登山関連のブログ情報  -  ブログ「 (山梨県)山梨・山の会 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 26  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52737122.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
三富では月が見えず心配したが R 20 出たら後方に十七夜のお月様が照り安堵する。集合の道の駅白州には夜の 8 時だというのに沢山の車があって驚く。今日は 5 人、1 台の車に便乗して矢立石に向かう。ヘッドランプを点け街の灯りを足下に歩き出す。道はよく整備され夜でも不安はない。月は出ているものの樹林帯の中とて思ったほど明るくない。時折立ち止まって灯りを消すと頭上に月が煌々と輝き、木漏れる光が美しい。9 合目の...   (続きを読む)
2018/12/13 00:41:00 (1日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52737116.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
『山の会』に入会させて頂き、会員としての初めての登山でした。振り返ってみると、私にとっては三つの山場がありました。普段では 7 時半に目覚ましをかけている私が、朝 5 時の待ち合わせ時刻に間に合うかが大きな山場でした。何とかギリギリ間に合ってホッとした 5 時は、まだ暗かったのですが意外と暖かでした。紅葉にすっぽり包まれた山々に、いちいち感動しながら登山口に着きました。今までなら、ただ眺めていた紅葉の山...   (続きを読む)
2018/12/11 00:44:13 (3日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52737081.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
竜がつく山の名前は全国に 88 座あるらしい。山梨にもダイヤモンド富士で有名な竜ヶ岳がある。今回の竜爪山は、静岡市の北側にあり、薬師岳と文殊岳をもつ双耳峰である。古くから信仰の山としてあがめられ、特に、途中にある穗積神社は“弾よけの御利益がある”と伝えられ、戦時中、出征兵士の武運長久を祈る人々で長蛇の列ができたという。私たちは、平山口に車を停め、室町期に修験者が開削したと伝えられている“今に残る最古の...   (続きを読む)
2018/12/09 00:40:00 (5日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52737056.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
№ 3 「天下茶屋コース」 御坂黒岳集中の団体としての企画、会長には細かな指示とかつ紅茶の差し入れは有難かったです。会の大勢の皆さんの協力で企画の成功が終わったことは誠に喜ばしい限り。今から 10 年ほど前に、5 月の連休と暮れの休みを利用して三ツ峠山から御坂黒岳、節刀ヶ岳、王岳、三方分山パノラマ台を岐阜の人たちと分散縦走した思い出が蘇ります。登りの途中からしきりに自衛隊の演習の大砲の音が聞こえる。前日か...   (続きを読む)
2018/12/07 00:42:23 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52737050.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
軽く自己紹介し体をほぐして車道を辿る。公開ハイクに参加いただいた人たちとは初対面故心配していたが、我がおもてなし隊はホスピタリティ旺盛で早速会話あちこちがあちこちで弾む。日向坂峠で息を整え山道を黒岳に向かう。心配した昨日の雨によるぬかるみはない。ゲストの人たちは皆さん元気で足取りも確りしている。おしゃべりに気を紛らわし汗もほとんど掻くこともなく黒岳山頂に着き、会長手製の紅茶をおいしくいただく。...   (続きを読む)
2018/12/05 00:40:55 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52737030.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
朝、冷える。庭は二日つづいて霜である。気候が変だなどと、人間たちはさんざんいっているが、天地のめぐりはちゃんとつじつまをあわせてきたようだ。草の庭もいつの間にか草もみじから枯草にかわり、沢岸の若い楓は梢の枝から赤や黄に衣がえしている。立冬すぎて、わたしの好きな森のはじまる気配である。気温も氷点に近い。そんなわけで“忙日”がつづきそうだ。冬ごもる準備である。このところ齢もあってか、朝は灯油ストーブ...   (続きを読む)
2018/12/03 00:41:04 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52737021.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
燃える秋 西沢渓谷   (続きを読む)
2018/12/01 00:40:18 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52737010.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
12 月 2 日(日) 藤尾山~石保土山 例会山行: 鄙びた藪山です。行程 7 時間 12 月 9 日(日)堂の山望年山行 例会山行: 今年は会場を芦川から堂の山に戻し、ハイキングのあと新装なった創作の森おびな(旧堂の山キャンプ場)で温かい食事をとり、一年の山行を振り返り、来年の山行について語り合いましょう。12 月 16 日(日) 日本で海岸線から 1 番遠い地点と榊山 (4等三角点) 例会山行: グレード 帰路、龍岡城五稜郭に立ち寄ります ...   (続きを読む)
2018/11/29 00:48:29 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52634946.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
富山市へ用事のついでに 10 月の今回は浄土山に登って来ました。室堂平は既に紅葉が終わり、茶褐色で静かな晩秋の風情が漂っていました。ターミナルから室堂平の室堂荘から室堂山へ登り、そこから浄土山の急坂を登ります。頂上には、お社は壊れて石室だけが残っています。その昔は繁栄したであろう姿を想像しながらお参りして、一ノ越から雷鳥平への巻き道を経てキャンプ場へ下山しました。立山曼陀羅に依ると阿弥陀如来が西の...   (続きを読む)
