登山関連のブログ情報  -  ブログ「 ひだかの山に癒やされて 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 22  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27999309/
続き:七合目駐車場で、厳冬期装備を装着し8時30分出発した。スノーシューで標高差約400mを登る算段である。駐車場から振り返ると、ヒュッテの屋根の向こうに支笏湖と紋別岳が見えていた。樹林帯を抜けるまでは、スノーシューが威力を発揮。左肩の夏道では無く、右手を直登する事にした。風はそれなりにあるけど、いつもの吹き曝し+雪煙は見られず。...   (続きを読む)
2019/02/12 15:42:38 (3日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27997439/
七合目からの樽前山 10日は朝4時半起床するも、体調不良で登山中止。先週、一気にかまくらを作り上げて疲れが出たようだった。散歩もせず、一日中休養した。3日トヨニ岳完敗が精神的に堪え、気力も失っていた。「寒波」とうるさいが、北米の様に-40~-50℃で凍死者が出た訳でもない。アメダスデータ(日高)で9日-25℃、10日-22℃と普通の「冬」だった。3連休で山一つ、そ...   (続きを読む)
2019/02/11 17:43:01 (4日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27992627/
8日から強い寒波が北極圏から南下したらしい。日高町は-20℃台と大したことは無く、9日朝一番涼しい時に富川で散歩した。暖冬少雪だったけど、4日にはまとまった雪が降り、北海道らしくなった日高地区。5日屋根から落ちた、腰の高さを超える雪を切り出し積み上げていった。7日雪を積み上げ終え、開窓作業を開始した。腰痛を耐え、積み上げた雪を...   (続きを読む)
2019/02/09 16:43:06 (6日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27981177/
日高主縦走路からトヨニ岳 続き:主縦走路までのラッセル運動に3時間を越え、昨年と比較しても30分超過している。因みに、4年前の初登時は、クラストした雪面歩きで、7時13分に主縦走路に到着していた。9時23分、日勝国境を歩き始めた。幸い、雪は風で飛ばされ少なかった。少し雪庇によりすぎたかな、っと思った瞬間足元が崩れ私は中央手前の木に引っ...   (続きを読む)
2019/02/04 16:43:15 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27978998/
日高主従走路からトヨニ岳 2月の厳冬期登山、2日(土)は午前中の天気が良くない。Hiroの14歳の誕生祝いを前倒しで行った。3日(日)は午後西から天気は下り坂。2015年初登以来2回1251Pで撤退しているコースを登る事にした。朝3時過ぎの沙流川橋の気温。車の温度計は-11℃で2℃の差がある。6時01分工事中の駐車スペー...   (続きを読む)
2019/02/03 20:43:15 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27968403/
快晴の樹林帯 日勝ピーク編の続き:ハイマツで歩きにくいピークを下った。展望の良い枝尾根分岐から樹林帯へとトレースは続いている。ラッセル泥棒を続けた。フカフカの雪と半月。快適なスノーシューハイキングを楽しんだ。トレースの正確さ、無駄のなさに驚きながら。雪庇帯から沙流岳、山頂近くに登山者が見えた。(画像をクリックすると拡大されますが、小さい)...   (続きを読む)
2019/01/29 11:43:13 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27964115/
日勝ピークから中央に沙流岳、左にペケレベツ。1月19日(土)20日(日)は次女のセンター試験の送迎。この土日は好天に恵まれたが、26日(土)は「散髪の日」。気力、体力的に十勝連峰や夕張山地は敷居が高い。スノーシューハイク初心者向けの町内の山に登る事にした。-12℃の富川ICのローソンを5時に出発した。-15℃の日高地区の医師住宅で朝食、用を足した。-16℃の日...   (続きを読む)
2019/01/27 17:43:46 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27918228/
天馬街道翠明橋と野塚岳(右)。左が西峰で野塚トンネルが貫く。天馬街道日高側の山岳風景、新緑や紅葉も美しい。野塚岳編の続き: 野塚岳を後にして、つぼ足アイゼンで稜線を歩く。好天に恵まれ、気分は最高である。アイゼン歩行なら安心してガレ場をのぞき込む事が出来る。恐怖心が無ければスノーシューで歩いたであろう。シューの方が楽で速い。昨日ものと思わ...   (続きを読む)
2019/01/14 17:43:47 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27916261/
1223Pから右に野塚岳、中央の双耳峰がオムシャヌプリ。奥に十勝岳、左端に楽古岳、踏破済みの稜線の展望。成人の日の3連休、北海道は久しぶりの好天に十勝連峰や大雪に食指が動く。この時期は雪崩のリスクと、ラッセル訓練で終わる可能性も。確実に楽しめる日高山脈南部へ向かった。かつて、子供達を連れて歩いた小学生向け?のコースである。昨年3月の雨で(スノージャム雪崩)、背後の建物...   (続きを読む)
2019/01/13 19:44:13 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27846207/
クラストしていない豊似岳山頂への稜線。前編の続き冬用の手袋を履いて、指先は温かくなり、ブッシュと雪との格闘が続いた。1088Pへの稜線を行く。ハイマツが露出し、雪にハマる。青空が嬉しい。10時54分、1088Pに到着し、観音岳を見下ろす。風に煽られ、何度か転倒した。山頂まで、クラストした雪で覆われていれば20-30分の距離だが・・...   (続きを読む)
2019/01/08 17:44:43 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27824083/
日の出前の豊似岳(中央奥)。年末寒波に引き続き冬型気圧配置で、日高らしくない気候が続いている。年末年始休暇最終日、気合いの入った山に行きたい。胸椎側弯を伴う腰痛持ちとなり、体力も年々落ちていく中、あえて豊似岳を目指した。4年前の1月5日、ハイマツのブッシュに撤退した。雪と思って足を置くと、ハイマツの間にはまり込んでしまうのだ。1月中旬以降で雪が多く、締まっていると...   (続きを読む)
2019/01/07 17:44:38 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27778158/
