登山関連のブログ情報  -  ブログ「 ひだかの山に癒やされて 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 27  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28196601/
12日(金)に職場の歓迎会があった。13日(土)に日高から門別に帰ったが、最高の登山日和を逃した。14日(日)も天候は悪くない。サマータイム(3時)に起床したが、雲と風で登山中止した。息子の修学旅行のスーツケースを買いに苫小牧へ。帰宅してから、庭の手入れをした。毎年1番に咲く桜草の仲間。右上の葉がサクラソウの特徴である。8年目にして、...   (続きを読む)
2019/04/14 17:43:56 (6日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28177966/
午後からの雨に備えて早立ちした。日は長くなっていて、5時前でも十分明るかった。朝食を食べ、登山準備をして5時20分出発した。林道の雪解けは標高150m以下で50%、200m以上で0%。ゲートの標高は138m。ちなみに、進行方向が東の沢上流であるが、右岸、左岸は下流方向を見て左右を決める。大規模な林道崩壊は無く、昨年の崩壊部も残っていた。雪に足...   (続きを読む)
2019/04/08 18:44:05 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28173136/
九合目付近からの山頂 平成25年5月19日の同じ構図の写真 Hiroは8歳 4月6日(土)は散髪の日。この土日は天候の変化が激しい。7日(日)は午後に雨が降る! 雨が降る前に下山を課した。私の定義では、山で雨が降るのは「夏」。これまでの春の雪で山頂の積雪量は22登目で最大だった。死ぬほど暑い盛夏の5月19日、可愛い息子と。様...   (続きを読む)
2019/04/07 17:43:23 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28162710/
2006年3月に日高門別に移住して以来、山好きなドクターと知られ地元の自然愛好会からリビラ山(地元では里平山と言う)登山会(夏秋2回)に誘われていた。夏道はリビラ大滝から上は不明瞭との情報を得ており、移住後初のグループ登山に参加した。「里平山」山頂標識 5年後の9月28日登頂時には消滅 日高町里平集落は、海岸の厚賀から約20km山側に入った集落である。里平小学校は...   (続きを読む)
2019/04/05 12:46:37 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28160457/
ブログを始める前の5年前の山行録である。地図と高度計、コンパスを使った登山で、GPSは持っていなかった。2014年3月12日当直明けで林道の除雪終点偵察時のリビラ山(中央右) 3月8日暴風雪の徳舜瞥山で息子に凍傷を負わせてしまった。「寒い」と言う言葉を知らない私は、息子の悲惨な顔に自分を憎んだ。そして、当時の装備では、到底1日で歩き切る事の出来ない山行に突入した。最初...   (続きを読む)
2019/04/04 16:43:34 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28150261/
前編の続き: 休憩を終えて、リビラ山へ登り詰める。おにぎり効果は絶大だった。樹林に隠れる前のガンケを含む長い稜線を撮影。11時6分、登り5時間49分でリビラ山山頂に立った。向こうのピークが山頂では無い事は過去3回の登頂で覚えている。背丈を遙かに超える笹藪も雪の下。補助的に使っていたアイフォンのGPSで確認。...   (続きを読む)
2019/04/01 09:43:20 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28148092/
稜線からリビラ山 序章の続き: 雪解けが進み、2週間前のトレースも消えていた。ここから貫気別沢に入る。積雪期リビラ初登は右手のリビラ沢から、岩場もあるとんでもない尾根を登った。今回は、あえて貫気別山への尾根を登りに使う。河原にこのくらい雪があるとスノーシューで歩きやすい。来週週末ならつぼ足で沢歩きとなろう(予測)。6時...   (続きを読む)
2019/03/31 16:43:30 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28145596/
1305P(自己測定)からリビラ山 北海道は晴れの予報に、夕張山地や十勝連峰にも食指が動く。この時期は雪の状態は現地に行かなければ分からない。ある程度予測が付くホームの日高、それもリビラ山に狙いを定めた。リビラ山は夏道でも2回登頂し、夏山ガイドに写真を提供した。もう整備されなくなり廃道になった可能性が高い。夏季の登頂は、ダニ・ヒグマそして藪との戦い。エキスパ...   (続きを読む)
2019/03/30 19:43:15 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28111112/
支笏湖温泉から紋別岳 ホームのピセナイを諦めて、9時まで自宅に。雪がやんだので、アウェイの紋別岳へ向かった。雪が大好き人間は、雪が降れば家にじっとしておられない。10時39分、同好者の車で混み合う駐車場。背後に樽前山も見えており、気分良く出発! EVOを履いているけど、つぼ足のトレラン3人組も。雪雲の波状攻撃は低気圧通過では仕方の無い事。...   (続きを読む)
2019/03/24 17:43:36 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28110207/
