登山関連のブログ情報  -  ブログ「 登山曼荼羅 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 14  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  登山曼荼羅  [1/3]
https://normallifejapan.blogspot.com/2019/01/blog-post.html
気の向くまま、不定期に山を歩きます。 登山以外のことも書きます。 すいません。
今年の初山行(初詣みたいなもの)も、高落場山になった。平年より明らかに雪が少なく、ヤブが出ている。しかし他の登山者(ガイド登山の1組)もあったので、とにかく登ってみることにした。ガイドさんはさすがにプロだ。大変なラッセルをすいすいこなして行かれる。上に行くにつれて、腰までラッセルとなった。雪質はパウダー。本当にきつかった。私もだいぶ年齢を重ね、体力が落ちているのが実感出来る。同行の高齢者の方と一緒に...   (続きを読む)
2019/01/11 18:49:56 (6日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/3]
https://normallifejapan.blogspot.com/2019/01/2019.html
気の向くまま、不定期に山を歩きます。 登山以外のことも書きます。 すいません。
2018/2 猪臥山 今年は亥年。吉野裕子『山の神』によれば、蛇と亥は「山の神」であるという。なぜ山の神なのかは、陰陽五行思想に当てはめると説明ができるのだそうだ。陰陽五行説では、易の卦の一つである「乾(けん)」を十二支の巳、「坤(こん)」を亥に当てる。日本では蛇は古来から山の神として信仰されていた。ここに中国から伝わった陰陽五行説による解釈が加わり、全陽の卦である「乾(巳)」の真逆の全陰の卦である「坤」が...   (続きを読む)
2019/01/05 20:49:50 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/3]
https://normallifejapan.blogspot.com/2018/12/2018.html
気の向くまま、不定期に山を歩きます。 登山以外のことも書きます。 すいません。
2018年は結構北アルプス方面へ行けたかな。特に印象深かったのは、10月の雨飾、8月の剱岳だった。10/15 雨飾山薬師尾根から 薬師尾根はもっと天気が良ければ最高だったかな。低い山にもかかわらず、やたらと印象に残っているのは何故だろう? 急登の後の笹原、その中にそそり立つ岩がとても印象的だった。糸魚川という、フォッサマグナの山だから周りじゅう、奇怪な形をした山が多かったので、ちょっと神秘的な気持ちになった。8...   (続きを読む)
2018/12/31 00:59:55 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/3]
https://normallifejapan.blogspot.com/2018/12/blog-post_17.html
気の向くまま、不定期に山を歩きます。 登山以外のことも書きます。 すいません。
昨日の段階で、日本海と太平洋に低気圧があり、ちょうどその中間に高気圧があって、晴れている状態だった。稜線は非常に強風で、立っていられないほどではないが、木の枝がびゅうびゅうと唸りを上げていた。高曇りでサングラスを外していても、サングラスをかけているみたいに薄暗い感じがした。いつもなら雪があればサングラスをしていないと、強い照り返しで目が痛くなって大変だ。今の時期は冬至間際で、太陽の位置が低く、...   (続きを読む)
2018/12/17 16:50:31 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/3]
https://normallifejapan.blogspot.com/2018/12/blog-post.html
気の向くまま、不定期に山を歩きます。 登山以外のことも書きます。 すいません。
今年初めての雪山は、北アルプスと白山が同時に拝め、富山平野が一望でき、日本海まで見渡せる最高のロケーションにある「牛岳」。標高は987mと低いからあまり夏には行かない。最近は専ら積雪期、残雪期に登っている。この山は富山県中、どこからでも見えるはずだ。なぜなら、山頂から富山県が一望できるから。新7合目付近から、白山が見え出した。風が強いからだろうか?、ものすごく美しい。いつもは冬道となる「稜線コース」...   (続きを読む)
2018/12/16 20:49:55 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/3]
https://normallifejapan.blogspot.com/2018/11/blog-post_42.html
気の向くまま、不定期に山を歩きます。 登山以外のことも書きます。 すいません。
今月初めの三日に大笠山に入ってから、山に行けていない。最近とてつもなく忙しく、なかなか時間が作れなくて困った。天気も良好だとは言えないし。前回は紅葉は最高だったけれど、落ち葉で足場が悪く気を使った。今度入山するときは、雪になるだろうな。さて、次はどこへ行くか。12月はあまりふわふわの雪がない所と相場は決まっている。しかし、実際に山に入れるか、どうかは、忙しさの度合いいかんに依る。   (続きを読む)
2018/11/28 18:49:59 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/3]
https://normallifejapan.blogspot.com/2018/11/blog-post_28.html
気の向くまま、不定期に山を歩きます。 登山以外のことも書きます。 すいません。
ルートラボの地図が貼り付けられるだろうか? では無理だったのだが。やったみたらできるみたいだ。この点、Bloggerの方が良さそうだな。   (続きを読む)
