登山関連のブログ情報  -  ブログ「 山へ、スキーへ 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 17  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2611568.html
2021年(令和3年)9月22日(水) 長峰山・光城山 長峰山より 午前中は曇り、天気が持ちそうと言うことで長峰山・光城山へ。久しぶりの自転車も。座骨神経痛により思うように歩けていないが、医者も歩いても大丈夫とのことで痛みはあるものの筋力維持のために。長峰荘より歩き始める。風は強いが汗ばむ身体には快適に感じる。山頂のハンググライダーの滑走台からは安曇野の田園風景が広がる。稲穂の黄色、犀川と高瀬川の流れ、そして...   (続きを読む)
2021/09/22 21:47:12 (1日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2610181.html
2021年(令和3年)9月15日(水) 美ヶ原 石切場より 時計回り 美ヶ原台上と弐七農園のドルチェ兄弟 明日MRIで腰などの検査を控え、もしかすると最後の山になるかもしれないと 美ヶ原へ4人で登 ることにした。寝起きの痛みは鋭いが徐々に良くなり、石切場を出発する頃には忘れていた。単に座骨神経痛ならば問題ないが、この痛みの原因が安静する必要ありと診断されれば最後の山か。(大げさかもしれないが、心配はつきない) 登り始め...   (続きを読む)
2021/09/16 09:46:50 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2609792.html
2021年(令和3年)9月13日(月) 長峰山 長峰荘より トレーニング 長峰山から・弐七農園のドルチェ 天候不順「山へ」向かう気になれない日々が続く。晴れていても 北アルプスには雲 がかかっている。絶好の日かと思っていても半日経つと雲が出て来る。体調のことも考えて、安心安全な長峰山へ トレーニング出かけた。歩き始めると蝉の賑やかな鳴き声と蒸し暑さ。それでも以外と足は動き歩けた。山頂へは難なく着く。周りは薄紫色の...   (続きを読む)
2021/09/14 10:47:18 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2609149.html
2021年(令和3年)9月10日(金) 小熊山 反時計周りハイキングコース 小熊山1303mと弐七農園のドルチェ 13年ぶりの小熊山 。前回は木崎湖から林道を少し入ったところから雪道となり歩き始めた。スノーシューを使い林道では履いたり脱いだりを繰り返すが、山頂へも簡単に登れた印象があった。ところが思っていた以上に 急登が続くハイキングコース 。クヌギ、唐松などの樹林帯の中をほぼ直線的に登る。全く展望がないまま山頂へと出...   (続きを読む)
2021/09/11 16:47:30 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2606734.html
2021年(令和3年)8月30日(月) 常念岳 一ノ沢より 槍・穂高は雲の中 常念岳2867m山頂 薄暗い中出発する。足下は見えているので全く心配ない、大雨の影響も少なかったようだ。水の流れる道、山の神、王滝付近そして笠原沢からの登りもほぼいつも通りの水量だった。常念の稜線に光が差す。一ノ沢が日の出と共に光を浴びて白い水しぶきを上げる。笠原沢からは菅平、浅間山そして里の山並みが遠く眺められた。花もちょうど見頃だろう...   (続きを読む)
2021/08/31 16:47:09 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2606319.html
2021年(令和3年)8月28日(土) 霧訪山 八ヶ岳、槍・穂高展望 山の神から反時計回り 霧訪山1305m山頂 穂高・槍方面 7回目の霧訪山。8月の極暑の中は初めてになる。登り始めて気づくが、樹林帯の中を進みさほど暑さを感じなかった。登山口からのジグザグの急登も過ぎると尾根に吹く風が気持ちよい。その後も 山頂まで心地よい風に快適に歩く ことができた。蓼科山・八ヶ岳 山頂に着くと360度の大展望が広がる。樹林帯もここに来て初...   (続きを読む)
2021/08/29 18:46:54 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2605847.html
2021年(令和3年)8月26日(木) 唐松岳 黒菱より 雷鳥・白馬サンショウウオ・花三昧 シャジンと鹿島槍ヶ岳・五竜岳 今シーズン初の唐松岳。紅葉時期によく登っているが、8月に登るのは久しぶりだ。駐車場もさほど混むこともなく、登る人もまばらだった。晴れることを期待して登り始める。コンクリートの急登で足が痛み出す。何とかごまかすしかない。黒菱平に出ると白馬三山は雲の中、唯一杓子岳が姿を見せてくれた。頸城方面の火...   (続きを読む)
2021/08/27 10:46:52 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2604596.html
2021年(令和3年)8月20日(金) 美ヶ原 三城より 花見頃 王ヶ鼻から王ヶ頭 弐七農園のシナノリップ 家を出る頃は青空に有明山がきれいに見えていた。久しぶりの青空、天気も安定していそうで美ヶ原へ出かけた。できれば常念、唐松と思っていたが大雨の影響がまだありそうで断念。美ヶ原はどうかというと歩いたコース登山道は問題ない。とはいうもののかなりの水量が流れ深い溝、ガレてしまった登山道も。沢の流れは水量が多いもの...   (続きを読む)
2021/08/21 10:47:30 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2603736.html
2021年(令和3年)8月16日(月) 長峰山 雨続く合間を縫って 安曇野 犀川に高瀬川が合流 オリンピック観戦、長雨、そして孫との一時と「山へ」遠ざかった。左腰から足にかけての痛み・違和感も続いている。それでも動くことは肝心と思い、雨の上がっている時間帯をねらい長峰山へ 。安曇野にも里山はいくつかあるが、長峰山を選ぶ理由は 。我が家から近い。安心して登ることができる。(危険箇所がない、熊などの出没低い、整備され...   (続きを読む)
