-340.html
みごとな雲海。でも 山頂の滞在時間はほぼ1分。代わる代わる写真を撮って 次の人たちと交代する。そして、言わずもがな、下りも渋滞だったりする(笑) こちらでもまた 一度谷底まで下りてから 目の前の壁のような斜面を 外輪山の縁へと登り返す。外輪山の外側は 見渡す限りの足元に広がる雲海。さっきまでいた新山の山頂を眺めながら やっとゆっくりと座って休もう。よくがんばった 。この先の道は海に向かって。チョウカイアザ...   (続きを読む)
2018/09/22 09:37:12 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-339.html
夏の朝のひかり。七五三掛、と書いて しめかけ、と読むそうな。外輪山への道を分けて 千蛇谷コースへと 道は谷の底まで一気に、一旦下って行く。谷底に残る雪渓は さすがにこの季節ではアイゼンはいらなかった。谷の底から山頂を目指して 太陽に向かって進む。振り返れば雲海の向こうに見える日本海。じわじわと来る登りのキツさも この景色に一瞬忘れてリセットされる。AM 9 : 30 鳥海山大物忌神社のある 御室に到着。振り返る...   (続きを読む)
2018/09/17 20:37:08 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-338.html
いつものように アラームが鳴る時間の遥か前に目がさめて いつもだったら朝までそのまま シュラフの中でおとなしくしてるんだけど 昨日寝る前に見た天の川をもう一度見たくて ゴソゴソとテントの入り口を開けて顔だけ出してみる。ちょうど真上に架かる光の帯 そして空一面を埋め尽くす光の粒たち。とても満たされた気持ちで またシュラフへともぐりこんだ。8/12 Sun 昨日とは打って変わって 一日の晴天が約束されたような 穏や...   (続きを読む)
2018/09/15 21:36:43 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-337.html
月山というと 封書の郵便がまだ60円だったころ 「雲の峰 幾つ崩れて 月の山」 と書かれたものと 最上川をデザインした二枚組の 奥の細道シリーズという記念切手があって そのデザインがとても好きで使っていたことを思い出しては その山に自分が来ていることが 何だか不思議な気持ちだった。すっかりとまたガスに包まれてしまい 名残惜しいけれどそろそろ下山。来るときには気がつかなかった 分岐があったのでそちらへ行くと な...   (続きを読む)
2018/09/13 22:36:05 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-336.html
山の神様がそぉっと雲を払ってくれたみたいだ。見えている先が どの辺りなのかもよくわからないけれど 雲が晴れると広がっていた景色は どこまでも穏やかでなだらかでやさしかった。空が広いね。何度も立ち止まっては 眼下にひろびろとあらわれた景色に しらず知らず 胸いっぱい深く息を吸い込んでいる。このルート唯一といってもいい難所(?) の、行者返しも軽々と越えて行けば 不思議と傾斜はさらにゆるやかに。両脇に広がるお...   (続きを読む)
2018/09/05 19:38:40 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-335.html
・ ・ ・ くものみね いくつくずれて つきのやま ・ ・ 夏休みの始まりは山の日だった。折立から初めて入る裏銀座の山旅を 去年のうちから楽しみにしていたのに 7月に入ってすぐに開けてしまった梅雨は これまでずっと記録ずくめの猛暑酷暑となって 大きな高気圧にすっぽりと覆われていたのに ここへきてその高気圧の元気が無くなってきた。なんでこんな時に、予定通り北アルプスへ行くにしても これまで通りの晴れは望めなさそ...   (続きを読む)
2018/09/03 19:38:05 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-334.html
いにしえに 佐々成昌も越えた、と言われる針ノ木峠。昨日の朝 柏原新道から見ていたこの斜面 どこを歩くんだろう、とほぼ壁のように見えていたけど 実際ここへ来てこれから歩く道を見下ろすと ・・・これはなかなか。顔をあげれば岩沢小屋岳や鹿島槍ヶ岳の のびやかな夏を写した姿が目に飛び込んでくる。種池山荘のオレンジの屋根も。優しい爺ヶ岳も。いよいよ雪渓に。なかなかどうしてさすがに 北アルプス三大雪渓と言われるだ...   (続きを読む)
