登山関連のブログ情報  -  ブログ「 山へ、スキーへ 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 46  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2464381.html
2020年(令和2年)2月18日(火)19日(水) 志賀高原へ パウダー・パウダー 18日(火) 寺子屋からスタート 雪の一日、高天原 から滑り始める。硬い雪面の上に10cm喉の新雪が積もる。場所によっては20cm以上、しかし風が強いために雪が吹き飛んでしまっているところもあった。ねらいを定め新雪に入ると雪のあるのを感じさせない。さすが志賀高原の雪だ。その後、オリンピックコースからブナ平へ 。この斜面はほとんど人が入っていなかっ...   (続きを読む)
2020/02/21 06:47:00 (8時間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2464086.html
2020年(令和2年)2月17日(月) 五竜・47スキー場へ グランプリ10本以上 朝のグランプリコース 前日はゲレンデ上部でも一日雨。そのため今朝のとおみゲレンデ脇の雪は溶け地肌が見えていた。朝の冷え込みでアルプス平・グランプリ辺りは圧雪面がアイスバーン。ピステンの跡が凍り固まり 最初の滑りは慎重にならざろう得なかった。ビンビンに足に振動が響く。数本滑りルート1方面へ行くが、やはり圧雪されていないために苦しい滑り...   (続きを読む)
2020/02/20 06:46:36 (1日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2463472.html
2020年(令和2年)1月15(水) プノン・バケン 360℃展望 遺跡の上が山頂 アプサラダンスのレリーフ(アンコール・トム) 今回の旅行は、アンコール・ワット、アンコール・トムなどの遺跡巡りはもちろんのことだが、クメール三聖山を登ることが一番だ。アンコール・トム、タ・プロームを見学後に プノン・クロム山、プノン・ボック山と共に クメール三聖山の一つプノン・バケン山頂を目指した。三聖山の中では人気の観光地でもある。ア...   (続きを読む)
2020/02/18 06:46:55 (3日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2462738.html
2020年(令和2年)2月15日(土) 五竜・47スキー場へ とおみゲレンデ 朝のとおみゲレンデ 土・日・祝日は7時からリフトの動くとおみゲレンデ。いつもより早めに家を出て滑り込んだ。とおみゲレンデは圧雪された緩斜面、幅もあり滑る距離としても適当だ。ゲレンデ状態としては良く締まり、板がよく走る。カービングの練習にちょうど良い。かなり体勢を傾け板に体重をかけても恐怖感が少ない。この滑りが急斜面でもできればと思い滑る...   (続きを読む)
2020/02/15 18:47:22 (5日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2462411.html
2020年(令和2年)2月14日(金) 五竜・47スキー場へ 悪戦苦闘のルート1 八ヶ岳・南アルプスの展望 昨日の雨、そして多少の冷え込みにより アルプス平・グランプリは圧雪されているが 朝一番はガチガチのゲレンデ。殊に第3リフトの半分から下は跳ね返されるほどのアイスバーンと言っても良かった。ただ上部は板も良く食い込み安定して気持ちよい滑りができた。その勢いで降り降りてくるとかなりのスピードが出て硬い雪面に跳ねられ...   (続きを読む)
2020/02/14 15:46:37 (6日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2462154.html
2020年(令和2年)2月13日(木) 五竜・47スキー場へ 白馬に冬の虹 虹が冬の白馬に ルート2より 暖かな日、朝は大粒の雨が降り続けていた。さすがに朝からスキー場に向かう気になれない日だ。4月の陽気というのには驚く。昼近くになり日差しが見られた。ゲレンデがどんな様子か少しだけでもと思い出かけた。いつもだと滑り終わり帰る時間に。ゲレンデに着くとさすがに滑る人は少ない。とおみゲレンデもいつもの半分ぐらいの人出だっ...   (続きを読む)
2020/02/13 18:46:49 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2461834.html