中央に前峰、奥に山頂。帰りに撮影。2019年新春山行は、2年連続オダッシュ山にした。腰痛のみが昨年とは違う不安要素。4時起床した。沙流川の気温は-11℃。星空の富川ICのローソンを出発した。日高地区は雪が舞うものの、日勝峠日高側の積雪が少なく沙流岳はまだ登れない。十勝側は風が凄い(地吹雪)ものの、雪がわずかだった。十勝清水のセブンで朝食をとっ...   (続きを読む)
2019/01/03 18:44:17 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27775722/
31日右の一番高い山が幌尻岳。2018年最後の日に雲に隠れる前に姿を見せてくれた地元の名峰。日高町の海側は晴れていた。60km山に向かって、日高町日高の医師住宅の除雪に向かった。積雪は15cmほどだったけど、広いロータリーに加え、歩道まで除雪した。持病の事をすっかり忘れて、運動代わりに精を出した。裏庭に作業通路を作り終えた。これから、か...   (続きを読む)
2019/01/02 17:43:23 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27768303/
まだ雪が降る前の紋別岳。28日(金)に仕事納。29日(土)は体調が悪く、自重した。年末寒波で風が強かった。30日(日)4時過ぎに地震で目が覚めた。雪が降っていたら止めようかと思ったけど、星が見えた。-10℃の沙流川の交差点を4時50分出発した。苫小牧のセブンで買い出し。支笏湖国道は雪が殆ど無い! 休暇村で用を足した。外気温は-5℃(推定)、自...   (続きを読む)
2018/12/30 15:43:35 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27756443/
九合目から山頂。下山時に撮影。柔らかい日差しに新雪が輝く冬山の魅力(魔力?)。2週間前-14℃、粉雪のラッセルは腰まではまり七合目で撤退。リベンジ作戦は、1.気温の高い23日、雪が絞まっている事を期待。2.林道をなるべくつぼ足で歩き、体力温存する。3.尾根の急登はアイゼンを使う。4.稜線はスノーシューで、悶絶ラッセルに挑戦。5.早立ちで、4.の時間を確保する。...   (続きを読む)
2018/12/24 20:44:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27754799/
12月9日時間切れで七合目で撤退した。今日の七合目の積雪状態。スノーシューは深くはまる。天皇誕生日(最後?)の三連休、北海道の天候は悪い。暖冬らしい気温が続き、里山の雪は絞まっているかも? 気温が高いと、日本海側は雪崩の危険性が増す。ホームマウンテンは何時でも登れて当たり前。「撤退」で2018年を終われない。作戦を練って、朝4時過ぎ起床。ホームマウンテンに向かった。...   (続きを読む)
2018/12/23 20:43:58 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27716074/
右がiPhone6+にBluetooth接続されたGNS 2000plus。なぜGPSレシーバーが必要なのか。1.アイフォンに限らずスマホ内蔵のGPSの精度が低い。登山では少し歩いた程度では正確な位置(移動)をマップに表示できない。2.内臓GPSを作動中はアイフォンの電池の減りが速い。品薄状態のGNS2000plusが届いたので、iPhone6+とBlue...   (続きを読む)
2018/12/17 17:44:28 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27713373/
笹山山頂から霞んだ日高山脈。エルニーニョ現象で暖冬なため、日高沿岸は雪が多い。今週は冬型気圧配置で真冬日(1日中氷点下)が続き、山の雪は引き締まらない。1年ぶりで新冠の里山、笹山へ行く事にした。体調は今ひとつで、4時半起床が辛く感じるほど。好んで風雪の中に身を置かなくても・・・ この時期は、山の気温に体を馴染ませるため、サボると冬山を楽しめなくなる。5時過ぎ-13℃の日...   (続きを読む)
2018/12/15 20:43:20 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27704965/
稜線の雪庇。7日(金)ようやく雪がまともに降った。8日(土)冬型気圧配置で風が強く、富川の自宅の雪かきで外の作業を終えた。9日(日)朝4時半起床。満天の星空の中、ホームマウンテインに向かった。紋別岳にするか迷ったのだけど、独り静かに新雪と戯れたい気持ちが強かった。ホームマウンテインを甘く見ていたのかも知れない。日高門別のセブンで買い出し。USBランチボッ...   (続きを読む)
2018/12/09 22:43:41 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27694252/
まだ雪の少ない樽前山。冬山シーズン開幕♪! と言いたいが今年の師走は冬が遅れている。気温の変動も大きく、平年並みの-4℃が涼しく感じるほどで、体が慣れない。久々に穏やかな晴れが期待される日曜日♪ 3月以来の樽前山に向かった。苫小牧のエネオスで給油。ようやくセルフで140円台に。近くのセブンで買い出し&朝食。道道ゲートに着いたけど、まだ暗いため車内で登山準備した。...   (続きを読む)
2018/12/02 20:13:41 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27691302/
8月末、旧診療所の建物は解体工事が終了した。民間の外構工事は地面が凍結する北海道では春に行われ、平成18年12月に引き渡された我が家の外構工事が完成したのは6月だった。公共事業としての病院建築に立ち会うのは初めての経験。外構工事に駐車場の舗装工事が含まれるため、4月の診療開始から、通院患者さんは少し離れた支所の駐車場等を使うため不便を強いてきた。1日でも早く外構工事も完成して、...   (続きを読む)
2018/11/30 18:46:08 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/7]
http://tmurakami5.exblog.jp/27680625/
九合目の樹氷と山頂。遅れていた日高地区も21日積雪があり、22日は門別地区も5cm位湿った雪が積もった。23日(金)勤労感謝の日、3年前は道東遠征で雌阿寒岳に登ったが、雌阿寒岳も十勝岳も火山活動が活発化する兆候がある。冬型(西高東低)が強いので北西の強風が予想され、ホームマウンテインに散策に出かけた。5時過ぎ日高門別のセブンを出発した。何と清畠から先、厚賀も新冠も雪が全...   (続きを読む)
2018/11/23 18:42:52 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 22  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
ヤマケイ文庫 定本 黒部の山賊

