登山関連のブログ情報  -  ブログ「 神山オンライン 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 19  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=15324
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
これからテント泊登山を始める人には アライテント のカタログを登山用品店でもらってくることをおすすめします。付録の小冊子「TENT BOOK」が秀逸で、「テント、ツェルトの使い方とメンテナンス」について体系的に図解されています。WEB上で同じ内容が公開されています。「 ユーザーサポート 」 あらためて読み返していると、面白い一節に気づきました。『軽量装備の夏山テント山行のススメ』 紙のカタログ上では「 普通の道具...   (続きを読む)
2020/06/30 19:46:55 (1日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=15305
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
日帰り登山用のバックパックを新調しました。マウンテンハードウェアの「レインシャドー26アウトドライ」です。メインコンパートメントが防水メンブレン「OutDry」でラミネートされているので、レインカバーが不要 。背中のパネルから雨水が侵入する心配がありません。こうした防水バックパックはロールアップ&バックル方式の場合が多いですが、この製品はフ ァスナー式でモノの出し入れがしやすい です。Mountain Hardwear(マ...   (続きを読む)
2020/06/28 20:48:22 (3日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=15273
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
2015年くらいにマウンテンハードウェアのデイパック「エンタープライズ」を購入しました。価格がリーズナブル。(1万円強) 作りが頑丈。ポケットが多い。というスグレモノです。日常生活からビジネスカジュアルの現場、低山ハイキングまで使い回せます。マムートの「エクセロン」よりもう少し容量が大きくて、シックな色が欲しくて新調しました。カタログ「MOUNTAIN HARDWEAR Fall & Winter 2014」より引用 外観 前面と背面 正面...   (続きを読む)
2020/06/23 20:48:40 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=15239
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
マムートの「エクセロン30L」はロングセラーのデイパックです。容量十分で、ポケットが多く、にもかかわらず外観がすっきりしており、日常生活 ビジネスカジュアルの現場 低山ハイキング で使い回せる ミニマリスト好み のデザインです。MAMMUT(マムート) エクセロン/Xeron LMNT 30L ☞ Google Amazon 楽天市場 Yahoo! 外観 前面と背面 両サイドのメッシュポケットには500mlサイズのペットボトルが余裕で入ります。チェストスト...   (続きを読む)
2020/06/22 18:47:58 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=15212
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
セブンイレブンの折りたたみ傘(ワンタッチ開閉)を日常生活で愛用しています。デイパックに常備し、かれこれ5年くらい使っています。数ヶ月前、グリップに付いていたループコードが根元から切れました。あの紐、正式には何と呼ぶのでしょうか。ひとまず「ループコード」と呼ぶことにします。ループコードがないと、手首やフックに引っ掛けられないので不便です。安価(たしか定価760円)なので傘そのものを買い直しても良いのです...   (続きを読む)
2020/06/21 15:47:05 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=15201
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
登山用スマホにペンホルダーを付けました。特に雪山用の厚い手袋やオーバー手袋をしているとタッチ操作ができません。いちいち脱いで素手で操作していられません。タッチペンが必須となります。ネックストラップにスマホといっしょにタッチペンをぶら下げていたのですが、胸ポケットに出し入れするときに引っかかって邪魔なんですよね。かと言って、手帳式のカバー(ペンホルダー付き)をかぶせると、スマホをさっと出してすぐに...   (続きを読む)
2020/06/20 15:47:00 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=15192
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
「西表島ジャングル横断」と言うと、生い茂るヤブをナタで切り開き、沼に腰まで浸かりながら進軍するイメージがありますが、実際にはトレッキングコースが整備されています。「えめらるどおきなわ」のパンフレット 1980年代、博多発の「えめらるどおきなわ」に一昼夜揺られて那覇港に着きました。那覇港に着いて、道行く女子中高生を見ると、浅黒く、すらりとした美人が多い。「おぉっ、みんな早見優じゃないか」と喜びました。...   (続きを読む)
2020/06/18 20:48:31 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=15160
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
1989年10月8日、北アルプスの立山で季節外れの吹雪となり、8人の方が亡くなりました。有名な気象遭難事件です。その日、北鎌尾根 にいました。近くの山域にいただけに、より強烈に記憶に残っています。黒部湖をはさんだこちら側では降雪量は少なく、大事にはいたりませんでした。千天出合のヒリシャンカ その日、私は先輩と2人で北鎌尾根を末端(先天出合)から登っていました。9時頃、2426mピークでポカリスエットの粉末をポリタ...   (続きを読む)
2020/06/16 18:47:55 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=15141
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
「忘れられないツェルト泊」と書くと、雪山の厳しいビバークを想像しそうですが、辺鄙でのどかな山村でテント泊をした経験談です。九州の脊梁山地で 「霧立越」「向霧立越」と呼ばれる山域 を登ったときのこと。霧立越を北へ縦走し、谷筋の林道におりてきたところ、宿泊地として目を付けていた山道も造林小屋も見つからない。水も得られない。仕方なく、縦走したのと同じ距離だけ林道を歩いて戻りました。辺鄙な山村の子供たち...   (続きを読む)
2020/06/14 16:48:22 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=15128
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
北アルプス・横尾のドーム型テント 小川テントのドーム型テント。ワンゲルの同期が持っていたモノを1万円で譲り受けました。ポールはたぶんグラスファイバー製か何かで総重量は4kg近かったはず。ダブルウォールながら前室はなく、リッジポールが前後に張り出していました。ポールの中間部から張り綱をとる構造ではなく、山岳用とは言い難い代物 でしたが、現代的な(?)ドーム型テントの所有者となって満足していました。坊がつる...   (続きを読む)