2020年(令和2年)2月12日(水) 五竜・47スキー場へ 朝一番のグランプリ スキー日和 ゴンドラが動き始めるとほぼ同時に乗り込む列に並んだ。列は長くなくゴンドラに乗り込む。青空広がるグランプリコースへ出る。朝一番のグランプリコースはきれいに圧雪され パウダーの良く締まった雪面、板が走る雪だ。最高の天気、最高の雪にスピードに乗って滑る。広いゲレンデに滑る人は思ったより少ない。時に目の前に広いゲレンデなのに人が...   (続きを読む)
2020/02/12 17:47:05 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2461568.html
2020年(令和2年)2月11日(建国記念日) 五竜・47スキー場へ パウダー堪能・飯森ゲレンデ 飯森ゲレンデから白馬の街並み・火打山も見える 昨日から雪が 20cmほどゲレンデ全体に積もっていた 。アルプス平にもふわふわの新雪が積もっていたが期待するほどの深雪にはなっていなかった。雪質は最高。パウダーを存分に堪能できた。短時間で主だった新雪部分はシュプールが入った。それでもゲレンデ脇などには気持ちよい深雪が残り、今...   (続きを読む)
2020/02/11 18:46:50 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2461271.html
2020年(令和2年)2月10日(月) 五竜・47スキー場へ ルート3 浅間山の噴煙が見られた 日曜日と祝日の間の日。思っていたより出だしは遅く気持ちよい滑りができた。10時頃までは天気も良く 白馬の街の先には浅間山、菅平方面の山がよく見えていた。急に雲が出て寒さを感じたと同時に雪が強く降り出した。リフトに乗っているとウエアに雪が降り積もる。この調子で降り続けそうで明日はパウダーが大いに期待できる。ルート3から47ゴン...   (続きを読む)
2020/02/10 18:46:55 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2460968.html
2020年(令和2年)2月9日(日) 五竜・47スキー場へ チャンピョンエキスパート、飯森 チャンピョン・エキスパートの新雪を滑る 混み合う日曜日、8時前に着くが一段下の駐車場へ。それでも地下通路でゲレンデまでスムーズに移動できることが分かった。ゴンドラにはさほど並んでいなく新雪のアルプス平へ昇った。20cmほどのパウダーが待っていた。グランプリ・リフト下のパウダーを気持ちよく滑る。今日は麓まで新雪が積もっていたの...   (続きを読む)
2020/02/09 18:46:41 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2460400.html
2020年(令和2年)2月7日(金) 五竜・47スキー場へ 寒さも吹き飛ぶ 白馬の街並みを眼下にルート1を滑る 車の温度計で白馬は 12℃ 今シーズンの最低気温だろう。しかし天気は快晴・無風に近い最高の日。雪質も最高の状態のアルプス平。圧雪された雪面をスピードに乗り思うままに滑る。みんながスピードを出すのでグランプリはさすがに混み出すと怖い。ルート8からルート1へと移動した。ルート1はさほど混み合うこともなくスピード狂...   (続きを読む)
2020/02/07 17:46:59 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2460144.html
2020年(令和2年)2月6日(木) 五竜・47スキー場へ 強風・林間・ファーストトラック アドベンチャーコースへファーストトラック 昨日の雪の降り方。今シーズン最強の寒波到来。山沿いでは40cmほどの積雪がという気象情報があった。安曇野は車に雪がうっすら程度。走るとすぐに飛んでいってしまった。気温は 5℃程度。白馬に入っても街は2cm程度で白馬の白い世界にはほど遠い。五竜の駐車場の駐車スペースの白線が見えているではない...   (続きを読む)
2020/02/06 18:46:53 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2459899.html
2020年(令和2年)2月5日(水) 五竜・47スキー場へ このまま降り続ければ 五竜グランプリコース 五竜麓では小降りだった雪が アルプス平に出ると風と共に強い雪降りになっていた。数cmの新雪が積もり深いところだと10cmほどあった。視界はある程度ありグランプリコースが楽しめた。圧雪上の新雪には板が良く乗りスムーズなターンができた。リフト下などには底突くもののパウダーを味わえるところもあった。テクニカルコースは長く...   (続きを読む)
2020/02/05 18:46:48 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2459604.html
