登山関連のブログ情報  -  ブログ「 WALK あばうと 日本4,000山 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 30  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=562
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
岩手県の山巡り、おまけはOFF TIME編。今回、下山後は、津波の被害を受けた海岸沿いで泊まり、観光や買い物をして賑やかしをするのも大切な目的。当ブログでもしっかり実名PRさせていただきマス。6日、氷上山から見た奇跡の一本松で有名にな陸前高田市。ご覧のとおり、津波の被害がもっとも深刻だった市町村のひとつで、観光資源であった美しい高田松原を失い、市の中心地も赤茶けた土盛りが大半。震災6年目でも、復興の道はま...   (続きを読む)
2017/10/16 22:37:30 (3日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=561
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
岩手県の山巡り、おしまいは、六角牛山。六角牛山は、遠野盆地の東部に位置し、その美しい山容から遠野小富士、また六神石山などとも呼ばれている。山名の由来は、アイヌ語の「山容の垂れ下がる」という意味、その昔6人の皇族が住んだという「六皇太人・ろっこうし」、山の女神「おろく」の名をとったなど諸説ある。多くの伝説や物語を持ち、遠野物語にたびたび登場、そのうちもっとも有名なのは、「神の始(かみのはじめ)」とい...   (続きを読む)
2017/10/15 07:37:39 (4日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=560
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
10月8日(日)、待ちわびたとびきりの秋晴れ。こんな日に遠野地方の名山、薬師岳と六角牛山を巡ることができるのはありがたいことでありマス。まずは、薬師岳。同山は、北上山地の最高峰早池峰山(1,917m)の南にあって、標高1,645mは、同山地2番目の高さ。山上部はハイマツ帯となり、「早池峰山および薬師岳の高山帯・森林植物群落」として特別天然記念物に指定。薬師岳と早池峰山は、西へ流れる北上川の支流岳川、東へ流れる閉伊...   (続きを読む)
2017/10/14 07:37:05 (5日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=559
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
翌10月7日は、あいにくの雨。午前中は大船渡市でOFF TIMEを過ごし、小降りになった午後、山田町・大槌町にまたがる鯨山に。日本に「鯨」と付く地名は、全国に分布し、海沿いに多いのは当然として、あんがい内陸部の地名にも付けられている。日本人と鯨との関わりは、昔から密接だったんでしょう。そのうち、鯨と付く山は、この610m峰と、その南の「子鯨山」、山口県の「鯨ヶ岳」しか見当たらなかった。「鯨山」 なんかわくわく...   (続きを読む)
2017/10/12 23:37:08 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=558
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
岩手県の山めぐり、2番目は陸前高田市と大船渡市の境にある氷上山(ひかみさん:874m)。その名の由来は、むかし山火事があった際、この山の山頂部だけが焼けずに残ったことから、火防の神が宿る山として、「火神山」と名付けられ、それが転訛して「氷上山」となったと伝えられる。山上には、西ノ御殿、中ノ御殿、東ノ御殿とも呼ばれる理訓許多(りくこたの)神社、登奈孝志(となかし)神社、衣太手(えたて)神社があり、山麓には、氷...   (続きを読む)
2017/10/11 23:41:27 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=557
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
2011年以来毎秋続けてきた「東日本大震災復興支援登山」。今年は、小屋仲間Yさんと一緒に岩手県沿岸部を中心に物見山(871m)、氷上山(874m)、鯨山(610m)、薬師岳(1,645m)、六角牛山(1,293m)を訪問。震災前の2006年、Yさんと早池峰山登山後に訪れた訪れた宮古市、震災2年後の2013年、Gan先輩と五葉山登山後に訪れた大船渡市や陸前高田市などが、どのくらい復興しつつあるのかこの目で見てくることも同じくらい大切な目的。10月6日...   (続きを読む)
2017/10/11 06:36:02 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=556
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
屏風山を登り終えてメンバー解散が13時過ぎ。せっかく秋の好天、もう1山登っておこうかと、同じく東濃八百津町の見行山へ。実は、今年5月、地元岐阜新聞にこんな記事が掲載された。「岐阜県八百津町福地の見行山(けんぎょうざん)(905メートル)に新しい登山道が開通した。登りやすいよう十分な道幅(0.9メートル)を確保し、登山口には駐車場やトイレ、道中と山頂部にはベンチや看板が設置された登山道は2本目で全長1.3キロ。見行...   (続きを読む)
2017/10/01 23:36:35 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=555
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
