登山関連のブログ情報  -  ブログ「 album-diary 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 25  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/05/250519.html
馬の背から高御位山に上がり、市ノ池から駐車場へ戻りました。真夏のような暑さに日影が恋しくなりました 尾根上より鷹ノ巣山をみる 今日の歩行中のアイテムは晴雨兼用傘。腰を下ろす際には、もちろん幅広ハットも。湿度が低いのが救いでも、まだ5月だというのにこの暑さは一体どうしたものでしょう。登山路脇に咲くノバラ 馬の背分岐より高御位山 鷹ノ巣山より西望してみる桶居山と姫路市中心部 高御位山より東望 同、南望 長...   (続きを読む)
2019/05/25 18:43:37 (19時間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/05/190519.html
雪彦山、虹ヶ滝~地蔵岳~大天井岳往復しました。大天井岳の祠 登山口で、まさにスタートせんばかりの体勢ながら着いたばかりのこちらを見つけ、足を止めてくれたHさん同行の下、その場所へは二度目となる滝見物に行くことができました。登山道そばに咲く花 虹ヶ滝のもう一段下の滝 さらに、もう一段下の滝 ここまで足を延ばした(沢を下った)のは、かつてこちらの不注意からレンズキャップを滝下に落としてしまったことで取りに...   (続きを読む)
2019/05/19 19:44:39 (6日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/05/180519.html
馬の背から高御位山往復しました。馬の背分岐に咲くシャリンバイと高御位山 天気は良くありませんでしたが、むしろそれが幸いしてか先日ほど暑さを感じることなく歩くことができました。また、曇っていたにもかかわらず見通しは良く、久しぶりに撮るハローキティー新幹線はピンクと白の車体が鮮明でした。鷹ノ巣山から西望してみる姫路城と姫路市街地 高御位山山頂から東望 パッチワークの田園風景と平荘湖、六甲山 白い車体の...   (続きを読む)
2019/05/18 16:44:25 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/05/120519.html
雪彦山、出雲岩~大天井岳~地蔵岳~虹ヶ滝周回しました。なんじゃもんじゃの木と登山口の坂根集落 あっちを見てもこっちを見ても、特に大天井岳ではこの花しか咲いていないといってもいいほど『なんじゃもんじゃの木』だらけでした。さすがに目ざわりではありませんが、ここまでたくさん咲くことは記憶になく、モコモコ感ばかり強いのでもう少し遠慮気味に咲いてくれればと思います・・・。悪い言い方をすれば同じく白い花をた...   (続きを読む)
2019/05/12 16:43:55 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/05/110519.html
長尾新池基点、北山の尾根~小高御位山~成井~峠道~高御位山~長尾の変則周回で高御位山です。小高御位山よりみる高御位山稜線 空気が乾燥していて、空を見上げても気持ちのいい青空が広がっていましたが、暑さには参りました。高御位山から西へ延びる稜線 小高御位山の石仏と高御位山 下山した成井では何やら工事中 すぐそばの峠道を山頂へ向け再スタート 大きな花びらのツツジが所々で残っていた 山頂を少し下った露岩上で...   (続きを読む)
2019/05/11 18:43:33 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/05/050519.html
元号が令和になって初めての雪彦山で、出雲岩~大天井岳~地蔵岳~虹ヶ滝周回しました。姫路第二龍王講の行者による開眼法要 改元に合わせたかのように、先日、平成31年4月28日に再建した大天井岳のお祠の法要が令和元年5月5日の今日、役行者の皆さんによって執り行われました。御開帳のうえ法要が行われました 将来的にはこの元号も遠い過去のものとなるでしょう 同じ類の色合いながらアケボノツツジよりもう一回り大きな花を...   (続きを読む)
2019/05/05 21:43:59 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/05/02-030519.html
黒部五郎岳山頂に立つべく飛越林道、飛越トンネルから太郎平小屋に入りましたが、三度目の今回にしても、その山頂には立てませんでした。益々、遠い存在になりつつある黒部五郎岳と、左に言わずと知れた槍ヶ岳 北ノ俣岳東面を薬師沢左俣方面へ向け滑るaoaoさん coming soon ! HPは ようこそ『山のアルバム』へ   (続きを読む)
2019/05/04 21:43:58 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/04/280419.html
高御位山、馬の背から山頂へ上がり市ノ池へ下りました。山頂より東望してみる播磨平野と明石海峡、淡路島、金剛山地方面 10連休の二日目ということなのか、前半戦のこの後の天気があまり芳しくない予報だからか、縦走ルートは多くの人を見かけました。着いた山頂にはそれまでにはあまり見かけていなかった家族連れの姿が多くありました。特に三世代の家族連れが多かったのは成井から上がってこられた地元の人たちでしょうね。こ...   (続きを読む)
2019/04/28 17:44:24 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/04/270419.html