2020年(令和2年)2月4日(火) 五竜・47スキー場へ ルート1三昧 五竜岳が顔を見せる スキー場上部には雲がかかる。雪が降ったとは思われない暖かさの五竜麓だ。圧雪の締まった雪だろうとKEOSでゴンドラを下りると5cm程の雪が積もっていた。板の選択を間違えたかなと思ったが、ガスがかかりグランプリは視界がほとんどなく 雪面の確認が難しいのと前方が見えないので 即ルート8からルート1へ と進んだ。これが正解だったようで、ル...   (続きを読む)
2020/02/04 18:46:50 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2459337.html
2020年(令和2年)2月3日(月) 五竜・47スキー場へ ルート2圧雪 圧雪されたルート2 雪のコンディションは最高! 視界も良し。グランプリコース は思うようにスピードを出すことができた。圧雪され、コントロールしやすい面を気持ちよく滑ることができた。今日の滑りはパウダー以外では 今シーズン一番。暖冬・雪不足の今シーズン、ガリガリの雪が多かっただけに、今日のような雪面が寒さが続くことを願うばかりだ。ルート2が圧雪 さ...   (続きを読む)
2020/02/03 21:46:55 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2458421.html
2020年(令和2年)1月31日(金) 五竜・47スキー場へ ハーフパイプ 昨日の雪がパノラマで10cm程の新雪。大きなコブや硬い斜面にはそれ以下の積もり方で 底付きのある難しいバーンになっていた。グランプリ急斜面の圧雪部分には数cmほどの新雪が乗るのみで1本で逃げた。ルート8がほぼファーストトラック ができ、うっすらと新雪だが緩斜面のためか均等に積もった雪が気持ちよかった。そしてルート1へ。凸凹の斜面にうっすら新雪状態...   (続きを読む)
2020/01/31 17:46:47 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2458120.html
2020年(令和2年)1月30日(木) 五竜・47スキー場へ 降り積もる雪に期待 ルート1 快適だ ゴンドラに乗ると 霙?雨?がゴンドラのウインドーに当たる。今日も暖かな日で、ゲレンデサイドには土も露骨に見えていた。ゴンドラを下りてアルプス平に出る と雪が降りガスが掛っていた。うっすらと硬い斜面に新雪が積もっていた。グランプリコース下部をリフトまで滑るだけで 圧雪はしてあるもののガリガリ状態で滑りにくかった。リフト上で...   (続きを読む)
2020/01/30 17:47:04 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2457545.html
2020年(令和2年)1月28日(火) 五竜・47スキー場へ 重い雪 オープン前のアドベンチャーコース入り口 安曇野の積雪は我が家の前で15cmほど。スキー場は30cm以上ではとの期待で出かける。久しぶりの積雪の路面。そこで2つのハプニング。一つは雪が久しぶりに積もり雪かきなどをして出かけたためか 何とスキーブーツを忘れていく。積雪に備え長靴は入れたのに。久しぶりの雪にうっかりしていたようだ。2kmほど走ったところで電話が入...   (続きを読む)
2020/01/28 18:47:07 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2457269.html
2020年(令和2年)1月27日(月) 五竜・47スキー場へ 硬い 47ゴンドラ内からの五竜岳 久しぶりに寒いゲレンデだった。音もなく気持ちよく滑りたいのだが、ガリガリの雪が待っていた。特に早朝のグランプリコースは 圧雪されピステンの跡が硬く凍っている。力のある人は良いのだがスキーの抑えが効かないと 板をずらし滑り降りることになる。ブルブルと板が振れそれが足にまで響いてくる。雨飾山・火打山などが美しい グランプリの急...   (続きを読む)
2020/01/27 18:47:00 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2456577.html
2020年(令和2年)1月24日(金) 五竜・47スキー場へ ぽかぽか陽気 ルート1から雲掛る白馬 安曇野で朝の気温が5度、白馬に入っても3度。まるで春のようなぽかぽか陽気だ。空気も3月下旬の植物と土の混在したような匂いがする。五竜麓の雪は昨日の雨も含みベタベタ状態。私のゴーグルも昨日の雨で 二重レンズの間に水が浸入ベタベタ状態 でなかなか抜けない。古いゴーグルを持ち出して今日は滑った。ゴンドラを下りてグランプリゴー...   (続きを読む)