屏風を立てかけたような細長い山や連山をあらわす山名として、屏風山という名の山が全国各地にある。岐阜県にも、両白山地に1,354m峰が、瑞浪市と恵那市にまたがった美濃三河高原の794m峰があって、2山とも「ぎふ百山」となっている。今回は、「『岐阜百名山』勝手に選定委員会」の取り組みとして、794m峰を調査登山。同山は、1975年(昭和50年)刊行の、岐阜県山岳連盟編集、岐阜日日新聞社発行「ぎふ百山」に、「この山名もあり...   (続きを読む)
2017/10/01 10:44:36 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=554
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
岐阜県には三等三角点が600ほど、二等三角点が90ほどあるそう。それに対し一等三角点はたった17と大変希少で、その多くが乗鞍岳、恵那山など、名のある山に設置されている。そんな一等三角点の山に、2万5千分の1地形図に1,065.7mの標高が記されているだけで山名すら記載されない山が1つまぎれ込んでいる。それは、基準点名「月夜谷山」、通称は「タンポ」。「ぎふ百山」 のひとつだけど、この山の解説用に割り当てられた2頁には...   (続きを読む)
2017/09/25 21:36:52 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=553
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
ぼっちの今年の夏山登山も「日本百高山」踏破をもって無事終了。残されたものは、思い出と、たくさんの山バッジ。冬から春にかけて登山道もないマイナーな地元の山ばかり行っていたから、山バッチがある山が嬉しくて、ついつい買すぎてしまった (ロ。ロ;18個トハ ここで、夏山総集編も兼ねて一挙ご紹介。7月16日北八ヶ岳白駒山荘では「にゅう」のバッジを購入(画像右)。にゅう(2,352m)には立ち寄らなかったけど、山名のインパク...   (続きを読む)
2017/09/22 23:40:15 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=552
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
翌16日。夜明け前に心配で外を見ると、月が出ていてひと安心。5時30分に、村営頂上小屋を出発。高曇りで視界に問題はなし。白馬岳方向を振り返る。山頂直下の800人収容の日本最大の山小屋白馬山荘、雪田下の416人収容の日本第3の規模の村営頂上小屋、そして100張のテント場。ピークには、白馬岳もご苦労さんなことデス。行く手の、「白馬三山」、杓子岳と鑓ヶ岳 (※) 。登山道以外、白馬岳のような人工物は目に入らず、改めてみ...   (続きを読む)
2017/09/20 22:39:35 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=551
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
「日本百高山」、最後に未踏で残ったのが小蓮華岳と旭岳。白馬岳に隣接し、比較的簡単に登れるかとタカをくくっていたら、天候不順で2度も延期。今回、3度目の正直と9月の三連休に計画したら、台風が接近。夏山としてはラスト・チャンス。1日前倒ししてロープウェイを利用し、15日(金)、16日(土)の1泊2日に短縮。栂池自然園から入山、小蓮華山から白馬岳に至り、登山道のない旭岳を往復後、白馬三山の杓子岳、鑓ヶ岳から白馬鑓...   (続きを読む)
2017/09/20 06:36:31 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=550
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
翌9月10日。夜半に目が覚めるほどの雨。夜明けまで霧雨。今日は、宝剣岳を越えて三ノ沢岳(2,847m)に行く計画だったけれど、視界が効かず雨に濡れた宝剣岳の下りは危険だと判断。千畳敷側に迂回して三ノ沢岳を往復後ロープウェイ利用で下山するぼっちを含む3名と、伊那前岳(2,883m)を経由して直接下山するK君を含む4名に分かれて行動することに。頂上小屋を5:45出発、中岳(2,925m)を越え、宝剣山荘前に出る。小屋の前に古い石碑...   (続きを読む)
2017/09/12 20:36:34 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=549
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
「日本百高山」踏破まで、残すところ3山。9月9日、10日は、山の会の仲間7名で木曽山脈の将棊頭山(しょうぎかしらやま:2,730m)へ行って来マシタ。将棊頭山という山名は、その姿が将棋の駒の形に似ていることによるもの。新田次郎著「聖職の碑」のモデルとなった、1913年(大正2年)の「木曽駒ヶ岳大量遭難事故」で知られた山だけど、単独の登山対象としては地味なので、木曽駒ヶ岳、三ノ沢岳をセット。車を3台使い、桂小場登山口か...   (続きを読む)
2017/09/11 23:36:10 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=548
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
剣山は、標高1,955m、石鎚山に次ぐ西国第2の高峰で、徳島県の最高峰。剣のように天を指す立山連峰の剱岳とは違い、山容はおだやか。なのにどうして剣というのかについては、安徳天皇が山頂に剣を納めたことによるとか、山頂直下にある大剣神社の剣岩にちなむなどの説がある。高知方面から剣山の登山口、見ノ越までは、四国きっての「酷道」ともいわれる国道439号線をたどる。平家の落人伝説のある祖谷山を抜け、高知から約2時間...   (続きを読む)
