登山関連のブログ情報  -  ブログ「 登山曼荼羅 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 45  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/05/blog-post_30.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
緊急事態宣言がレベル1になって、軽い登山ぐらいなら良い感じになってきた。そこで、今まで登ったことのなかった朝日町の大鷲山に登ってみることに。標高は870mぐらい。しかしヒスイ海岸から登るには時間が足りず、烏帽子林道を境側から進む。途中から道が荒れてきて、「通行止め」になっていたが、行けるところまで行こうとして進む。これがとんでもない間違いで、道は落石だらけ、路肩は崩れているし、これが一番の核心部であ...   (続きを読む)
2020/05/30 21:48:38 (23時間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/05/blog-post_25.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
今日は越中宮崎海岸でヒスイ拾いの後、上路山姥神社から大平峠を越えて、橋立に抜けてみた。ひすい拾いは、宮崎から境川まで往復。約8kmぐらい歩いたかな。小さいひすいを少しだけ拾った。次に、前から行ってみたかった「大平峠」へ向かう。最初、大平峠から外波に抜けようとしたのだが、「雨池」から先は、通行止め。戻って、橋立に向かう。この周辺は山が海に非常に近い。ほんの数キロで標高差1000m近くあるので、深山の趣と...   (続きを読む)
2020/05/25 22:48:34 (5日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/05/blog-post_22.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
うっすらと剱岳を望む 2020/5 利賀高峰から 剱岳早月小屋のFaceBook 登山するときの、最後の命綱が「山小屋」である。山では何があるか分からず、けがや病気などをしたときに、救助要請を出す前に相談しなければならない場所でもある。山小屋があることは、たいそう心強い。だが、今年はどうも営業するかどうか、微妙な雰囲気である。早月小屋さんも「1か月、今後のことを考えます」という意味深な表現をされている。今年の営業...   (続きを読む)
2020/05/22 16:48:51 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/05/blog-post_20.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
この間拾ってきた石の比重を計ってみたら、そこそこ重いものがあった。もちろんひすいだとは言えないが、少しひすいが混じっているか、角閃石かであろう。角閃石は大体黒いが、中には緑色のものもあり、糸魚川にはけっこうあるように思う。これもまたひすいと間違いやすい石で、比重も3ぐらいある。ひすいの色は白いが、角閃石があると緑色がつくような気がする。角閃石は非常に多くの石のグループ名であり、透閃石、緑閃石も角...   (続きを読む)
2020/05/20 22:48:38 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/05/il-stone.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
イイモリ・ストーン(ヴィクトリア・ストーンとも言われる)については、以前にも書いたことがある。理研の設立にも関わった化学者、飯盛里安博士が戦後合成した人造宝石であり、製造方法を明かさないまま他界されたため、現在では誰も作れない。オーストラリアのJohn Bennett氏がスターバースト・ストーンとして再合成しているが、本人も言われる通り、オリジナルのイイモリ・ストーンに似た、違う石である。私は以前、家のどこ...   (続きを読む)
2020/05/20 02:48:47 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/05/blog-post_17.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
北アルプス。現在も封鎖中のままだ 緊急事態宣言が解除されてから、徐々に人出が戻りつつあるように思うが、以前とは様子が全く違ってしまった。車は走っているが、以前の7割ぐらいだろうか。街は「臨時休業」の看板や張り紙が目立つ。公共の駐車場、道の駅もまだ完全に回復していない。2か月ほどの間に経営破綻した会社も多いという。以前とはガラッと変わってしまった世界を見て、信じられない思いである。人間の社会は本当に...   (続きを読む)
2020/05/17 16:48:50 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/05/100.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
緊急事態が解除され、ようやく徐々に活動を再開できるようになった。登山はまだ足が慣れていない。こういう場合は、海岸で足慣らしだろう。久しぶりの糸魚川。先ずは勝山へ降りてみる。波は穏やか。曇りで良いコンディションだ。しかし、いつもの場所に来ても、何も見つからない! すでにたくさんの足跡。しかも、多量の足跡!もしかしたら、ゴールデンウイークぐらいに人が押し寄せていたのか?道理でネフライト一つ見つからない...   (続きを読む)
2020/05/15 22:48:39 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/05/blog-post_14.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
新緑の季節になっていた 緊急事態宣言発令から1か月半。ようやく今日、緊急事態宣言が解除されることになった。しかしながら、まだ油断は禁物である。今までは散歩は自動車で、近くの山を走り、車を降りて周辺を歩くことが多かった。これからは3密にならない範囲での日帰り登山(危険でない山に限る)や海岸散策は徐々に再開していこうと思う。アウトドアは屋外の空気を吸い、日光に当たる健康な行いである。風邪の予防にもなる。...   (続きを読む)
2020/05/15 02:48:42 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/05/blog-post_8.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
ワサビの花 最近はひたすら本を読んで暮らしている。仕事も減ったので、庭の掃除とか畑仕事とかもしている。掃除は一通りやると、しばらく時間がある。まあ、どれだけやっても終わりはないから、どれだけやってもいいのだが、同じことばかりしているのも気が滅入る。気が滅入るときは、山が恋しくなることもある。しかし、まだまだ緊急事態宣言が継続し、気の抜けない状況が続く。インドの古典『ウパニシャッド』をずっと読んで...   (続きを読む)