2020/01/25 07:46:14 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2456197.html
2020年(令和2年)1月23日(木) 五竜・47スキー場へ 雨・霙・雪 ずぶ濡れ ヘルメットに霙 安曇野は雨、そして暖かい。それでも五竜アルプス平は雪だろうとスキーへ。白馬の街も雨で屋根の雪も消えてきている。スキー場の駐車場も雨。濡れながら準備をする。この時期あり得ない空模様に驚くしかない。ゴンドラでアルプス平に出ると霙状態。9時頃、グランプリコースは上部は雪、下半分は雨。その後重たい雪にアルプス平は変わってき...   (続きを読む)
2020/01/23 18:48:18 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2455948.html
2020年(令和2年)1月22日(水) 五竜・47スキー場へ アドベンチャーコースOPEN 五竜岳が顔を出す 快晴のスキー場は気持ちいい。グランプリコースは圧雪された気持ちいい斜面を走らせた。続けてダイナミックスコースを滑る。ダイナミックスミックスコースは、滑る人も少なく急斜面でもスピードが出せる。ルート8からルート1へのロングコースも爽快だ。すべて圧雪された柔らかな雪にスキーが滑る。ノンストップで47ベースまで滑り降...   (続きを読む)
2020/01/22 21:46:50 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2455653.html
2020年(令和2年)1月21日(火) 五竜・47スキー場へ 新雪だが エキスパートコースより 1週間カンボジアへ遺跡巡り、そして小さな遺跡の山へ行っていた。昨日帰国し、9日以来となる久しぶりのスキー。夏の陽気から一気に雪の世界へ戻った。ゴンドラを下りると真っ白な世界。10cm、深いところだと20cm程の新雪に飛び込む。圧雪上の新雪はフワンフワンと気持ちよく滑る。しかしあっという間に凸凹になる斜面。場所によっては底付きが...   (続きを読む)
2020/01/22 06:46:42 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2452379.html
2020年(令和2年)1月9日(木) 五竜・47スキー場へ 風強し 雪の縞模様 昨日からの雨、スキー場上部ではどうだったのだろうか。KEOSかON3P、板はどちらにしようか迷う。気温1度 路面は濡れているような感じ。大町を走っているとき、後を走る軽トラがスリップ、対向車と衝突する。私の車は事なくすんだが、バックミラーに滑り始め対向車に突っ込む軽トラが。五竜の駐車場の路面も濡れているだけでなくつるっと滑った。上部の山の様子...   (続きを読む)
2020/01/09 18:46:43 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2451832.html
2020年(令和2年)1月7日(火) 五竜・47スキー場へ ロングコースが楽しい グランプリコース グランプリ・チャンピョンコースを滑る。きれいに圧雪されたゲレンデが広がる。コーディロイの雪面に入ると一気にスピードが出る。できるだけカービングターンと思うのだが、あまりのスピードに板をずらす。思うように滑れないのがグランプリ・チャンピョンコースだ。テクニカルコースがオープン チャンピョンコースを滑り降りると、昨日...   (続きを読む)
2020/01/07 19:45:48 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2451616.html
2020年(令和2年)1月6日(月) 五竜・47スキー場へ 五竜下までつながる 五竜岳 ラインEを降りたところから チャンピョン・グランプリコースがオープンし 五竜麓まで滑り下れるようになった。エキスパートは立ち入り禁止でまだまだ本来の五竜スキー場とは言えない。ゴンドラを降り チャンピョンコースへ 今シーズン初めて滑り下った。雪質は素晴らしく、ほとんど滑る人のいない朝一番は気持ちよく滑る。スキーの先がぐんぐんと下に...   (続きを読む)
2020/01/07 06:46:57 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2451101.html
