登山関連のブログ情報  -  ブログ「 降っても晴れても 」の情報の一覧



 

当ページは、指定ブログの当サイト保管情報の一覧です。


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>


表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]

[  上記条件の情報数: 32  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]


登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12672251690.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
鳴子温泉から羽後街道を北へ向かうと、国境の鬼首峠をくぐって秋田に入る。その周囲には神室山・虎毛山・高松岳などが聳えているが、今日はみんな雨の中だった。泥湯温泉から高松岳・山伏岳を周回する計画は、すでに頓挫している。なので小安峡廻りR398はやめて、秋の宮経由R108で東鳥海山へと直行したのでした。東鳥海山の山頂より、一瞬だけガスが切れた。ニノ鳥居登山口からの往復コースで。電子地形図25000(国土地理院)を加...   (続きを読む)
2021/05/03 17:49:04 (2日前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12670678333.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
昨年の二月に古峰神社から地蔵岳・夕日岳に登った。その時に夕日岳山頂から南東に延びる尾根の切り開きを見つけた。それが夕日新道との出会いだったのである。登るならばアカヤシオの季節に限る、ということも後々知った。アカヤシオ、真っ盛り 登りも下りもバリエーションルートです。地図とGPS必携。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されて...   (続きを読む)
2021/04/25 22:49:01 (1週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12669614963.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
阿賀野川が越後平野に流れ込んでいくその直前に、五頭連峰を隆起させている。松平山・五頭山・菱ヶ岳と連なり、どれも千メートルに満たない高さである。生活圏に近い山なので、古くから信仰も生まれた。五頭山に登った後に、そんな信仰の痕跡を幾つか訪ねてみた。阿賀野市郊外の風景です。二王子岳登山道から望む五頭連峰 五頭山の五つの峰には石仏が祀られている。大正年間に再興されたもの。三ノ峰には不動明王があり、添えら...   (続きを読む)
2021/04/20 11:48:43 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12669418746.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
朝起きて新発田の空を見上げたら、曇天の下に二王子岳がくっきりと浮かんでいた。街でも風が強い。降り始めるのは時間の問題だが、とりあえず五頭山登山口へと走らせた。今日は五頭山のてっぺんから二王子岳を眺めてみたい。四ノ峰毘沙門天との出会い スキー場コースから三ノ峰コースへの周回で。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されていま...   (続きを読む)
2021/04/19 11:48:30 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12669284191.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
四月の山をどうにか一歩ずつ積み上げてきて、この度は二王子岳にアタックします。二王子岳に登ったら、飯豊の西側の大展望を得ることもできるのです。飯豊連峰最高峰の大日岳、二本木山より この山の、一番ポピュラーなコースで。プラスアルファの二本木山も。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されています。距離を参照される場合は元のスケ...   (続きを読む)
2021/04/18 18:48:58 (2週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12668265633.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
積雪期の月山には、ある種の憧憬を抱いていた。出羽三山の最高峰であり、古来からの信仰の峰として。数々の山の頂から眺めた時、いつも白い姿の孤高の峰だった。そんな月山に登るのは四月上旬、月山スキー場がオープンして姥沢まで車で行ける頃がベストだろうと考えた。未知の世界に入っていくような、月山からの招待状・・・ 柴灯森から月山を仰ぐ 月山往復の道 電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続...   (続きを読む)
2021/04/13 13:07:20 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12668135030.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
四月も進んできたので、雪を求めて足の向け先も北へ。寒河江市の北にある葉山までやってきました。今日はまだ天候回復が遅れ気味なので、月山あと回しの葉山、ということです。葉山山頂をめざして 畑コース(どうたん通り)から葉山神社までピストンで 電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されています。距離を参照される場合は元のスケールで確認...   (続きを読む)
2021/04/12 19:48:38 (3週間前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12666781613.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
エイプリルの取っ掛かりは、昨日登った山毛欅沢山だった。しかしそれは前菜のようなもので、メインディッシュは本日のこのコース。会津駒ヶ岳・大戸沢岳・中門岳の2000m峰三本立てです。中門岳山頂から、奥只見の山々(丸山岳・坪入山など) 周回+往復の組み合わせで。大戸沢岳南東尾根はバリエーション。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集され...   (続きを読む)
2021/04/06 08:49:23 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12666600914.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
今シーズンの雪山で、どうしても登っておきたい所がまだいくつかある。その内の一つが山毛欅沢(ぶなさわ)山です。南会津の山なみの、小さな盛り上がりに過ぎない山なのですが。山毛欅沢山の雪庇ドームの上で 夏道はない。積雪期に南東尾根から登るのが定番となっている。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されています。距離を参照される場合...   (続きを読む)