2020/05/08 20:48:44 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/05/blog-post_3.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
最近、跡津川断層付近での小規模な地震が多発している。ここは安政5年の飛越地震の震源地であり、大地震はもうしばらく起こらない、とされているが、活動していることは明らかだ。気をつけないといけない。   (続きを読む)
2020/05/03 14:48:55 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/05/blog-post.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
新型コロナウイルスの感染拡大によって、アウトドア自粛の流れが加速。野口健さんなども、自粛を訴えている。山岳地帯を抱える各県も自粛を要請。山小屋の休業、テント場の閉鎖など、山に登ること自体が難しい状況である。山に登って新型コロナに感染しても責任を取れないとか、遭難しても搬送するのは時間がかかるとか。これは海岸に関しても同じであり、もしも遭難したら、助けてもらえる可能性は非常に低いと言わざるを得な...   (続きを読む)
2020/05/02 04:48:42 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_28.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
断層のある石 糸魚川は沈み込み帯であり、北米プレートがユーラシアプレートに潜り込む地点だ。これは静岡までの「糸静構造線」という断層を作っている。この近辺で地震が多いのは、断層が近いからである。この環境で、地下の高い圧力を受けて変性した岩は、その痕跡を示していることがある。上の、ネフライトかひすいのような石は、断層を持っている。こんな硬い石が、数センチもずれている。白い脈がずれているので、そうとわ...   (続きを読む)
2020/04/28 20:49:03 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_26.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
目視では分からなかった、ひすい輝石を含んだ岩石。石英にしか見えなかった石だが、比重を計ったり、細かく観察した結果、今では唯一ひすい輝石岩だと確信できる石になっている。よく見てみれば、とても上品な色合いをしている。なんでもじっくり観察してみないと、わからないことがあるんだな(今は家の中にしか居られないから出来ることでもある)。基本色は緑、それも薄い緑なのだが、全体に薄い青色の要素が入っている。これ...   (続きを読む)
2020/04/26 14:48:59 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_25.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
こんな石でも、ひすいではないことがある 今日は、雲一つない晴天だ。しかし、不要不急の外出は出来ない。緊急事態宣言が出てから2週間以上経つ。昨日も有名な女優さんが亡くなったりしているし、一向に感染者数が減る兆候は見えていない。以前、拾ってきた石を眺めるのが日課になっている。また海岸に出られる日は、いつ来るのだろうか? これ以上の感染拡大を防ぐため、有名な観光地の閉鎖、駐車場の使用禁止、ロープウエイの...   (続きを読む)
2020/04/25 10:49:05 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_23.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
大型連休に国道通行規制を コロナ対策、移動最小化へ提言 全国知事会 新型コロナの感染拡大が止まらず、国内の感染者は1万人を優に超えるようになってきた。まだまだ増える可能性は十分にある。国はこのゴールデンウィーク中の人々の大移動に対して、相当な危機感を持っている。知事会の提言に対し、「現時点では注意喚起、駐車場の使用禁止など、できる範囲のことをする」と国は言っているが、それではまだ緩いのではないか? ...   (続きを読む)
2020/04/23 14:49:11 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_22.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
人類誕生 未来編 外に出られないので、BS1でやっていた『人類誕生 未来編』を少し見ていた。人類の系統樹 を見ると、およそ200万年前に、ホモ・ハビリスとパラントロプスに大きく枝分かれする。この時に、一方が絶滅したのは「道具」を使わなかったからだ。またホモ・エレクトスは「心」を持ったから生き残ったとか、ホモ・サピエンス(現生人類)は氷期の到来で一時1万ぐらいまで個体数を減らしたが、南アフリカの先端で「ムール...   (続きを読む)
2020/04/22 16:49:30 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_21.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
太田胃散とひすい。一体何の関係があるのか、と訝られるかもしれないが、実は成分が似ている。結論から言えば、太田胃散に含まれる「合成ケイ酸アルミニウム」とひすい輝石の分子構造は、ほんの僅かしか違わない。ケイ酸アルミニウムは ひすい輝石は NaAlSi 2 O 6 {\displaystyle {\ce {Al2SiO5}}} 何とケイ酸アルミニウムにナトリウム分子が一個とアルミ一個、ケイ素1個、酸素1個を加えると、ひすいになるのだ! ケイ酸アルミニ...   (続きを読む)
2020/04/21 06:48:37 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_20.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
比重を計ったら3.3ぐらいあった緑のひすい コロナの影響か、オークションサイトなどを見てみると、軒並み翡翠の価格が落ちている。これは推測だが、もしかしたらオークションに出品されていた石がかなり中国のお金持ちの手元に渡って行ったのかもしれない。結構な値段で出品されていた石が、SOLD OUTになっている場合が多かったし。いくらなんでも日本人がそんな値段で買わないだろう、とは思っていた。今は海外向けの交通はほ...   (続きを読む)