2021/08/17 08:48:35 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2600132.html
2021年(令和3年)7月29日(木) 長峰山・光城山 東山コース 長峰山山頂 登り始めて直ぐに 「野いちご」 食す。「ヤブイチゴ」と呼ばれる種類のようだ。甘酸っぱく、野趣たっぷり、単純な登りに正に味付けをしてくれる。里山ならではの楽しみの一つ。長峰山の山頂では明科の子供たちが虫取り網で昆虫を追いかけていた。元気そのもの、網を振り回しトンボなどを捕まえていた。昆虫図鑑で調べるなど、地域の学習会のような感じだった...   (続きを読む)
2021/07/31 05:47:47 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2598667.html
2021年(令和3年)7月23日(スポーツの日・金) 爺ヶ岳 落石・花・雷鳥 コバイケソウと針ノ木岳 落石には驚かされた。ガレ場の先、雪渓のある沢を通過するところで起きた。靄のかかる沢に近づいたとき大きな音で岩か物が落ちていく音がした。それと同時に大声で「やめろ!」だっただろうか聞こえてきた。さらにガラガラと石の落ちる音がしていた。落石がしばらく続き立ち止まる。落石は猿の仕業・靄のかかる雪渓 「猿が石を落として...   (続きを読む)
2021/07/24 14:48:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2597818.html
2021年(令和3年)7月19日(月) 本社ヶ丸 ウチョウラン 山梨百名山84座目 ウチョウラン 久しぶりのS氏との山行。久しぶりの山梨百名山。笹子東山梨変電所先の橋の手前から歩き始めた。現在林道の修復が行われているようで、その脇を通り進む。沢により流された林道、その沢を渡り再び林道を行くと防獣ゲート前に。二カ所目の防獣ゲートから急登となる。尾根を唐松林の中を黙々と登る。途中にベンチが置かれていた。ありがたい。思...   (続きを読む)
2021/07/20 17:47:03 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2596985.html
2021年(令和3年)7月16日(金) 蝶ヶ岳 花と槍・穂高の絶景! 梅雨が明けたようだ。麓からも常念岳がくっきりと朝日を浴びて見られた。昨年秋以来の20回目の蝶ヶ岳となった。6時前に三股に着くが満車状態、最後のスペースに入った。どんどん登る人がいる。最近の傾向か、女性の単独が多い。それもテントを担いでいるようで、急に増加しているのを感じる。蝶沢からは常念岳がきれいに眺められた。山頂からの展望も期待できる。そして...   (続きを読む)
2021/07/17 06:47:09 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2596175.html
2021年(令和3年)7月12日(月) 雨引山 雨を引き当てる 雨引山山頂から爺ヶ岳・鍬ノ峰 天候が不安定、何かと登る機会を失っている。思い切って天気が持ちそうなときに動いておこうと雨引山へ。近くに トレーニングのできそうな山 はいくつかあるのだが、長峰・光城山は登ってきたばかり、富士尾山となると躊躇する。最近、熊情報が多くあるのが気になりながら。近いのを一番の理由に急遽雨引山へ出かけた。駐車場は1台分しかない登...   (続きを読む)
2021/07/13 13:46:53 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2595010.html
2021年(令和3年)7月7日(水) 長峰山・光城山 梅雨の晴れ間に 長峰山から安曇野 1週間動いていない。何とか天気が持ちそうなときに近くの山へと思っていた。朝の内は小雨が降っていたが10時頃薄日が差しだした。膝のしびれ、痛みなど違和感はあるが動き様子を見ようとも思った。いつものように光城山へ自転車を置いてから長峰荘へ。登山口付近、雲間から常念岳がちょこっと顔を出している。少し登ったところからは、鹿島槍ヶ岳・...   (続きを読む)
2021/07/08 10:47:06 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2593389.html
2021年(令和3年)6月30日(水) 茶臼山 扉峠から往復 茶臼山(K氏ドローン撮影) 梅雨時期どこに登ろうか。そこに茶臼山はどうかとの声がかかってきた。できればレンゲツツジが見られればと茶臼山へ。美ヶ原・茶臼山から下って扉峠、三峰山方面へと歩いたことはある。扉峠から茶臼山への登りは初めてだ。すっかり登山道の様子を忘れていて新鮮 そのもの。ミヤマコウリンカ 登山口から雨上がりの滑る急登。峠から0.4kmの展望地からは...   (続きを読む)
2021/07/03 08:58:17 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [0/7]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2592646.html
2021年(令和3年)6月26日(土) 鉢伏山 宮入峠より レンゲツツジ見頃 前鉢伏山から鉢伏山・レンゲツツジ 天気が午前中は持ちそうとの予報から鉢伏山へ。先日美ヶ原に登りそろそろ レンゲツツジが見頃との思い もあった。前夜は雨が降ったので登山道には雨水の流れが見られた。宮入峠から 前鉢伏山 までの間で唯一の案内板。鉢伏山まで2.3km地点付近の唐松林は気持ちが軽やかになる。樹林帯だが明るく、傾斜も緩やかで、そして見通...   (続きを読む)
2021/06/27 22:03:37 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 17  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
富士山と文学 石田 千尋

