登山関連のブログ情報  -  ブログ「 山の花-愛で歩き 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 20  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-733.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
野山に出かける時には必ず持っていくメモ帳があります。初見の花や実を見つけたときは略図を書いて自生場所の印を付けたり、花友さんや山で会った人からの花情報などを書き込んでいます。そのメモ帳に「評議原」という文字が書かれていました。植物名は書いてありませんでした。いつ書いたのか、誰から聞いたのかも覚えていません。「評議原」が気になりネットで検索したら城山湖の近くにあり、戦国時代に北条側の武士がこの場...   (続きを読む)
2020/11/25 16:48:00 (5日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-732.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
三連休の最終日でしたが、先日、多摩丘陵を訪れてから10日以上経っていましたので再度訪れて前回歩いていなかったコースをメインに草木の実の探索をしました。昨年はクロヤツシロランの果実がたくさんあったところの付近には前回訪れたときには一株しかありませんでしたが、今回は違ったコースに行ったらなんと固まった株がありました。この場所は下草もないので来年の花の時期に訪れて花探しをしてみたいと思いました。そして...   (続きを読む)
2020/11/25 08:47:46 (6日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-731.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
趣味は色々とあります。そのうちの一つが仏像の拝観です。金時山の麓にある地蔵堂で150年ぶりのご開帳がありましたので行ってきました。鎌倉時代の木造地蔵菩薩立像を拝観し、その後、近くの足柄古道万葉うどん店で金太郎の力水を使ったコシの強いうどんを食してから付近を散策しました。紅葉はまだ最盛期にはなっていませんでしたが、それなりに色づいていました。夕日の滝を見てきました。高さ23メートル、幅5メートルでなか...   (続きを読む)
2020/11/24 04:47:37 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-730.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
当ブログでキッコウハグマは閉鎖花ばかりと書いていましたので、これを見てくれた花友さんから連絡をいただきました。ある低山でキッコウハグマの蕾のついた数株を見つけたと。連絡をいただいた二日後、土曜日に低山に行きたいがその頃には咲いているかと連絡したら、もう咲いているとの続報。そして金曜日の夜には、花の咲いたキッコウハグマの群生地を見つけたので土曜日の観察をお楽しみにとの連絡をいただきました。そして...   (続きを読む)
2020/11/15 16:48:00 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-729.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
多摩丘陵のとある一角で2つのものを探しました。1つはクロヤツシロランの果実でした。昨年の11月に多くの果実を見つけましたので、今年の花の時期にその場所を訪れました。花仲間の方と3人で花を探しましたが見つけられませんでした。もし花があったのに見つけられなかったのなら花が結実して小花柄が伸びて果実を付けているはずと思いました。また、果実がなければ今年はクロヤツシロランは出なかったのではと考えて、自生地を...   (続きを読む)
2020/11/14 04:47:40 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-728.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
青梅市の里山を歩いてきました。JR青梅線の東青梅駅で下車し、大塚山公園、勝沼城跡、塩船観音寺、霞丘陵を花や草木の実がないか探しながらのんびりと歩きました。岩倉街道に出たところで散歩は止めて、近くのバス停「市営住宅」からバスに乗り小作駅に出ました。数年前にボランティア活動でこのコースを歩いたときにツルアリドオシがありましたので、実がまだ残っているのか気になっていましたが至る所に実はありました。高尾...   (続きを読む)
2020/11/10 04:49:10 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-727.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
10月末日は快晴の土曜日でしたので人も多いと思いながらも高尾に出かけてきました。先日の高尾ではリンドウの自生地2か所を訪れたのに花どころかリンドウの株さえ見つけることができませんでした。またキッコウハグマはみな閉鎖花で花の咲いたのは愛でることができませんでした。そして見ようとしていたキチジョウソウは見逃してしまいました。今回は3つの花のうちリンドウとキッコウハグマは前回のコースとは違うコースの自生...   (続きを読む)
2020/11/01 14:47:38 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-726.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
花友さんたちと高尾山から小仏城山まで歩き、花や実の観察をしてきました。一人で歩くと花や実を見逃してしまうことが多いですがグループで歩くと誰かが何かを見つけてくれるので助かります。その分、なかなか歩くペースは上がりませんが観察を楽しみながらできるので、たまにはいいかなと思います。今回、歩いたコースではキッコウハグマは閉鎖花ばかりで花の咲いた株はありませんでした。それとリンドウの自生地を二か所通り...   (続きを読む)
2020/10/28 14:47:24 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-725.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
ムラサキセンブリとイヌセンブリの自生地を訪ねて観察してきました。センブリの仲間はお天道様がでないと花が開いてくれないと言われていますので天気予報で両方の自生地が晴れるという日を待って出かけました。ムラサキセンブリの自生地とイヌセンブリの自生地はかなり離れていますので両方の花を愛でるには公共交通の利用では到底無理なので花仲間の方にご協力をしていただきました。まずムラサキセンブリの自生地に向かいま...   (続きを読む)
2020/10/24 08:48:23 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-724.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
先日の観察がラストランのはずでしたが、蕾の株を経過観察していた花友さんから1つの株がクロヤツシロランで花が咲いたとの連絡をいただいたので急遽自生地に行きました。前回訪れたときのクロヤツシロランは黒くなっていましたが、今回咲いた花はまだ綺麗でした。この株には4つの花が付きましたが、この株が出た所がいい所ではなかったので2つの花しか観察できませんでした。1つの花は何とか見れる写真が撮れましたが、あと1つ...   (続きを読む)
2020/10/23 02:47:21 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-723.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