2020/04/20 22:48:49 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_19.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
ひすいの鑑定がいかに難しいか、お示ししましょう。(正確性については保証できません!FMMで見てもらったわけではないので) かなり上級向けですが、だいたい比重を考慮した問題です。問題1:右と左のうち、どれがひすいに近いでしょう? 問題2:右と左の石は、見た目は同じであるが全く違う石である。どちらがひすいを含んだ岩石でしょう? 問題3:これはひすいでしょうか? 問題1のヒント:左の石の比重は2.9、左の石は3.1です。問題2...   (続きを読む)
2020/04/19 10:48:38 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_18.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
合成エメラルドのクラスター ダイヤモンド(炭素、C)、サファイヤ、ルビー(酸化アルミニウム、Al 2 O 3 )、エメラルド( Be 3 Al 2 Si 6 O 18 )などは合成石がある。上のリンクのエメラルドクラスター(クラスターとは塊の意味)は、なかなか素晴らしい出来で、思わず欲しいなあと思ってしまった(お手頃な値段なので、どうかな?)。天然物はいろいろな不純物が混じるので、純粋にきれいな石を求めるならば、やはり合成石(ガラスなど...   (続きを読む)
2020/04/18 10:48:40 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_17.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
新型コロナウイルスが蔓延しており、全国に緊急事態宣言が出されてしまった。これではどこにも行けないので、せめて写真だけでも見ようと思って、『翡翠』(飯田孝一、2017、亥辰社)という本を注文して読んでみた。表紙には昔、青海川で採れたという極上質の緑翡翠。自分の拾ってきた翡翠やネフライトと一緒に撮影してみた。自分の拾ってきた石と記念撮影(^^; 写真のような石が拾えたらいいのになあ。まず、広義の翡翠文化は中国...   (続きを読む)
2020/04/17 14:48:59 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_92.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
コロナ後は、ミニマリストの世界から備蓄の世界になる? 新型コロナの蔓延は、世界のサプライチェーンをずたずたにしつつある。いままで「必要なものを最小限」購入し「備蓄はしない」という方向に進んでいた社会の弱さを露呈した形にもなっている。今は欲しい商品が手に入らない。マスクや消毒薬が不足している。一方で、それらを備蓄していた人たちは、不安を感じることはない。確かに、登山するときは、山には何もないので、...   (続きを読む)
2020/04/15 13:36:17 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_14.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
自律分散型組織( Decentralized Autonomous Organization)とは、簡単に言えば、「契約の手続きを自動化してしまおう」というシステムである。例えば、今までの「働いて、会社から給料をもらう」という社会の仕組みを自動化し、「働いて、個人から報酬をもらう」という仕組みにする、ということだ。これによって、中間で契約を管理する会社組織は不要になる。なぜこれが可能になるのか、と言えば「契約の履行が自動化できる」仕...   (続きを読む)
2020/04/15 13:36:16 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_13.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
ルドラ神の姿。三又の槍を持つ。これはシヴァ神も持っている。人間の三要素(激質、闇質、純質)を表していると言われる。この稜線は、強い風によって大きな雪庇ができる。今年は雪が少なかったので、かなり小さい(3/25) インドでは風の神が疫病をもたらすとされていた。インドではヴァーユやルドラと言われていた風の神は、仏教に取り入れられ「風天」という名前で知られるようになる。これが日本にも伝来し、疫病をもたらす神で...   (続きを読む)
2020/04/15 13:36:15 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_11.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
インドのヒンドゥー教で最も重要な神様は、ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァ(トリムルティ(神の3要素))である。3柱の神はそれぞれ「本体」「維持」「破壊」の神である。古くはリグ・ヴェーダの中に記されていた多くの神々を、後世3柱にまとめたのである。この中で一番位の高い神様はブラフマー神であるが、普通直接崇拝されることは無い。ヴェーダの奥義書とされるウパニシャッドの哲学の中で、しばしば議論をされるが、ブラフマ...   (続きを読む)
2020/04/11 16:38:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_8.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
アミガサダケは、桜の季節になると生えるキノコ。これはヨーロッパなどでは、モリーユとかモレルとか言われる高級食材なのだそうだ。しかし日本では見た目の気持ち悪さのせいなのか、あまり食べている人はいないように思う。実際に少し毒があるようだ。そのため生食はできず、必ず茹でこぼしてから調理する必要がある。毒成分は「ジロミトリン」であり、加水分解させると「モノメチルヒドラジン」という物質になり、発散する。...   (続きを読む)
2020/04/08 18:50:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_47.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
近くに誰もいない場所があるので、写真を撮ってきた。今年の花は特に美しい。コロナさえ流行っていなければ、素晴らしい花見日和になったであろうに。春蘭。春の藪に咲く花。椿も満開だ 桜は今がちょうど見ごろだろう わさびの花も咲いていた   (続きを読む)
2020/04/07 17:09:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_7.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
