登山関連のブログ情報  -  ブログ「 山頂デザートな日々 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 25  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-374.html
そろりそろりと。すっかり遅くなってしまった初歩き。こんなにゆる歩きでも付き合ってくれるというカヨチャンと 新年の足慣らしに高尾山口から ケーブルカーへ向かう喧騒と離れて 20号線を渡り誰もいない草戸山の登山口。ゆっくりゆっくりと歩く 鬱蒼とした谷沿いの道は 四辻に出る頃には朝の光につつまれる。身体も温まって着込んだダウンも脱いで行こう。ああ、今日もいいお天気。ゆるやかな尾根を 何度か登り返しつつ ちょっ...   (続きを読む)
2019/01/15 19:36:49 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-373.html
年末に帰るから一日空けといて~ サチからの嬉しい連絡に 年末だろうがお正月だろうが もちろんまるっと空けとくからと この日に決まって待ち合わせはいつもの場所。もう、お正月を迎える準備も万端みたい。寒いけどお天気は1日良さそうで せっかくだからシモバシラを見に行こう と教えてくれたヨーコチャンと3人 シモバシラが見られるスポットの六号路から今日も高尾へ。沢沿いの道が終わって ちょっとだけキツイ階段の道も終...   (続きを読む)
2019/01/05 16:36:49 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-372.html
あゝゝ 気持ちいいね~ 広々とした裾野から 緩やかにせり上がり真っ白な 生クリームを載せたような山頂まで その綺麗な姿を眺めながら歩く道はとても快適。金時山の山頂まで行けば さらに富士山が バーン! と見えるはず。笹の生い茂る縦走路を期待しながら進んでいく。意外に直登の急登に苦戦しながら 何度も何度も登っては下りてを繰り返しながら。笹の縦走路も 笹の背丈はかなり高くて 景色のない中を歩いていくんだけど 笹の...   (続きを読む)
2019/01/04 22:35:44 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-371.html
富士山が綺麗に見える山に。そんなリクエストを叶えるべく カヨチャンがチョイスしてくれたのは金時山。それなら明神ヶ岳から縦走しようかという提案に 年末の、というか、クリスマスイブの祝日に いつもは滅多に通ることのない東名高速を西へ。あと1週間と少しで 箱根駅伝が開催される道を宮城野まで。宮城野ではタイチローサンが このコースを使う人がよく利用するという民間の駐車場を 「ネットの日貸し」で借りていてくれて...   (続きを読む)
2019/01/03 19:37:36 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-370.html
心地よいガラス越しの光の中 お茶をいただきながらストーブにあたる。朝ごはんもしっかりと 確かさっき食べてきたはずだけど それでも頼んでしまうんだ、お汁粉を。今朝は 他の看板猫 小池さんたちは皆 どこかへお出かけしてしまっているようで マクちゃんだけがたくさんおしゃべりしてくれて 私たちの相手をしてくれた。ありがとね。ごちそうさまでした。また寄らせていただきますね。もうお昼前という時間で これから山に上が...   (続きを読む)
2018/12/31 17:36:39 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-369.html
南アルプスはまだ雪少ないね。人影もまばら 風もない山頂で おつかれさまのBEERにランチ。そして 先月の陣馬山帰りに買ってきた キウイもちょうど熟したところだったので パパイヤとリンゴの赤ワイン煮とフルーツタルトで 山頂デザートを。この季節山頂で のんびりと過ごせるなんて とても贅沢。今日はもう 金ケ岳まで行かなくってもいいかな。南アルプスを、富士山を、八ヶ岳を、金峰山を眺めながら 気がつけば1時間以上も。さ...   (続きを読む)
2018/12/31 14:36:48 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-368.html
12月の山選びはむずかしい。富士山やアルプスの高くて白い山を どこから眺めるかみたいな選び方か 雪がついていればモフモフの その感触を思い出しながら これからの雪のシーズンに向けての足慣らしか… 行きたかった山小屋や山の温泉宿は もう冬季休業に入っていたりするので お天気とにらめっこしながら 行くエリアを絞るだけでもなかなかなことだったりする。今日は静かな茅ヶ岳へ。葉の落ちた明るい道をカサカサと歩く。こん...   (続きを読む)
2018/12/27 19:37:06 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-367.html
昨日の沼津アルプス。からの、明けての竜ヶ岳。今日は地元小学校おやじの会主催の 年一回の公募登山。竜ヶ岳でダイヤモンド富士を楽しもう! という名目で集まったのは約15名。蝶ヶ岳での骨折からおとなしくしていた 平塚在住のタイチローサンもリハビリがてら 参加するとのことだったので カヨチャンと2人、昨日は沼津帰りに平塚下車で転がり込んだ 『ザ・ホテル・タイチロー』 は四つ星ホテル並みの待遇で 竜ヶ岳キャンプ場の...   (続きを読む)
2018/12/25 18:36:25 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-366.html