雪彦山、虹ヶ滝~鉾立山~三角点~大天井岳~虹ヶ滝周回しました。季節外れの時雨に煙る雪彦川左岸の新緑と地蔵岳右カンテ稜 今日は登山口で声をかけた若い二人とともに上記ルートを歩きました。何年か前にも若い人と歩いた記憶がありますが、一日を通して一緒したのは、おそらく初めてだと思います。群馬と埼玉出身で高砂の火力発電所勤務のお二人、今日は一日ありがとうございました。水量豊富な出合下の滝 日差しがなく虹は...   (続きを読む)
2019/04/27 20:45:18 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/04/210419.html
人生二度目の吉野のサクラ見物に行ってきました。上千本、花矢倉展望台より見下ろす吉野山 レトロなお店の多い門前にあって 店内外ともにモダンな、中千本バス停そばのTSUJIMURA茶寮 花より団子。葛餅とほうじ茶セット 軽食が売り切れだったので注文しましたが 初めての本場葛餅のおいしさに感激させられました 前のそれから約35年が経ったので、当時のことはほぼ覚えておらず、初めてといってもいいほどでした。さすがに時期が...   (続きを読む)
2019/04/22 20:45:15 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/04/200419.html
雪彦山、虹ヶ滝~地蔵岳~大天井岳~出雲岩周回しました。雪彦川左岸に咲くオチフジ 例年通り、この時季の見どころは希少種のオチフジ。今年も見事に咲きました。タムシバは裏年の様相で花のつきがよくなく、このまま終わりそうな感じです。アケボノツツジやヒカゲツツジは例年通りで、あちらこちらで目にすることができます。山腹には名残のサクラも残っていたりで、いかにも春らしい景観が広がっていました。名残のサクラとプ...   (続きを読む)
2019/04/20 21:44:48 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/04/130419.html
岡山県北西部に位置する新庄村は、伯耆大山に出向く際、中国勝山から蒜山へと抜けるのに最短、最速なこともあって何度も通ってきた道。その新庄村には出雲街道に沿って、がいせん桜という桜並木があることも知っていたが、これまでに立ち寄ることなく通り過ぎるばかりでした。平成から令和へと時代が変わるタイミングを狙ったわけではありませんが、後鳥羽上皇や後醍醐天皇ゆかりの新庄宿の夜桜を訪ねてみました。出雲街道・新...   (続きを読む)
2019/04/14 08:43:48 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/04/130419_14.html
雪彦山、虹ヶ滝~地蔵岳~大天井岳~出雲岩周回しました。虹ヶ滝 この時期、お盆から秋のお彼岸にかけての時期と並び、虹ヶ滝はきれいな虹を架けてくれる。先日はタイミング悪く、全く虹を見ることができなかったが、今日は空はスッキリ晴れ渡り、期待通りの虹を見ることができた。手前の淡い紅色の新芽がいいアクセントになった やや下方ながら見事な虹を架ける 高速シャッターを切ると飛び散るしぶきが美しい 虹ヶ滝 存分に光...   (続きを読む)
2019/04/14 08:43:47 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/04/090419.html
明日が雨予報だったので花びらが散らない前の好天に、お城界隈のお気に入りの場所、何か所かで撮ってきました。景福寺山より姫山に建つ姫路城を見る 右遠くに桶居山や高御位山を見渡せる 船場川沿いのとある場所より 大天守と乾小天守 男山貯水池より ここからは大天守が大きく、乾と東西の小天守も見えます 景福寺山より 乾小天守の存在感が大きい 内堀より見上げる大天守 snsのせいでしょうか、ここもすっかり有名スポットに...   (続きを読む)
2019/04/10 20:44:38 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/04/070419.html
高御位山、北山鹿島神社~小高御位山~成井~高御位山~馬の背~鹿島神社駐車場で行ってきました。馬の背コースに咲くツツジと鹿島神社、鹿島公園のサクラ 今日は三木・Yくんと同伴なので上記の通り、一方通行的ハイク。北山鹿島神社のソメイヨシノは満開に近い8分咲き程度 こうしてみる限り春の気配は感じ取れない 小高御位山のツツジと高御位山 成井登山口 山頂までの階段道にツツジやサクラはほとんど見かけない 馬の背分岐...   (続きを読む)
2019/04/07 21:44:08 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/04/060419.html
雪彦山、虹ヶ滝~地蔵岳~大天井岳往復しました。葉っぱが特徴的なミヤマカタバミ 今日は黄砂予報が出ていたので眺望は鼻からあきらめていたので、それならこの時期、きれいな虹を架けてくれる虹ヶ滝に期待したものの結果的にそれもダメでした。下山のころには日も差しだしたので、虹ヶ滝に関してはかなり残念でした。何だかスッキリし過ぎ感の虹ヶ滝 肉眼では一瞬の虹を目にしましたが画像に収めることはできませんでした。地...   (続きを読む)
2019/04/06 18:44:35 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/04/050419.html
先日の飛鳥Ⅱの余韻も冷めやらぬ間に、さらに大きな豪華客船が姫路港に入港したので停泊中の姿や出港の様子を見てきました。離岸したばかりのダイヤモンド・プリンセス これまでに何度か姫路港に入出港する大きな船舶を目にしてきましたが、今日はこれまでに見たことのない場所から見ることにしました。昔々、姫路港の赤灯台と言っていた、かつては港湾部の最も南端にあった赤灯台です。至近で見上げる 船尾と姫路港のシンボル的...   (続きを読む)