ついに新型コロナのために、緊急事態宣言が出されることになった。こうなっては、家にいるのが一番良い。いままでは注意しながら登山や翡翠拾いもしよう、と思っていたのだが、考えを改めざるを得ない。Webで検索すると、実際に感染した人の激しい症状の体験談を読むことが出来るのだが、これは絶対にかかってはいけない病気だと痛感した。良いお天気が続き、外に出たい。しかし、行けない。行くまでに使う交通機関、たくさん人...   (続きを読む)
2020/04/07 16:26:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_5.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
荒れる日本海 新型コロナウイルス感染症が深刻さを増している。4月にもなれば治まってくるだろう、と思っていたが、治まるどころか、指数関数的に患者数は増加。ニューヨークなどではベッドが足りず、「トリアージ(命の選択)」を迫られるような、厳しい事態になっている。NHKのサイト ニューヨークの状況 特効薬が存在せず、重症化のスピードが速い。いよいよ本格的に牙をむきつつあるウイルス。なぜ国や自治体が緊急事態を宣言...   (続きを読む)
2020/04/05 12:01:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post_2.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
インドの古典「ウパニシャッド」は、ちょうど仏教がインドに興ったころに出来たとされている文献である。紀元前600年から500年ごろであるから、今から2500年以上も前の話である。この中の一つ「カタ・ウパニシャッド」は、死神との対話を描いた物語である。あらすじを述べると、坊さんに布施が運ばれていく様子を見ていたその家の息子が疑問を持つ。「その布施は誰に与えられるのか?」とその家の家長である父に何度もしつこく尋...   (続きを読む)
2020/04/02 10:06:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/04/blog-post.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
石を拾うとき、まず大事なのが「きれいな石を拾うこと」だとは前にも書いたと思う。その石がどのような石であっても良い。鉱物学的な価値なんてものは人間が後から考えだした虚構に過ぎない。そういうものに惑わされると「本当に美しい存在」を見過ごしてしまう。自分の美的感覚でも、直観でも、何でも良い、そういうものを大切にすると、いい石拾いができる。その存在自体が放つオーラというか、存在感というか。それを感じる...   (続きを読む)
2020/04/01 20:54:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/03/blog-post_30.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
金山谷の黒翡翠 前から拾ってみたいなあ、と思っている石に「金山谷の黒翡翠」がある。あの真っ黒な黒翡翠と、オンファス輝石に由来する鮮烈な緑色がはっきり分かれた色を持つこの石は、青海川上流の金山谷(昔金山があったので、そう言われる)で産する。今は立ち入りが禁じられているので、ここの石は海に流出したものしか拾えない。(よく川で採取する人もあるが、川は勝手に入ってもいいのかな?グレーゾーンなので私は行く勇気...   (続きを読む)
2020/03/30 20:28:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/03/blog-post_28.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
海岸のひすい輝石岩(あくまでもひすいを含んだ岩石)は、「海焼け」という茶色の部分がある場合が多い。これはひすいの緑色が塩化鉄(Ⅱ)に由来することによる。要はこの鉄分が、海水によって酸化鉄になっている、ということだ。これによって、赤みがかった色になっている。しかしこれは普通「赤翡翠」とは言わない。真に赤翡翠と言えるようなものは、ミャンマーで産するような、全体が赤色のものである。これは深いレベルで、岩石...   (続きを読む)
2020/03/28 21:56:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/03/blog-post_26.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
前金剛山頂への最後の登り 昨日は非常に良い天気。山は「3つの密(換気の悪い密閉した空間、多くの人の密集する場所、近距離での密接した会話)」に該当しないから、行っても大丈夫だろうと思い、禁を破って行ってきた。※追記 今後、ロープウェイ、登山バスを使用する登山は、しばらくできないと思います。また、県境を超えるような登山も自粛すべきであると考えています。YAMAPに記録を書きました。実際、今の時期としては割と人...   (続きを読む)
2020/03/26 18:40:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/03/blog-post_24.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
身もふたもない話をすれば、私はパワーストーンなるものを信じていない。私が海岸できれいな石ころを探すのは、ぶっちゃけ、気分転換。その時に目を引いた石ころを、ちょっと拾ってくる程度だ。写真のような石だらけの海岸を、ぶらぶら歩くと、この世のストレスが消し飛ぶ。空気はきれい、人間のごちゃごちゃした話し声は聞こえない。聞こえるのは波の音、風の音だけ。それ以外のなにものでもない。こんな科学の発達した時代に...   (続きを読む)
2020/03/24 21:38:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/03/blog-post_76.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
※ 100日後に死ぬワニ (ネタばれ注意) 今日は2020年3月20日だ。この日は、マヤ暦が「世界の終わり」を示している、とか、インド歴がそうなっているとか(インドは歴史の無い国だ、と言われるぐらいだから、暦も怪しいもんだ)。いろいろ言われていたが、結局世界は終わりそうにない。しかし、偶然なのか、Twitterで話題の「100日後に死ぬワニ」が最終回になった。ネタばれになるので、多くは語らない。しかし、シュールな終わり方...   (続きを読む)
2020/03/20 21:35:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/03/blog-post_20.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