山頂直下から ずっとロープの急坂に そろそろ太ももやふくらはぎが 少しだけプルプル・・・ こんな史跡も残っていた。平家のたった一人の生き残り、平重衡…中将さん。スキップしたくなる 魅惑の尾根道♩ いつも行くような山では見ない植生に キラキラ光る穏やかな海と 広がる青空。志下山からは鷲頭山と小鷲頭山が仲良く並ぶ。山の上から間近に海。いいねぇ。のんびり山ごはんを楽しむグループ。大トカゲ場、とはウンウンなるほ...   (続きを読む)
2018/12/22 14:36:03 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-365.html
春の徳沢にも来てくれた シゲコのザイルパートナーであるユーチャンが 寒くなったらぜひ沼津アルプス歩きましょう! と声をかけてくれていだのだけれど それがようやく実現することになった 師走の始まり。山に行くのには乗り慣れない 東海道線で海の際を走りながら迎える 日の出は太平洋から朝陽が昇る。これから山を歩くのにいつもなら どんどん山の中に入って行くのに そうではない、この、非日常感にかなりワクワク。7時半に...   (続きを読む)
2018/12/20 20:36:29 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-364.html
葉を落として 冬枯れの明るい山。この辺りかな、去年、撤退した場所は。あの時、背の高さまであるくらい笹に覆われた道だったけれど その時の笹は見渡す限りに 何十年かに一度しか咲かないという花が咲いていて 花が咲くと枯れるという言葉通りに 葉を落として細い茎だけがみっしりと 天に向かって伸びているだけの姿になっていた。その先の道は見た目よりもなかなか手強くて 落ち葉に隠れたトラバースの斜面は ズルズルと崩れ...   (続きを読む)
2018/12/18 20:38:47 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-363.html
寒さと引き換えに楽しむ 白と青の空間。静かな山頂。山頂から下り星尾峠で 冷えた身体を温める。カップ麺をおなかに満たして落ち着いたら 陽だまりの中で山頂デザートを。まるで古い映画のタイトルみたいな ほとんどジャケ買いしてしまった 『ReD VeLveT』 は珈琲ともよく合ってとても美味だった。経塚山を往復してきた時間の経過は あの、プラチナ色の並木道を冬枯れの 明るいけれど寂しい、ただの山道に戻してしまっていて そ...   (続きを読む)
2018/12/14 18:36:16 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-362.html
・ ・ ・ キラキラヒカル ・ ・ 展望台の正面には 11月も終わりだというのに まったく雪がついていない浅間山。明日歩く鼻曲山方面も 明るく開けて見えている。展望台に設置された山名盤には 荒船山頂、と刻まれているけれど いわゆる山頂標識はここにはないんだね。なだらかな道を艫岩から奥に進んでいくと うわぁ・・・ 雲が去って クリアになった青い空の下で輝く霧氷に ちっとも前に進めない。それはクリスマスの表参道や ...   (続きを読む)
2018/12/11 20:38:12 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-361.html
三連休。しかも金曜日からの。そして天気も悪くない。朝5時の地元出発は 春先から夏までならもう陽がかなり高くなっていて こんなに明るくなってから山に出発なんて… と少し後ろめたくもなるけれど この季節は5時といっても いつになったら朝が来るのかと思ってしまう。藤岡から関越と別れて 妙義が見えて来る頃には 朝の光と青空に包まれたけれど 荒船山の上だけは そこが風の通り道だと示すように 雲がかかり続けている。木の...   (続きを読む)
2018/12/09 16:35:10 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-360.html
11月も半ばを過ぎたけれど 風もなくポカポカ 陣馬山日和。ビールについてくる お通しの小鉢も美味しくてぺろりと。そしてけんちん汁と味噌田楽には 季節の柚子の皮が添えられていて その香りに一応もう冬の入り口なんだなと思うけれど この陽気と陽射しに目を細めるばかり。けんちん汁やお蕎麦のあとは ちょうどボジョレーヌーヴォーも解禁になったところで さすがにボトルは担いでこなかったけど 季節ものなのでほんのひとくち...   (続きを読む)
2018/11/30 18:42:31 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-359.html
高い山の紅葉が終わると 高尾の季節がやってくる。明るい低山の季節。朝 7時半過ぎの高尾駅北口は かなりカオスな時間帯で 改札から吐き出される学生や登山客、それを待ち受ける待ち合わせの人、小仏や陣場高原へ行くバス停は長蛇の列。それでもこのお天気に 人を待ってても バスの列に並んでも、みな笑顔。久しぶりにバスで陣場高原まで。気になるお蕎麦屋さんの 『昼の酒は美味い!』 の貼り紙や濁り酒に後ろ髪引かれつつ… 尾...   (続きを読む)
2018/11/30 18:42:30 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-358.html
・ ・ ・ ゆらゆらと秋を ・ ・ 11月の声を聞き 高い山ではちらほらと雪だより。この秋は いつか見たいと思っていた 安達太良山の紅葉に心躍り まさか紅葉の季節に行けるなんて これっぽっちも思っていなかった雨飾山から 360度の景色をこの目で見てしまい 心にかかっていた山が 両手を広げて迎えてくれたことで ここへきて少しだけ 燃え尽き症候群みたいになっていた。小屋締めになる蝶ヶ岳へ という話もあったけれど どうして...   (続きを読む)