2018/11/28 17:50:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/3]
https://normallifejapan.blogspot.com/2018/11/blog-post_22.html
気の向くまま、不定期に山を歩きます。 登山以外のことも書きます。 すいません。
そろそろ雪の季節。12月になれば山は積雪する。スノーシューの出番だ。冬は危ないので、あまり高い場所には行けない。12月は雪の降り始めなので、足場は悪い。ふわふわの新雪は、とても体力を消耗する。どうしようかな。   (続きを読む)
2018/11/22 21:49:59 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/3]
https://normallifejapan.blogspot.com/2018/11/blog-post_17.html
気の向くまま、不定期に山を歩きます。 登山以外のことも書きます。 すいません。
2018/05 金剛堂山から白山 久しぶりに都会に行った。そのとき思った。なんで決まりきった道を進まなければならないのだ?歩道が動いている。ものすごい人の数。みんなスマホを覗き込んで、誰ともしゃべらない。ロボットの部品みたいに、なんの感情もなく、決まった運動をしている。すごいストレスだと思う。駅では切符を買う必要も無い。Suicaがあればお金も切符もなく改札を通り、店で買い物もできる。みんな大慌てで、どこへ行...   (続きを読む)
2018/11/17 21:49:58 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/3]
https://normallifejapan.blogspot.com/2018/11/blog-post_8.html
気の向くまま、不定期に山を歩きます。 登山以外のことも書きます。 すいません。
山奥を歩いていると、何とも言いようの無い感情におそわれることがある。そういう時は、実は何か頭の中で考えていて、漫然と歩いていることが多い。「感情」が湧き上がる、ということは、何か考えているから湧き上がるのだ。そんな時、つるっと滑ったり、つまづいたりすることが多い。崖の横を、ロープや木の枝につかまりながら、あたかも「猿」みたいに降りているときは、感情など一切起こらない。自分がどうしたら落ちないか...   (続きを読む)
2018/11/08 18:49:59 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/3]
https://normallifejapan.blogspot.com/2018/11/blog-post_6.html
気の向くまま、不定期に山を歩きます。 登山以外のことも書きます。 すいません。
先日の大笠山は、覚悟はしていたものの、思いの外足に負担がかかったようだ。6月には三方崩山、8月には剱岳に登ったのだが、こんなに筋肉痛が長引くようなことはなかった。やはり大笠山の「フカバラノ尾根」の急登は独特のものがある。登山道が落ち葉で覆われていて、緊張しながら歩いたこともあるかもしれない。しかし、滑落してもおかしくないぐらいの崖スレスレのトラバースや、細かいザレの急坂は、それ以上に足に負担をか...   (続きを読む)
2018/11/07 00:54:34 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/3]
https://normallifejapan.blogspot.com/2018/11/blog-post_4.html
気の向くまま、不定期に山を歩きます。 登山以外のことも書きます。 すいません。
2014年に大笠山山頂付近から撮影 うっすらと雪化粧した仙人窟岳から笈ヶ岳 2018/11/03 深田久弥の『日本百名山』のあとがきに「笈ヶ岳か大笠山はぜひ百名山に入れたかったが、登頂の機会を得ないので遺憾ながら割愛した」とある。この山の素晴らしいところを書けば、本当にきりがない。まず、このあたりは秘境と言われる富山県の五箇山の最奥部にあり、白山国立公園の北側にあたる。国立公園の中での人間の行動は厳しく制限され...   (続きを読む)
2018/11/04 18:49:59 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/3]
https://normallifejapan.blogspot.com/2018/11/blog-post.html
気の向くまま、不定期に山を歩きます。 登山以外のことも書きます。 すいません。
今日は出発が遅すぎた。2014年には山頂に立っているが、この大笠山のキツさは半端じゃないのは分かっていたつもりなので、行けるところまで行くことにした。大笠の山頂に立とうと思ったら、出発が7:45分など、遅すぎてダメだ。少なくとも午前6時には出発しないと。それでも下手をすると12時に山頂に着けないかもしれない。山頂に至るには5時間以上はかかるが、今回は紅葉の落ち葉に妨げられて、非常に体力を消耗しさらに時間を...   (続きを読む)
2018/11/03 20:49:59 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/3]
https://normallifejapan.blogspot.com/2018/10/blog-post_29.html
気の向くまま、不定期に山を歩きます。 登山以外のことも書きます。 すいません。
今年は1月から今まで11回登った。目標が月一回だから、あと1回登れば良い。1月 高落場山 2月 金剛堂山 3月 牛岳 3月 猪臥山 4月 唐松岳 5月 金剛堂山 6月 三方崩山 7月 西穂高岳 8月 剱岳 10月 医王山 10月 雨飾山   (続きを読む)
2018/10/29 18:49:59 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 14  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
3000mのドラマ 北アルプス 小川誠写真集

