登山関連のブログ情報  -  ブログ「 山へ、スキーへ 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 23  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2541092.html
2020年(令和2年)11月26日(木) 京ヶ倉・大城 眠峠登山口から万平へ 京ヶ倉990m山頂より 眠峠登山口へ 駐車場から歩き始めた。舗装された林道をしばらく登山口まで進むのだが、常念山脈と雲かかる生坂の田園風景を何度も振り返り写真に収めた。残念なのは送電線が引かれているためにどうしても線が入り込んでしまうことだ。それでも 山々を背景に朝靄のかかる生坂村はのどかだ 。眠峠登山口から登るのは初めてだが葉の落ちた樹間...   (続きを読む)
2020/11/27 18:47:18 (19時間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2540695.html
2020年(令和2年)11月23日(月・勤労感謝の日) 恵那山へ 広河原より 南アルプス大展望 恵那山三角点山頂・弐七農園のサンふじ 33年前、神坂峠より往復して以来2回目の恵那山へ. その時の記憶は登ったり下ったりで長かったこと、それに山頂に櫓の展望台があったことぐらいだ。今回は 広河原から 登り始めた。林道から一端本谷川へ下り木橋を渡ると本格的な登りとなる。朝方まで雨が降っていたようで木橋は滑りそうで、登山道の落ち...   (続きを読む)
2020/11/25 18:47:32 (2日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2539226.html
2020年(令和2年)11月17日(火) 白木峰へ 万波(まんまみ)より 小白木峰・浮島の池 白木峰1596m山頂 白山・金剛堂山展望 昨年富山県側から楽をして登ろうとしたが林道崩壊ということで キャンプ場から登らなくてはならないことを麓まで行き知った。急遽金剛堂山へ変更し、気になっていた白木峰だ。そのとき岐阜県側を車を走らせ 打保で「白木峰登山口」の標示 を発見していた。ここからも登れるのだと思うだけで通過して富山県側21...   (続きを読む)
2020/11/19 20:47:56 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2538113.html
2020年(令和2年)11月13日(金) 光城山・長峰山へ 北アルプス展望日和 飛び立て安曇野の空へ 家を出る頃は 朝霧がようやく上がる頃 だった。長峰荘の駐車場に自転車を置き、光城山登山口に着く頃には真っ青な空が広がっていた。登山口付近からも常念岳、有明山がよく見え、山頂での展望に期待が持てた。そのためか平日にもかかわらず多くの方が登り、下ってきていた。保育園だろうか幼児の遠足も 行われていて山道は賑やかだった...   (続きを読む)
2020/11/15 18:48:04 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2537002.html
2020年(令和2年)11月9日(月) 鶏冠山へ 難関山梨百名山 木賊山周回 鶏冠山 二股橋より 山梨百名山を達成させるためには4つの大きな壁が立ちはだかっていた。ロングコースの笹山・笊ヶ岳、険しい鋸岳・鶏冠山だ。そのうち最後に残ったのが鶏冠山になった。なかなか踏み出すことができなかった鶏冠山。単独が多いのだが一人ではどうしても不安が先に立ち躊躇していた。そこで同行できそうな人に声をかけていたところ現われた。なか...   (続きを読む)
2020/11/10 22:48:48 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2535703.html
2020年(令和2年)11月4日(水) 美ヶ原へ 桜清水より 初雪か 雪化粧の美ヶ原・正面に八ヶ岳 朝、0度ほどになり北アルプスは真っ白で雪模様。今シーズン3回目の美ヶ原へある目的を持って出かけた。本来は雨飾山へと考えていたが。来週の前半に鶏冠山へ思っている。さすがに不安多い山だけにパートナーをお願いしていた。その方が山仲間と美ヶ原へ登るというので私も一緒に登り、顔合わせをしておこうということだ。危険な目にも遭い...   (続きを読む)
2020/11/06 18:48:41 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2535168.html
2020年(令和2年)11月1日(日) 蕎麦山へ 脱穀作業 選別された蕎麦の山 蕎麦が実り刈り取り、そして 脱穀の作業 をした。蕎麦狩りは一週間前に、東北への遠征中で参加できなかった。一週間乾燥させた蕎麦の実を取る。古い脱穀機はあるが手作業による。刈り取った蕎麦の枝を細い棒でたたき実を落とした。実に単純だが腕が痛くなるほどの準肉体労働だ。さらにゴミも混じった物を手動で風を送り出す農具などで実だけを取り出した。こ...   (続きを読む)
2020/11/05 13:46:51 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2535034.html
2020年(令和2年)10月29日(木) 常念岳へ 初冬の北アルプス 常念岳2857m弐七農園のシナノゴールド 26回目の常念岳 になるが、悩みに悩んでの常念岳登山だった。やはり左足・左膝が心配になった。今シーズン登っている山とは厳しさが違うのが第一で、膝の痛みが出ないかが不安となる。それでも常念岳を登り下って来るぐらいの膝であって欲しい強い思いもあった。今年2度痛みの出ている左膝が耐えられるか不安を抱えての決定だった...   (続きを読む)
