登山関連のブログ情報  -  ブログ「 WALK あばうと 日本4,000山 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 20  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=742
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
12日 北海道の夏山旅最終日。大雨で9日に登れなかった富良野岳に、何とか登っておきたい。5時前に旭川のホテルを出て、登山口に向かう。十勝岳温泉の登山口を、5時55分出発。原始ヶ原までつなぐのは断念したけど、せめて「北の大地の大縦走」で登り残した上富良野岳から富良野岳の稜線は歩きたい。15時半旭川空港発に確実に乗れるよう、先に富良野岳に登り、時間が許せば上富良野岳をめざすこととする。ヌッカクシ富良野川に沿...   (続きを読む)
2019/08/17 05:36:53 (18時間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=741
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
11日 、二ッ池キャンプ地の夜明け。行く手の南岳から日が昇る。5時15分出発。ハイマツをかき分けながら縦走路を南岳山頂まで登ると、行く手に、硫黄山までの稜線が見えてくる。昨日以上にいい天気でよかった。南岳から知円別岳山頂までは、稜線を離れ、なだらかな斜面を横切っていく。何でもない風景のようで、気分を大きくしてくれるのが北海道の山のいいところ。ふたたび登り切ったところが知円別岳ピークの直下。ここからは...   (続きを読む)
2019/08/15 18:36:48 (2日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=740
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
知床半島中央部に連なる、羅臼岳(1,661m)を最高峰とする火山群。知床連山、知床連峰とも呼ばれる山々のうち、羅臼岳と一等三角点の硫黄山(1,562m)をつないで、縦走路が開かれている。途中に山小屋はなく、2泊3日または1泊2日のテント泊が前提、手付かずの自然が残る世界遺産知床はヒグマも多い。そんなワイルドなルートに「縦走主義でいこう!」と挑戦。久しぶりに武者震いするような計画であります。ルートの概要は、【登山口】...   (続きを読む)
2019/08/15 05:37:01 (2日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=739
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
毎夏北海道の山に通っていたのは、いつ頃までだったかしらん。振り返ってみたら、「日本300名山」を完登した2015年以来、北海道の山には登っていない。岐阜県の山もいいけど、夏はやっぱり北海道の山旅がいいなあ。ということで、8月8日〜12日の4泊5日で、2013年大雪・十勝連峰 「北の大地の大縦走」 で登り残した富良野岳と、羅臼岳から硫黄岳まで知床半島の山々のテント泊縦走を計画。富良野岳と、知床連山は、直線距離で220?...   (続きを読む)
2019/08/14 06:35:56 (3日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=738
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
8月3日、合宿2日目。ぼっちたちA組は、岳沢から天狗沢を詰め、ジャンダルム経由で奥穂高岳へ登頂、吊尾根から前穂高岳により岳沢に戻る計画。お試しの新人N君も含め、無事1日で周回できるか、いざ挑戦 (ロ。ロ)/オウ まずは、岳沢から天狗の頭(2,909m)とジャンダルム(3,168m)の間の天狗のコル(=鞍部)をめざし天狗沢を詰める。このコースは、奥穂高岳から西穂高岳の縦走路のエスケープルートで、国土地理院の2万5千分の1地形図に...   (続きを読む)
2019/08/06 22:37:30 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=737
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
8月2日〜4日は、ぼっち地元の山の会の、岳沢をベースにしたテント2泊の合宿。メインの3日に、A・B2組に分かれ、次のルートで穂高岳を周回する計画。・A組は、Nuリーダのもと、入会浅いメンバーが中心で、岳沢〜天狗のコル〜ジャンダルム〜奥穂高岳〜前穂高岳〜岳沢を周回 ・B組は、ベテラン組で、岳沢から奥穂高岳南鐐をクライミングして奥穂高岳登頂〜ジャンダルム〜天狗のコル〜岳沢に下山 どちらも、なかなかハードな内容。...   (続きを読む)
2019/08/06 21:37:23 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=736
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
台風一過の7月28日(日)、何とか天気が曇りなので、懸案の山のひとつ、水無山をめざすことに。富山・岐阜県境の水無山は、登山口となる富山県南砺市利賀村水無集落(廃村)までのアプローチが大変で、「ぎふ百山」の中でもっとも遠い山のひとつ。登山口までは飛騨市河合町から国道(酷道)471号線から楢峠越えが最短だけど、今回は台風の余波も考え、東海北陸自動車道五箇山I.C.→国道56号線→県道34号線で向かうことに。やはり予想通...   (続きを読む)
2019/07/30 06:37:24 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=735
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
7月27日は、ぼっちの何十回目かの誕生日であります。例年、梅雨明け直後で快晴率がすごく高いので、「誕生日プレゼントは山」と、家にいたことなない。ところが、今年は梅雨は長いし、台風6号は日本を直撃するしで、トホホであります。地球環境がおかしくなっているからなんだろうか。ということで(家族はぼっちが家にいるとは思わず予定があるので)独り新海誠監督話題の「天気の子」を見に。「天候の調和が狂った時代を舞台に...   (続きを読む)
2019/07/27 18:38:39 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=734
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
円空は、美濃国出身で、豪胆かつ無私の微笑みに満ちた「円空仏」を生涯12万体(約5千体が現存)彫ったと伝わる江戸前期の修験僧。円空仏は、昭和30年代に民芸品のような扱いでブームとなり、当時円空は流浪の乞食僧のように思われていた。しかし、研究家長谷川公茂氏らが円空仏の研究を進め、円空の生涯や思想が明らかになっていった。そして2006年、梅原猛氏が「歓喜する円空」(新潮社)で、円空を行基や泰澄につながる日本宗教史...   (続きを読む)
2019/07/24 06:37:26 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=733
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
飛騨高地の岐阜・富山県境にある白木峰は、日本300名山完登ということで、山仲間と 2015年の10月最短の富山県側から登った 。標高は1,596m、山頂が樹林帯でもおかしくないのに、日本海側からの風雪によって、矮小化ブナ林や風衝草原になっているため、視界を遮る樹木がない。おかげで、ササ原と湿原の中の木道を歩きながら、こころおきなく飛騨山脈や白山連峰の展望を味わうことができた。しかし、山馬鹿として言うなら、林道終...   (続きを読む)
2019/07/17 06:36:08 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=732