2020/06/13 18:47:54 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=15112
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
ユウトムラウシ花園の家型テント ワンダーフォーゲル部で苦楽をともにしたにもかかわらず、写真がほとんどないのが残念です。山の景色や集合写真ならたくさん撮りましたが、見すぼらしい 家型テント(三角テント)を被写体として選ぶ発想はありませんでした。上の写真はテント全体をとらえた珍しい一枚。北海道の十勝連峰、トムラウシ山に近い ユウトムラウシ花園 と呼ばれる場所です。いかにも 熊さんが好みそうな湿原 で、テン...   (続きを読む)
2020/06/12 14:48:00 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=15086
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
ダイソーがまた凄いモバイルバッテリーを売り出しました。なんと容量4,000mAhで価格が500円です。数年前に容量2,000mAhで価格が300円という商品を出して評判になりましたが、さらにコストパフォーマンスが高い。店頭にはファンシーなパッケージとシックなパッケージが展示されていました。同等品のようです。シックなほうを選びました。開封の儀 外装 同梱物 本体とUSBケーブル インターフェースはごく標準的です。裏面にスペッ...   (続きを読む)
2020/06/07 20:48:18 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/yukiyama-again/?p=7105
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
噂の発端 ゴアテックスのテントが市場から消えるらしいと初めて知ったのは、山と渓谷 2017年 11月号 の連載「山岳装備大全 第20回 シェルター」(p.128)を読んだときでした。北米ではゴアテックスファブリックスのテントやシェルターは販売されていない。(中略)カナダでは、この難燃性基準を連邦法として定めている。この基準は、サーカステントで起こった大火災事故を基に定められたものであり、山岳用テントに該当するものでは...   (続きを読む)
2020/06/06 16:48:19 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=15052
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
軽量テントのおすすめを紹介します。選定の条件を、登山で通用する。重量が1kg未満である。本体がメッシュではない(部分的なメッシュはOK)。としました。軽量テントのおすすめ【ポール、フレーム型】 軽量化のために生地を薄くしたり、ポールやフレームを細くしたタイプです。HERITAGE – HI-REVO HERITAGE(ヘリテイジ) HI-REVO(ハイレヴォ) ☞ 公式サイト ☞ Google Amazon 楽天市場 Yahoo! サイズ 間口203×奥行93×高さ100cm 重量...   (続きを読む)
2020/05/31 20:48:19 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/yukiyama-again/?p=4781
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
「山と渓谷」2018年2月号の「山岳装備大全 第23回 スノーシュー」で、ヴァーテックス(VERTEX)社のスーパーカンジキ(SUPER KANJIKI)STDが取り上げられました。山と溪谷 2018年2月号「単独行レベルアップ術」「知っておきたい山の生きもの クマ・スズメバチ・マダニ その生態と回避・対処法」 ☞ Google Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazonのレビューでは、“ 浮力はワカン ”という評価が見受けられます。アイゼンとの併用はできません...   (続きを読む)
2020/05/07 16:48:19 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/yukiyama-again/?p=6383
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
登山用のタオルと言えば、速乾性や軽量コンパクトさを重視して、代用品を携行したくなります。私もあれこれ試しました。私の選択基準は以下の通りです。評価基準 5段階評価 夏山の滝汗を素早く吸収する。できるだけ速やかに乾燥する。浴用タオルとして使い心地が良い。軽量コンパクトである。私の登山用タオルコレクションから10アイテム紹介し、上記の評価基準で 極めて主観的に 5段階評価します。登山用タオルコレクション①~...   (続きを読む)
2020/05/05 18:47:51 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=14498
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
シュラフカバー万能説 シュラフカバーを持たない理由が見つかりません。持って行って損した記憶がありません。雨や結露や霜から寝袋を守る シュラフカバーを使う 最大の目的 は、雨や結露や霜から寝袋を守ることです。特に 羽毛 の寝袋は濡れるとペチャンコになりウインドブレイカーなみの保温力しかなくなります。アウトドアで 星空 を眺めながら眠りたい ロマンチスト にも必須の装備です。寝袋の保温性を高める シュラフカバ...   (続きを読む)
2020/04/20 20:48:46 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=14374
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
登山でも普段使いでも似合いそうな無名ブランドの帽子をAmazonで購入しました。その際、「置き配」を初体験しました。帽子の選び方 冬場は街中でもクライミング(ボルダリング)ジムでも岩場でもよくニットキャップをかぶります。が、夏場はさすがに暑苦しくて、半袖シャツと不釣り合いです。無理矢理かぶって闊歩すると、不審な目で見られます。街中を巡回中のおまわりさんが振り返ったりします。キャスケット型の帽子を持ってい...   (続きを読む)
2020/04/09 16:48:36 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  神山オンライン  [6/12]
https://kamiyama-online.com/?p=14286
山と渓谷、岩と雪、都会と田園をさまよう
登山用マットレスについて固定観念、先入観にとらわれていないかチェックしましょう。エアマットはパンクしやすいからクローズドセルしか使わない? ギリギリボーイズの皆さんが「 32日かけて厳冬期の黒部横断 」したとき、はたまた舟生大悟さんが「 厳冬期にテント泊で 27日間の大縦走! 」したとき、その装備にはエアマットが含まれていました。クローズドセルは2020年から採用された新しいR値の規格によって軒並み低い数字に改...   (続きを読む)
2020/04/05 20:48:37 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 19  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
筑波山 徹底パーフェクトガイド この1冊で山歩きから観光まで!