2019/04/06 18:44:34 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/04/040419.html
姫路城の近くで、どこか桜のスポットがないかと用事のついでに車を走らせてみると・・・ 桜並木とF56・ミニクーパー ありました。意外や意外、お城の外堀のそばの、ちょっと寒そうなところに界隈では最も咲き具合のよい桜並木を見つけました。メインとなるべきお城らしきものは全く見当たりませんが、これだけ長い並木があればそれも構わないほどです。サクラ並木 小さなお堀の向こうは原生林の一部です ちょっぴり上方から 因...   (続きを読む)
2019/04/04 20:44:31 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/03/310319_31.html
いつもの雪彦山に上がろうと登山口まで行きましたが時雨てきたので転身して少しばかり南の明神山に上がりました。明神山山頂モニュメントと七種山連山 明神山には、ここ数年はこんな感じでしか登ってないのですが、今日もその思いの通りの後味のよくない明神山となりました。ふもとの夢前町から、特に塩田温泉付近から見ると播磨富士とも称される通り山容はとても立派なのですが、実際に山頂に立ってみると展望は十二分にあるに...   (続きを読む)
2019/03/31 18:44:32 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/03/300319.html
当然ではありませんが、当たり前のように飛鳥Ⅱの出港の様子を見てきました。母港の横浜港へ向け播磨灘へと舵をとる飛鳥Ⅱ 大きな船舶が姫路港を出港する様子を見るのは初めてのことでした 港湾部から沖へとすべり出す ASUKAⅡ 赤灯台と飛鳥Ⅱ 今日のような曇天下では速いシャッターを切ろうにも切ることができず、しょぼいレンズのしょぼいたる所以をもろに露呈してしまった。船のスピードにさえシャッタースピードが付いていけず...   (続きを読む)
2019/03/30 22:46:29 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/03/290319.html
豪華客船、飛鳥Ⅱが姫路港にやってきました。ご入港~ 晩秋から冬にかけて夕日が目的で何度か訪れますが、船を撮るのが目的でここに来るのは一昨年秋のにっぽん丸以来一年半ぶりです。夕日スポットとしてはカメラおジジに広く知れ渡っていて晩秋には多くのカメラマンを見かけますが、今日は大した人出でもなく、ごく普通の撮影風景でした。入港前の飛鳥2 白い船体が美しい 突端の赤灯台にいたのは数人ほど この後、港内で180度転...   (続きを読む)
2019/03/30 00:51:01 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/03/230319.html
長尾を起点に山頂~成井~小高御位山~山頂ティアドロップ周回で高御位山。山頂にたたずむ人は少なく、その姿もやや寒々しい あまり天気がすぐれず、手先は冷たい感の午前中でしたが、当初は予定していなかった周回ルートで歩いてみました。山頂について間もなしの、通過すべきはずのハローキティー新幹線に出逢えなかったのも、こうした一つの要因だったかもしれません。休日に運休日があるとはつゆ知らず、待ち構えているとそ...   (続きを読む)
2019/03/24 08:45:15 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/03/170319.html
お昼を過ぎてから成井を起点に小高御位山~北山鹿嶋神社~長尾~長尾西尾根~山頂~成井周回の初ルートで高御位山に上がりました。大阪ガス、関西電力発電所と播磨灘、家島諸島 山頂では少し風があり、その風も冷たかったので午後の日向ぼっことはいきませんでしたが午前までに降った雨のお陰か、青空はいつもに増してきれいに見えました。小高御位山より高御位山をみる 明石海峡大橋 橋に重なるように大阪湾に浮かぶ大きな船舶...   (続きを読む)
2019/03/17 18:36:58 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/03/090319.html
高御位山、馬の背から山頂往復しました。上空は花粉が飛んでいることなど微塵も感じさせない青空だった うららかな陽射しのもと、老若男女多くの人でにぎわっていました。微妙にかすむ家島諸島、小豆島 山頂より見るJRひめじ別所駅付近を通過するハローキティ新幹線 百間岩と家島諸島、小豆島遠望 馬の背コース上部より見る高御位山 下山後、少し車を走らせ今春発売になるトヨタ・スープラを見てきました。トヨタ・スープラ TOY...   (続きを読む)
2019/03/09 21:44:40 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [1/9]
http://album-diary.blogspot.com/2019/03/020319.html
雪彦山、虹ヶ滝~地蔵岳~大天井岳往復しました。虹ヶ滝 雪彦山に足を向けるのが一カ月以上ぶりなら、虹ヶ滝を見るのは実にちょうど三カ月ぶり。今が木々の葉の落ちた明るい沢に陽がさす時期であることと、久しぶりに見ることも手伝って、いつも以上に見事な虹ヶ滝に出会うことができた気がしました。ただ、今年は冬が温暖で、また春の訪れが早いせいかスギやヒノキの色付きはもちろん、飛散が早いような。おかげで鼻はズルズル...   (続きを読む)
2019/03/02 18:44:37 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 25  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
PEAKS特別編集 日本アルプス・八ヶ岳・中央線沿いの山 詳細ルートガイド