2017/09/08 21:36:36 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=547
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
石鎚山・二の森から下山し、今宵の宿泊地 高知市へ。高知県が初めての連れ合いのため、桂浜にも立ち寄り。ひときわ青い太平洋はやっぱり気持ちを大きくしてくれるね。ホテルにチェックイン後、いそいそと繁華街のはりまや橋方面に出かける。海と山の幸に恵まれた高知は、居酒屋が多く、レベルが高いので楽しみ。女性がのびのび夜の街で飲み、子供連れも多かったりする。路面電車が発達しているのも好条件なのかもしれない。今回...   (続きを読む)
2017/09/07 06:35:48 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=546
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
9月2日 石鎚山山頂小屋の夜明け前。二ノ森に向け早立ちしようと握り飯の朝食をとっていると、ヘッドライトを点けた男女の登山者が。地元の方で、男性は毎月ご来光を見にここにきているのだそう。雲海が四国山地を全面覆い、石鎚山だけが雲の上に顔を突き出している。ウインドブレーカーを着込み、強い風の中、一緒にご来光を待つ。雲海を金色に染めて朝日が昇る。常連さんでもこれだけのご来光はなかなか拝めないとのこと。神官...   (続きを読む)
2017/09/05 22:37:05 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=545
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
「日本百高山」踏破まで残すところあと3山。9月1日〜3日、連れ合いを白馬岳に案内しつつ残る小蓮華山と旭岳に登る予定が、雨または霧と無情の天気予報。ぼっちは山修行に天気は選ばないけど、連れ合いには楽しく登ってもらいたいので、晴れた山を検索。こんな時、4000山も候補があるのは心強いところ。結果、四国の二大霊山、石鎚山とそこに連なる二ノ森、剣山とそこに連なる次郎笈・一ノ森を巡ることに変更。瀬戸内海を渡り、...   (続きを読む)
2017/09/04 23:35:12 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=544
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
8月20日 常念山脈〜表銀座周回 最終日。前日がんばって槍沢ロッジまで下りたので、後は常念山脈の稜線を越えて三股登山口に戻るばかり。夜明けとともに、ロッジを出発。早朝の槍沢の風景は、初めてみたいに新鮮。槍ケ岳に(たぶん)5回登ったうち、槍沢は雪の残る5月と、槍〜穂高縦走にチャレンジして悪天に南岳までで敗退した帰りと2回通っているはずだけど全く記憶がない。ずいぶん前だからかな、それともピークにばかり心をと...   (続きを読む)
2017/08/23 23:38:47 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=543
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
((2)表銀座赤岩岳からつづく) 西岳直下の山小屋「ヒュッテ西岳」に到着。西岳から南に延びる支稜線上に、今回の最大目標赤沢岳(2,671m)がある。取り付き点となる、テント場南端の岩から眺めると、いったん鞍部まで急降下し、急斜面を登り返すことは分かる。ルート取りは、ちょっと心配。しばらくハイマツをかき分けて降りかけると、踏み跡が出てきた。踏み跡に沿ってトラロープも下ろされている。トラロープがいったん途切れた...   (続きを読む)
2017/08/22 21:37:23 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=542
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
8月19日 今回の正念場 常念小屋〜横通岳〜東天井岳〜大天井岳〜赤岩岳〜西岳〜赤沢山縦走の1日。4:30 夜が白むのを待ち、常念小屋を出発。ほとんどの登山者が、ご来光を見に常念岳をめざす中、反対の横通岳に向かう。横通岳への登りで日の出を迎える。朝焼けは、天気が下り坂っていうけれどー やはり、その通り、みるみる霧がかかってしまった。縦走路は横通岳山腹を巻いているので、山頂へのルートファインディングは大変かな...   (続きを読む)
2017/08/22 19:36:22 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=541
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
「縦走主義でいこう!」と山に通いつめて、幾十年。飛騨山脈の縦走路は歩き尽くしたようで、実は空白になっていたのが、常念岳から大天井岳の間の縦走路。だから「日本百高山」の横通岳(2,767m)、東天井岳(2,814m)が登り残しになっている。中房温泉から大天井岳を経て、槍ヶ岳に至る「表銀座縦走コース」から南に外れた赤沢山(2,670m)も登り残し。赤沢山は、飛騨山脈でも希少な登山道のない山で、この夏の目標「日本百高山踏破」...   (続きを読む)
2017/08/21 06:35:56 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=540
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
8月6日(日) 北岳肩の小屋の夜明け。テント場の向こう、鳳凰三山の背後から日の出が始まる。さあて、出発。北岳山頂には、ご来光を拝む人たちがひしめいている。人混みが苦手なぼっちは、ひとつ手前の岩峰で日の出を迎える。岩峰の下で、季節外れのキタダケソウを見付けた! と興奮して、後で調べたら、チョウノスケソウだったみたい。チョウノスケソウを見たのも初めてだったので、まあよしとしよう。北岳山頂から、間ノ岳、農鳥...   (続きを読む)