2020年(令和2年)1月4日(土) 五竜・47スキー場へ 令和2年初滑り ルート1 正面に白馬ジャンプ台 年末年始は混むことが分かっているので5日ぶりのスキーへ。今日は土曜日、もちろん混んでいた。しかしピークは過ぎているとの話だった。ゴンドラ乗り場は長い列ができていたので 8時に動き始める とおみゲレンデで2本滑る。サイドにある新雪を少し楽しみ動き出したゴンドラに乗った。靄の掛る真っ白状態のグランプリコースへ。すでに...   (続きを読む)
2020/01/05 09:47:10 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2449247.html
2019年(令和元年)12月28日(土) 五竜・47スキー場へ 新雪5cm 天然は良い ゴンドラが動き始める前に駐車場に入るが①は ほぼ満車状態 に驚く。さらにチケット売り場が50m程の列。ゴンドラ待ちもチケット売り場の先までの長い列 ができていた。ゴンドラが動き始めるまでとおみゲレンデで滑る。混み合うゲレンデを1本滑る間にゴンドラ待ちの列が短くなり アルプス平に上がる。グランプリコースへ入る。新雪が5cmほど積もり、圧雪され...   (続きを読む)
2019/12/28 22:47:33 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2448401.html
2019年(令和元年)12月25日(水) 五竜・47スキー場へ 快晴のスキー日和 朝の冷え込みは今シーズン一番だったのかな。安曇野から白馬に向かうに北アルプスが青空にくっきり山並みを見せていた。ただ昨日の日中降り続いた雪は積もるまでは行かなかった。ルート1上部より五竜岳 グランプリコースは、リフト乗り場付近と一部分を除き圧雪 がされていた。そのためスピードに乗って滑るスキー・ボードが多く見られた。スピードに乗れば...   (続きを読む)
2019/12/25 18:47:41 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2448139.html
2019年(令和元年)12月24日(火) 五竜・47スキー場へ 新雪10cm 白の世界 グランプリコース・サイドから 安曇野は走る車窓にわずかばかり雨粒が当たる程度。白馬に入るとちらちらと雪が舞う。これだと山頂は雪降り、積雪も期待できた。ゴンドラから下りて グランプリコース方面へ 出る。積雪は10cm弱 ぐらい、目の前は雲でほとんど見えない。ほぼ ホワイトアウト状態 でコースに入る。前がほとんど見えないというのはつらい。なか...   (続きを読む)
2019/12/24 18:47:18 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2447885.html
2019年(令和元年)12月23日(月) 五竜・47スキー場へ 新雪10cm 安曇野の朝は1cm程の積雪。今シーズン2回目の雪の朝になった。これだと五竜・47スキー場も新雪は間違いないだろうと出る。白馬の町は安曇野とほとんど変わらない積雪。それでもアルプス平には深い新雪を期待してゴンドラを待つ。平日にもかかわらずゴンドラ乗り場の外にも20m程の列ができていた。新雪のグランプリコース ゴンドラを下りると グランプリコースへ と急...   (続きを読む)
2019/12/23 21:47:13 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2447521.html
2019年(令和元年)12月21日(土) 長峰山・光城山へ 長峰山からハンググライダーtake off直前 先週に引き続き、長峰山へ登り光城山へ。光城山登山口に下って往復するトレーニング・ハイクに。歩きの体力維持ができればとの思いを持ってだ。12月も後半に入ったのに雪もなく快適に歩けた。空気は冷たくしっかりと防寒してだ。登山口から目の前に常念岳など雪をかぶる北アルプスの山並みが見られた。登るにつれて樹間から安曇野と北ア...   (続きを読む)
2019/12/23 18:47:42 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2447374.html
2019年(令和元年)12月20日(金) 蕎麦の山へ 自給自足 今年2回目の 蕎麦会 が行われた。蕎麦の種まきから収穫、脱穀まで自分たちで行う。その蕎麦粉を使っての蕎麦打ちも自分たちでやる。10名ほどの仲間が集ってくる。畑を貸してくれる2人、蕎麦打ちを長年やってきているプロ1人、出汁作りの名人が1人と さらに蕎麦打ち道具を持っていたり借りてこられたりする2人。気が合う仲間が ONE TEAM になりここ数年続けてきている。今回は...   (続きを読む)
2019/12/22 07:46:02 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2446720.html