ひすいとは 姫川薬石庵 コバさんのブログより ひすいの判定がなぜ難しいのか、かなり悩んできたが、上のページを見てなんとなく結論が出たような気がする。要するに、糸魚川で拾えるような石は「岩石」であって、宝石の「翡翠」ではないのだ。岩に僅かばかりの翡翠が混じっていても、それを翡翠とは言わないのだ。蛇紋岩などの、他の鉱物が混じっていても、それは翡翠ではない。この定義に従えば、糸魚川の海で拾える石は、ほぼ...   (続きを読む)
2020/03/20 21:03:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/03/blog-post_19.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
さまざまなタイプのひすい 海やけの入ったもの、表面が滑らかでないものなどもあり、判別に苦しむ 私は、ひすいを磨かない。なぜなら、どんなに磨いたとしても、それは自然の研磨にはかなわない、とおもっているからだ。日本人は古来からこの石を「勾玉」などに加工して身に着けてきた。磨くことによって、さらに美しくなることは確かだとは思う。それを否定する気はさらさらない。しかし、私にはどうしてもできない。それは以...   (続きを読む)
2020/03/19 20:47:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/03/blog-post_18.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
石拾いの後は、毎回石の検討をする楽しみがある。一発でひすいと分かる石は良いが、ロディン岩やキツネ石と判別しなければならない石がほとんどなので。見た目はそうでなくても、中には何か入っていそうな石も多い。悩ましいところだが、そういう悩みも、石拾いの醍醐味ではないか。判別が難しい石。真ん中の大きな石はロディン岩のようで、表面はざらざら。左下は灰色ひすいのようにも見えるが、結晶が見えないので違うかも。...   (続きを読む)
2020/03/18 22:51:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/03/blog-post_17.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
新型コロナは、感染の危険がある条件が分かってきたので、そういう場所に近寄らなければ良い、らしい。ひすい拾いは、石浜をぶらぶら歩くだけだ。密集した場所でもないし、ましてや閉鎖空間でもない。おまけにひすい拾いは、無言でやる暗黙のルールがある。挨拶はふつうしない。ならば大丈夫だよね?安倍さんも、「緊急事態を出すほどではない」と言っていたしね! ならば、さっそくひすい海岸へ!GO!しばらく行っていなかったので...   (続きを読む)
2020/03/17 21:43:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/03/blog-post_13.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
わたしは大学、大学院時代にインド思想や仏教を専攻していた。今でも、研究というものはしていないものの、インド思想や仏教の書物は頻繁に読むのである。インドで最大の哲学者は、シャンカラという人物である。彼は仏教の影響は受けているものの、インド土着の宗教であるヒンドゥー教の代表的な思想家である。現代インドの90%以上を占めるヒンドゥー教は、何らかの形で彼の思想を受け継いでいる。シャンカラは独創的な哲学者と...   (続きを読む)
2020/03/13 18:35:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/03/blog-post_10.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
コロナの影響で、何もしない時間があるというのは、不思議な気持ちでもある。今までは、時間があれば山に行くか、ひすい拾いに行っていたわけであるから。それ以外にゆっくり本を読んでみるとか、自分の身の回りのことを考えてみるとか、そういう時間はなかったように思う。だが、本来趣味というのは、そういうものなのかな? 一つの事に打ち込む時間というのは、確かに楽しく有意義な時間ではあるが、それ以外に関心が行かなく...   (続きを読む)
2020/03/10 21:46:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/03/blog-post_9.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
新型コロナウイルスの感染が増え続けている。現時点でクルーズ船を減算して500名近く、亡くなった方は7名。クルーズ船では700名近く、亡くなった方は7名。日々感染者が増えている状況であり、そう簡単に終息するとは思えない状況になってきた。こんな状況で登山やらひすい拾いなどをしても、楽しめないため、しばらく休止することにした。登山を始めてから7年の歳月が経過した。その間、1か月に一度はどこかの山に登ることにし...   (続きを読む)
2020/03/09 21:52:00 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/03/blog-post_6.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
サンプルボックス。様々な種類の石(ひすい以外。キツネ石が多い) ザクロ石? 新型コロナウイルスをめぐる情報は、複雑極まりない。国は全国一律に学校の休校を要請。しかし一方でライブハウスやパチンコ店はやっていたりする。これらを止めると、国の経済が成り立たないのだろうか? 学校は休んでも、経済には影響が出ないというのだろうか?。今日、密閉された空間での立食パーティーの様子を、某国営放送が放映していたのを見て...   (続きを読む)
2020/03/06 16:48:53 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  登山曼荼羅  [1/6]
https://normallifejapan.blogspot.com/2020/03/blog-post.html
自分が美しいと思うもの それが美しいのだ。
ひすいの色は、生命に活力を与えてくれる 新型コロナウイルスの流行で、なんと花崗岩が殺菌作用があるというデマが流れる事態になっている。このために、オークションサイトでは花崗岩が高値で取引されているそうな。マスクも売り切れ、トイレットペーパーもティッシュペーパーも、アルコールも、どこに行っても無い。新型コロナウイルスはまだ実態がよくわからない未知のウイルスであるために、みな不安を抱いている。これらの...   (続きを読む)
2020/03/06 04:48:48 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 45  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
ヤマケイアルペンガイド 関西周辺 週末の山登りベスト123