2017/08/09 23:36:29 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=539
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
今回計画した、小太郎山経由北岳のルート取りは以下のとおり。8月5日 赤石山脈の登山基地、広河原から白根御池・草すべりを経て、北岳の北に延びる小太郎尾根を往復、北岳肩の小屋に1泊。翌 6日 小屋から北岳山頂に立った後、八本歯の頭、ボーコン沢の頭を経て池山吊尾根を下降、歩き沢に下山、バスで奈良田へ。登山地図によれば、小太郎尾根と池山吊尾根は、「難路」らしい。広河原のインフォメーションセンターにある赤石山脈...   (続きを読む)
2017/08/08 06:36:08 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=538
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
「日本百高山」のうち、赤石山脈で最後に登り残したのが、北岳の北に派生する尾根にある小太郎山(2,725m)。せっかくだから、悪天しか知らない北岳に登り直し、その姿が最も立派に見えるというボーコン沢の頭から拝んでみたい。という計画の、時間調整のため前日の8月4日登ったのが、甘利山(1,731m)と千頭星山(2,139m)。鳳凰三山の稜線が次第に高度を下げて山梨盆地に至る途中にある、いずれも「山梨百名山」でありマス。甘利山...   (続きを読む)
2017/08/07 18:36:09 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=537
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
岐阜県にある日本百名山10山のうち9山までが県境部に位置する。他県に接していないのは笠ヶ岳だけ。まさに岐阜県山岳を象徴する名山と言えましょう。笠山頂に至るルートは、笠新道、今回たどった弓折岳からのルート、そしてクリヤ谷ルートの3つ。そのうち、クリヤノ頭を通り槍見登山口に下りるクリヤ谷ルートは、かつてのメインルートながら、今は利用者がかなり少ない。最短の笠新道ができたためでもあるけれど、最大の理由は...   (続きを読む)
2017/08/03 21:36:33 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=536
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
7月30日(日) 縦走3日目。本日は、双六小屋から笠ヶ岳までの計画。その前に、双六小屋から簡単に往復できる樅沢岳に立ち寄り。樅沢岳は、双六小屋から槍ヶ岳に至る西鎌尾根上のピークで、標高2,755m、日本79番目の高山。ただし、双六小屋が2,550m地点にあるので、標高差200m程度、裏山に登る気分で往復が可能。高山植物もあまり見られないハイマツ帯の登り約25分で、三角点のない山頂に到着。晴れれば、西鎌尾根の先に槍ヶ岳が迫...   (続きを読む)
2017/08/03 21:36:32 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=535
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
7月29日 大縦走2日目。本日の行程は、北ノ俣避難小屋から、北ノ俣岳、赤木岳、黒部五郎岳、三俣蓮華岳、双六岳のピークを極めて、双六小屋に至る、コースタイム11時間あまりの長丁場。途中雷にでも遭ったら、縦走が完遂できなくなる正念場。早朝4:15北ノ俣避難小屋を出発。ヘッドライトを頼りに木道を進むうち、ようやく夜が白んできた。1.5?ほどの木道歩きが終わると、ハイマツ帯の登り。小屋から600mあまり、もくもくと標高を...   (続きを読む)
2017/08/02 22:36:37 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=534
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
飛騨山脈 北アルプスというと、まずは白馬連峰から穂高連峰へと南北につながる山々をイメージされるかも。しかし、その西に立山連峰があるのはもちろん、黒部五郎岳に代表される富山・岐阜県境の山並みがあり、長野を加えた3県の県境三俣蓮華岳から、槍・穂高連峰に並行した笠ヶ岳への稜線がある。今年の夏は、そのうち、富山・岐阜県境の稜線から笠ヶ岳に至る飛騨山脈西南部の大縦走を計画。縦走ルートには、寺地山、北ノ俣岳...   (続きを読む)
2017/08/01 22:37:12 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [0/12]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=533
「新日本山岳誌」掲載の約4,000山が修行の地。 めざせ山仙人!
全国約4000もの山が掲載されたぼっちのバイブル「新日本山岳誌」に「八ヶ岳」は載っていない。同じく「大雪山」「穂高岳」も掲載なし。なぜなら、これらは、連峰の総称であって、単体の山をさす名前ではないため。だから、赤岳だけ登って「八ヶ岳に登った」とおっしゃるのを聞くと、思わず「八ヶ岳の最高峰に登っただけでしょう」なんて突っ込みたくなるのが、山馬鹿ゆえの偏屈。そんな連峰をなす八ヶ岳は、南北約30?にも及ぶ大...   (続きを読む)
2017/07/23 20:39:26 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 30  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
関西ハイキング2018 関西圏のハイキング情報はこの1冊にお任せ!

