登山関連のブログ情報  -  ブログ「 のぼるひと 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 16  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/rainwear?utm_source=feed
「弱い雨を弾く」は実用的?レインウェアについて思うこと 撥水性があれば雨でも使える? 撥水 =水を弾くけど防水ではない 防水 =水を完全に通さない 「このウェアは高い撥水性があるので弱い雨でも安心です」 という紹介文は、アウトドアウェアの紹介文でしばしば目にします。以前にしたパタゴニア・フーディニジャケットの記事では 「このウェアの生地は撥水性があり、小雨なら弾くが、レインウェアの代わりには使えません」 と...   (続きを読む)
2019/08/19 15:49:32 (19時間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/kakizore2019?utm_source=feed
長野県の木曽を代表する名渓・柿其(かきぞれ)渓谷へ、沢登りに行ってきました。泳ぎあり、登りあり、景観良しで、素晴らしい内容の日帰り沢でした。場所:長野県、南木曽町、柿其渓谷 期間:2019年8月11日 登山タイプ:沢登り、日帰り メンバー:ディーアイ、miyu(妻) 木曽川水系 柿其川本流 遡行 アプローチ 柿其川入渓 装備 こちらの記事もどうぞ 木曽川水系 柿其川本流 遡行 アプローチ 自宅のある諏訪エリアから、権兵衛トンネ...   (続きを読む)
2019/08/17 15:49:31 (2日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/iwakuragawa?utm_source=feed
2019年の沢登りシーズン第一弾で遡行した樽ヶ沢の雰囲気が良かったので、その本流である岩倉川を登ってきました。以前に餓鬼岳の沢を一緒に登った仲間も「おすすめ」と言っていた、綺麗な沢です。岩質などは樽ヶ沢と似てはいますが、微妙に性格が違う沢で、充実した遡行ができました。場所:長野県、南木曽町、柿其川支流岩倉川 期間:2019年8月4日 登山タイプ:沢登り、日帰り メンバー:ディーアイ、miyu 木曽川水系 柿其川支流 ...   (続きを読む)
2019/08/12 17:49:22 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/tarugasawa?utm_source=feed
手頃に登れる滝が連続する、長野県・木曽の人気沢登りルートである『樽ヶ沢(たるがさわ)』。梅雨明けして気温が急激に高くなってきたので、妻と一緒に沢へと涼みに行ってきました。場所:長野県、南木曽町、岩倉川支流樽ヶ沢 期間:2019年7月25日 登山タイプ:沢登り、日帰り メンバー:ディーアイ、miyu 木曽川水系 岩倉川支流 樽ヶ沢遡行 アプローチ 遡行開始 滝の連続 林道への詰め上げ~下山 装備 こちらの記事もどうぞ 木曽川...   (続きを読む)
2019/08/10 12:50:59 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/gakidake-sawa?utm_source=feed
北アルプスの餓鬼岳にある白沢は、コンパクトで手頃に遊べるなかなか楽しい沢でした。場所:長野県、大町市、餓鬼岳 期間:2019年7月30日 登山タイプ:沢登り、日帰り メンバー:ディーアイ、店長 餓鬼岳 乳川支流 白沢遡行 ルート概要 沢登り開始 紅葉ノ滝 魚止ノ滝 小滝の連続地帯~下山 装備 こちらの記事もどうぞ 餓鬼岳 乳川支流 白沢遡行 ルート概要 今回は北アルプス・餓鬼岳の一般登山道から入り、最初に行き合う沢(白沢)か...   (続きを読む)
2019/08/08 21:49:20 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/gornergrat?utm_source=feed
ツェルマットの観光の目玉といえば、標高約1600mのツェルマット市内から標高3000mのゴルナーグラートまで一気に登る 登山鉄道 でしょう。ゴルナーグラート鉄道は、おそらく観光でツェルマットを訪れる人の大多数が乗ることになるのではないでしょうか。ただ単に、電車で標高約3000mの展望地へと上がるだけではなく、ゴルナーグラートは氷河を抱いた山々の絶景を眺めながら、手軽なハイキングを楽しめる場所でもあります。今回は...   (続きを読む)
2019/08/05 22:49:32 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/lebanese-restaurant?utm_source=feed
スイス旅行から帰国の前日、初めて観光したジュネーヴ市内で食べたのは レバノン料理 でした。Parfums de Beyrouthという名前のお店で、「安くてうまい」と、ジュネーヴでは結構評判の良いところらしいです。ジュネーヴに行って食事の選択肢に迷った場合、レバノン料理という選択はいかがでしょうか? 【Parfums de Beyrouth】ジュネーヴのレバノン料理レストラン 店舗外観 場所は、ジュネーヴの中央駅(コルナヴァン駅)から歩い...   (続きを読む)
2019/07/29 22:49:33 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/zinalrothorn2019?utm_source=feed
2019年の7月に、スイスの4000m峰のツィナルロートホルンに登ってきました。登ってきたと言っても、結論から言えば登頂はできませんでした。アプローチから敗退までの記録を記事としてまとめました。場所:スイス、ヴァリス州、ツィナルロートホルン 期間:2019年7月14日~7月16日 登山タイプ:アルパイン、山小屋泊 メンバー:ディーアイ、miyu(妻) ツィナルロートホルン(Zinalrothorn) 4221m ツィナルロートホルン概要 登山開始前 ...   (続きを読む)
2019/07/27 22:49:40 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/about.rothornhutte?utm_source=feed