2020/11/04 13:47:50 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2534877.html
2020年(令和2年)10月27日(火) ワカサギ山へ 諏訪湖でクルーザー 旧友が瀬戸内海で中古のクルーザーを浮かばせていたが、諏訪へ移動、久しぶりに動かしワカサギ釣りをするというので便乗した。数年前、クルーザーで瀬戸内海の島巡りをしようという話もあったが行けなかった。そのクルーザーが諏訪へ引っ越してきたというので興味があった。クルーザーのイメージは、豪華・・・あるいは、華やか、優雅・・・など 旧友曰く一部の船...   (続きを読む)
2020/11/03 13:09:07 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2534618.html
2020年(令和2年)10月24日(土) 船形山へ 大滝キャンプ場より反時計回り周回 船形山(御所山)1500mから山形県方面 宮城県・山形県境にある船形山へ。宮城県大和(たいわ)町側から見ると船を伏せたような山容から名付けられている。また山形県側からの呼び名は御所神社の奥宮が祀られていることから御所山という。県を挟み呼び名の変わる山は他にもあるが船形山もその一つということだ。白神・岩木・八甲田を登り一日かけ青森から宮...   (続きを読む)
2020/11/02 13:10:26 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2534489.html
2020年(令和2年)10月22日(木) 八甲田大岳へ 酸ヶ湯温泉より仙人岱 毛無岱へ循環 八甲田大岳1585m山頂 三角点に信州りんご 青森三山の最後、八甲田大岳へ 。雲行きが怪しいが宿から山頂方面が見え予定通り酸ヶ湯温泉を目指す。酸ヶ湯温泉へは紅葉の中を行く。酸ヶ湯温泉 前の賑わう中を仙人岱方面の登山口へ向かう。大きな駐車場が現われ、「日本山脈縦走起点」「八甲田神社登山口」など標柱が立つ登山口から登り始めた。紅葉盛...   (続きを読む)
2020/11/01 16:47:57 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2534118.html
2020年(令和2年)10月21日(水) 岩木山へ 車で登山 百名山98座目 津軽平野の岩木山 白神岳に続き青森県2座目の岩木山へ 宿泊地弘前市内より車を走らせた。途中何度か車を止めて津軽の名峰、岩木山の姿に見惚れていた。独立峰のどこから見ても颯爽と聳える津軽富士こと岩木山が近づく。麓から登る計画もしたが、ここは八合目まで一気に登る車道に魅力 があった。八時オープンの津軽岩木スカイラインへ。1630円支払い(JAF割引)ゲー...   (続きを読む)
2020/10/31 08:48:13 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2533903.html
2020年(令和2年)10月20日(火) 白神岳へ 世界遺産の山 ブナの紅葉 白神岳から下山・日本海の夕陽 青森の三山、白神岳、岩木山、八甲田山を目指す。まずは世界遺産、白神岳へ。前日一日かけて秋田市まで入った。翌日秋田市から青森県へ、深浦町から白神岳登山口へ。広い駐車場には平日にもかかわらず10台ほどの車がすでに止まっていた。休憩所の建物の横から登り始める。林道をしばらく行き、記帳所のある旧登山口から山道へと入...   (続きを読む)
2020/10/30 10:47:26 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2529541.html
2020年(令和2年)10月12日(月) 焼岳へ 中の湯登山口より 紅葉真っ盛り 焼岳に紅葉は似合う 焼岳の紅葉はよく知られているのだが初めて最盛期に出かけてみた。駐車場が心配だったが平日でもあり心配することはなかった。ただ下山すると満車、路肩にまで並ぶ車の列が見られた。リンドウ平付近から焼岳が見え始める。焼岳らしさの荒々しい山容を目の前に聳えさせる。何回来てもこのインパクトある焼岳の登場には恐れ入る。ナナカマ...   (続きを読む)
2020/10/13 21:47:05 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2528057.html
2020年(令和2年)10月16日(火) 黒川鶏冠山へ 山梨百名山81座目 落合から柳沢峠へ 黒川鶏冠山1716m最高地点見晴台より 岩場に弐七農園のシナノスイート・笠取山方面 前回笠取山を登り、その帰りに落合の鶏冠登山口を確認できた。柳沢峠から411号を下り道で落合まで繋がっている。これは柳沢峠から自転車を利用して周回することができる。落合集落を通り過ぎると登山道となる。鹿の防護柵に沿って登っていく。緑豊かで笠取山と同じ...   (続きを読む)
2020/10/08 09:46:43 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2527175.html
2020年(令和2年)10月4日(日) 長峰山へ 左膝の調子と相談しながら D51と長峰山・光城山 前回、山梨・笠取山を無事下山したのだが、その後再び 左膝内側に痛み が走り2週間ほど思うように動けなかった。この間天気も良く遠征なども考えていたが断念した。だいぶ回復し、トレーニング、膝の調子を見るために長峰山へ。普段は身につけないサポータータイツをはき、包帯のテーピングをして。心がけることはゆっくりと登り、殊に下り...   (続きを読む)
