登山関連のブログ情報  -  ブログ「 album-diary 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 20  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/05/240520.html
昨日に続いて雪彦山に行きました。南望してのこの景色は、今の時季観ならでは 二日続きなので、これと言って変わったことはありませんが、やや人が多かったです。気象的には、気温はほぼ同じながら湿度がわずかながら高かったですね。大天井岳より見下ろす地蔵岳 気温24℃、湿度60% 気温の変化はなかったものの長居する間に湿度が55%から、わずかに上がっていた ベニドウダンと地蔵岳 不行岳の岩壁と三峰岳ピークのクライマー 昨...   (続きを読む)
2020/05/24 20:43:55 (5日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/05/230520.html
雪彦山、虹ヶ滝~地蔵岳~大天井岳往復しました。麓より見上げる洞ヶ岳・岩峰群 コロナ、コロナと言っている間にも雪彦山では花の時季はほぼ終わり、季節はすっかり新緑の頃となりました。新緑は秋の紅葉と同じく地蔵岳山頂から見るのがベストポジション。見下ろす雪彦川沿いや、中景の緑が眩いばかりで素晴らしいです。左から大天井岳、不行岳、三峰岳、少し離れて地蔵岳 渓流で見上げると緑が素晴らしい 出合い下の滝で 虹は...   (続きを読む)
2020/05/23 17:42:23 (6日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/05/170520.html
午後から高御位山に上がりました。ようやくデビューしたタイ土産の帽子 長尾から北山の尾根を経て小高御位山経由で高御位山山頂に達しましたが、小高御位山へのルートを以前から少し気になっていたルートで上がってみました。結果、何とか小高御位山の山頂には出れましたが、決しておすすめのルートではありません。そもそもが目標としていた稜線到達地点は小高御位山のすぐ西に自生するササユリのところのはずでしたが、現実に...   (続きを読む)
2020/05/17 22:42:42 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/05/090520.html
鹿嶋神社参拝して、百間岩から高御位山、小高御位山、北山の尾根を経て長尾新池へ下りました。中塚山付近に咲くツツジと高御位山 この付近では唯一解放されている鹿嶋神社参拝者用の駐車場 駐車率は5割ほどか これで面目躍如?!、まずは参拝 駐車車両に比して人影は少なく、参拝者もほとんどない 百間岩を登り鉄塔を過ぎた小ピークより鷹ノ巣山と高御位山 先日に比べても明らかに人は少ない 左手に新緑の先に姫路市街地がみえる ...   (続きを読む)
2020/05/09 17:42:07 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/05/060520.html
高御位山連山、豆崎から高御位山、小高御位山経て成井まで歩きました。小高御位山の石仏と見上げる高御位山 コロナ禍の影響で登山口の駐車場はどこも閉鎖中。開いているのは参拝用にと鹿嶋神社の駐車場のみなので、これを上手く活用させてもらいチャリも利用して今日のルートとなりました。持参のチャリは下山後の移動用に備え成井駐車場にデポしておきます。チャリの帰還ルートを確認しながら、これまで車では通ったことののな...   (続きを読む)
2020/05/06 21:42:14 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/05/050520.html
雪彦山、虹ヶ滝~地蔵岳~大天井岳往復しました。大天井岳のミツバツツジと南望してみる明神山 コロナ禍の外出自粛要請下も、それなりの人で賑わっていました。新緑の素晴らしさはもちろん、産業活動が抑制されているからか中景の見晴らしが特によく、大天井岳から見晴るかす展望は薫風の情景でした。葉を落とし始めたイチリンソウ 二重に虹を架ける虹ヶ滝 水流が荒いせいで虹はあまり綺麗ではなかった 新緑眩い虹ヶ滝出合い 地...   (続きを読む)
2020/05/05 21:42:57 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/04/290420-gw.html
雪彦山、虹ヶ滝~鉾立山~大天井岳~地蔵岳~虹ヶ滝変則周回しました。イチリンソウ イチリンソウ なかなかのベッピンさんです イチリンソウ イチリンソウ 特に意味はありませんでしたが、久しぶりにドロカベコースから鉾立山へと向かいました。鉾立山からは北部の展望を得ることができますが、それでどうした?ってレベルなので、ここに来るかどうかは好き好きです。あえて言うと、見晴るかす氷ノ山にわずかに雪が残っているの...   (続きを読む)