2018/11/13 00:39:52 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52634937.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
9月は天気の移ろいが意地悪く、週末になると決まって雨模様だった。ようやくお彼岸3連休の中日はピーカンが期待できそ・・・ということで、大同心稜から硫黄岳を目指した。このルートは滋賀県連のステップアップ登山講座の実技山行に取り上げたのだが、7月8月と連続して雨のため中止の憂き目をみていた。講師の私としては、やり残した宿題を抱える心境だったので、今回こそはと3度目の正直を期す山行だった。美濃戸を目指して順...   (続きを読む)
2018/11/11 00:39:49 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52634918.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
リーダーがマンネリを口にするも根強い人気を誇る山菜とキノコ集会。常に二桁を割ることのない参加者が“来てしまう”のだからやらない理由はありません。不思議に晴天に恵まれるのもこの集会、ということで今年も 20 人が集まりました。ドリンク対策のため電車や送迎付きの会員も多数。会場には既にリーダー採取の大量のヌメリスギタケモドキほかが並べられて感激。会場設営のあと、二班に分かれて小倉山方面とキノコ観察に出か...   (続きを読む)
2018/11/09 00:40:28 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52634899.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
台風24号が接近していたのと数日前から喉の痛みがあり、第6回の山落語の会(編笠山・青年小屋)は参加を見合わせました。企画の北杜舎さんに聞いたところ、やはり台風接近で登山を見合わせる方が多くて、お客さんは9名だったそうです。濃密な落語の会になったようです。来年の山落語には参加できるかな? 〔メモ〕原村の孫(小2)が、夏に地域の方と行った八島湿原が、秋にどうなっているかを見たいというので、爺・婆に娘も加え4人...   (続きを読む)
2018/11/07 00:41:20 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52634883.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
雨が上がり、連休の合間の晴れ予報日の午前 7 : 00 中道農産物直売所に全員集合。1 台の車に全員乗って富士スバルライン展望台に向かう。途中の道路わきには既に多くの車が停車し、籠を持ち長靴などのいでたちでキノコ採りが森に入っていく。スバルライン樹海大展望台に車を置き、徒歩でバス停へ、リーダーより今日のルート船津口登山道の歴史を聞く。富士には吉田口登山道・船津口登山道・精進口登山道があり、江戸時代に吉田...   (続きを読む)
2018/11/05 00:37:23 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52634782.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
間もなくあがる予報なのに朝から降りつづく秋の雨である。そんな十月の某日、稲を刈る。道志川沿いの友人の小さな棚田。来る途中の村のほかの田んぼはまだ多くが取り入れの手がついていない。雨の日がつづいている。案の定、友人の田も田植えでもやれそうな“水の田”だ。半反にもならないほどなので、ま、なんとかなるか、と長靴で入ることにする。横須賀から友人の弟さん家族がかけつけてくる。田舎体験、毎年楽しみにしておら...   (続きを読む)
2018/11/03 17:37:15 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52634760.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
八ヶ岳 大同心稜   (続きを読む)
2018/11/03 17:37:14 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52634871.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
11 月4日(日) 三頭山 ( 1531 m) 例会山行: 上野原市郷原~槙寄山~三頭山~鶴峠(周回) 歩行時間: 6 時間 地図:1 /5 万 奥多摩 11 月 11 日 ( 日 ) 甘利山 ( 1731 m) ~奥甘利山 ( 1843 m) 例会山行: 11 月 17日 (土) 大柳川渓谷 ☆ 大柳川渓谷は滝・紅葉、ユニークな吊り橋と楽しいところです。第一観光 P ~つくたべ館~公園 P ~竜門橋~竜神橋~やませみ橋~竜仙橋~天狗橋 ~沢の崩壊地~往復 11 月 22 ~ 26 日(木~月) 香...   (続きを読む)
2018/10/31 00:00:01 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52507741.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
常念山行の時に「甲府から一生見なければならない山だったら登っておいた方が良いのでは」と挑発?して今回の山行になりました。登る機会の少ない阿弥陀を入れて計画。秋晴れの二日間を満喫できたのは良いのですが、ある現実に愕然としたのも事実。20代~30代は硫黄~赤を日帰りで周回していました。40代~50代は一泊で周回。そして今は北沢を~地蔵尾根~赤岳だけで精一杯。限界を感じただけではなく高度障害を起こしてしまいま...   (続きを読む)
2018/10/13 00:38:21 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52507723.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