2020/10/05 08:47:43 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2524605.html
2020年(令和2年)9月21日(月・敬老の日) 笠取山へ 作場平より 山梨百名山80座目 笠取山への最後の急登 久しぶりの長野県外の山、山梨百名山80座目となる笠取山へ。後で振り返ると分かり易く整備された登山口なのに、駐車場から方向違いに歩き始めるという失態。沢沿いに林の中を登り始める。一休坂分岐 に着くとヤブ坂峠方面と一休坂方面へと分かれる。距離的には長い ヤブ坂峠方面へ 行く。当初は登って下りは黒槐尾根と計画し...   (続きを読む)
2020/09/26 05:46:51 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2523073.html
2020年(令和2年)9月16日(水) 唐松岳 黒菱より 思いがけない絶景が! 八方池・一瞬鏡 一日中曇りの予報がでていた。景色は期待せず、トレーニングを兼ねての1年ぶりの 唐松岳へ 向かう。まだ薄暗い白馬村平川橋付近に通りかかると、朝日が差し白馬三山はオレンジ色に輝いていた。今日は曇りで展望はないものと思っていたのでここがチャンスと写真を撮る。白馬村平川橋より 朝日の白馬三山 黒菱に着きゲレンデを登り始める。いつも...   (続きを読む)
2020/09/20 07:46:56 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2522613.html
2020年(令和2年)9月14日(月) 風越山 表参道滝の沢より 南アルプスの大展望 風越山1535m山頂 飯田市のシンボル、風越山へ 久しぶりに登ってきた。「ふうえつざん」「かざこしやま」 どちらでも呼ばれているようだが、「かざこしやま」にこだわる方が多いように思われる。「風越高校(ふうえつ)」「風越マラソン(ふうえつ)」と実際には読まれている。いずれにしろ古来から親しまれ信仰の対象となった飯田の山だ。自分の書いた記録...   (続きを読む)
2020/09/18 11:47:10 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2521205.html
2020年(令和2年)9月11日(金) 蝶ヶ岳 19回目 雲上のテント場 徐々に足腰の痛みが取れてきたところで 燕岳に続き蝶ヶ岳を目指した 。できるだけゆっくりと歩みもし不安が募れば途中で下山も考えていた。思っていたより人の少ない三股を一歩一歩足の調子をみながら出発した。今日は天気予報では比較的天気がよさうとのこと。ただ前日の雨かじっとりとした登山道を多少露に濡れ歩む。いつもだと通過する力水では足休めのために一口...   (続きを読む)
2020/09/12 21:46:32 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2520644.html
2020年(令和2年)9月10日(木) 光城山へ 北回りで登りトレーニング 光城山より安曇野 長峰山から登り光城山を下り長峰荘へ自転車で戻る予定だった。光城山から長峰荘への道路が8時半から通行止めということで、光城山の往復 に変更した。北回りコースで登り、桜並木を下る こととした。久しぶりの北回りコースを快適に登る。上部は整備され道が変更されていた。光城山北側の休憩所前から安曇野を眺める。高瀬川が犀川へ合流し、色...   (続きを読む)
2020/09/10 21:45:59 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2519848.html
2020年(令和2年)9月4日(金) 光城山・長峰山 雲龍寺方面へ下り周回 安曇野の田園風景・有明山 午後の天気が不安定な日が続き、短時間で体力づくりと思い 光城山・長峰山へ 。本来長峰荘に自転車を置き、光城山登山口から登り稜線を長峰山そして 雲龍寺方面へ 、その登山口から戻り長峰山へ、そこから下山。長峰荘から光城山登山口へは自転車で移動と考えていた。雲龍寺方面へ行くのは初めて になる。光城山の車道に近いところへ...   (続きを読む)
2020/09/07 21:46:21 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [1/12]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2518981.html
2020年(令和2年)9月2日(水) 長者山へ 阿弥陀堂より 信州ふるさと120山(旧信州新町) 左右地区から長者山 2回目の長者山へ行ってきた。前回と同じ阿弥陀堂コースを歩んできた。登山口がよく分からず、阿弥陀堂を通り過ぎてしまい引き返すことができない林道をぐるりと回り登山口にたどり着く。放し飼いの犬に吠えられ、ちょいとびびりながら歩き始めた。人はほとんど入っていないようで草生い茂る林道、そして蜘蛛の巣を払いなが...   (続きを読む)
2020/09/04 13:45:45 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 23  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
関東・七福神ハイキング: 御利益&健康ゲット