山梨の大学に勤務し、世界文化遺産登録に向け、富士山の歴史的・文化的価値を古典文学のなかに見出す仕事に取り組んだ著者の集大成。富士山は万葉の古代から...
[本日発売]
魔の山 ジェフリー・ディーヴァー

ヘイトクライムの犯人を捕らえた流浪の名探偵ショウは、背後に自己啓発カルトがあるとにらんで潜入するが…。好評新シリーズ第二弾。
[本日発売]
まるっと高尾山 こだわり完全ガイド 改訂版

人気の高い高尾山のコース、薬王院をはじめ各施設&スポットを紹介。周辺情報、動植物データなども掲載。
[9月18日発売]
ヤマケイ新書 山小屋クライシス 国立公園の未来に向けて 吉田 智彦

多くの登山者が利用する日本の山小屋が存続の危機に瀕しています。これは、戦後に制定された日本の国立公園制度が抱え続けてきた課題が、新型コロナウイルス...
[9月18日発売]
ヤマケイ文庫 マタギ 日本の伝統狩人探訪記 戸川 幸夫

動物文学の第一人者・戸川幸夫が昭和20~30年代に秋田県阿仁を訪れ、山の戒律を受け継ぐ最後のマタギたちを記録したノンフィクションの名作を文庫化。マタギ...
[9月18日発売]
ヤマケイ文庫 山・原野・牧場 坂本 直行

北海道の大地に生き、日高の山々を愛した画家・坂本直行の若き日の画文集を文庫化。昭和初期、日高山脈を望む十勝平野の開拓牧場で、厳しい開墾労働の日々を...
[9月18日発売]
ヤマケイ文庫 山びとの記―木の国 果無山脈 宇江 敏勝

郷愁を呼び覚ます、記録文学の名著。紀伊半島で育まれた山林労働の歴史と文化、そして思考。奥深い熊野の山小屋から生まれた稀有な山の自叙伝がヤマケイ文庫...
[9月18日発売]
山旅と珈琲 (BOOK☆WALKER セレクト) さえぐさ じゅん

外で飲む珈琲の美味しさにハマり、道具を揃えて奮闘しながら山へ湖へ。ステップアップするかと思えば実はそうでもなく、一喜一憂するぐだぐだな珈琲話です。
[9月17日発売]
遙かなる蒜山 吉井 康哲

どこまでも続く空のひろがり、冷涼で澄み切った空気、四季折々色を変える木々― 「蒜山」に魅了された風景写真家が、20年もの歳月をかけてその美しさを余すと...
[9月17日発売]
山のふもとのブレイクタイム (単行本) 髙森 美由紀

「あの味っこさ会えて、いかった」 青森県南部の葵岳登山口にあるレストラン。そのシェフ・登磨には亡き祖母との思い出の味があった。それを思い出させてくれ...
[9月17日発売]
山の本 117号

[9月15日発売]
ランドネ特別編集 アウトドアで防災BOOK 新装版 (PEACSムック)

外あそびするほど、「いざ」というときに強くなる 特集:災害に役立つアウトドアの知識 外あそびするほど、「いざ」というときに強くなる地震、大雨、雷、噴火...
[9月13日発売]
ヤマケイ新書 山岳気象遭難の真実 過去と未来を繋いで遭難事故をなくす 大矢 康裕、 吉野 純

爆弾低気圧、豪雨、落雷、異常高温、台風、豪雪など。最新の知見に基づいて気象遭難を引き起こす背景を探り、事故を防ぐ手立てを考察。決して埋もれさせては...
[9月11日発売]
季刊のぼろ Vol.34

[9月9日発売]
soto 秋山2021 (双葉社スーパームック)

山歩き3年目ぐらいの読者を対象に、宿泊・温泉・紅葉など、旅の要素も加えた山旅提案マガジン。ギアやフィールド情報が満載。
[9月8日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2021 登山の四方山話 - 2021/09/24 09:39:57