日帰り・1泊で歩く、魅力的な山を総括 首都圏の登山者が最も集中する中央線、中央道沿いの山の中で、初級者でも登ることのできる山を中心にして取り上げます...
[5月23日発売]
ヤマケイ文庫 安曇野のナチュラリスト 田淵行男

鋭い視点で山岳写真の新境地を拓き、高山蝶の生態写真や雪形の研究などで、一時代を築いた先駆者、ナチュラリスト「田淵行男」の生涯。日本を代表する山岳写...
[5月16日発売]
岳人 2019年 6月号

[5月15日発売]
山人生いい加減 登山家・高橋和之の歩んだ道

登山用品店カモシカスポーツのオーナーにして登山家でもある高橋和之さんの半生記。医師で登山家である今井通子さんを妻に持ち、登山具の販売店とメーカー2社...
[5月15日発売]
山を探す

四十代を迎えたある日を境に、無性に山が気になりはじめた。 それからというもの、何かに取り憑かれた様に山に入った。 気づけば一年と経たないうちに数十座...
[5月14日発売]
富士山ブック 2019 (別冊山と溪谷)

令和元年は、日本の頂・富士山へ! 安全に楽しく登頂するためのノウハウ1冊に。初心者向けにわかりやすく、登山経験者の声がリアル! 富士登山初心者必読の『富...
[5月11日発売]
アルプストレッキングサポートBOOK2019 (NEKO MOOK)

感動の絶景を求めて雲上の稜線を歩こう!
[5月10日発売]
低山手帖

だれでもが気軽に楽しめる低山歩きの魅力。低山登山は、自然を歩き、歴史を楽しみ、生活を知る! 本書では、1500mを基準に低山として区別しています。低山トラ...
[4月23日発売]
東北 山歩きガイド ゆったり楽しむ

日帰りで楽しめる初級者向けのトレッキングコースから上級者向けのコースまで紹介。周辺の立ち寄りスポット情報なども掲載。
[4月19日発売]
山釣りJOY 2019 vol.3 (別冊山と溪谷)

いざ、尺上イワナ舞う秘境へ。今年の源流釣り計画はこの一冊で決まり!
[4月18日発売]
ちゅうごく山歩き Vol.6

中国新聞連載の「ちゅうごく山歩き」をまとめた冊子の第6集です。2017年6月から18年7月までの掲載分(50回)を収録。山ごとに、地形図を使った登山ルートや所要...
[4月17日発売]
CAMP LIFE Spring&Summer Issue 2019 (別冊山と溪谷)

特集 基本のレシピ キャンプ料理はシンプルに。キャンプといえば料理と焚き火。手間のかかるキャンプ料理レシピが多いなか、本特集では「とりあえずこの料理...
[4月17日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/05/26 13:58:12