登山関連のブログ情報  -  ブログ「 富山起点!楽しい山登り 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 15  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  富山起点!楽しい山登り  [5/6] 人気ブログ
http://toyamountain.blogspot.com/2019/07/blog-post_22.html
富山県岳人の皆さんご利用ください
アワラ谷は白山の沢の中でも決して人気の高い沢ではないが捨て難い魅力がある。大白川の湯谷と同様、少し脆い岩質の谷のため下部は荒れている。2018年西日本豪雨の影響だろうか真新しい土砂が多く堆積していた。そして、本流に地形図で記載されている堰堤は破壊され無くなっていた(これは昔からかもしれない)。右俣に入り1300m付近で10m程度の滝が出てくるが処理に難儀するような代物ではない。1520m付近で右に入ると硬いスラブ...   (続きを読む)
2019/07/22 20:44:01 (17時間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  富山起点!楽しい山登り  [5/6] 人気ブログ
http://toyamountain.blogspot.com/2019/07/blog-post_18.html
富山県岳人の皆さんご利用ください
国土地理院発行の地図に記載される地名はどのような基準があるのだろうか。三方谷右俣には野々滝という滝記号が付けられている。県道が敷設されたとは言え、一般の方が容易にたどり着ける場所ではない所に名称が付けられていることは驚きに値する。この谷は小矢部川流域では最も急峻な場所だ。となれば現地で確認せざるを得ない。小矢部川本流瀬戸の長瀞が終了すると合流するのが三方谷である。出合からは良い雰囲気の渓相に時...   (続きを読む)
2019/07/18 20:43:54 (4日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  富山起点!楽しい山登り  [5/6] 人気ブログ
http://toyamountain.blogspot.com/2019/07/blog-post_17.html
富山県岳人の皆さんご利用ください
犀川上流は山深い印象があるエリアである。二又川と倉谷川という長大な沢を抱えているものの、入下山に少々難が有るためか登山者や釣り人は少ないようだ。倉谷川は登山大系で白山でも屈指の名渓と称えられている。地形図を眺めてもその片鱗は想像し難いのだが、訪れてみれば正にその通り。白山らしさを随所に感じることができる素晴らしい谷であった。水量豊富な序盤に現われる多段の滝からが本番である。スラブの発達したゴル...   (続きを読む)
2019/07/17 22:44:34 (5日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  富山起点!楽しい山登り  [5/6] 人気ブログ
http://toyamountain.blogspot.com/2019/07/blog-post.html
富山県岳人の皆さんご利用ください
直海谷川の左俣は大タル、右俣は小タルと称されている。誰が称したのまでは調査していないのだが、きっと地元の人がそう呼んだのであろう。「タル」というのは富山でも一部用いられており滝という意味がある。これを適用するならば左俣は大滝、右俣は小滝になる。ところがどっこい右俣も十分大きな滝のある沢であった。標高850m二俣までも立派なゴルジュと滝がいくつも現われ渓谷美を堪能できるだろう。二俣の入り口は捩れ滝に...   (続きを読む)
2019/07/10 06:44:14 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  富山起点!楽しい山登り  [5/6] 人気ブログ
http://toyamountain.blogspot.com/2019/06/blog-post_75.html
富山県岳人の皆さんご利用ください
黒菱山のような里山が沢山あればどんなに素晴らしいだろうか。東西南北どこから登っても面白く、山頂からの展望も素晴らしい。登山道は整備されていて雰囲気も良い。1050mほどの手ごろな標高も相まって多くの登山者に親しまれる山である。荒戸谷も初めての沢登りにうってつけではないか。水量豊富な下部は岩は硬く滝の登攀も面白い。ロープを使って安全を確保しやすいのも良い点だ。山頂へ詰めあがる沢を進路に取ると少し単調な...   (続きを読む)
2019/06/24 22:44:36 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  富山起点!楽しい山登り  [5/6] 人気ブログ
http://toyamountain.blogspot.com/2019/06/blog-post_78.html
富山県岳人の皆さんご利用ください
大長谷川の足谷は落ち着きの無い谷である。土砂が多い谷で水深が浅いため瀬音が大きい。一定の傾斜が続く谷で小さな段差には釜が無いため、一層水音が響いている。平らな場所が少ない事も相まって、落ち着いて休まる場所がないのである。下部は森の雰囲気もよく散発的に小滝が現われるので楽しめる。ここは快適で難しくも危なくもない。中盤以降は単調な歩きとなり、1050mからは一直線のガレ登りになる。内容は地味でスケールが...   (続きを読む)
2019/06/23 22:44:57 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  富山起点!楽しい山登り  [5/6] 人気ブログ
http://toyamountain.blogspot.com/2019/06/blog-post_24.html
富山県岳人の皆さんご利用ください
なぜ7という数字はこんなにも人を惹きつけるのであろうか。ラッキー7とか、七福神とかは縁起の良い数字として扱われてきた証左だし、政治の世界の頂は主要七か国会議(最近は20カ国だったりするけど)だし、西洋の音楽もドレミファソラシの7音階を基調としている。そんなこんなで、人間の生活は無意識のうちに7に侵食されているのだ。筆者もその例外ではなく、7の付く場所は登りたくなってしまう。笹川の一支流である七重谷川には...   (続きを読む)
2019/06/15 21:44:28 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  富山起点!楽しい山登り  [5/6] 人気ブログ
http://toyamountain.blogspot.com/2019/06/blog-post_15.html
富山県岳人の皆さんご利用ください
