登山関連のブログ情報  -  ブログ「 やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 26  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/11/blog-post_24.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
山梨市徳和集落の乾徳公園、乾徳山登山口です。コロナの今年、特定の山に人が集中するという現象はここ乾徳山でも起きていて駐車場は県外車でいっぱいでした。トイレのある公園は盛りだくさんで、天皇陛下の皇太子時代の乾徳山登頂記念碑とか甲州独特の丸石道祖神なんかがあります。徳和川上流、東奥山窪からゴトメキを通って烏ノ尾根を下った山行。ちょっと気になったので大ダオというコルまでのことを詳しく書いてみます。と...   (続きを読む)
2020/11/24 21:35:57 (1日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/11/blog-post_16.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
カンマンボロンとは花崗岩の岩峰が峻立する瑞牆山(みずがきやま)、洞ノ岩(どうのいわ)の付け根の岩壁に刻まれた梵字の様に見える壁を指します。弘法大師がカンマンボロン(大日如来・不動明王という意味)と刻んだということになっている風化した花崗岩の壁です。瑞牆山の一般的な登山ルートは、南の富士見平小屋か北の不動沢経由かなんですが、カンマンボロン経由で大ヤスリ岩の下で富士見平小屋ルートに合流するのがパノラマコ...   (続きを読む)
2020/11/16 20:41:57 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/11/blog-post_15.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
三国と言えば三つの国の境というストレートな意味です。山中湖と駿河小山町との境の稜線、緩やかな稜線の県境。甲府盆地から御坂山地を越えて郡内(山梨では甲府盆地を国中、富士山の北のすそ野を郡内と呼びます)。に入って河口湖畔からの富士山。これは山中湖畔からの三国山山稜。登り口と下り口が違うのでいろいろ段取りしてスタートした篭坂峠。篭坂峠は山梨にある峠の中で一番深い峠かも知れません。古代官道 東海道甲斐路と...   (続きを読む)
2020/11/15 23:35:28 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/11/blog-post_10.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
はっきりした目的を持ったガイド山行でした。ロープに体重を預ける!ロープワークという言葉を使いましたが、ロープに体重を預けるってことをロープワークって言って良いものかどうか・・・良いんです、だいたいクライミング志向のない方たちが、クライミングロープに触れることなんてありません。体験は貴重です。いざという時に役立つでしょう。クライミングロープを扱ったことが無い方たちが、ロープに体重を預けるということ...   (続きを読む)
2020/11/10 22:39:16 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/11/blog-post_6.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
旅行会社のツアーで瑞牆山に行ってきました。だいたい暇なガイドなんで依頼されて日程が合えば何でもします。ただツアーは正直緊張します。その時だけの方と初めてお会いして決まったルートを登って下って途中で何があるかわかりません。何があっても対応しなければならないという緊張です。瑞牆山荘でトイレを済ませ登りはじめました。瑞牆山の森は紅葉が素晴らしかった! 短い急登をこなすと登場する景色。目の前に広がる景色...   (続きを読む)
2020/11/06 20:41:24 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/11/blog-post.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
山梨県の登山道点検パトロール事業ということで笊ヶ岳に行ってきました。老平からのメインルートのピストンよりは、笊ヶ岳から北上して転付峠に抜けた方がより多くの登山道をトレース出来ると思い歩いてきました。登山口の老平にはたくさんのユズが生っていました。もう誰も住んでいない民家の庭先の柿。サルの仕業です。真新しい架け替えられた橋。武沢の吊り橋も新しくなっていました。というのも雨畑の発電所に送る水の取水...   (続きを読む)
2020/11/03 14:40:19 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/10/blog-post_31.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