2018/11/25 17:36:08 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-357.html
・ ・ ・ まだまだ秋を ・ ・ 初めての 那須の山に行くはずだった週末は 土曜日に大荒れ情報が出るほどの 低気圧がやってくるという。なかなか予約が取れないらしい 「大黒屋」さんの予約が取れたよ、と喜んだのもつかの間 ただでさえ風が強いとされる那須の稜線を 荒天の中歩くのは危険だね、という判断で 残念ながら 初めての那須岳は見送りとなった。さすがに楽しみにしていただけに残念だったけど きっとそのうちまた機会が...   (続きを読む)
2018/11/14 19:36:51 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-355.html
どこを見ても 見上げても見下ろしても 秋の色、秋の空気が包んでくれる。こんなに明るく輝く 秋の森の色に染まりながら。あゝ、下りてきてしまったね。振り返ると 山頂方面は雲に覆われて 太陽が隠れてしまうと ツンとした寒さに上着を着込んで・・・ おつかれさまでした! 路上駐車の車の列も ぽつぽつすき間が空いてきて ひと通り帰り支度をするけれど どうせこのまま帰っても高速は渋滞だから 鎌池にも寄ってゆっくり帰ろうか...   (続きを読む)
2018/11/09 19:37:37 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-356.html
・ ・ ・ 乙女と語らう ・ ・ 笹平からは あゝ、山頂も見えるんだね。もう、この時間で両耳に立つ人たちの姿がくっきりと。おだやかに続く笹原の道の向こうに もうひと登りで着く山頂が。糸魚川方面も。乙女の横顔が はっきりと見えるようになると もうそこは山頂だった。少しだけ雪をかぶった 白馬から雪倉、朝日へと続く稜線が 秋の空の下すっきりと見えている。二年前の秋に歩いた道 これが見たかったんだ。白馬から唐松、五...   (続きを読む)
2018/11/07 19:37:29 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-353.html
・ ・ ・ 黄色い光線 ・ ・ ・ 思いがけず 秋の色に煌めく 雨飾山に行けることになった。2年前の夏のはじめ 雨に煙る雨飾山に ひっそりと登り 真っ白な景色の中で踏んだ山頂。愛しけやしその山は静かだった。真夜中についた駐車場はもう満車で 路駐の列に車を止めて 朝までまどろみ 目覚めるとそこは どこもかしこも 秋の色に囲まれていた。冷え込んだ朝。2/11から始まる急登。この山の一番賑わう季節だから 行列が進まなくて待...   (続きを読む)
2018/11/06 19:34:56 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-352.html
・ ・ ・ 山ごはんを楽しむ会 ・ ・ 6月に行った五日市。小学校の同級生たちと 「次のお山はいつ?」とその場で 予定を合わせた今日の山ガール部第2回目の山行。週間天気予報では雨マークも チラチラついたりしていたけれど 前日までには回復傾向 雨マークも取れて朝の8時に高尾駅集合で。先月には小学校の山の家である 一宇荘へ行ったりしたことの反響はなかなか大きくて 山ガール部以外にも 実は旦那さんが山ボーイ(本人談)で ...   (続きを読む)
2018/11/02 19:34:59 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-351.html
・ ・ ・ 秋にまみれて ・ ・ 東日本大震災で崩れたという斜面は クッキリと紅葉との色を分けて 未だに生々しく凄まじいその跡を残している。秋の色がどんどん 積み重なっていくころ くろがね小屋が見えてくる。ひさしぶり、二度目のくろがね小屋 老朽化のために 建て替え工事が決まっているという。この雰囲気、残るといいな。小屋の外は団体さんが休憩していて あまりにもざわざわしていたから 小屋でカップヌードルを頼んで ...   (続きを読む)
2018/10/29 19:34:44 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-350.html
前回来たのは春先の 残雪の時期だったから 下でも上でも あまり景色は変わらなかったけれど 山頂直下まで来ると これまでの景色と色は一変する。稜線がとてもたおやかで 魅力的な和尚山。安達太良山の乳首の山頂。人も続々と上がってくるので 写真だけ。風は強いけれど 素晴らしいお天気。サクッと乳首から下りて 牛の背を歩けば沼の平の白い地獄。タイチローサン、船明神山の稜線を偵察に。こちらはまるで別世界 鳥も通わぬ…そ...   (続きを読む)
2018/10/27 17:35:50 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山頂デザートな日々  [2/8]
http://shimakokoko.blog.fc2.com/blog-entry-349.html
・ ・ ・ 秋のどまんなか ・ ・ 25年前の体育の日 私は涸沢で奥多摩山岳会のメンバーと 北穂高岳の東陵を登っていた。途中岩影で休みながら飲んだカルピスや ヒョッコリと出た北穂山荘、山頂からの景色はうっすらとしか覚えていないけど 秋の一日を穂高の稜線で楽しんでいた。北穂から涸沢岳、奥穂高岳山荘まで下りてきた時 学生らしき若い女性のグループが 優雅にお抹茶を茶筅でたてて喫しているところに出くわして 当時、お茶...   (続きを読む)
2018/10/26 18:36:58 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 25  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
3000mのドラマ 北アルプス 小川誠写真集