五箇山~白川郷の沢で快適で面白いところはだれでも直ぐに解る。堰堤が作られていないところだ。筆者はこの地域の岩を流紋岩、花崗岩、礫岩主体の堆積岩の3つに大別している。している、というのは学術・文献調査をしたわけではなく沢登りがてらに観察しているからであり、根拠に乏しい経験論である事をご了承願いたい。最も沢登りが楽しめるのが流紋岩が卓越する地域だ。美ヶ谷、大芦倉谷、境川流域などハズレがない。厳密には...   (続きを読む)
2019/06/15 20:44:28 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  富山起点!楽しい山登り  [5/6] 人気ブログ
http://toyamountain.blogspot.com/2019/06/blog-post_9.html
富山県岳人の皆さんご利用ください
山を多方面から執拗に登るのは楽しい。ある山について東西南北の谷それぞれを詰めたり、小さな支流を探索したり、季節を変えて訪れてみたり。その山のありようについて徐々に理解が深まってくる感じが嬉しいのである。では、どんな山を対象とするかだが、あんまりにも大きな山だと全貌を掴めるのか自信が持てなくて索漠とした気分になる。一方、2000m以下のほどよいサイズの山なら、もしかしたらこの山の全てを知る事が出来るの...   (続きを読む)
2019/06/09 21:44:26 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  富山起点!楽しい山登り  [5/6] 人気ブログ
http://toyamountain.blogspot.com/2019/06/blog-post_5.html
富山県岳人の皆さんご利用ください
国土地理院発行の地図に記載されている地名は実のところ少ない。地図上で名前が記載されていない谷は幾つもある。だが集落が近くに有る場合、調べれば必ず名称は存在する。それは山が生活の場であり、資源そのものだったため命名し区分を明確に把握する必要があったためだろう。大長谷は飛越国境争いが長く続いた場所である。飛越を結ぶ二ツ屋街道が拓かれ交通の要衝となり、炭焼きや鉱山開発が行われていた。木材の運搬には谷...   (続きを読む)
2019/06/05 09:44:09 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  富山起点!楽しい山登り  [5/6] 人気ブログ
http://toyamountain.blogspot.com/2019/06/blog-post.html
富山県岳人の皆さんご利用ください
大杉谷は折谷町の少し南で浅野川に合流するごく小さな支流である。本流である浅野川も十分に小河川なのに、その支流大杉谷となれば小川といっても過言ではない。あまりに小さいので遡行開始前に概念を間違えたか?と何度も確認したほどである。しかしその心配も杞憂であった。他の医王山西面の沢と同じくコンパクトに纏まった良渓である。出合いから2~3の堰堤をこえて少し歩くとゴルジュ状を呈し始め4~5mの滝が4つほど続き快適...   (続きを読む)
2019/06/03 22:45:02 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  富山起点!楽しい山登り  [5/6] 人気ブログ
http://toyamountain.blogspot.com/2019/05/blog-post_30.html
富山県岳人の皆さんご利用ください
濃尾平野にある筆者の生家のベランダから体を乗り出して西側を眺めると恵那山が見えた。かなり強引でリスクを孕む眺望方法だったが、伊吹おろしが吹く冬晴れの日にはくっきりと見えるので嬉しかった。恵那山はバリエーションルートにあまり恵まれない。山のスケールの割にどの谷も浅いのでガレが堆積しがちなのだろう。東面本谷川の一支流である黒沢も特段の盛り上がりがある沢ではない。標高1330mの出合いに立てばこの谷の名前...   (続きを読む)
2019/05/30 22:43:20 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  富山起点!楽しい山登り  [5/6] 人気ブログ
http://toyamountain.blogspot.com/2019/05/blog-post_27.html
富山県岳人の皆さんご利用ください
遠方の小さいけれど良い沢、というのは知っていても行く機会を作ることは少ない。ピークに突上げない沢ならば猶の事である。木曽川支流の岩倉川樽ヶ沢を訪れたのも予期せぬ転進によってであった。木曽地方は中央アルプスに代表される花崗岩が卓越している。一帯はマサ化による土砂が堆積しており大雨が降ると土砂災害の危険が高い地域だ。近年では読書集落で大規模な土砂災害が発生している。この特徴から、沢登りが楽しめるエ...   (続きを読む)
2019/05/27 20:43:27 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  富山起点!楽しい山登り  [5/6] 人気ブログ
http://toyamountain.blogspot.com/2019/05/kyrgyzstan-ala-archa-ak-say-glaciar.html
富山県岳人の皆さんご利用ください
ふつうの会社員でも行ける海外の山やクライミングエリアを探求するのも面白いものだ。限られた休暇時期と期間の中で歯牙にかける獲物を探索する、それ自体がゲームなのである。境遇を不自由に思うこともあるけれど、そんな環境でしか出会えない山々もきっとある。そう信じるからこそ、またやってくる月曜日も出勤するのだ。キルギス共和国のアクサイ氷河には5000m弱の山々が連なっていて、壁もあれば尾根もある。難易度も易しい...   (続きを読む)
2019/05/21 00:48:02 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  富山起点!楽しい山登り  [5/6] 人気ブログ
http://toyamountain.blogspot.com/2019/05/blog-post.html
富山県岳人の皆さんご利用ください
旅はいいものだ。見たことのない景色、出会ったことの無い人と文化に触れる度にそう思う。しかし、旅には目的が必要だと思う。観光地を巡って消費するだけの旅は全体の印象が薄くなってしまい何だか味気なく、出逢いの心象は弛緩したものとなってしまう。確固とした目的があることで、その手段となった旅に対する感受性が涵養され、出会いに滋味に富んだ解釈が生まれる気がするのである。その点、フリークライミングは目的とし...   (続きを読む)
2019/05/13 00:46:20 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 15  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
マウンテンスポーツマガジン トレイルラン 2019 夏号