今年の夏は格別暑かった。予報では雨50%で、心配していました。蒸し暑いながらも雨が降らず天気には恵まれました。それだけで十分なのですが、欲が出て暑い暑い、蒸し暑いを感じながらの登山となりました。今回のコースの概要は高度差500m距離10キロ余りです。武田の里シリーズとしては長い距離でした。9時~17時の8時間を掛け周遊しました。里山は自然と人の多重な出合いの場所です。①黒富士火山?の火山泥流が堆積した地質年代...   (続きを読む)
2018/10/11 00:39:10 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52507716.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
夏の締めの山行を報告します。〔メモ〕 今年の夏は猛暑続きで、梅雨明けに行こうと思っていた八ヶ岳に出かけました。天候は薄曇りでしたが、稜線から上は、雲がかかって眺望は効きませんでした。桜平の駐車場は上は満杯で、路肩の広いところに入れました。夏沢鉱泉の下では、森林管理局の砂防ダム3基を工事中でした。もう夏の花も終わりで、苔の緑を楽しみました。順調に上ったので、予定の時間に夏沢峠に着きました。硫黄まで...   (続きを読む)
2018/10/09 00:38:19 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52507712.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
前日、台風20号が関西を横断、山梨も荒れてスバルラインは閉鎖。天神峠から三合目まで往復かと思っていると、集まった面々からスバルラインが全面開通したとの吉報! 喜んで天神峠に向かうと、スキー場入口の林道が閉鎖中。バイクのイヴェント参加者を装ってスキー場へ2台停め、1台で別荘地の中を北麓駐車場へ向かいました。運良くシャトルバスに乗れました。ラッキーが3つ続いて、あとは安全に下るだけ。五合目は中国人観光客で...   (続きを読む)
2018/10/07 00:54:08 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52507623.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
常念岳は2010年9月11日に同じルートで登って2回目ですが、記憶は鮮明ではありません。もう一度登って確認したいと思い参加しました。集合が早朝3時から5時に変更になりました。Nさんは3時から待っていたそうです。高速、長野道の安曇野ICを降り、市内の穂高神社の側にある登山者用の駐車場に車を止めました。そこからジャンボタクシーに乗り換えて、ヒエ平、一ノ沢登山口に向かいました。登山口近くの路肩には多くの車が止めら...   (続きを読む)
2018/10/05 00:58:36 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52507602.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
筋向いの空き山荘の庭は、草も庭木もそれぞれ自在極まる伸びよう、枝の広げようである。そのなかで梢をつき上げた百日紅がやっと紅の花をつけた。夏の花だろうに何かの都合があったのか秋の気配のなかの花、それだけにひときわ目立つ彩りである。このご時世、村でも二十数年前から山荘風のセカンドハウスが、当時は手軽さもあってふえた。移住する人たちもいたが、高齢化もあり、便利、効率優先の世相のなか空き家も目立つよう...   (続きを読む)
2018/10/03 00:38:03 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52505794.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
晩秋の八ヶ岳   (続きを読む)
2018/10/01 00:39:39 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52505783.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
10 月 8 日 塩山・竹森 キノコ例会 ☆ 例会山行: 恒例塩山竹森のキノコ集会 キノコ採取、近隣のハイキング、試食会いずれも可、夏山の報告をしましょう。10 月 14 日 金ヶ岳~兎藪 例会山行: コースは検討中 10 月月例会にて周知します。10 月 20 日(土) 御坂黒岳公開ハイキング、集中登山 ☆~ 1:黒岳周回コース すずらんの里より黒岳往復 2:藤野木より往復コース 3:天下茶屋より往復コース 4:御坂トンネル河口湖側より往復コー...   (続きを読む)
2018/09/29 11:42:10 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52417860.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
孫と夏休み 8 月 10 日~ 14 日 小学 5 年の孫の夏休みに付き合いました。エネルギーを持て余しているので、どこにでも連れ出して鍛えてくれと、忙しい父親の要望。10 日は遊びに来ていた別の孫二人も連れて小菅のフォレストアドベンチャーへ行き、ワイワイ木登り。翌日はカヌーで西湖を一周。その後、紅葉台木曽駒牧場で乗馬体験。さらに河口湖自動車・飛行機館へ。少年の目は輝いています。3 日目、4 日目は村山古道を六合目...   (続きを読む)
2018/09/19 00:45:31 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
クラブ  (山梨県) 山梨・山の会  [0/8]
http://blog.livedoor.jp/eyama-website/archives/52417840.html
「山梨・山の会」
日本勤労者山岳連盟(JWAF)加盟 NPO法人 山梨・山の会のホームページへようこそ
涼を求めて急遽 3 日の夕方、富士山の青木ヶ原樹海を歩く事に決まりました。今日も暑い日だった。甲府市 38 ℃ の予報。12 時 10 分前に冨岳風穴から歩きだす。標高 1000 mなので甲府市との標高差は 750 m。温度差は 5 ℃位。樹林帯の中は日陰とはいえ午後1時頃から額に汗して林道の中を歩きました。帰って来てパソコンから冨岳林道を検索すると、この林道は精進湖登山道に交差していることを確認しました。暑さにかまけて精進湖...   (続きを読む)
2018/09/17 00:45:12 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 26  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
生き残った人の7つの習慣