ハイキングコースはもちろん、パワースポット、縁結び、グルメ&おみやげなどの情報も満載。山歩きも観光も、筑波山の魅力が1冊に
[昨日発売]
関東周辺 レベル別おすすめ登山ガイド 日帰りから山小屋泊まで 選べる30コース

★ 「キャリア」や「レベル」に合わせた快適に登れる「爽快コース」を厳選して紹介! ★ 「気軽」に行ける陣馬山 ★ 「レベルアップ」して日光白根山 ★ 燕岳、鳳...
[昨日発売]
石槌山に抱かれて

[6月22日発売]
季刊のぼろ Vol.29

[6月19日発売]
富士山八十八景

[6月18日発売]
山の本 112号

[6月16日発売]
岳人 2020年 7月号

[6月15日発売]
ヤマケイ新書 萩原編集長 危機一髪! 今だから話せる遭難未遂事件と教訓

どんなベテランであっても、どんなに慎重な計画を立てたとしても、山の遭難をゼロにすることはできない。自然の中に潜む危険は、ときに人間の想像をはるかに...
[6月13日発売]
ヤマケイアルペンガイド 関西周辺 週末の山登りベスト123

この一冊で関西エリア一帯の登山・ハイキングが楽しめる。関西在住の登山者、ハイカーに向けた登山・ハイキングガイドブックの決定版! 関西地方の山々とその...
[5月30日発売]
脊振山系徹底踏査!

巷ににあふれる登山ガイド本は、各山のメインルートのみの紹介がほとんどです。しかし、それではあまりにももったいない! 花々を愛でるルートや滝を巡るルー...
[5月29日発売]
散歩の達人 日帰り山さんぽ (旅の手帖MOOK)

首都圏から日帰りで行ける低山コースを25~30本ご紹介。持ち歩きやすいB5判型ながら、見やすくて大きな地図を掲載し、また美しいビジュアルも満載です。各コー...
[5月28日発売]
富士山境目図鑑: 境目だから面白い、五合目の地質と動植物

世界文化遺産、富士山。イラストでよく見かけるギザギザ模様には理由がありました。本書は、登山のための本ではありません。スポットをあてるのは、登山開始...
[5月27日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/07/02 15:40:23