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
「信州取りこぼしの山」探訪、今回は美ヶ原の北端に位置する一等三角点の山、武石峰(1,973m)であります。美ヶ原は、松本市と上田市の間に横たわる、山上が高原状の火山で、最高峰の王ヶ頭(2,034m)、王ヶ鼻(2,008m)、茶臼山(2,006m)、牛伏山(1,990m)、鹿伏山(1,977m)、武石峰(1,973m)といったピークがあり、牧場が開けている。かつては、松本、上田から、つづら折りの道を登ると、不意に「世界の天井が抜けたかと思う」(尾崎喜八...   (続きを読む)
2019/07/07 09:36:46 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=730
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
梅雨空の週末、今回の「お山の勉強室」は、「国絵図」を見ながら、「近代登山」が始まる前、飛騨山脈の山々を江戸〜明治初期の人々がどのようにとらえていたか、時系列で見ていきましょう (ロ。ロ)/ 〇「国絵図」とは 「国絵図」は、江戸幕府が日本総図を作製するにあたり諸大名に命じて作らせた国単位の地図で、「献上図」ともいわれる。今の国土地理院の地図のように、公式な地図で、江戸時代の地理情報を知る基本資料となる...   (続きを読む)
2019/07/02 06:36:12 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=729
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
焼岳は、1907年(明治40年)に数百年ぶりに噴火して以来、水蒸気噴火を繰り返し、特に1915年(大正4年)の噴火に伴う泥流で、大正池が形成され、1962年(昭和37年)から翌年に掛けても水蒸気噴火を起している。上高地の形成に関わり、かつて岐阜県側に流れていた梓川を長野県側にしてしまうなど、火山の力を見せつけるまさに「活火山中の活火山」。登山の面では、飛騨山脈の主脈にあって日帰りできる、希少な日本百名山。この山に、連...   (続きを読む)
2019/06/23 13:36:08 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=728
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
山に行けない梅雨時は、調べごとをするにはいい時。今回の「お山の勉強室」は、深田久弥著「日本百名山」と、その影響を受けて派生した「地域版百名山」について一緒にお勉強していきましょう (ロ。ロ)/ 〇深田久弥著「日本百名山」の成り立ち 「日本百名山」は、小説家・随筆家の深田久弥(1903年-1971年)が1964年(昭和39年)に出版した山岳随筆。同書が成立するまでには、次のような経緯があった。・戦前1940年(昭和15年)3月か...   (続きを読む)
2019/06/16 10:36:12 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=727
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
唐堀山は、飛騨地方中央部を縦断する国道41号線/高原川や高山本線/宮川より西側に限ると、岐阜県最北の山。標高は1,159mと、この山域で特に高くはなく、ぼっちのバイブル「新日本山岳誌」にも掲載がない。それなのに、「富山の百山」「飛騨百山」 (※末尾「余禄」参照) になっているので、安峰山、流葉山登山の後に訪れてみることに。この山があるのは、西側の富山県八尾市側の万波川と、東側の富山・岐阜県境にあたる宮川に挟ま...   (続きを読む)
2019/06/10 22:36:17 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=726
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
安峰山を後に、次は流葉山へ。流葉山は、標高1,423m。飛騨山地のうち、JR高山本線の通る宮川と国道41号線の通る高原川の間に挟まれた山域では最も高い。飛騨地方では最も大きい飛騨流葉スキー場 (※) のある山として知られる。(※)2万5千分の1地形図では今もこの名称だが、経営が変わり、「スターシュプール緑風リゾート飛騨流葉」という、おそらく日本で最も長い名前のスキー場となった。山頂に立つには、冬はゲレンデの最上部か...   (続きを読む)
2019/06/08 07:37:48 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=725
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
飛騨の山岳探訪には、早出をしないと日帰りはできない。どうしても単独行が多くなり、ぼっちのぼっち登山が連続しておりますが、どうぞお付き合いを 。さて、6月5日(水)は、梅雨入り前にと、休暇を取って飛騨地方北部の安峰山・流葉山・唐堀山に集中登山。最初の安峰山(あんぼうざん)は、飛騨市古川町の背後にそびえる。古川町のシンボルともいえる存在であります。古川町と言えば、映画「君の名は。」の舞台とされた飛騨古川駅...   (続きを読む)
2019/06/06 23:37:12 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=724
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
「日本アルプス・上高地を広く世界に紹介し、登山の楽しみを伝えた日本近代登山の父とも言われるイギリス人宣教師ウォルター・ウェストン(1861-1940)。氏の功績を称え偲ぶ行事が毎年6月第1土曜日・日曜日に行われます。土曜日は、かつてウェストンも歩いた島々谷から徳本峠を越え、上高地までの記念山行。日曜日の式典では、ウェストンレリーフ前にて献花や詩の朗読、合唱、記念講演などが開催されます。」(JAPAN ALPS KAMIKOCH...   (続きを読む)
2019/06/03 23:38:19 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=723
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
飛騨の山岳探訪、今回は富山県境の六谷山(1,398m)とキラズ山(1,188m)であります。六谷山 (ろくたんやま)は、一等三角点の山で、その名は6つの谷を持つことにちなむ。三角点は富山県側で、谷のうち茂住谷以外の5つは同県側、しかも谷を「たん」と呼ぶのも富山方言なんだけど、登山口となる茂住峠へは岐阜県側東茂住から茂住林道で向かうことになる。キラズ山 は、岐阜県最北端の山で、その名は、かつて木を伐ると祟りがあると伐...   (続きを読む)
2019/05/27 22:35:48 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  WALK あばうと 日本4,000山  [3/9]
http://walk-about.jugem.jp/?eid=722
「新日本山岳誌」掲載の約4000山が修行の地。 めざせ山仙人!
連休5月2日に、クマガイソウを訪ねて連れ合いと登った、下呂市・郡上市にまたがる簗谷山。昨年は4月中に咲いたということだけど、今年は残念ながらまだつぼみだった。今回、せっかく下呂市の仏ヶ尾山まで来たので、再訪してみることにした。今回は(迷わず)弓掛川から簗谷を5?さかのぼった登山口に直行。新緑はずいぶん進んで、その分、あっけらかんと明るかった谷は、緑の陰影がかんじられる。比較しては申し訳ないけれど、里山...   (続きを読む)
2019/05/22 06:35:34 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 20  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
女ひとりで26日間 ヒマラヤを歩いてみれば 〜大自然と自分に繋がる旅〜