2020/04/29 21:44:34 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/04/260420.html
昨日に続いて雪彦山に行ってきました。イチリンソウ 今日のルートは虹ヶ滝から新下山道で大天井岳に上がり、表へ降りる周回コース。今年はアケボノツツジが当たり年のようで、淡いピンクの花があちらこちらに咲いて目を楽しませてくれます。足下にはヒカゲツツジも。色合いも存在感も、あえて言うと全く違いますが、どちらも精一杯咲いているように見えます。ポツポツ見かけるミツバツツジはこれからでしょうか。オチフジ 同じ...   (続きを読む)
2020/04/26 17:44:36 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/04/250420.html
雪彦山、虹ヶ滝~地蔵岳~大天井岳往復しました。大天井岳のアケボノツツジと笠形山方面 風が少し強めに吹きましたが、これだけ日差しが暖かくなると以前ほど気になる存在ではなく、それさえ避ければ絶好のハイク日和です。登山路脇や頭上、見える山腹には春の花が咲き、本来なら春爛漫の雰囲気ですが憎っくき新型コロナのせいでそうは言ってられません。見晴るかす大気中にウィルスは漂っていないのに人の社会生活がままならな...   (続きを読む)
2020/04/25 18:45:14 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/04/180420.html
雪彦山と高御位山に行ってきました。高御位山山頂から見る東部姫路港、関西電力発電所、大阪ガスと微かに家島諸島・男鹿島 朝のうちに雨が止んだので、明日は出向けないのを見越して、いつもの雪彦山に車を走らせました。道中に目にした菅生川は水量はかなり多く、さらに濁っています。夢前川の方が少しマシな気もしましたが、いずれにしても昨夜、この山域でもかなりの降水量があったことを物語っていました。駐車場に着くと、...   (続きを読む)
2020/04/18 21:44:39 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/04/100420.html
雪彦山、出雲岩~大天井岳~地蔵岳~虹ヶ滝周回しました。無数の花をつけるタムシバ 展望岩下のヒカゲツツジとアケボノツツジ 大天井岳より南望してみる明神山 山腹の賑わいは、そう大きくならないまま終わりそう 姫路市南西部、網干方面臨海部と播磨灘に浮かぶ男鹿島、家島本島 高御位山連山と淡路島 中景に限ってはクリアーによく見えた 地蔵岳から見下ろす好きなアングル 不行岳のクライマー 地蔵岳のアケボノツツジとヒカゲ...   (続きを読む)
2020/04/11 18:44:28 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/04/050420.html
転勤で岡山勤務となったYくんが遠路来るというので、久しぶりに縦走路を北へ離れ松の木谷池を経由して山頂へと向かってみた。桶居山分岐付近より高御位山 スタートは鹿嶋神社。百間岩の登りは冷たい風が吹き、歩きはじめのこともあり手先が冷たい。昨日の雪彦山は眺望に優れなかったが、一日明けた今日は空気が澄んで素晴らしい見晴らしで、日が照れば暖かいので問題ない。駐車場で多くの車を見た通り多くの人が歩いているのが...   (続きを読む)
2020/04/05 18:43:27 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/04/040420.html
雪彦山、虹ヶ滝~鉾立山~大天井岳~地蔵岳、反時計回りバルーン周回しました。春霞に煙る明神山 久しぶりの鉾立山でしたが眺望はさっぱりで遠望は利かず、ここでは特にイイ事はありませんでした。ヤマザクラ 見上げる地蔵岳にクライマー 樹間から大天井岳や三峰を見上げれるのはこの時期ならでは 出合い下の滝 今年のツバキは特に花期が長い気がする みのヶ滝 虹は架からず 落花したツバキ ふと足元に目をやると この上なく可...   (続きを読む)
2020/04/04 18:43:28 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/03/290320.html
雪彦山、出雲岩~大天井岳~地蔵岳~虹ヶ滝周回しました。大天井岳より望む明神山と姫路市臨海部・広畑付近 寒の戻りもあって吹く風は寒さを感じさせましたが、山中から望めば山笑う様子も感じられたり、大天井岳から南を望むと七種山方面の手前の山腹に、この時期ならではのタムシバの白い色が目立ってきて、そろそろ春本番らしくなってきました。タムシバは何年かに一度は当たり年があって、ここ何年かは当たり年ではなかった...   (続きを読む)