2019年(令和元年)12月19日(木) 五竜・47スキー場へ 雪神様がいるならば ここまで雪不足だと 「雪神様がいるならば」山へ雪をたっぷりと降らせて欲しいものだ。とおみゲレンデ 五竜はとうとうアルプス平もリフトが動かない。そのためゴンドラは観光のために動かしてはいるが、スキー、ボードでの乗車はできないとなっていた。気温も高くゲレンデ状態が悪いのだろう。それならば、「雪神様がいるならば」雪を降らせてほしいと祈る...   (続きを読む)
2019/12/19 18:46:35 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2445869.html
2019年(令和元年)12月16日(月) 五竜・47スキー場へ 雪よ!そろそろ降ってほしい 快晴のゲレンデ 五竜岳はじめ北アルプスが輝き美しい。五竜から唐松岳への稜線の上には月が出ていた。とおみゲレンデで滑る姿がゴンドラ内から見られた。情報によると圧雪された狭いバーンだが、ブッシュなどは見られないとのこと。気持ちよさそうに滑る上級者が見られた。ゴンドラを下りて、グランプリコース方面へ出た。グランプリコースは非圧雪...   (続きを読む)
2019/12/16 18:46:40 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2445613.html
2019年(令和元年)12月14日(土) 長峰山・光城山へ 一刻一刻変わる景色 長峰山からの安曇野・常念岳 久しぶりの山歩き。冬になると気軽に歩ける山が少なくなる安曇野では、唯一安全にハイキングを楽しめるのが長峰山・光城山。他にもあるのだろうが多くの方も登られるのでそこに安心感もある山だ。歩きを忘れないためのトレーニングだが、展望も楽しみながらのハイキングだ。今日も快晴に近い天気の中、雪の北アルプスなどを眺め...   (続きを読む)
2019/12/15 20:46:47 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2445122.html
2019年(令和元年)12月13日(金) 五竜・47スキー場へ 新雪15cm グランプリコース・樹氷 昨日の雪が降り積もり グランプリコースは非圧雪のために思う存分新雪を味わった。青空それに樹氷の美しさ、真っ白な新雪に大満足。パノラマコースは久しぶりに圧雪 され快適に飛ばす。しかし新雪のためにあっという間にピステン跡はなくなってしまった。朝一番のパノラマ ルート8上部のみで47方面とはつながらず残念。明日はきっとルート1上...   (続きを読む)
2019/12/13 20:46:53 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2444798.html
2019年(令和元年)12月12日(木) 五竜・47スキー場 このまま雪よ降り続いてくれ 安曇野を出るとき、ぽつりぽつりと雨が車窓に。白馬に近づくにつれ、雨足が強まってきた。気温は白馬の町で5℃ぐらい。今日は47へ行き 、ルート4・5の比較的荒れていなかった緩斜面を滑ろうと出かけた。ところがこの雨降り、47の駐車場に着くとさらに雨足は強く、気温のとこの雨の降り方から47は濡れそうな気配を感じたので五竜方面へ。標高の高いパ...   (続きを読む)
2019/12/12 18:46:55 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2444474.html
2019年(令和元年)12月11日(水) 五竜・47スキー場へ 雲海広がる 快晴が続く五竜へ。今日も五竜岳はじめ北アルプスの白い峰々が 太陽を浴び光り輝いていた。東の山々には雲海が広がり 小島が浮かぶように見渡すことができた。その先に菅平の四阿山と浅間山のシルエットが肩を並べている。すぐに終わる景色かと思っていたところ ずいぶん長く雲が谷間を埋めるようにあった。何枚もゲレンデから写真を撮っていると その中にスキーヤ...   (続きを読む)
2019/12/11 16:47:03 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2444245.html
2019年(令和元年)12月10日(火) 五竜・47スキー場へ 快晴・RESCUE KS-RVへ 今日も昨日に続き快晴のスキー場だった。周りの山々もくっきりと見渡すことができ最高のロケーションで滑ることができた。ただ雪がここに来て降らないことからか ゲレンデはほとんど圧雪されていない状態 で カービングを楽しむには残念なゲレンデだった。それでも、雪の状態は良く 、緩斜面などはスピードを出すことができた。殊に気持ちよかったのは、...   (続きを読む)