日本百名山の大菩薩嶺、大菩薩峠の南の尾根は小金沢連嶺とか小金沢連峰とか呼ばれています。正式にはどうなんでしょう?ということはどっちでもいいと思います、大菩薩峠の南に尾根が連なりそこにピークが連続するっていうことです。そのピークの連なりに甲州アルプスなどのネーミングされていますが、それはそれとして尾根が繫がってるという認識が大事でしょう。先週の土曜のJR中央線甲斐大和駅前の朝の様子です。甲斐大和駅か...   (続きを読む)
2020/10/31 23:34:59 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/10/blog-post_22.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
西黒尾根 から谷川岳に登って、大障子避難小屋に泊まった翌朝。日の出はオジカ沢ノ頭の南から昇るようでしたが、どんどん雲が湧いてきて太陽を見ることは出来ませんでした。パッキングが終わって、がらんどうになった大障子避難小屋の中の様子。大障子避難小屋の外観。水場も近く頼りになる避難小屋です。ひと登りでの大障子ノ頭のピーク。奥には圧倒的な存在感の万太郎山。1954.1mのピークは谷川岳主稜線の主役に思えました。...   (続きを読む)
2020/10/22 19:35:19 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/10/blog-post_21.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
谷川岳主稜線を歩いてきました。9月上旬の集中豪雨で運休している谷川岳ロープウェイは、10月31日まで動いていないので西黒尾根から登ることにしました。ロープウェイで天神尾根から登るより2時間は余計にかかりますが、その分早めに行動しました。天気がどんどん良い感じになって、みなかみのコンビニから見事に谷川岳が見えました。上越線土合駅前に車を停めて登山開始。西黒尾根登山口 紅葉のピークは標高1500m前後、ツツジ...   (続きを読む)
2020/10/21 19:35:12 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/10/blog-post_17.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
先月予定していた十石山に行ってきました。目的は満天の星を見ること、そして乗鞍まで縦走すること。登山口の白骨温泉。ひと登りして見えた白骨温泉。湯沢ノ平標高1800m前後の紅葉がきれいでした。十石山東尾根ではガスガス、稜線に近づくにつれ湿っぽいガスになって笹はビッショリ。だいぶ気温も低くなり、こんな時たいへん有難い十石峠避難小屋。手作りの柚子胡椒に合う夕食ということで鶏の水炊き、しめはうどん。写真はない...   (続きを読む)
2020/10/17 20:40:19 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/10/11.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
山岳雑誌の代表格のひとつ、山と渓谷11月号明日発売です。第2特集は登山とコロナというテーマで、この夏の様々な登山シーンを振り返ったものです。やぶ山三ちゃんちょっとだけ登場します。ツアー会社、ガイド協会武川理事長、コロナの変化とこれからという記事。大関ライターから電話取材を受けました。1時間くらい。今年になってヘリテイジのクロスオーバードームの記事をいくつも書いています。実際クロスオーバードームを購...   (続きを読む)
2020/10/14 22:39:31 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/10/blog-post_13.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
南北に長い小金沢連嶺を東西からアプローチしようとするとルートは限られます。登るにしても下るにしても、主稜線からの選択肢を増やしておきたいと目をつけた大谷ヶ丸北峰南西尾根。どうせならと西尾根から周回してみました。956m標高点が西尾根の終わりのピーク(登っているから初めのピークですが)で、送電線が見えているのでその鉄塔巡視路を使えばいいと登りはじめました。が、巡視路ロストして急坂を喘いで登って尾根に出...   (続きを読む)
2020/10/13 10:39:38 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/10/blog-post_12.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
このブログにも何度も登場する金峰山みたけ道です。どう書いたらいいかと逡巡しているうちに時間が経ってしまった山行を書きます。ちょっと前まで(おそらく半世紀という時間軸)甲府の昇仙峡の奥から登られていた金峰山です。それが金峰山のメインルート。その古のルートを効率よく登ろうという山行。ちなみに百名山の深田久弥は関東大震災の翌年に甲府駅から歩いて、黒平に一泊して信州川上村の川端下に下ったと百名山に書いて...   (続きを読む)
2020/10/12 15:35:15 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/10/blog-post_7.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