花友さんからアキザキヤツシロランの自生地に行ったら5株見つけ、その中にクロヤツシロランらしきものと思われるものがあったが5株ともアキザキヤツシロランなのか見ていただきたいと写真5枚を添付したメールが届きました。写真を見ると2枚はクロヤツシロランでした。行ってみたいので自生地の地図の作成をお願いしましたが、何しろ小さな花なので地図では見つけられないと思い花友さんに案内をお願いしました。先日、クロヤツ...   (続きを読む)
2020/10/16 16:47:27 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-722.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
台風14号が伊豆諸島方面から南下し始めた日曜日、天気も曇り空となりましたので山梨方面の草原に行きました。この草原は観察会で何度も訪れていますが草原での観察会は初夏から夏まででしたので、秋の草原を訪れるのは初めてでした。草原は草紅葉の走りになってきましたが草原を散策するとヤマラッキョウ、マツムシソウ、ウメバチソウ、キキョウ、オミナエシなどの花がまだ沢山咲いていました。草原は霧雨が降ったり止んだり、...   (続きを読む)
2020/10/13 02:46:51 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-721.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
先週、花友さんから7月に訪れた里山のサガミランが咲き始めたとの情報をいただきました。今週の半ば過ぎに行こうと思っていましたが、台風の影響で天気も悪くなるという予報でしたので早めに秋晴れとなった日に訪れました。サガミランとマヤランは夏と秋の2回も観察できるので楽しみなランです。低山や里山の花の観察に興味を持ち始めた頃に花の先輩諸氏に教えていただいたときの花の名前はサガミランモドキでした。そしてサガ...   (続きを読む)
2020/10/07 06:46:54 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-720.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
4年ぶりにテイショウソウの自生地を訪れました。行くのが少し早いかなと思いましたが、これからの花観察の予定がいろいろとありましたので思い切って行きました。4年前は花が花茎の上から下まで多くつけていましたが、今回は、やはり行くのが早すぎました。残念ながら、まだ咲き始めで上の方にしか花をつけていませんでした。テイショウソウの花は上から咲き始めて下へと咲くようです。それでも咲いた花を愛でることができたの...   (続きを読む)
2020/10/05 14:47:12 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-719.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
アケボノシュスランの「アケボノ」は花の色を明け方の空の色、曙に見立てたものだそうです。そして「曙色」をネットで調べてみるとオレンジ色がかったピンク色で別名は東雲(しののめ)色・オーロラ色のことでサーモンピンクに近い色となっていました。色見本も出ていましたが、思っていた色よりかなり濃い色と思いました。先日、高尾山の山麓で愛でたアケボノシュスランは、ほんのり淡紅色でしたが、アケボノシュスランの名のと...   (続きを読む)
2020/10/03 14:47:05 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-718.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
久々の雲もない秋晴れとなりました。こんなにいい天気なので家にいるのはもったいないと高尾山の山麓に行ってきました。山に登らないのでゆっくり出発して山麓をのんびり歩き咲いている花を愛でてきました。先週、高尾を歩いたときにナンテンハギの写真を撮っていたら、その花はなんという名の花ですかと聞いてきたグループがいました。その後も何か所かで会ったので話をするようになったら共通の知り合いがいることが分かりま...   (続きを読む)
2020/09/30 04:47:19 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-717.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
連休明けの平日を予定していましたが台風の影響で雨降りが続く天気予報でしたので、人も多く3密回避が難しいと思われましたが連休最終日に景信山から高尾山を歩いて秋の花探しをしてきました。高尾駅から小仏行きのバスは超満員、バスの中での会話は控えめにとポスターが車内に貼られていますがグループで来ている人たちは大きな声でおしゃべり。救いは乗車している人は全員マスクをしていたことです。秋の花探しですが、まだそ...   (続きを読む)
2020/09/23 16:47:13 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-716.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
高尾山のツルギキョウも、もう咲いているだろうと出かけてきました。8月25日に下見、9月8日は蕾の確認をしているので今度こそ三度目の正直と意気込んで一番蕾が多かったツルギキョウの株を目指しました。そして、その大株を見てびっくり、そして、がっかりとなりました。当然咲いているだろうと思っていましたが、なんともう咲き終わっていました。咲き終って実をつけているのもありました。それでも大きな株なので一輪くらい咲...   (続きを読む)
2020/09/19 04:46:54 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-715.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
昨年の9月、花友さんにカゲロウランの自生地を案内する予定でしたが自生地を台風が襲いましたので中止としました。自分が知っているカゲロウランの自生地3ケ所のうち1か所は2月に様子を見に行きました。倒木やそれを切った木が積み上げられたりして様子が変わっていました。その時はカゲロウランの殻がたった一つしか確認できませんでした。そして今回、残り2か所の自生地のうち楽に行ける自生地に行ってきました。もし台風の影...   (続きを読む)
2020/09/12 16:47:03 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山の花-愛で歩き  [1/1]
http://usuyukisou1103.blog.fc2.com/blog-entry-714.html
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。
高尾山にツル3兄弟(ツルギキョウ、ツルリンドウ。ツルニンジン)の下見に行ってから2週間がたちました。下見の際に咲いていたツルリンドウを除いたツルギキョウとツルニンジンがもう咲いたのか気になりましたので高尾山に行ってきました。コロナの感染もやや左肩下りになってきているためなのか高尾山も平日にもかかわらず人が多くなってきていました。今回はツルギキョウが自生しているコースを重点的に歩いてきました。全部で1...   (続きを読む)
2020/09/09 16:47:01 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 20  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
ソロトレッキングの登山術 ひとりで楽しく安全に山を歩くためのガイドブック