こんなにも美しい大自然の中で、目一杯体を使い、五感をフル稼働させて体感した先にあったのは、自分への信頼と美しい地球に生きていることへの喜びだった。...
[本日発売]
岳人 2019年 9月号

[一昨日発売]
夢のトライアル (山とマラソンに挑んだ鉄人の記録)

みちのく福島・白河に、昭和・平成を駆け抜けた韋駄天にして山男がいる。本書は、その驚くべき数多の足跡を綴った夢と冒険の記録であり、登山やマラソンを愛...
[7月30日発売]
走ること、生きること ―強く、幸福で、バランスのとれたランナーになるために―

美しさと強靭さを兼ね備え、数々の山岳競技で勝利を飾り、世界中のアスリートを虜にするエミリー。その独創的な練習方法、健康レシピなどのライフスタイルか...
[7月25日発売]
山は心の支えだった

著者は1962年北大医学部薬学科卒、在学中はスキー部山班で活動。国立衛生試験所(現・国立医薬品食品衛生研究所)勤務。最後の1年間、PMDEC(現PMDA)医療機器審...
[7月24日発売]
山の霊異記 霧中の幻影 (角川文庫)

山岳怪談実話の名手による、山の霊気に満ちた本当に怖い怪談集。霧の山道で背後からついてくる操り人形のような女性、登山中になぜか豹変した友人の態度、死...
[7月24日発売]
マウンテンスポーツマガジン トレイルラン 2019 夏号

夏到来。ガッチリ汗をかいて、気持ちよく山を走ろう。
[7月19日発売]
大雪山―神々の遊ぶ庭 市根井孝悦精選作品集

憧れの北の大地・大雪を、写真家・市根井孝悦が渾身の力をこめて表現した決定版 2000年の『大雪山――母なる大地』、2006年の『大雪山――四季の彩り』、2014年の...
[7月16日発売]
岳人 2019年 8月号

[7月13日発売]
ヤマケイ文庫 山怪 山人が語る不思議な話

日本の山には「何か」がいる。シリーズ累計20万部突破! ! 山の怪談ブームの火付け役。山で働き暮らす人々が実際に遭遇した奇妙な体験。NHKドキュメンタリーで...
[7月6日発売]
ヤマケイ文庫 名残の山路

旅行雑誌『旅』の名編集長が平成に残した山と旅の珠玉の紀行文集 旅行雑誌『旅』の元編集長で、紀行作家としても知られる岡田喜秋さんが、平成時代30年間に書...
[7月6日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/08/18 00:22:44