21日は天気が良くない予報だったけど、山に行けないほど悪くはなかった(後悔)。23日は車の点検の予約をしていた。22日に23日日高沿岸の天気を聞かれたが、午前中は日高沿岸は晴れ間が見え、午後に雪が降っても国道の路面が真っ白になる事はないと答えた。日高の海岸線は晴れていたが、日産のディーラーのある苫小牧は雪が舞っていた。24日は低気圧の通過で雪雲が通る。分かっていても、一応登山の...   (続きを読む)
2019/03/24 09:43:23 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28099467/
本編1の続き: 12時16分、登り始めて6時間40分、ついに最高地点に到達した。右にリビラ山を望む。少し下ってガンケへ続く尾根の上に立つ。この付近の雪の下に三角点がある(はず)。4年前の初登の時と同様に、GPSで確認した。この山塊の最高峰、貫気別山1317mの2登目を果たした。最高地点にまで戻って、2回目の昼食休憩。汗で濡...   (続きを読む)
2019/03/19 17:37:51 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28097192/
陽射しを受けた貫気別山と左端にガンケ 積雪期のアプローチも登山も積雪の状態によって大きく変わる。深いラッセルに阻まれ、リビラ山の登頂に8時間かかった経験から、朝暗い内に林道に入り朝食を食べた。なるべく奥へ進むも、日中の融雪も考え橋の700m手前で駐車した。暖冬少雪の今年、2015年4月11日初登の様な軽快な残雪期登山を心の中では期待したが、2014年3月15日リビラ山からの周...   (続きを読む)
2019/03/18 18:44:28 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28095064/
夕陽を浴びる貫気別山 リビラ山1291m:2009年9月20日初登、2014年3月15日登頂後貫気別へ周回を狙うも時間切れで今日のルートを下山、2014年9月18日3登目。貫気別山1317m:2015年4月11日初登、今回が2登目。いずれも標高差1000m以上、16kmから20kmの歩行+尾根の急登と敷居は高い。積雪期は北大山岳部が貫気別山からリビラ山を周回(1泊)している...   (続きを読む)
2019/03/17 22:44:30 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28092632/
日高神社からの銀嶺山。赤線の尾根に狙いを定めた。国土地理院の地図に山名があり、三角点もあり、何より日高町日高の盆地地形の西側を縁取る山。東の北日高岳751mと対峙し、北は日高峠、南は沙流川が流れ出る日高。日高町民なら一度は登っておきたい?山であるが、北日高岳同様何か所要が無ければ、わざわざ登りに訪れるほどの山では無い。天候が悪く、医師住宅の掃除を兼ねて、家族で日高地区へ。まずは...   (続きを読む)
2019/03/16 20:45:11 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28078288/
3月10日朝の陽射しに、我が家の福寿草が咲いた。八重桜の根元に真っ先に芽吹いた。平年より2-3週間早い。午後2時前、精一杯花を開いている。太陽が隠れると閉じてしまう。日陰にならない時間帯しか花を愛でる事が出来ない。静内の林道脇が原産であるが、種を飛ばして花の数が増えている。ガーデニング2019が開幕した。日高の医師住宅の花壇はまだ雪に埋まっ...   (続きを読む)
2019/03/10 20:44:21 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28075205/
西南の風に煽られる山頂 虫歯、風邪、スキー旅行で春山は4週間ぶり。久しぶりに登る山は、十勝清水からの姿が凜々しいペケレベツに。午後からの天候悪化に備えて、朝3時半起床、氷点下5℃の富川ICのローソンを4時前に出発した。2日連続で氷点下10℃の日高の医師住宅でコンビニ朝食、用を足した。日勝峠は-6℃、十勝側に抜けると風が凄かった。車の中で登山準備をして、6時2分、-4℃と...   (続きを読む)
2019/03/09 20:42:46 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28068053/
2019年は暖冬少雪に加え、季節の進行が速い。日中は5℃にもなり、陽射しに春を感じるこの頃である。雪が無ければ「夏」の気分だ。今朝の最低気温も-7℃と、-10℃を下回らなくなって久しい。6日は、ついに雨が降って、冬は完全に去ったと感じた。昨日の雨が凍結して、上り坂は滑って歩きにくい。散歩では、日高中学の左の電波塔まで歩く。今朝は、スノーシューをケースに...   (続きを読む)
2019/03/07 12:50:20 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28052796/
我が家の恒例のスキー旅行。昨年は富良野スキー場で私も滑り、当麻町のいちいの宿に泊まった。次女のリクエストで、サホロスキー場&然別湖へ。朝6時に家を出発すれば、余裕でスキー場に到着する。京都では深夜出発が当たり前で、朝3時に高速道路の渋滞、朝6時には駐車場に入れない経験が懐かしい。北海道の有り難さに感謝。ほぼ一日中雪が舞っており、スノーシューを持って行かなか...   (続きを読む)
2019/03/03 20:45:28 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28031121/