この一冊で関西エリア一帯の登山・ハイキングが楽しめる。関西在住の登山者、ハイカーに向けた登山・ハイキングガイドブックの決定版! 関西地方の山々とその...
[昨日発売]
脊振山系徹底踏査!

巷ににあふれる登山ガイド本は、各山のメインルートのみの紹介がほとんどです。しかし、それではあまりにももったいない! 花々を愛でるルートや滝を巡るルー...
[一昨日発売]
散歩の達人 日帰り山さんぽ (旅の手帖MOOK)

首都圏から日帰りで行ける低山コースを25~30本ご紹介。持ち歩きやすいB5判型ながら、見やすくて大きな地図を掲載し、また美しいビジュアルも満載です。各コー...
[5月28日発売]
富士山境目図鑑: 境目だから面白い、五合目の地質と動植物

世界文化遺産、富士山。イラストでよく見かけるギザギザ模様には理由がありました。本書は、登山のための本ではありません。スポットをあてるのは、登山開始...
[5月27日発売]
増補版 富士山にのぼる

見ているだけでなく登りたい、と冬の富士山を登り始める著者。樹海や風穴などさまざまな場所、夏の山などの回想も入れつつ、富士山の全体イメージを伝える。...
[5月25日発売]
岳人 2020年 6月号