2021/04/05 11:48:35 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12665421983.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
昨日は大佐飛山に登って、たっぷりと雪の上を歩いた。そして三月最後の日曜日は雨になってくる予報。しかしこのまま帰るのはもったいないので、福島の低山かせぎをやろうと計画したのでした。笠ヶ森山山頂が霧の中に現れた。須賀川市内から猪苗代湖南岸へ抜ける県道沿いに笠ヶ森山がある。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されています。距離...   (続きを読む)
2021/03/30 21:49:07 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12665311638.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
この週末も天気予報の揺れ具合を眺めていたけれど、結局予定の山は中止にした。日曜日が雨なので、贅沢は言わずに第二案に変更。男鹿山塊の最高峰の誉れ高き、大佐飛山(おおさびやま)です。大長山から天空回廊をたどって、大佐飛山に対峙する。完全なる往復コース、上図から下図へつながる 電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されています。距...   (続きを読む)
2021/03/29 20:49:37 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12663905885.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
黒姫山に登った翌日は、佐渡山に登ります。冬山登山というよりも、バックカントリーで脚光を浴びた山かと思います。終始明るくて開放的な気分を味わえる、隠れた名峰。雪庇がまぶしい! 佐渡山と黒姫山は東西一直線上に並んでいる。完璧に同緯度です。標高1827.7m。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されています。距離を参照される場合は元の...   (続きを読む)
2021/03/22 16:49:20 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12663716480.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
冬の黒姫山は、登山口まで行って吹雪で撤退したことがある。それ以外に何度も計画しては頓挫した。やっと登れるチャンスが訪れたと思ったら、冬を通り越して春になっていた。しかしどんな条件であろうとも、今しかない! 佐渡山南尾根から望む黒姫山と小黒姫 なぜか小黒姫には登山道がない。登山者ならば誰だって登りたいと思うのに・・・ 電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) ...   (続きを読む)
2021/03/21 18:49:06 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12662695784.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
谷川南面(たにがわなんめん) にはかなり長いことご無沙汰している。名前の明るい響きの割にはなんとなく行きづらくて、魅力的なルートも少なかったからだ。そんな中でも、残雪期が近づいてくると毎年思い出すルートがある。爼嵓山稜に突き上げる幕岩尾根である。もうあれから35年も経ってしまった。印象的なクライミングルートとは違って、何も覚えていない。アルバムの写真と、当時の記録をつなぎ合わせてみるしかないのです。...   (続きを読む)
2021/03/16 15:48:12 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12662379546.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
夏の杣添尾根から赤岳・横岳に登ったのは2019年のことだった。その時はおそろしく調子が悪くて、冬はこんな尾根は登りたくないと思った。その冬の杣添尾根にアタックする日がやってきた。このへんで戻るか、烈風が背中を押すから。というわけで、2590mで終了となりました。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されています。距離を参照される場...   (続きを読む)
2021/03/15 10:48:51 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12661353014.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
冬の平標山と仙ノ倉山に登ったのは、ちょうど2年前の今頃だった。すばらしい快晴の日であった。そして今日もまた、同じような贅沢な一日に巡り逢う。2年経っても、山は変わっていない。平標山山頂より、谷川岳・巻機山・その他たくさん 大源太山へはどこから登ったらよいか、思案を巡らせた。地図を眺めていて一本の尾根を見つけた。傾斜はあるものの、登りやすそうである。未知の尾根、ここが核心部となった。電子地形図25000(...   (続きを読む)
2021/03/10 10:49:00 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12661268887.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
鹿俣山に登った翌日、国境のトンネルの向こうは天気が悪いらしい。そこで群馬県側でもうひとつ登っておこうと思い、まだ行ったことのない吾妻耶山に向かいました。鹿俣山から玉原湖の方角を見ると、まだ見ぬ山々が横たわる。仏岩トンネル東出口にある駐車場から往復した。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されています。距離を参照される場合...   (続きを読む)
2021/03/09 11:48:07 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12661133908.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
武尊山の西、たんばらスキーパークの頂点に鹿俣山(かのまたやま)がある。昨年は鹿俣山経由で獅子ヶ鼻山まで登ったが、今回はブナの回廊を一巡りしてみることにした。鹿俣山山頂から武尊山を見上げる ゲレンデには入らずに、尾根から尾根へと大きく周回していく。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されています。距離を参照される場合は元のス...   (続きを読む)
2021/03/08 17:48:32 (1ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12660350040.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
昨日は閑居山と雪入山などに登ってみました。筑波連山がほとんど関東平野に沈み込む直前の山々です。稜線の展望地から筑波山が見えた。時計と逆回りで、一部往復して。西は剣ヶ峰まで。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されています。距離を参照される場合は元のスケールで確認してください。【2021年3月3日】 三ッ石森林公園駐車場9:30~百...   (続きを読む)