高峰登山に長年関わってきた経験と企業経営のマネジメントが融合!異変の予兆はなかったか――、どうすれば生き残れたか――。トップクライマーが実践する、企業経...
[本日発売]
山スキールート212

全国おすすめの山スキールートを212本を掲載! バックカントリースキーの初級者向けコースガイドを中心とした中級者向け、残雪期ならではのツアールートを含む...
[12月5日発売]
山とスキー 2019 (別冊山と溪谷)

バックカントリースキー、初心者向けに用具、技術についてを徹底解説。ビギナーの疑問がすべて解決するイヤームックの決定版!
[11月29日発売]
skier 2019 (別冊山と溪谷)

ウインターシーズン直前に買うならこの1冊! 日本を代表する人気スキーエリアの最新情報を届けます。
[11月29日発売]
PEAKS特別編集 WHITE MOUNTAIN(ホワイトマウンテン) 2019 (エイムック)

登山を楽しんでいた人だけでなく、ゲレンデだけでも楽しめていた人たちが、いまバックカントリーという世界を目指して数多く集まってきています。そしてその...
[11月27日発売]
ヤマケイ文庫 完本 山靴の音

新田次郎の小説『栄光の岩壁』のモデルとなったクライマー、芳野満彦。高校時代に厳冬期の八ヶ岳で遭難し、友人と両足指を失った彼は再び山をめざした。厳し...
[11月17日発売]
岳人 2018年 12月号

[11月15日発売]
ガルヴィ2018年12月号

[11月10日発売]
ヤマケイ文庫 バックパッキング入門

1976年、日本にバックパッキングを本格的に紹介した、もうひとつの『遊歩大全』。アウトドア・ライフの原点を待望の復刻。〝アウトドアの伝道者〟芦澤一洋が...
[11月10日発売]
中年夫婦のおっかなびっくり山歩記 オンデマンド (ペーパーバック)

50歳を過ぎてから始めた夫婦二人の山歩きで著者は、登山について「高山でも低山でも山にはそれなりに遭難しそうな難所が必ず何カ所かあるということ」を知り...
[11月1日発売]
帰れない山

山はすべてを教えてくれた――牛飼い少年との出会いと冒険、父の孤独と遺志、友との別れ。イタリア最高峰文学賞受賞のベストセラー。
[10月31日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2018 登山の四方山話 - 2018/12/14 21:00:12