正月行事としてだけでなく、通年で根強い人気をもつ「七福神めぐり」。本書は町なかの寺社だけでなく、山あいや郊外の寺社なども含めた「ハイキング要素」に...
[昨日発売]
関西 山のぼり&ハイキング BESTコース

日帰りで無理をせずに低山を楽しむ!関西の人気山登り&ハイキングコース!ヤマガスキナダケさんがおすすめする関西の人気山のぼり&ハイキングコースを徹底紹介!...
[一昨日発売]
山は登ってみなけりゃ分からないー朝焼けをリュックにつめて

「山の達人」石丸謙二郎が、軽妙でリズミカルな文章に墨絵を加えて表現した「山の発見本」。
[11月24日発売]
よくわかる山岳信仰 (角川ソフィア文庫)

国土の七割以上を山に囲まれた日本では、古くから山を神聖視して信仰の対象とする山岳信仰が盛んだった。そして、六世紀に仏教が伝来すると、山岳信仰は仏教...
[11月21日発売]
ヤマケイ新書 マタギに学ぶ登山技術

山のエキスパート集団「マタギ」が教えてくれる歩き方から衣食住まで網羅したサバイバル登山技術集!山で生き残るためのマタギの叡智をわかりやすく紹介。最新...
[11月18日発売]
ヤマケイ文庫 画文集 山の独奏曲

軽妙な文体と洒脱な挿絵が醸し出す串田作品の隠れた名作。一九六〇年代のハイキング雑誌『ハイカー』に連載された山のエッセイに、筆者がみずから書き下ろし...
[11月18日発売]
ヤマケイ文庫 山の不可思議事件簿

山には「不可思議」が満ちている。山と登山にまつわる怪現象・謎・怪物など、奇妙な事件を一挙紹介。
[11月14日発売]
ヤマケイ文庫 定本 山小屋の主人の炉端話

山で暮らす人ならではの信じられない実話を丹念に拾い集めた山語り34編。
[11月14日発売]
岳人 2020年 12月号

[11月13日発売]
ヤマケイ新書 ソロ登山の知恵

山の魅力を独り占めでき、マイペースで歩けるのがソロ登山。その魅力やリスク、必ず身に着けておきたい登山技術などを経験豊富なエキスパートたちが解説。ソ...
[11月12日発売]
ちゅうごく山歩き Vol.7

中国新聞に連載された「ちゅうごく山歩き」をまとめた冊子の第7集です。2018年7月から19年5月までの掲載分(42回)を収録し、山ごとに、地形図を使った登山ルー...
[11月10日発売]
故郷の懐かしき山

それは不幸な偶然だった……。彼らの前に現れた不審な男は何を隠しているのか。明るい将来を夢見たふたりに不幸は突然おそってきた。変わらぬ故郷は語る「罪を...
[11月1日発売]
最新科学が映し出す火山 その成り立ちから火山災害の防災、富士山大噴火 (ベストセレクト)

火山の噴火は本当に素晴らしい、強烈な現象です。夜中に真っ赤な溶岩が飛び散る様子は、実に神々しいものがあります。一方、火山噴火は危険で、場合によって...
[10月27日発売]
ランドネアーカイブ 山好きのための簡単レシピBOOK

食材と調理器具は最小限に、手間もなるべくかけずに、ひと工夫で美味しくつくれるワンバーナー料理レシピ集。ランドネでこれまで連載をしてきた「かんたん山...
[10月27日発売]
そこにある山-結婚と冒険について

人はなぜ冒険し、山に登るのか―― 「永久にわからないだろう、わかるはずがない、わかってたまるかこの野郎」と思い続けてきた謎を解き明かしたのは、まさかの...
[10月20日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/11/28 14:30:33