2020/03/29 21:43:49 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/03/220320.html
長尾から高御位山に上がり、ここで合流したHさんとしばらく談笑ののち、尾根を百間岩まで足を延ばし鹿嶋神社へ下山しました。鮮やかな色のツツジ 先日もそうでしたが、とにかく子供連れの姿が目につきます。屋外なら大丈夫だろうと家から連れ出してのことでしょうが、確かに制約が多すぎて親御さんは大変そうです。早い収束を願うばかりです。長尾登山路のツツジと山頂 山頂より南望 ハローキティー新幹線は先日のダイヤ改定に...   (続きを読む)
2020/03/23 16:46:48 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/03/210320.html
雪彦山、虹ヶ滝~地蔵岳~大天井岳往復しました。素晴らしい弧を架ける虹ヶ滝 昨日に続き、虹ヶ滝は今日も素晴らしい光景を見せてくれました。昨日に比べると薄雲が広がったせいか、やや鮮明さに欠けた感はありましたが、山中で出遭ったHさんのお陰でロープにありつけ、滝壺までクライムダウンできたので、これまでにないアングルで虹ヶ滝に架かる虹をとることができました。三脚持参だったのでスローシャッターでも。山頂から...   (続きを読む)
2020/03/21 21:43:16 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/03/200320.html
雪彦山、虹ヶ滝~新下山道~大天井岳~地蔵岳~虹ヶ滝周回しました。鮮やかさこの上なしの虹ヶ滝 今日の見どころは、何といっても虹ヶ滝の虹でしょう。葉を落とした梢越しに降り注ぐ春の日差しもあって、水量を多くした滝に見事な虹を架けてくれ、ここ最近では最も見応えのある虹だと思わせる風景でした。山頂からもそこそこの眺望があり、登山者の方々は眺望を楽しんでおられました。まだ元気に咲いてるミツマタ 例年よりも花...   (続きを読む)
2020/03/20 17:43:06 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/03/190320-10.html
夕陽を見るため姫路市南東臨海部、市川河口近くの御旅山に上がりました。御旅山 ここから夕陽を見るのはちょうど10年ぶりのことです。2010.03.19 天下台山(右)付近に沈む夕日 これは、ちょうど10年前に同所から見た夕陽です。この日から私たちが棲む地球は3,652回自転したことになりますが、ここから見える景色はそう変わったようには見えず、変わったのは人々の年齢が誰も平等に10歳あがったことくらいで、山上の景色は以前の...   (続きを読む)
2020/03/19 22:44:48 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/03/150310.html
雪彦山、虹ヶ滝~地蔵岳~大天井岳~出雲岩周回しました。ツバキ そもそも今日は、朝から思っていたほど天気が良くありませんでしたが、昨日も良くなくどこにも行けてなかったので、天気予報の昼から不安定になるとの予報を信じ、午前中は持つだろうと出かけました。駐車場には今年一番ともいえるほどのたくさんの車で驚きです。考えはみんな同じなんですかね。ただ、天候は予報以上に早い時間帯から不安定となり、辛うじて大天...   (続きを読む)
2020/03/15 18:44:49 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  album-diary  [0/6]
http://album-diary.blogspot.com/2020/03/070320.html
馬の背から高御位山往復しました。桶居山分岐付近から見る高御位山 いつものように鹿島神社駐車場に寄り道してみると、今まさに出発しようとするHさんをバス停付近に見つけたので、当然のように一緒に歩きました。天気はそこそこよかったですが、唯一の季節感ともいえるのが歩き初めの少しばかりの手先の冷たさという、例年とはちょっと違う変な春先です。山に入ればツツジはパラパラ咲いているし、顔の正面や後ろから日差しを...   (続きを読む)
2020/03/07 16:44:59 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 20  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
ヤマケイアルペンガイド 関西周辺 週末の山登りベスト123

