登山関連のブログ情報  -  ブログ「 ヒロい自然の中で・・・ 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 21  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-973.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
8月18日 鼻曲山というと、個人的には「霧積温泉ー人間の証明」の印象が強いが、お盆の時期はレンゲショウマが咲くことで、近年人気を集めている。山頂へ行く途中にレンゲショウマが咲いているのと、山頂まで往復約4時間で行ける、二度上峠から出発した。レンゲショウマは、山頂への最後の急坂に咲いており、苦しい登りの最中、顔を上げると、目の前に吊るされたような薄紫の花が目に入る。人の手で管理されているわけではないか...   (続きを読む)
2019/08/19 12:52:10 (6日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-972.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
8月8~11日 8月上旬の白馬・朝日岳のコースは、距離が長いけど、高山植物が多く、花が好きな人にはこたえられないであろう。今年は、梅雨明けが遅かった影響なのか、高山植物がたくさん咲いていた印象で、水芭蕉からトリカブトまでという、密度の濃さだった。場所や高度が変わると、次々と新しい花が姿を現し、飽きることがない縦走だった。初日は雷雨の心配はあったものの、全体的に天気に恵まれ、稜線上でも気温が15度前後あ...   (続きを読む)
2019/08/19 12:52:09 (6日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-971.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
8月2日 ヤマビル対策研究会の成果が、ヤマケイオンラインに載った。【閲覧注意!?】血を吸うヤマビルの身体変化に驚愕! ヤマビル対策研究で見た吸血の一部始終 https.//www.yamakei-onlinecom/yama-ya/ 生贄となったS君の美脚が犯される過程は、普段の登山中には絶対に観察することができないことから、彼の身体を張った行動に敬意しかない。今日か明日にも続編が載ることになる。下手なホラー映画より、ヤマビルの巣窟へ行く方...   (続きを読む)
2019/08/07 16:49:04 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-970.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
7月31日から8月2日までは、NHK中部地方で秋に放送する「ネイチャーシリーズ」のロケを手伝った。他の予定が中止になり、時間が空いてしまった期間だったので、ちょうど良かった。西穂高~ジャンダルム~奥穂高岳の間を2日掛けての撮影で、ボッカとして参加した。30代のメンバーが余力を持って荷物を担いでいる姿を見ると、50を過ぎたおじさんは敵わないと思った。当初の予定では一度自宅へ帰るつもりであったけど、天気が悪くて...   (続きを読む)
2019/08/07 16:49:03 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-969.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
7月18日 幌尻岳を予備日を使わないで登れたことから、最終日は観光に回した。下山した足で、登別温泉へ移動して、温泉と食事を堪能しまくった。(平取町から登別は距離がある割には、高速道路を利用できるから、大して時間が掛からなかった。) ヨコスト湿原、白老たまごの里マザーズ、ウトナイ湖、グレイスワイン千歳ワイナリーなどを経て、千歳にある「ザ バードウオッチング カフェ」にやって来た。写真家の嶋田忠氏が経営して...   (続きを読む)
2019/07/23 22:49:24 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-968.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
7月14~18日 週間レベルの天気図が出始めると、毎朝胃がおかしくなりそうだった。7月中旬の北海道は、オホーツク高気圧の影響などで比較的天気に恵まれる傾向だけど、雨の影響をモロに受ける額平川コースだと、どのタイミングでどう決断するか、いろいろ考えを巡らせなければならない。予備日がある分、楽になるどころか、予備日を生かせないようなしくじりは許されない。新しい日になり、朝一でパソコンを開いて、前日から変化...   (続きを読む)
2019/07/23 20:49:18 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-967.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
6月24・25日 日帰りで平標山を歩けないことはないが、長い行程となり、体力がない人やシーズン真っ盛りの高山植物を観たい人には向いた企画ではない。平標山の家に一泊すると、ゆとりある行程となり、昨年からリクエストされていた。24日は梅雨前線の影響で雨だったけど、25日の天気は期待でした。富士山まで眺められた好天気の中、平標と仙ノ倉の鞍部に広がるお花畑を、楽しむことができた。空気が澄んでいたから、ハクサンイ...   (続きを読む)
2019/06/30 10:49:32 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-966.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
6月18日 昨年の大雨&地震の影響で、新冠ルートの林道が通行不可となってしまった。そこで、額平川ルートに切り替えたのだが、こちらは渡渉があり、天気に左右されやすい。当初、参加者たちは、渡渉を渋り気味だったけど、新冠ルートがアテにならない現状なので、この夏は額平川コースからチャレンジすることになった。練習場所は高尾・小下沢で、数日前の雨の影響か、水量が多く、うってつけだった。個々の装備の確認・テストや...   (続きを読む)
2019/06/30 10:49:31 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-965.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
ヤマビルの巣窟で、超ベテランガイドが、地面に流れたロープを首に巻いていたことに、エミが感動していた。果たして、ヤマビルはロープに付くのかどうか?握りまくり息をかけまくったロープを、巣窟の中を引きずりながら歩いてみた。観察してみると、たまたまヤマビルが行こうとしていた所に、ロープがあると乗ってしまったけど、ヤマビルからロープに付くことはなかった。人間に対してのように突進することはなく、無機質な物に...   (続きを読む)
2019/06/29 20:49:19 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-964.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
細かったヤマビルが、血を吸うとどのように変化するのか、観察した。肌に喰いついてから、約1時間で丸々となり、落ちていった。特徴的だったことは、肌の弱い部分に喰いつきやすいということだった。傷がある箇所は、要注意である。いつの間にか、2匹いた。血をたらふく吸って、落ちた直後。ロクに、動けない。血が止まらず。突っくと、吸った血を吐いて、逃げ出し始めた。粉砕! 山を歩いているだけでは、絶対に観察できない経...   (続きを読む)
2019/06/29 20:49:18 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-963.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