2018/09/01 13:29:41 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-333.html
・ ・ ・ 山を想えば人恋し 人を想えば山恋し ・ ・ 昨日から歩いてきた道、稜線も もうじき終わってしまうと思うと 振り返り立ち止まってばかり。AM 9 : 50 最後の山頂に。今度は 北アルプスの向こう側が 高瀬ダムから伸び上がるように はるかに、ずっと、全部見えている。遠くなってしまった剱岳 空に浮かぶとりどりの雲 歩いてきたんだなあと実感する景色。もちろん山頂デザートと月六さんの珈琲を。山で飲む珈琲の美味しさ...   (続きを読む)
2018/09/01 13:00:50 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-331.html
・ ・ ・ パーフェクトな山頂 ・ ・ 名残惜しい赤沢岳をあとに 先へと進む。切れ落ちたガレ場を過ぎて振り返ると 新越山荘もすでに小さく。空は秋の気配を。右手を見れば隆々とした立山の岩壁 黒部ダムやロープウェイ駅も見えるのが とても新鮮な景色。針ノ木雪渓を歩いてる人も遠くに見える。あんな所を歩くんだ。振り返る剱岳が 少しずつ遠くなる。あれが針ノ木峠。スバリ岳への最後の登り 息は切れるし苦しいけれど 決して辛...   (続きを読む)
2018/09/01 10:35:43 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-330.html
・ ・ ・ 稜線に広がる世界 ・ ・ 8 / 5 Sun AM 3:20 起床 蓮華岳の上に弦月が輝いて 風もなく静かな朝を迎えた。手早く身の周りを整えて 自炊室でポットに入れていくお湯を沸かしているうちに 白んできた朝だけど稜線はガスに覆われていた。午前4時過ぎ こじんまりと居心地の良かった新越山荘をあとに 最初のピークの鳴沢岳へと向かう。登るにつれ真上の空が晴れていく。遥かな空の向こうが ヴィーナスベルトに染まるころに着...   (続きを読む)
2018/08/29 18:35:53 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-329.html
・ ・ ・ 山の悦び ・ ・ 先客の3人もすぐに出発してしまい こんなに素敵な山頂なのに やっぱりここもほぼひとりじめ。周りには百名山や二百名山、名だたる名峰が綺羅星のごとく並ぶけれど このコースには二百名山の針ノ木岳を除けば 無名峰に近い山だけ。そのおかげでこんな快適に 極上の稜線を歩けるんだけど。道の向こうからやってきたイワヒバリ。エサを探しながらかヨチヨチ歩いてきて コンニチハとすれ違ってそのまま歩い...   (続きを読む)
2018/08/24 19:37:21 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-328.html
・ ・ ・ ひとり占めの稜線 ・ ・ ・ 二年前は真っ白で その先の景色は何も見えない中 引き返した場所から 今日はこれ以上ない景色の中を その先へ歩けることが本当にうれしくて ちょっと歩いては立ち止まり 劔や立山や 振り返っては鹿島槍から五竜白馬までの山並みを 心のフイルムにも焼き付けながら のんびりのんびりと歩いて行く。今日は新越山荘までだから ピークでも何でもないけれど 景色の良い場所で珈琲タイム。こんな...   (続きを読む)
2018/08/22 21:35:44 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-327.html
・ ・ ・ 稜線漫歩 ・ ・ ・ ここまで着けば ホッと一息。ザックを置いて爺ヶ岳往復、ではなく 剱様と鹿島槍にご挨拶だけしに お散歩気分で稜線まで。オレンジ色の屋根が緑に映えて 日本ではないようなその景色の先に・・・ いつかその双耳峰の山頂にも行くからね 鹿島槍ヶ岳。穏やかな爺ヶ岳はまた今度♩ 鼻歌交じりの帰り道。種池山荘名物焼きたてピザと生ビールも 捨てがたかったけど そのせいで 先へ進めなくなった人も身近...   (続きを読む)
2018/08/19 20:36:14 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-326.html