関西ハイキング情報はこの1冊にお任せ! 特集:初心者でもOK! 六甲山の楽しみ方。大人気&超定番の六甲山を全方位から徹底ガイド。花の六甲、紅葉の六甲、水辺の...
[昨日発売]
天空の槍ヶ岳 穂苅 貞雄

天を突くようにそびえる槍ヶ岳の魅力を、あえてモノクロームの写真で表現した写真集。槍の穂先が顕著にそびえる槍ヶ岳は、穂高連峰、常念岳などの前山、剱・...
[昨日発売]
山は市場原理主義と闘っている

日本の山々がグローバル資本に狙われている―「山」「信仰」「食」の視点から東西文明を比較検証し、次代の共生モデルを提言。 --このテキストは、絶版本また...
[10月16日発売]
治す! 山の膝痛 膝の不安を解消する7つの知恵

膝痛治療のプロである整形外科医が、登山者の悩み「膝痛」の症状を診断、予防法や対処法を伝授。登山者のための膝痛対策本。長時間の山歩きを続けると膝がギ...
[10月16日発売]
マタギ 矢口高雄 (ヤマケイ文庫)

"狩猟ブーム〟の現代にこそ読み返したい猟師の源流がここにある ―― 千松信也(猟師)漫画家・矢口高雄氏の隠れた名作『マタギ』(1976年日本漫画家協会賞大賞受...
[10月16日発売]
分県登山ガイド 06 福島県の山

ふるさとの山々を網羅した、大好評の分県登山ガイドシリーズ『福島県の山』。20年ぶりにパワーアップして完全リニューアル! シリーズ累計200万部突破の大人気...
[10月16日発売]
岳人 2017年 11月号

[10月13日発売]
山女魚里の釣り 芦沢 一洋 (ヤマケイ文庫)

1970年代後半に始まる日本のアウトドアブームの中で「アウトドアの伝道師」と呼ばれ、遊歩大全の翻訳者としても知られる芦沢一洋の「釣りもの」。北海道から...
[10月13日発売]
アウトドア・ものローグ 芦澤 一洋 (ヤマケイ文庫)

1970年代後半に始まる日本のアウトドアブームの中で「アウトドアの伝道師」と呼ばれ、遊歩大全の翻訳者としても知られる芦沢一洋のエッセー集。愛用ものを通...
[10月13日発売]
PEAKS特別編集 日帰りで登る日本アルプス詳細ルートガイド

「人気の日本アルプスへ! 」という人にオススメする全24ルートを詳細解説!好評の「北アルプス詳細ルートガイド」や「南アルプス詳細ルートガイド」とシリーズ...
[10月2日発売]
歩いて楽しむ 奈良 大和路 (書籍)

【古都・奈良と古代史の香り豊かな飛鳥・大和路のおさんぽ本】◆奈良に点在する世界遺産や仏像、社寺といった見どころと老舗のお店を中心に、徒歩約3時間で回...
[9月29日発売]
分県登山ガイド 23 三重県の山

ふるさとの山々を網羅した、大好評の分県登山ガイドシリーズ『三重県の山』。20年ぶりにパワーアップして完全リニューアル! シリーズ累計200万部突破の大人気...
[9月25日発売]
分県登山ガイド 20 岐阜県の山

るさとの山々を網羅した、大好評の分県登山ガイドシリーズ『岐阜県の山』。20年ぶりにパワーアップして完全リニューアル! シリーズ累計200万部突破の大人気「...
[9月25日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2017 登山の四方山話 - 2017/10/20 05:05:09