2019年7月、スイスに行った際に泊まったロートホルンヒュッテ(Rothornhutte)について書いていきたいと思います。ロートホルンヒュッテをご紹介 基本情報 1F 2F 3F 軽食・飲み物等 夕食 朝食 トイレ 景色 スイスの小屋泊で役に立った道具類 こちらの記事もどうぞ ロートホルンヒュッテをご紹介 基本情報 www.zermatt.ch 場所:スイス、ヴァリス州、ペンニネアルプス、3198m ツェルマットからの距離:約5時間 距離8.1km 標高差約160...   (続きを読む)
2019/07/26 16:49:22 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/zermatt-to-rothornhutte?utm_source=feed
2019年・7月の中旬ごろのスイス旅行で訪れた、ツェルマットからロートホルンヒュッテという山小屋までのハイキングコースが思いの外良かったです。麓から小屋までの標高差約1600mという長丁場ですが、その景観は苦労に見合ったものでした。行程は長いし日本では知名度も低いし、「万人にオススメ!」というわけではありませんが、素晴らしいルートだったので、この記事を通してシェアできたらと思い写真付きでご紹介していきます...   (続きを読む)
2019/07/25 20:49:53 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/photo.matterhorn?utm_source=feed
スイスを代表する名峰である マッターホルン (Matterhorn 4478m)。そして、マッターホルンを始めとした4000mの山々に囲まれた山岳リゾート街のツェルマット(Zermatt)は、世界中から観光客が押し寄せる人気の場所です。今回の記事では、スイスの人気観光地・ツェルマットを起点とした名峰・マッターホルン撮影・展望スポットのご紹介していきます。マッターホルン撮影・展望にオススメの地点【ツェルマット起点】 ヘルンリ稜 ツ...   (続きを読む)
2019/07/24 00:53:39 (4週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/DE-AI?utm_source=feed
山を愛する男子諸君(あるいは女子諸君)の悩みのひとつに、「素敵な異性と出会いたいけど、なかなか出会えない」というものがあるかもれません。「山ばっかり登ってるから出会えないんだよ」 ともっともなツッコミが入るのは分かっています。『平日は仕事、休日は山』といったライフスタイルを淡々と続けていては、なかなか出会いがないのも確かです。今回の記事では、「山は諦めたくないけど、出会いも欲しい!」 といったあなた...   (続きを読む)
2019/06/18 00:51:57 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/RF24105-vs-EF24105?utm_source=feed
最近 EOS R を購入し、続いて標準ズームである RF24-105mm F4 L IS USM を追加購入しました。自分もそうでしたが、キヤノンユーザーで一眼レフ用レンズの EF24-105mm F4L IS USM を使っている方は、新型の RF24-105mm F4 L IS USM との画質差がどの程度なのか気になるはず。ということで今回は、RF24-105 F4 L IS USM と EF24-105 F4L IS USM(I型) の比較です。Canon RF24-105mm F4 L IS USMとEF24-105mm F4L IS USMの比較など ...   (続きを読む)
2019/06/09 18:49:39 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/CASIOF-91W-1JF?utm_source=feed
『チープカシオ』 と呼ばれるカシオの安い腕時計をアウトドア(登山など)のために購入しました。アマゾンで 900円 。ス○トとかプ○トレックとか、登山用の時計はいろいろ販売されていますが、自分の場合は 時間が知りたいだけ なので、多機能は無駄機能(個人的に)。それとアウトドア用の時計は「タフさ」をアピールしたいのか、デカくてゴツいのが多いのも納得できなかったです。時計として普通に使えて 、軽くて邪魔にならず 、...   (続きを読む)
2019/06/06 20:49:26 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/eboshi-saryousen?utm_source=feed
小川山のマルチピッチクライミングルート、烏帽子岩左稜線にいってきたので記事にしてみました。左稜線ルート、登るのは今回で2回目です。ルート自体は対して難しくないのですが、ピッチ数が多くてロープワークの手順など、マルチピッチの練習に最適なルートです。内容的にはマルチピッチのフリークライミングなのですが、アルパイン的な雰囲気も含んでいるので、イケイケのクライマーには物足りない可能性もありますが、山屋さ...   (続きを読む)
2019/05/31 00:51:10 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  のぼるひと  [3/10]
https://www.dimountainphotos.com/entry/HELINOX-vs-pachiHELI?utm_source=feed
アウトドア用チェアで代表的なーメーカーといえば、『ヘリノックス(Helinox)』 。その中でも特に代表的な製品が 『チェアワン』 。お値段は高いですが軽量コンパクトで座り心地も良く、人気の製品です。ヘリノックスのチェアワンは人気製品だけあって、形をマネた偽物も数多く出回っています 。今回の記事では、本物のヘリノックスと、Amazonで安く買ったヘリノックスのパチモノ(パチヘリ)を比べてみました。ヘリノックス・チェ...   (続きを読む)
2019/05/23 12:52:09 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 16  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
女ひとりで26日間 ヒマラヤを歩いてみれば 〜大自然と自分に繋がる旅〜