夏到来。ガッチリ汗をかいて、気持ちよく山を走ろう。
[7月19日発売]
大雪山―神々の遊ぶ庭 市根井孝悦精選作品集

憧れの北の大地・大雪を、写真家・市根井孝悦が渾身の力をこめて表現した決定版 2000年の『大雪山――母なる大地』、2006年の『大雪山――四季の彩り』、2014年の...
[7月16日発売]
岳人 2019年 8月号

[7月13日発売]
ヤマケイ文庫 山怪 山人が語る不思議な話

日本の山には「何か」がいる。シリーズ累計20万部突破! ! 山の怪談ブームの火付け役。山で働き暮らす人々が実際に遭遇した奇妙な体験。NHKドキュメンタリーで...
[7月6日発売]
ヤマケイ文庫 名残の山路

旅行雑誌『旅』の名編集長が平成に残した山と旅の珠玉の紀行文集 旅行雑誌『旅』の元編集長で、紀行作家としても知られる岡田喜秋さんが、平成時代30年間に書...
[7月6日発売]
出羽三山

出羽三山神社が著す「出羽三山」の写真読本。世界が注目する「自然」と「信仰」が息づく聖なる地「出羽三山」。古来修験道の霊場として人々の崇敬を集めるそ...
[7月1日発売]
東海 山歩きガイド ゆったり楽しむ

県別のおすすめコースを徹底解説! 山の詳細データ・見どころをご紹介。温泉などの「立ち寄りスポット紹介」も! 山を楽しむためのマル得情報が満載! 四季折々...
[6月30日発売]
PEAKS8月号増刊 CAMP TOOLS

いま、日本は空前のキャンプブーム。アウトドア専門誌はもとより、女性一般誌までもがキャンプに注目している時代ですが、果たして、自分が思い描いているキ...
[6月27日発売]
ひとり山ごはん・ふたり山ごはん

ひとりで行くのか、ふたりで行くのか。日帰りハイクなのか、山の上でテント泊するのか。コースタイムは長いのか短いのか、季節はいつなのか。誰とどこへどん...
[6月27日発売]
ヤマケイ文庫 「アルプ」の時代

山を思索の場とし、研ぎ澄まされた感性を集めた山の文芸誌「アルプ」。創刊当初から編集に深く関わってきた山口耀久が、次代へ語り継ぐため、渾身の力をこめ...
[6月24日発売]
山小屋ガールの癒されない日々

ウェブメディア「cakes」の人気連載が書籍化! 山小屋にお風呂はある? 腹が立つお客さんはいる? スタッフの人間関係は? 北アルプスで10年働いた著者が隅から隅...
[6月21日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/07/23 14:09:42