エベレスト登頂者にして山岳写真家の小川誠。これまで約半世紀にわたって撮りためた北アルプスの写真を厳選して1冊にまとめたベスト作品集。ベテラン登山家と...
[1月17日発売]
岳人 2019年 2月号

[1月15日発売]
神さぶる山へ

富士山に魅入られ40年以上にわたってレンズを向け続ける写真家大山行男氏。富士山をテーマとするヴィジュアル要素に富んだ出版物といえば、これまでは型どお...
[1月11日発売]
人生のなかに山があった ―私が登った山々―

私が学生時代と会社員人生の一環として行ってきたものに登山がある。入社後4年間は多忙で登る機会がなかったが、山好きの友人にも恵まれ、低山から百名山に至...
[1月1日発売]
ヤマケイ文庫 萩原編集長のヤマ塾 写真で読む山の名著 ヤマケイ文庫50選

NHKのテレビ番組「実践! にっぽん百名山」の解説者を5年にわたってつとめた萩原編集長が、ヤマケイ文庫に収録された山の本の中から印象に残る一節と、文章に...
[2018年12月27日発売]
山の花旅紀行

[2018年12月18日発売]
太陽のかけら ピオレドール・クライマー 谷口けいの青春の輝き

一流のアルピニストでありながら山や自然に対するしなやかな感性を持ち続け、ヒマラヤにもウラヤマにも等しい愛情をもって登り続けた谷口けい。その生涯は201...
[2018年12月17日発売]
山と溪谷 2019年1月号

[2018年12月15日発売]
岳人 2019年 1月号

[2018年12月15日発売]
山の本 106号

[2018年12月15日発売]
山を渡る -三多摩大岳部録- 1 (ハルタコミックス)

文系理系関係なし、山は誰でも登れます――ようこそ三多摩大学山岳部へ! 伝統ある、三多摩大学の山岳部。だが今年の春、部は存続の危機を迎えていた。理由(1)新...
[2018年12月15日発売]
生き残った人の7つの習慣

高峰登山に長年関わってきた経験と企業経営のマネジメントが融合!異変の予兆はなかったか――、どうすれば生き残れたか――。トップクライマーが実践する、企業経...
[2018年12月14日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/01/23 01:49:20