ガイド仲間の 倉品さん の松茸ツアー、初日は扉峠から茶臼山経由で美ヶ原山本小屋を目指しました。7年続く恒例山行だそうです。高曇りでも周りの山々が眺められた日。牧草地から茶臼山を振り返りました。左奥には蓼科山。以前は牧草地の中のトレイルを歩いていましたが今年から入れなくなったようです。口蹄疫予防のためだとか。牛が主役です。高原ホテルの山本小屋とふるさと館の山本小屋、そして王ヶ頭ホテル。美ヶ原のけた外...   (続きを読む)
2020/10/07 11:48:36 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/10/blog-post.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
お恥ずかしいのですが、僕以外の方は認識を共有していたという展開。韮崎に魅力を感じて移住された方向けの千頭星山登山ということでした。いや~ごめんなさい!言い訳はやめます!韮崎の魅力は頑張ってお伝えします!って市役所前に集合した朝でした。シャインマスカット、新府焼ごめ、おひさまのニーラクッキー、うさぎやのアンドーナッツが配られました。アミノバイタルはガイド協会から⁉ 本格的な登山は初めてという参加者も。...   (続きを読む)
2020/10/06 21:38:20 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/09/blog-post_30.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
写真は長野方面から上高地に行くときに沢渡の駐車場に車を停めますが、その沢渡です。沢渡大橋の東のたもとから見あげたらなんと目指す十石山が目の前に見えることに気が付きました。この山を意識しなければ見えなかった景色ってことで目からうろこでした。沢渡からさらにドライブして到着の白骨温泉入り口の駐車スペース。車道を20分くらい登って登山口。白骨温泉から中房温泉に通じる林道があったようです。どのくらい前かは...   (続きを読む)
2020/09/30 20:40:39 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/09/blog-post_28.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
今シーズンコロナ対応で使っているヘリテイジのクロスオーバードーム f <2G>。テントを支えるポールの中のショックコードが切れたので修理しました。この自立型ツエルトともいえるクロスオーバードームの徹底した軽量化へのチャレンジが凝縮している!と思えたポールのショックコードの仕組みでした。そういえばこのテントをテーマにした記事はありませんでした。クロスオーバードーム、はじめてテントを購入する人は止めといた...   (続きを読む)
2020/09/28 19:37:51 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/09/blog-post_26.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
地形図が読めると言っても全てがわかるわけではありません。大まかな地形がわかるだけで、等高線がゆるいからといって平らでないことの方が多いです。あとは植生もおおまかにしかわかりません。下の地図でも広葉樹林と針葉樹林、そして荒地の地図記号が見えます。右端の主稜線のコル状の確認に行きました。登山道を北から行っても南から行ってもとても時間が掛かるので、林道から目的のコルに直接沢を行くことにしました。標高...   (続きを読む)
2020/09/26 16:40:34 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/09/blog-post_25.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
尾白川吊り橋を渡って登山口、甲斐駒ヶ岳黒戸尾根の登山口です。黒戸尾根の登山口はもう一つ東の横手口もありますが、この竹宇口が圧倒的に多い登山者です。約2200ⅿの登りの始まりです。黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳山頂に行って、鋸岳に延びる尾根の途中の六合石室に泊まって日向八丁尾根を下る周回ルートって登山でした。笹の平手前、この場所の景色は大好きです。条件が良ければ写真の先から甲斐駒山頂が見えます。平成生まれのパ...   (続きを読む)
2020/09/25 23:37:22 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/09/blog-post_19.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
南から薬師岳、観音岳、地蔵ヶ岳の鳳凰三山の鳳凰山です。正真正銘地元の山です。毎日とりあえず眺める山ですし、僕が住んでいる韮崎市の最高峰が観音岳です。そんな地元の山にテント泊実践の途上の方々と余裕をもって登るという今回でした。いくつかあるルートの中でも、今回の南アルプス市夜叉神峠から登るものが一番楽に登れます。でも長いんです。急登は少ないものの長いルート。夜叉神峠から南御室小屋を目指すルート。大...   (続きを読む)