夏山シーズン真っ盛り。前回の『丹後山』が あまりにもいろんな意味で強烈すぎて 戻って来てから半ば放心状態みたいになっていたけれど 季節は待ってくれないしお天気も良さそう。夏山JOYは北アルプスに行くことにして ハイシーズンの混み具合も気になるところだけど 扇沢からぐるり周回コースで稜線歩きを楽しもうと。いつも夜中に通り過ぎるエリアで迎える夜明け それは山の陰の重なる蒼さが美しくて。AM 5 :30 扇沢の無料駐...   (続きを読む)
2018/08/18 20:39:07 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-325.html
風もなく音もなくしっとりとした空気 どこへ向かっているのかもわからないような 朝なのか昼なのかもわからないような この世なのかあの世なのかもわからないような 白い景色の中 周りを見渡して誰もいなくなると この世の中にたった一人残されたような 底なしの不安みたいな気持ちになって 慌てて小走り気味に歩いて行く。AM 7 : 35 立派な水源碑だった。この下の谷には雪渓も見えていて ここから利根川の一滴が始まっているん...   (続きを読む)
2018/08/10 17:37:40 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-324.html
今回ばかりは 山頂デザート、ではなく 自分で担ぎ上げたこのビールを ここまで頑張った自分への御褒美として プシュ! 身体中に沁み渡るビール・・・ 顔をあげれば なだらかな平ヶ岳の山頂 まだ時間も早いので 明日歩く中ノ岳方面への稜線を偵察に。まるで我が家のような小屋に戻って おつかれさまの夕餉の宴。しみじみ呑めば しみじみと。それにつけても カモエダズンネの急登はキツかったねと。そしてごちそうは続く。夕暮れの...   (続きを読む)
2018/08/08 17:36:15 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-323.html
獅子岩を上がったところが 八合目だった。これまでの急登 辛かった登りが報われる景色。丹後山あたりから 大水上山から兎岳 稜線が緑の草原なんて。なだらかで穏やかで ぐるり見渡しても気配というものがない。中ノ岳にかかっている雲も もうすぐ取れそうで 谷底から突き上げるその大きさに見惚れるばかり。越後三山の最高峰である中ノ岳は こんなに大きくて素晴らしい山なのに まるで南アルプス白峰三山の間ノ岳のような 名前...   (続きを読む)
2018/08/01 19:38:22 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-322.html
・ ・ ・ カモエダズンネ その尾根、凶暴につき ・ ・ 登れども登れども 平坦な場所はほとんど出てこない… 吹き出す汗に 脱水にならないようにだけ気をつけて 塩飴や塩分タブレットを口に入れながら 少しでも身体がきつければ すぐに止まって小休止をし ふと止まって見上げれば 美しいブナの並木道のようになっていたりもするけれど ふと、頭には 「牛歩」 という言葉が浮かんできて きっと、こんな時に使うんだろうな… そんな...   (続きを読む)
2018/07/30 19:38:54 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [1/7]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-321.html
・ ・ ・ その名は TANGO ・ ・ 巻機山に行ったとき 地図を広げながら 真っ先に目に飛び込んできた お花マークのついた尾根が続く 越後三山と巻機山と平ヶ岳の真ん中へんにあって 山頂のすぐそばには避難小屋 そして尾根の続きには 利根川の水源碑があるけれど SNSでは普段ほとんど目にすることもない その山の名前は 「丹後山」 。越後三山の雄、中ノ岳の登山口、十字峡。丹後山への取り付きは 林道を歩いてさらに奥まで進む。...   (続きを読む)
2018/07/29 19:38:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 26  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
日本スノーボード教程 トータル スノーボーディング