2019/12/10 18:46:39 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2444032.html
2019年(令和元年)12月9日(月) 五竜・47スキー場へ 五竜岳が青空に重厚な姿を見せる。ルート8はきれいにピステンがかかりスピードに乗り滑ることができた。その他の パノラマ、アルプス、ルート1などは非圧雪。全体的には柔らかな雪だが、硬いコブもあり慎重になった。板はKEOS GP-01を久しぶりに使い 、ブッシュ、小石などに気を遣ってみた。石の出ているところはなく、ブッシュも枝先が少し出ている状況で全く問題なく滑ること...   (続きを読む)
2019/12/10 06:46:21 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2443072.html
2019年(令和元年)12月6日(金) 五竜・47スキー場へ オープン 初滑り パノラマゲレンデで初滑り ようやく白馬のスキー場がオープンした。初滑りに出かけた。安曇野も道には積もらなかったが 屋根、車には1cm程の積雪があった。安曇野で1cmということは、白馬の町中ではかなりの積雪かと思いきや少し多い程度だった。本来ならば真っ白な白馬の時期なのに、雪の降るのが遅くなり、積雪も少なく 気候変動の影響を受けているのは確か...   (続きを読む)
2019/12/06 17:45:55 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2442858.html
2019年(令和元年)12月3日(火) 滝戸山へ 白峰三山・富士展望 滝戸山1221m山頂から白峰三山 午前中に大蔵経寺山を登り、富士山の手前に見えていただろう 滝戸山を目指した。大蔵経寺山へは思っていた以上に時間をかけてしまった。お昼を食べる間もなく、甲陽学園先の滝戸山登山口へ 来た。見ては来なかったが御殿滝近く、良く整備された登山口でベンチ、トイレなどが整備されている。沢沿いに登り始める。古そうな石積みと自然石...   (続きを読む)
2019/12/05 21:45:59 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2442509.html
2019年(令和元年)12月3日(火) 大蔵経寺山へ 富士・南アルプス展望 大蔵経寺山からの富士「甲州伊沢暁」と共に 本来ならばスキーへ行っている時期だが、今年は白馬方面スキー場の積雪がなく2週間近く遅れている。ということで 快晴の予報の出ている山梨の山へ 。山名の 大蔵経寺境内の上部に広い駐車場 があり、そこから登山道が延びている。駐車場からは富士が眺められ山梨にいることを実感する。登山道からはしばらく富士も眺...   (続きを読む)
2019/12/04 17:45:49 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2441133.html
2019年(令和元年)11月27日(水) 長峰山・光城山へ 長峰山 弐七農園のサンふじ 午後から雨、近くで歩こうと長峰山・光城山へ出かけた。のんびり歩くのも良いがトレーニングにしようと 長峰荘から登り長峰山へ、そこから烏帽子峰経由で光城山へ。光城山を登山口まで下り登り返す、そして長峰山へ戻り下山する。同じコースでの2回目のトレーニングだ。トレーニングと行ってもがむしゃらに歩いたり、走るわけでなく 初冬の山歩きを楽...   (続きを読む)
2019/11/30 18:45:40 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  山へ、スキーへ  [2/23]
http://furuchan.naganoblog.jp/e2439723.html
2019年(令和元年)11月24日(日) 守屋山へ 守屋神社から杖突峠口 守屋山1650m山頂 八ヶ岳が見える 自転車を使い登山口を変えて守屋山を 歩けないものかと考えた。標高の高い 杖突峠口へ自転車を置く のはまず決まった。できれば箕輪口・松尾峠方面からと思った。立石口からも登ったことはなかったのでと思っていた。箕輪口・松尾峠方面へ行くが思っていた以上に林道の登りがきつく長いので断念する。次に立石口から登山口方面へ行...   (続きを読む)
2019/11/25 21:45:26 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 46  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
辰野勇 モンベルの原点、山の美学