19日-17℃だった日高、20日は-2℃、昼間は5℃を越えていた。稀代の暑がりは、気温上昇で体調を崩した。2月下旬は、京都にいればスギの花粉症で鼻水と涙、嗄声に悩まされていた。鼻風邪だけは罹りたくなく、常に注意をしていたのだが、この異常気象に体がついて行かなかった。エルニーニョで暖冬なのは分かっていても、2月に4月並みの気温にならなくても・・・ 先週末は虫歯で山に行けず。2...   (続きを読む)
2019/02/24 08:42:28 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/28014828/
いよいよ春山シーズン開幕!土日は雨こそ降らないけど、パッとしない天気。山の準備を万端整えたが、朝4時過ぎ中止した。16日昼食時に歯の詰め物が取れてしまった。歯科治療をどうするか悩んでいたら眠れなくなった。勤務中に行くしか無いけど何処に行けば・・・ 話はタイトルに戻って、大学推奨PCのスペックを見た。「バッテリーは5時間以上持ちなるべく軽量」は機動性が高く宜しい。「i5...   (続きを読む)
2019/02/17 11:42:23 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/27999309/
続き:七合目駐車場で、厳冬期装備を装着し8時30分出発した。スノーシューで標高差約400mを登る算段である。駐車場から振り返ると、ヒュッテの屋根の向こうに支笏湖と紋別岳が見えていた。樹林帯を抜けるまでは、スノーシューが威力を発揮。左肩の夏道では無く、右手を直登する事にした。風はそれなりにあるけど、いつもの吹き曝し+雪煙は見られず。...   (続きを読む)
2019/02/12 15:42:38 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/27997439/
七合目からの樽前山 10日は朝4時半起床するも、体調不良で登山中止。先週、一気にかまくらを作り上げて疲れが出たようだった。散歩もせず、一日中休養した。3日トヨニ岳完敗が精神的に堪え、気力も失っていた。「寒波」とうるさいが、北米の様に-40~-50℃で凍死者が出た訳でもない。アメダスデータ(日高)で9日-25℃、10日-22℃と普通の「冬」だった。3連休で山一つ、そ...   (続きを読む)
2019/02/11 17:43:01 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/27992627/
8日から強い寒波が北極圏から南下したらしい。日高町は-20℃台と大したことは無く、9日朝一番涼しい時に富川で散歩した。暖冬少雪だったけど、4日にはまとまった雪が降り、北海道らしくなった日高地区。5日屋根から落ちた、腰の高さを超える雪を切り出し積み上げていった。7日雪を積み上げ終え、開窓作業を開始した。腰痛を耐え、積み上げた雪を...   (続きを読む)
2019/02/09 16:43:06 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/27981177/
日高主縦走路からトヨニ岳 続き:主縦走路までのラッセル運動に3時間を越え、昨年と比較しても30分超過している。因みに、4年前の初登時は、クラストした雪面歩きで、7時13分に主縦走路に到着していた。9時23分、日勝国境を歩き始めた。幸い、雪は風で飛ばされ少なかった。少し雪庇によりすぎたかな、っと思った瞬間足元が崩れ私は中央手前の木に引っ...   (続きを読む)
2019/02/04 16:43:15 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/27978998/
日高主従走路からトヨニ岳 2月の厳冬期登山、2日(土)は午前中の天気が良くない。Hiroの14歳の誕生祝いを前倒しで行った。3日(日)は午後西から天気は下り坂。2015年初登以来2回1251Pで撤退しているコースを登る事にした。朝3時過ぎの沙流川橋の気温。車の温度計は-11℃で2℃の差がある。6時01分工事中の駐車スペー...   (続きを読む)
2019/02/03 20:43:15 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/27968403/
快晴の樹林帯 日勝ピーク編の続き:ハイマツで歩きにくいピークを下った。展望の良い枝尾根分岐から樹林帯へとトレースは続いている。ラッセル泥棒を続けた。フカフカの雪と半月。快適なスノーシューハイキングを楽しんだ。トレースの正確さ、無駄のなさに驚きながら。雪庇帯から沙流岳、山頂近くに登山者が見えた。(画像をクリックすると拡大されますが、小さい)...   (続きを読む)
2019/01/29 11:43:13 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ひだかの山に癒やされて  [0/10]
http://tmurakami5.exblog.jp/27964115/
日勝ピークから中央に沙流岳、左にペケレベツ。1月19日(土)20日(日)は次女のセンター試験の送迎。この土日は好天に恵まれたが、26日(土)は「散髪の日」。気力、体力的に十勝連峰や夕張山地は敷居が高い。スノーシューハイク初心者向けの町内の山に登る事にした。-12℃の富川ICのローソンを5時に出発した。-15℃の日高地区の医師住宅で朝食、用を足した。-16℃の日...   (続きを読む)
2019/01/27 17:43:46 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 27  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
東北 山歩きガイド ゆったり楽しむ