こんなにも美しい大自然の中で、目一杯体を使い、五感をフル稼働させて体感した先にあったのは、自分への信頼と美しい地球に生きていることへの喜びだった。...
[一昨日発売]
岳人 2019年 9月号

[8月16日発売]
夢のトライアル (山とマラソンに挑んだ鉄人の記録)

みちのく福島・白河に、昭和・平成を駆け抜けた韋駄天にして山男がいる。本書は、その驚くべき数多の足跡を綴った夢と冒険の記録であり、登山やマラソンを愛...
[7月30日発売]
走ること、生きること ―強く、幸福で、バランスのとれたランナーになるために―

美しさと強靭さを兼ね備え、数々の山岳競技で勝利を飾り、世界中のアスリートを虜にするエミリー。その独創的な練習方法、健康レシピなどのライフスタイルか...
[7月25日発売]
山は心の支えだった

著者は1962年北大医学部薬学科卒、在学中はスキー部山班で活動。国立衛生試験所(現・国立医薬品食品衛生研究所)勤務。最後の1年間、PMDEC(現PMDA)医療機器審...
[7月24日発売]
山の霊異記 霧中の幻影 (角川文庫)

山岳怪談実話の名手による、山の霊気に満ちた本当に怖い怪談集。霧の山道で背後からついてくる操り人形のような女性、登山中になぜか豹変した友人の態度、死...
[7月24日発売]
マウンテンスポーツマガジン トレイルラン 2019 夏号

夏到来。ガッチリ汗をかいて、気持ちよく山を走ろう。
[7月19日発売]
大雪山―神々の遊ぶ庭 市根井孝悦精選作品集

憧れの北の大地・大雪を、写真家・市根井孝悦が渾身の力をこめて表現した決定版 2000年の『大雪山――母なる大地』、2006年の『大雪山――四季の彩り』、2014年の...
[7月16日発売]
岳人 2019年 8月号

[7月13日発売]
ヤマケイ文庫 山怪 山人が語る不思議な話

日本の山には「何か」がいる。シリーズ累計20万部突破! ! 山の怪談ブームの火付け役。山で働き暮らす人々が実際に遭遇した奇妙な体験。NHKドキュメンタリーで...
[7月6日発売]
ヤマケイ文庫 名残の山路

旅行雑誌『旅』の名編集長が平成に残した山と旅の珠玉の紀行文集 旅行雑誌『旅』の元編集長で、紀行作家としても知られる岡田喜秋さんが、平成時代30年間に書...
[7月6日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/08/20 10:54:20