この一冊で関西エリア一帯の登山・ハイキングが楽しめる。関西在住の登山者、ハイカーに向けた登山・ハイキングガイドブックの決定版! 関西地方の山々とその...
[本日発売]
脊振山系徹底踏査!

巷ににあふれる登山ガイド本は、各山のメインルートのみの紹介がほとんどです。しかし、それではあまりにももったいない! 花々を愛でるルートや滝を巡るルー...
[昨日発売]
散歩の達人 日帰り山さんぽ (旅の手帖MOOK)

首都圏から日帰りで行ける低山コースを25~30本ご紹介。持ち歩きやすいB5判型ながら、見やすくて大きな地図を掲載し、また美しいビジュアルも満載です。各コー...
[一昨日発売]
富士山境目図鑑: 境目だから面白い、五合目の地質と動植物

世界文化遺産、富士山。イラストでよく見かけるギザギザ模様には理由がありました。本書は、登山のための本ではありません。スポットをあてるのは、登山開始...
[5月27日発売]
増補版 富士山にのぼる

見ているだけでなく登りたい、と冬の富士山を登り始める著者。樹海や風穴などさまざまな場所、夏の山などの回想も入れつつ、富士山の全体イメージを伝える。...
[5月25日発売]
岳人 2020年 6月号

[5月15日発売]
白嶺の金剛夜叉 山岳写真家 白籏史朗

山岳写真界の草分けであり、日本を代表する山岳写真家・白籏史朗の生涯を井ノ部康之が描く。『山と溪谷』2003年1月号から12月号まで掲載されたスーパー・ロン...
[5月14日発売]
ヤマケイ文庫 山の朝霧 里の湯煙

山旅と温泉を愛したドイツ文学者・池内紀の紀行集。関東周辺から、北海道、東北、九州まで、温泉情緒や自然についての味わい深い作品27編。
[5月14日発売]
レスキュー・ハンドブック 増補改訂新版

野外に遊びにいくなら、救急箱と一緒に必携の一冊。ハンディーな手帳サイズ、防水ビニールカバー付。野外でなにかトラブルがあったとき、すぐに役立つ情報が...
[5月7日発売]
山小屋ガールの癒されない日々

ウェブメディア「cakes」の人気連載が書籍化!山小屋にお風呂はある?腹が立つお客さんはいる?スタッフの人間関係は?北アルプスで10年働いた著者が隅から隅まで...
[4月30日発売]
大文字山トレッキング手帖

さあ、登ってみませんか! 送り火の山へ―― 地球史を物語る地質、森に息づく植物や生きものたち、人の歩みを語る歴史遺産など、5つのトレッキングコースから大...
[4月28日発売]
別冊ランドネ 親子でキャンプBOOK

家族みんなで、自然あそび!自然体験から得られることは子どもはもちろん、大人にだってあります。失敗を恐れずに日常から一歩踏み出し、自然のなかへ飛び出す...
[4月27日発売]
新潟100名山+10

[4月26日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/05/30 06:57:12