エベレスト登頂者にして山岳写真家の小川誠。これまで約半世紀にわたって撮りためた北アルプスの写真を厳選して1冊にまとめたベスト作品集。ベテラン登山家と...
[昨日発売]
岳人 2019年 2月号

[1月15日発売]
神さぶる山へ

富士山に魅入られ40年以上にわたってレンズを向け続ける写真家大山行男氏。富士山をテーマとするヴィジュアル要素に富んだ出版物といえば、これまでは型どお...
[1月11日発売]
人生のなかに山があった ―私が登った山々―

私が学生時代と会社員人生の一環として行ってきたものに登山がある。入社後4年間は多忙で登る機会がなかったが、山好きの友人にも恵まれ、低山から百名山に至...
[1月1日発売]
ヤマケイ文庫 萩原編集長のヤマ塾 写真で読む山の名著 ヤマケイ文庫50選

NHKのテレビ番組「実践! にっぽん百名山」の解説者を5年にわたってつとめた萩原編集長が、ヤマケイ文庫に収録された山の本の中から印象に残る一節と、文章に...
[2018年12月27日発売]
山の花旅紀行

[2018年12月18日発売]
太陽のかけら ピオレドール・クライマー 谷口けいの青春の輝き

一流のアルピニストでありながら山や自然に対するしなやかな感性を持ち続け、ヒマラヤにもウラヤマにも等しい愛情をもって登り続けた谷口けい。その生涯は201...
[2018年12月17日発売]
山と溪谷 2019年1月号

[2018年12月15日発売]
岳人 2019年 1月号

[2018年12月15日発売]
山の本 106号

[2018年12月15日発売]
山を渡る -三多摩大岳部録- 1 (ハルタコミックス)

文系理系関係なし、山は誰でも登れます――ようこそ三多摩大学山岳部へ! 伝統ある、三多摩大学の山岳部。だが今年の春、部は存続の危機を迎えていた。理由(1)新...
[2018年12月15日発売]
生き残った人の7つの習慣

高峰登山に長年関わってきた経験と企業経営のマネジメントが融合!異変の予兆はなかったか――、どうすれば生き残れたか――。トップクライマーが実践する、企業経...
[2018年12月14日発売]
季刊のぼろ Vol.23

[2018年12月13日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/01/18 12:05:35