2020/09/19 21:38:11 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/09/blog-post_16.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
釜無川は富士川の支流です。甲府盆地の南で笛吹川と合流して富士川になるわけですが、合流前には御勅使川(みだいがわ)、小武川、大武川、尾白川、そして神宮川というのが大きな支流です。登攀対象の神宮川の支流として、右岸に一番初めに登場するのがヤチキ沢です。あまり難しくない登りやすい沢です。ヤチキ沢出合。簡単に登れる滝が連続するのでどんどん高度が稼げます。こんな倒木が行く手を邪魔するのも一息付ける感じでア...   (続きを読む)
2020/09/16 20:39:51 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/09/blog-post_11.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
今回の剱岳の行程はちょっと珍しいものでした。1日目は扇沢から室堂にアルペンルートを使って剣山荘まで。2日目は剱岳に登った後、雷鳥沢にテント泊。最終日は浄土山に登って一ノ越から東一ノ越経由で黒四ダムまで下るというもの。雷鳥沢の夜は強風に悩まされました。強弱はあったもののほぼ吹きまくった風。ガイライン2本が切れました。大日岳がきれいな朝。写真に強風は写りません。雷鳥平の真ん中の幕営地。地獄谷東を通る登...   (続きを読む)
2020/09/11 19:35:32 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/09/blog-post_10.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
剱岳2日目、山頂への別山尾根です。剱山荘に泊まる登山者はほぼ全員剱岳ピストンが目的です。日の出は5:10くらい。小屋の朝食は5:30ですがほとんどの皆さんが暗いうちからヘッドランプをつけて出発します。僕らはわざと時間をずらし小屋でしっかり朝食をとって6:00過ぎに出発。混雑を避けて自分たちのペースで登りたかったからです。すごく良いコンディションで、富山平野から能登半島まで望めました。一服剣という2618m標高点...   (続きを読む)
2020/09/10 20:39:57 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/09/blog-post_9.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
剱岳に2泊3日で行ってきました。感じたことを書いてみます。主にコロナ対応のことです。ウィークデイだったので楽に車を停められた扇沢無料駐車場でした。混んでるときは更に400m下の駐車場になります。扇沢駅の駐車場が高額なための狙いです。扇沢から黒四ダムへの電気バスの車内。わかりにくい写真ですが、運転席の前がビニールで遮断されていました。乗り降りは後のドアのみです。馴染みのポスターです。見えない新型コロナ...   (続きを読む)
2020/09/09 19:34:46 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/09/blog-post.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
先週の山行です。北八ヶ岳の双子池にテント泊するというのが目的の山行でした。山頂を目指すというより、テント泊装備をザックに詰めて行動するというもの。竜源橋からです。蓼科山と横岳の間のゆるい傾斜の登山道。ひと登りすると左手に蓼科山がどっかり。出発した竜源橋の横の滝ノ湯川は水の流れはありませんでした。初めから伏流なのですが、はっきりした河原からは降雨時の流れが想像できるものでした。南からの雨雲が迫っ...   (続きを読む)
2020/09/05 22:35:14 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
ガイド  やぶ山をこよなく愛する登山ガイド 三ちゃんの山日誌  [6/7] 人気ブログ
http://mtgd3chan.blogspot.com/2020/08/blog-post_31.html
山梨の地元ガイド三上浩文のブログです
この季節に伊豆の山に行くっていうのはかなり珍しいことです。仁科峠の牧場の牛たち、青空の下この景色は素晴らしいものでした。いただいたリクエストは南アルプス深南部の黒法師岳。ところがアプローチの林道がことごとく使えないとわかった翌日、じゃぁトレーニングで地図読みという流れでした。なんで猫越岳かっていうと、リクエストいただいたのが静岡の方だったということだけです。猫越岳周辺は緩やかな地形の中に変化が...   (続きを読む)
2020/08/31 20:39:45 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 26  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
関西 山のぼり&ハイキング BESTコース