日本のアウトドアブランドの雄「モンベル」創業者・辰野勇。世界最年少記録(当時)アイガー登攀、資本金ゼロからの起業、ショップを通じた地域貢献……登山から...
[本日発売]
ヤマケイ文庫 不屈 山岳小説傑作選

山に挑む「不屈なる者」たちの姿を描いた不朽の名作を、北上次郎が厳選して紹介する山岳小説傑作選。
[2月17日発売]
岳人 2020年 3月号

[2月15日発売]
そのまた向こうの山と空

少年はいつも山の向こうをのぞみながら旅立つ日を待っていた。やがて、目の前の山を登り、その先の山々を巡り歩き、数年がかりで外国を彷徨う。老いてからは...
[2月15日発売]
東海の絶景山登り&ハイキング ウォーカームック

山登り初心者でも安心!特大マップで絶景ルートをらくらく攻略できる! 情報誌「東海ウォーカー」特別編集! 愛知、岐阜、三重を中心に、長野、静岡、滋賀、京都...
[2月14日発売]
これで身につく山歩き 誰でもわかる地図の読み方 (るるぶDO)

地形図って何?から始まる超入門書。山歩きを趣味とする人はもちろん、方向オンチの人もこれを読めば読図の達人に!地形図を読むための基礎知識と、明星ヶ岳、...
[1月31日発売]
『山と食欲と私』公式 日々野鮎美(+なかまたち)の山ごはんレシピ2

大人気山ごはん漫画『山と食欲と私』の公式レシピブック、待望の続編! 27歳、会社員の「山ガール」と呼ばれたくない自称・単独登山女子、日々野鮎美――。コミ...
[1月30日発売]
日本百名山 山あるきガイド上 (大人の遠足ブック)

深田久弥が名著『日本百名山』で選んだ全国の名山を上下巻で紹介。上巻は北海道・利尻岳から、東北、北関東、上信越、人気の北アルプス・剣岳、立山まで49座...
[1月24日発売]
十大事故から読み解く 山岳遭難の傷痕

山岳遭難史に内包された「影」の部分に遭難ライター羽根田治が光を当てる。学校集団登山の事故や大学生の冬山合宿の大量遭難、中高年初心者の事故、ツアー登...
[1月23日発売]
日本の山ができるまで (五億年の歴史から山の自然を読む)

日本の山は なぜこんなに美しい。日本の山は多彩で、同じ風景の山は一つもない。これは日本の山が古くからの様々な年代の地質からなり、地質が異なると山容も...
[1月22日発売]
北岳山小屋物語

山岳小説の名手が描く、山小屋ノンフィクションの新境地! 人気山岳小説「南アルプス山岳救助隊K-9」シリーズの主な舞台となる北岳。取材のために何度も登って...
[1月17日発売]
岳人 2020年 2月号

[1月15日発売]
日本百名山を描く旅 (YAMAKEI CREATIVE SELECTION Frontier Books)

利尻岳から宮之浦岳まで。山と花が織り成す、素晴らしい旅の記録。1981年、北海道の利尻岳から著者の旅が始まった。雄大な筆致で描かれる日本百名山と、繊細...
[1月14日発売]
関東外周県境山歩き: 湯河原から平潟港までをつなぐ山の旅 (MyISBN - デザインエッグ社)

「関東外周県境山歩き」は、32歳の時に、自分たちの会のヒマラヤ遠征に、家庭の事情で参加できない悔しさから、串田孫一氏の「勿来の関から湯河原まで」とい...
[1月13日発売]
イラスト地図で登る 長野県の名峰百選 下

「信州山歩きシリーズ(全四巻)」で人気の中嶋豊氏が、長野県の名山をイラスト地図で案内する登山ガイド全2巻の最終巻。長野県の「新百名山」として、下巻は北...
[1月11日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/02/21 15:36:58