6月17日 裏妙義・ロックガーデン周辺において、興味あるガイドを中心とした、ヤマビル対策研究会を行なった。ヤマビル対策は、東丹沢の調査の仕事の際、うんざりする程、施してきた。自分なりにやられない対策を実践してきたから、あまり得られることは少ないかな、というのが本音だった。ただ、行く以上は、まだ試したことがないことも行おうと思った。僕が用意した武器は、ヤマビル忌避剤、ハッカ系の虫よけ、エアサロンパス...   (続きを読む)
2019/06/19 17:49:36 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-962.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
6月14~16日 急に時間が空いたため、滋賀県・京都府へビワコオオナマズを狙いに行くことにした。昨年の同じ頃に再挑戦する予定だったけど、地震が起きた直後だったので、取り止めた。数年前、初めて狙った時は、激流を攻め切れなかった。「ナマズ=流れの緩い場所」という固定観から抜け出せず、落ちたら死ぬような激流に向かって、竿を振るイメージが湧かなかった。今回も初日は、まだ激流攻めを信じられないでいたけど、巨大な...   (続きを読む)
2019/06/19 15:49:33 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-961.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
6月2~6日 誰に聞いても、川の状況を眺めても、自分で竿を振っても、状況が芳しくない。気温が高い影響か、大河の水温は18度もあり、14度ぐらいまでが最適とされるイトウには、非常に高い。加えて、雨が降らず、魚が動くような気配を感じない。フェーン現象の時は、いつも苦戦していて、川がのっぺりしている。釣れる時は、川が少し盛り上がったような雰囲気になるのだが、どこへ移動しても第一印象が悪い。悪条件の時、他の人...   (続きを読む)
2019/06/08 20:49:16 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-960.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
6月3日 早々に大河で大イトウを出したことで、少し余裕が出た。海サクラマスを狙ったり、大河の新規ポイントを探ってみたりした。また、サロベツ原野での鳥見も、行いたいことのひとつだった。サロベツ原野で楽しみにしていたことは、日本ではここでしか見られなくなったシマアオジだった。しかし、地元のバーダーやビジターセンターに聞いても、姿を見ていないという。例年だと来ていてもおかしくない時期であり、何か異変が起...   (続きを読む)
2019/06/08 19:24:04 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-959.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
6月1日 今回の北海道を6月にしたのは、大河でのイトウを久し振りにやりたかったこともあった。大物が狙えれば、ボウズでもいいかなと思い、聖地などには浮気しないで竿を振りたいと思っていた。天売島から羽幌へ戻り、強風下のオロロンラインを北上した。15時に大河に着き、竿を振り続けて様子を見ると、自分が好きないつもの場所が良さそうな気がして、修正した。大河のイトウ釣りは、無愛想である。聖地のようにライズはなく...   (続きを読む)
2019/06/08 14:16:35 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-958.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
雨や強風で落ち着かないけど、島内のフットパスを歩いてみることにした。相変わらず、鳴き声だけで名前がわかならい鳥たちもいたけど、一番印象深かったのはアリスイだった。キツツキとしては地味だけど、森の入り口で一番最初に甲高い声で歓迎してくれた?ノゴマは、うじゃうじゃいた。すでに渡りのシーズンは終盤で、繁殖に入る鳥が主体のような印象であったけど、森があまり広くなく、草原も入り混じっていたから、鳥を探しや...   (続きを読む)
2019/06/08 13:49:36 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-957.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
5月31日~6月1日 知床から大移動して、日本海に浮かぶ天売島へ。20歳の時に初めて来て以来、北海道は何度訪れたかわからないけど、天売島へ行くのは初めてだった。あいにく、天気は下り坂で、強風の予想だった。海上からも海鳥たちを観察したいと思っていたけど、厳しかった。羽幌から約1時間半で島に着いた。まず、レンタルスクーターを使って、島を巡った。ちょうどウミネコの繁殖期で、ヒナたちの姿がたくさん見られた。道路...   (続きを読む)
2019/06/08 13:49:35 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-956.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
シマフクロウ、上位蜃気楼に続いて、羅臼からホエール・ウオッチング船に乗った。お目当ては、シャチ。以前、カナダまで見に行ってみようと思っていただけに、知床で見られるチャンスがあるとは、願ってもないことだった。穏やかな根室海峡なので、探しやすいと思われた。しかし、シャチは姿を現さず、ナガスクジラと出合ったぐらいだった。自然は難しい。   (続きを読む)
2019/06/08 12:51:21 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-955.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
5月30日 北海道の夜明けは早い。シマフクロウを2時まで観察していて、3時に明るくなってきたので、観察を終了した。寝たのか寝ていないのかわからない状態で、羅臼道の駅へ移動した。寝たかったけど、穏やかに晴れていて、少しひんやりしているけど、気温が上昇する予想なので、「チャンスあり!」と思い、双眼鏡を使って、国後島のどこかが変形しないか、探していた。5時頃、奥にニキショロ湖がある、湾の両側の岬が変化し始め...   (続きを読む)
2019/06/08 12:51:20 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-954.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
5月30日 羅臼の「シマフクロウ オブザバトリー」にて、暗くなってから早々の19時20分にやって来た。この晩は合計5回やって来て、23時と2時には2羽同時に姿を現した。さすがにシマフクロウは誰もが見たいのか、バーダーだけでなく、一般系の旅行者や海外からの人たちも観察しに来ていた。安心して見られる施設があるのはいいことだと思う。   (続きを読む)
2019/06/07 19:06:57 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  ヒロい自然の中で・・・  [2/4]
http://hiro9000.blog58.fc2.com/blog-entry-953.html
各地さまざまな、自然の流れの中で、気が付いたことを中心に、綴ります。
まだ抱卵中なのか、巣穴から顔を出しているのは、ヒナではなさそうだった。交代で、芋虫などの餌を運んでいる様子だった。雨が降る寸前なくらい暗かったから、きれいな写真がない。   (続きを読む)
2019/06/07 17:49:38 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 21  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
山びとの人生: 神秘と不思議の民俗を訪ねて