ひとりで山を満喫するための計画の立て方から、地図の読み方、必要な食料、水の量、コンパスの読み方、役に立つGPSアプリ、山の天気の基本、必要なトレーニン...
[昨日発売]
関東・七福神ハイキング: 御利益&健康ゲット

正月行事としてだけでなく、通年で根強い人気をもつ「七福神めぐり」。本書は町なかの寺社だけでなく、山あいや郊外の寺社なども含めた「ハイキング要素」に...
[11月27日発売]
関西 山のぼり&ハイキング BESTコース

日帰りで無理をせずに低山を楽しむ!関西の人気山登り&ハイキングコース!ヤマガスキナダケさんがおすすめする関西の人気山のぼり&ハイキングコースを徹底紹介!...
[11月26日発売]
山は登ってみなけりゃ分からないー朝焼けをリュックにつめて

「山の達人」石丸謙二郎が、軽妙でリズミカルな文章に墨絵を加えて表現した「山の発見本」。
[11月24日発売]
よくわかる山岳信仰 (角川ソフィア文庫)

国土の七割以上を山に囲まれた日本では、古くから山を神聖視して信仰の対象とする山岳信仰が盛んだった。そして、六世紀に仏教が伝来すると、山岳信仰は仏教...
[11月21日発売]
ヤマケイ新書 マタギに学ぶ登山技術

山のエキスパート集団「マタギ」が教えてくれる歩き方から衣食住まで網羅したサバイバル登山技術集!山で生き残るためのマタギの叡智をわかりやすく紹介。最新...
[11月18日発売]
ヤマケイ文庫 画文集 山の独奏曲

軽妙な文体と洒脱な挿絵が醸し出す串田作品の隠れた名作。一九六〇年代のハイキング雑誌『ハイカー』に連載された山のエッセイに、筆者がみずから書き下ろし...
[11月18日発売]
ヤマケイ文庫 山の不可思議事件簿

山には「不可思議」が満ちている。山と登山にまつわる怪現象・謎・怪物など、奇妙な事件を一挙紹介。
[11月14日発売]
ヤマケイ文庫 定本 山小屋の主人の炉端話

山で暮らす人ならではの信じられない実話を丹念に拾い集めた山語り34編。
[11月14日発売]
岳人 2020年 12月号

[11月13日発売]
ヤマケイ新書 ソロ登山の知恵

山の魅力を独り占めでき、マイペースで歩けるのがソロ登山。その魅力やリスク、必ず身に着けておきたい登山技術などを経験豊富なエキスパートたちが解説。ソ...
[11月12日発売]
ちゅうごく山歩き Vol.7

中国新聞に連載された「ちゅうごく山歩き」をまとめた冊子の第7集です。2018年7月から19年5月までの掲載分(42回)を収録し、山ごとに、地形図を使った登山ルー...
[11月10日発売]
故郷の懐かしき山

それは不幸な偶然だった……。彼らの前に現れた不審な男は何を隠しているのか。明るい将来を夢見たふたりに不幸は突然おそってきた。変わらぬ故郷は語る「罪を...
[11月1日発売]
最新科学が映し出す火山 その成り立ちから火山災害の防災、富士山大噴火 (ベストセレクト)

火山の噴火は本当に素晴らしい、強烈な現象です。夜中に真っ赤な溶岩が飛び散る様子は、実に神々しいものがあります。一方、火山噴火は危険で、場合によって...
[10月27日発売]
ランドネアーカイブ 山好きのための簡単レシピBOOK

食材と調理器具は最小限に、手間もなるべくかけずに、ひと工夫で美味しくつくれるワンバーナー料理レシピ集。ランドネでこれまで連載をしてきた「かんたん山...
[10月27日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/12/01 11:17:26