初めてスノーボードにチャレンジするボーダーから上級者まで対応の必携マニュアル。
[10月17日発売]
日本スキー教程

資格検定を受検するスキーヤー、スキーパトロール、スキー学校従事者に向けた、現代のスキー環境に対応したスキー指導者必携のスキー技術書。
[10月17日発売]
『山と食欲と私』公式 日々野鮎美の山ごはんレシピ

大人気コミック『山と食欲と私』の主人公・日々野鮎美。「単独登山女子」の彼女が山で作る数々のおいしそうなおひとりさま山ごはんメニューを、実際に作り一...
[10月17日発売]
岳人 2018年 11月号

[10月15日発売]
群馬・奥利根の名クマ猟師が語る-モリさんの狩猟生活

狩猟について詳しくなりたいあなたへ。馬・奥利根の番人でクマ猟師・モリさんこと高柳盛芳氏が語るクマのこと、狩猟のこと、あれこれ。群馬県奥利根の名物ク...
[10月15日発売]
カレンダー2019 ALPINE CALENDAR (ヤマケイカレンダー2019)

日本各地の名山と美しい自然風景のカラー写真で各週を綴る山の写真ダイアリーの決定版! 山の四季を各月ごとに選択、左ページに写真、右ページに週のスケジュ...
[10月13日発売]
カレンダー2019 Mountains 日本百名山より (ヤマケイカレンダー2019)

あなたのデスクに、テーブルに、書斎やオフィスの机の上に百名山の世界が広がります! 多くの登山者が目標にしている「日本百名山」。その山々を毎年13座ずつ...
[10月8日発売]
カレンダー2019 日本百名山 (ヤマケイカレンダー2019)

日本を代表する名峰・名山の写真に、登山関連のイベント情報をプラス! 百名山好き、百名山登山者のための定番カレンダー2019年版。多くの登山者に愛されてい...
[10月8日発売]
山の手帖2019

山好きは、今年も山を持ち歩く― 2019年版ができました! 北・中央・南アルプス&八ヶ岳の情報満載の山のスケジュール帳。2018年12月~2019年12月の月間・週間ダ...
[9月30日発売]
カレンダー2019 美しき日本の山 The Splendor of Japanese Mountains (ヤマケイカレンダー2019)

日本を代表する山岳写真家による1,000点以上にもおよぶ名作・力作・秀作の中から選びに選びぬいた13点の山岳写真で構成、毎年大好評のヤマケイ定番山岳カレン...
[9月28日発売]
カレンダー2019 美しき世界の山 (ヤマケイカレンダー2019)

世界各国の山岳美を厳選!アルプス、アンデス、ヒマラヤ・・・全世界の山々の迫力を写し撮った壁掛けカレンダー2019年版です。日本を代表する山岳写真家たちが...
[9月28日発売]
一生、山に登るための体づくり

山登りを楽しく続けるために必要な体力を鍛えるための「山筋GOGO体操」を提案する、女子美術大学名誉教授・石田良恵先生が、「登山時報」で50回にわたって連...
[9月26日発売]
PEAKS特別編集 いつかは挑戦したい 難所のある山 詳細ルートガイド

岩場・鎖場のある難所を徹底解説! 首都圏を中心とした、ルート上に岩場・鎖場のある山を取り上げる中級者向けの詳細ルートガイド。登山歴3年目以上を対象に、...
[9月26日発売]
図解 山の救急法 医学的根拠から応急処置法まで

病院から遠く離れた山中で事故に遭遇したとき、傷ついた人、病に倒れた人を目の前にしてほかに頼れる人がいないときに、救助者が一番にすべきこととは? 傷病...
[9月21日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2018 登山の四方山話 - 2018/10/23 23:02:37