北アルプスの最奥部・黒部原流域のフロンティアとして、長く山小屋(三俣山荘、雲ノ平山荘、水晶小屋、湯俣山荘)の経営に携わってきた伊藤正一と、遠山富士弥...
[一昨日発売]
いざ!お山!山番長のパノラママップ

関東甲信越の山を中心に山番長が登ってきた96の山をオリジナルのパノラママップで詳しく紹介。登山のコースタイム、距離、高低差の記載はもちろん、温泉情報...
[1月28日発売]
3000mのドラマ 北アルプス 小川誠写真集

エベレスト登頂者にして山岳写真家の小川誠。これまで約半世紀にわたって撮りためた北アルプスの写真を厳選して1冊にまとめたベスト作品集。ベテラン登山家と...
[1月17日発売]
岳人 2019年 2月号

[1月15日発売]
神さぶる山へ

富士山に魅入られ40年以上にわたってレンズを向け続ける写真家大山行男氏。富士山をテーマとするヴィジュアル要素に富んだ出版物といえば、これまでは型どお...
[1月11日発売]
人生のなかに山があった ―私が登った山々―

私が学生時代と会社員人生の一環として行ってきたものに登山がある。入社後4年間は多忙で登る機会がなかったが、山好きの友人にも恵まれ、低山から百名山に至...
[1月1日発売]
ヤマケイ文庫 萩原編集長のヤマ塾 写真で読む山の名著 ヤマケイ文庫50選

NHKのテレビ番組「実践! にっぽん百名山」の解説者を5年にわたってつとめた萩原編集長が、ヤマケイ文庫に収録された山の本の中から印象に残る一節と、文章に...
[2018年12月27日発売]
山の花旅紀行

[2018年12月18日発売]
太陽のかけら ピオレドール・クライマー 谷口けいの青春の輝き

一流のアルピニストでありながら山や自然に対するしなやかな感性を持ち続け、ヒマラヤにもウラヤマにも等しい愛情をもって登り続けた谷口けい。その生涯は201...
[2018年12月17日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/02/16 12:33:29