日帰りで無理をせずに低山を楽しむ!関西の人気山登り&ハイキングコース!ヤマガスキナダケさんがおすすめする関西の人気山のぼり&ハイキングコースを徹底紹介!...
[本日発売]
山は登ってみなけりゃ分からないー朝焼けをリュックにつめて

「山の達人」石丸謙二郎が、軽妙でリズミカルな文章に墨絵を加えて表現した「山の発見本」。
[一昨日発売]
よくわかる山岳信仰 (角川ソフィア文庫)

国土の七割以上を山に囲まれた日本では、古くから山を神聖視して信仰の対象とする山岳信仰が盛んだった。そして、六世紀に仏教が伝来すると、山岳信仰は仏教...
[11月21日発売]
ヤマケイ新書 マタギに学ぶ登山技術

山のエキスパート集団「マタギ」が教えてくれる歩き方から衣食住まで網羅したサバイバル登山技術集!山で生き残るためのマタギの叡智をわかりやすく紹介。最新...
[11月18日発売]
ヤマケイ文庫 画文集 山の独奏曲

軽妙な文体と洒脱な挿絵が醸し出す串田作品の隠れた名作。一九六〇年代のハイキング雑誌『ハイカー』に連載された山のエッセイに、筆者がみずから書き下ろし...
[11月18日発売]
ヤマケイ文庫 山の不可思議事件簿

山には「不可思議」が満ちている。山と登山にまつわる怪現象・謎・怪物など、奇妙な事件を一挙紹介。
[11月14日発売]
ヤマケイ文庫 定本 山小屋の主人の炉端話

山で暮らす人ならではの信じられない実話を丹念に拾い集めた山語り34編。
[11月14日発売]
岳人 2020年 12月号

[11月13日発売]
ヤマケイ新書 ソロ登山の知恵

山の魅力を独り占めでき、マイペースで歩けるのがソロ登山。その魅力やリスク、必ず身に着けておきたい登山技術などを経験豊富なエキスパートたちが解説。ソ...
[11月12日発売]
ちゅうごく山歩き Vol.7

中国新聞に連載された「ちゅうごく山歩き」をまとめた冊子の第7集です。2018年7月から19年5月までの掲載分(42回)を収録し、山ごとに、地形図を使った登山ルー...
[11月10日発売]
故郷の懐かしき山

それは不幸な偶然だった……。彼らの前に現れた不審な男は何を隠しているのか。明るい将来を夢見たふたりに不幸は突然おそってきた。変わらぬ故郷は語る「罪を...
[11月1日発売]
最新科学が映し出す火山 その成り立ちから火山災害の防災、富士山大噴火 (ベストセレクト)

火山の噴火は本当に素晴らしい、強烈な現象です。夜中に真っ赤な溶岩が飛び散る様子は、実に神々しいものがあります。一方、火山噴火は危険で、場合によって...
[10月27日発売]
ランドネアーカイブ 山好きのための簡単レシピBOOK

食材と調理器具は最小限に、手間もなるべくかけずに、ひと工夫で美味しくつくれるワンバーナー料理レシピ集。ランドネでこれまで連載をしてきた「かんたん山...
[10月27日発売]
そこにある山-結婚と冒険について

人はなぜ冒険し、山に登るのか―― 「永久にわからないだろう、わかるはずがない、わかってたまるかこの野郎」と思い続けてきた謎を解き明かしたのは、まさかの...
[10月20日発売]
ヤマケイ新書 山登りでつくる感染症に強い体――コロナウイルスへの対処法

コロナ禍が蔓延するなかで、医療現場の最前線で闘う山のドクターが提唱する、病気の克服と免疫力の重要性 病気に負けない強い体を作るため、健康に配慮された...
[10月17日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/11/26 04:27:18