[5月15日発売]
白嶺の金剛夜叉 山岳写真家 白籏史朗

山岳写真界の草分けであり、日本を代表する山岳写真家・白籏史朗の生涯を井ノ部康之が描く。『山と溪谷』2003年1月号から12月号まで掲載されたスーパー・ロン...
[5月14日発売]
ヤマケイ文庫 山の朝霧 里の湯煙

山旅と温泉を愛したドイツ文学者・池内紀の紀行集。関東周辺から、北海道、東北、九州まで、温泉情緒や自然についての味わい深い作品27編。
[5月14日発売]
レスキュー・ハンドブック 増補改訂新版

野外に遊びにいくなら、救急箱と一緒に必携の一冊。ハンディーな手帳サイズ、防水ビニールカバー付。野外でなにかトラブルがあったとき、すぐに役立つ情報が...
[5月7日発売]
山小屋ガールの癒されない日々

ウェブメディア「cakes」の人気連載が書籍化!山小屋にお風呂はある?腹が立つお客さんはいる?スタッフの人間関係は?北アルプスで10年働いた著者が隅から隅まで...
[4月30日発売]
大文字山トレッキング手帖

さあ、登ってみませんか! 送り火の山へ―― 地球史を物語る地質、森に息づく植物や生きものたち、人の歩みを語る歴史遺産など、5つのトレッキングコースから大...
[4月28日発売]
別冊ランドネ 親子でキャンプBOOK

家族みんなで、自然あそび!自然体験から得られることは子どもはもちろん、大人にだってあります。失敗を恐れずに日常から一歩踏み出し、自然のなかへ飛び出す...
[4月27日発売]
新潟100名山+10

[4月26日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/05/31 21:29:47