マタギや木地屋の取材などから、山人の暮らし、伝承、信仰に迫る。怪異現象や山岳地名の分析も懇切に。
[昨日発売]
山の手帖2020

いつも手元に山がある幸せを― 山の手帖も3年目。2020年版をお届けします!北・中央・南アルプス&八ヶ岳の情報満載の山のスケジュール帳です。2019年12月~2020...
[一昨日発売]
ワンダーフォーゲル 10月号増刊 秋山JOY2019 「紅葉のアルプスへ」 (別冊 山と溪谷)

秋山・紅葉に特化したヤマケイの丸ごと1冊コースガイドブック。秋は一年を通じて山がもっとも美しく彩られる季節。鮮やかな紅葉の山を満喫するために、ワンダ...
[8月22日発売]
関東日帰りの山ベスト100 改訂版 (ブルーガイド山旅ブックス)

丹沢・箱根・奥多摩・高尾・八ヶ岳・南ア・富士山周辺・秩父・奥武蔵・上州・尾瀬・日光・房総・筑波…関東周辺登っておきたい山
[8月21日発売]
女ひとりで26日間 ヒマラヤを歩いてみれば 〜大自然と自分に繋がる旅〜

こんなにも美しい大自然の中で、目一杯体を使い、五感をフル稼働させて体感した先にあったのは、自分への信頼と美しい地球に生きていることへの喜びだった。...
[8月18日発売]
岳人 2019年 9月号

[8月16日発売]
夢のトライアル (山とマラソンに挑んだ鉄人の記録)

みちのく福島・白河に、昭和・平成を駆け抜けた韋駄天にして山男がいる。本書は、その驚くべき数多の足跡を綴った夢と冒険の記録であり、登山やマラソンを愛...
[7月30日発売]
走ること、生きること ―強く、幸福で、バランスのとれたランナーになるために―

美しさと強靭さを兼ね備え、数々の山岳競技で勝利を飾り、世界中のアスリートを虜にするエミリー。その独創的な練習方法、健康レシピなどのライフスタイルか...
[7月25日発売]
山は心の支えだった

著者は1962年北大医学部薬学科卒、在学中はスキー部山班で活動。国立衛生試験所(現・国立医薬品食品衛生研究所)勤務。最後の1年間、PMDEC(現PMDA)医療機器審...
[7月24日発売]
山の霊異記 霧中の幻影 (角川文庫)

山岳怪談実話の名手による、山の霊気に満ちた本当に怖い怪談集。霧の山道で背後からついてくる操り人形のような女性、登山中になぜか豹変した友人の態度、死...
[7月24日発売]
マウンテンスポーツマガジン トレイルラン 2019 夏号

夏到来。ガッチリ汗をかいて、気持ちよく山を走ろう。
[7月19日発売]
大雪山―神々の遊ぶ庭 市根井孝悦精選作品集

憧れの北の大地・大雪を、写真家・市根井孝悦が渾身の力をこめて表現した決定版 2000年の『大雪山――母なる大地』、2006年の『大雪山――四季の彩り』、2014年の...
[7月16日発売]
岳人 2019年 8月号

[7月13日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/08/25 18:52:11