日帰りで楽しめる初級者向けのトレッキングコースから上級者向けのコースまで紹介。周辺の立ち寄りスポット情報なども掲載。
[一昨日発売]
山釣りJOY 2019 vol.3 (別冊山と溪谷)

いざ、尺上イワナ舞う秘境へ。今年の源流釣り計画はこの一冊で決まり!
[4月18日発売]
ちゅうごく山歩き Vol.6

中国新聞連載の「ちゅうごく山歩き」をまとめた冊子の第6集です。2017年6月から18年7月までの掲載分(50回)を収録。山ごとに、地形図を使った登山ルートや所要...
[4月17日発売]
CAMP LIFE Spring&Summer Issue 2019 (別冊山と溪谷)

特集 基本のレシピ キャンプ料理はシンプルに。キャンプといえば料理と焚き火。手間のかかるキャンプ料理レシピが多いなか、本特集では「とりあえずこの料理...
[4月17日発売]
岳人 2019年 5月号

[4月15日発売]
わが静かなる山

一日中誰にも会わない山路がここにある。メインの「紀行」二十四編は、読者が自分の山を探すための楽しいヒント。が、もっとずばりは「静山案内」、地形図も...
[4月15日発売]
絵図と映像にみる山岳信仰

日本各地に聳える霊山―伯耆大山・戸隠山・出羽三山・立山・白山・比叡山・羽黒山などにかかわる山岳信仰について、古地図や映像を活用して歴史地理学・文化地...
[4月15日発売]
ヤマケイ文庫 山棲みの記憶

狩猟、釣り、山菜採り、炭焼き……。厳しくも恵み豊かな北の山里に生きた人々の暮らしの記録。「ブナの森の恵みと山里の暮らし」をテーマにした根深誠、ルポ選...
[4月15日発売]
PEAKS特別編集 【最新版】みんなの山道具

グリーンシーズンを想定したあらゆるスタイルのソロ装備を紹介! 自身の山行スタイルに合わせて組み上げる登山装備。個人の思考によってさまざまな組み合わせ...
[3月28日発売]
ヤマケイ登山学校 フリークライミング

ボルダリングからマルチピッチ・クライミングまで、クライミングのすべての基本を1冊に! 誰でも手軽に始められるジムでのボルダリングから、ロープを使ったル...
[3月28日発売]
ヤマケイ登山学校 登山入門

山登り、始めよう! 大きな判型で、読みやすくわかりやすいヤマケイ登山学校シリーズ。「登山を始めたい」、「自立した登山者になりたい」そんな初・中級者が...
[3月27日発売]
穂高小屋番 レスキュー日誌

穂高の山小屋に暮らし、誰よりも深く穂高を知る男・宮田八郎。小学館コミック「岳―ガク―」(石塚真一著)に登場する小屋番「宮川三郎」のモデルにもなり、穂高...
[3月20日発売]
関東百名山

関東の名山・人気コースを選び抜いた新しい「百名山」の決定版!関東地方各地に数多散らばる山々のなかから「名山」にふさわしい100山を「関東百名山」として...
[3月16日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/04/21 13:49:24