2021/03/04 18:49:20 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12659915553.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
不忘山は何度も計画して、やっと昨年の9月に登頂することができた。いつも何かのついでに登ろうと思っていたのが間違いだった。ともあれ、夏に登ったので今度は積雪期です。二月厳冬期のフィナーレです。不忘山から屏風岳へ続く、白き峰々 みやぎ蔵王白石から冬コースで往復です。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されています。距離を参照さ...   (続きを読む)
2021/03/02 17:48:49 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12659688746.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
二月のうちにやはり蔵王へ行っておかねばならない、と考えて宮城蔵王へと足を運びました。雪と氷と風の世界です。刈田岳山頂! 刈田嶺神社の氷雪の鳥居! 宮城側の定番とも言える、すみかわスノーパークからの雪上車コース(乗らないです)で登る。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されています。距離を参照される場合は元のスケールで確認してく...   (続きを読む)
2021/03/01 15:48:49 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12658722449.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
天皇誕生日の体力トレーニングは、鶏足山と焼森山です。茨城県城里町と栃木県茂木町の境界にある。でも焼森山だけは茂木町にすっぽりと入っている。私にはどちらでもいいことですが。焼森山まであと少し 最短で往復したら2時間で終わってしまう。今日は一番大きく回ってみた。オレンジ色の線は派生ルート 電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集さ...   (続きを読む)
2021/02/25 13:09:18 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12658572493.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
週末の締めくくりは、小野子山です。小野子山と子持山・・・いつも遠くから、登る気もなく眺めてばかり。後回しにされ続けてきた小野子山に、ようやく登るチャンスが訪れました。十二ヶ岳から谷川連峰を望む。平標山から白毛門まで。小野子山西尾根は、正式登山道に昇格していない。激急登の連続だからこれを上りに選択した。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図...   (続きを読む)
2021/02/24 10:51:09 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12658325598.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
週末は少し足を伸ばして、足利の山奥へ入ってみました。松田川ダムを起点にして周回してみます。松田川源流の稜線はアカマツの天国だった! ダムサイトの駐車場から周回で、赤雪山~仙人ヶ岳の順に。(案内板を加筆修正してます) なんと、地形図には登山道が書いてない。だいたいこんな感じで。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されています。...   (続きを読む)
2021/02/23 05:48:12 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12658167117.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
盛金富士 と 熊の山 には、イワウチワ の咲く頃に登ろうと思っていた。しかしそんな人の集まる季節を待っていても意味がないので、今!登ることにしました。下小川橋から望む盛金富士 水郡線下小川駅の駅前駐車場から。ここは無人駅。駅前の案内看板。地形図にも名前は載ってないし、知る人ぞ知るローカルな山々です。南北に流れる久慈川をはさんで向かい合っている。東側の熊の山周辺には他にも超マイナーなピークが幾つかある...   (続きを読む)
2021/02/22 13:48:40 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12657410238.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
筑波山から南へ流れる山並みは一気に標高を落として、宝篋山が再び太い根を張る。宝篋山は近年になってやっと国土地理院に山名を載せてもらった山である。そこから先にはもう山らしい盛り上がりもないし、地図に名前の書かれた山もなくなる。ところがそこに、鬼越山と小町山があるということを先週初めて知った。小町山がどうも気になるので、さっそく登ってみることにしました。あの尾根を小野小町が越えて行った あっという間...   (続きを読む)
2021/02/18 11:49:23 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12657054390.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
日曜日はどこへ行こうか? あまりどこという必然性もないが、強いて言えばとにかく歩いて今の健康を上向かせようということで。それで茨栃県境の高峯~仏頂山を選んでみました。小貫集落の石仏群 仏ノ山峠から時計回りで、最初がロードで最後がヤブこぎ。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されています。距離を参照される場合は元のスケールで...   (続きを読む)
2021/02/17 05:48:25 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12656850240.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
生瀬富士から袋田の滝を歩いた後は久しぶりに神社でもと思い、大子町を車で走っていきます。ただ行っても面白くないので、なぜか大子町に数多くある 「はじめ狛犬」 を訪ねることにしました。吉田神社で出会った はじめ狛犬 ①近津神社(上野宮) 茨城県には2本の角(つの)のような最北端があって、西側の最北端の頂点が八溝山。坂東観音霊場札所日輪寺がある。そのはるかな山麓の集落に近津神社が鎮座している。大子町の神域めぐり...   (続きを読む)
2021/02/16 06:49:01 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12656726419.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
袋田の滝には何度も行ったことがあるけれど、その北西にそびえる生瀬(なませ)富士にまだ登ったことがなかった。もう十年くらい計画を寝かせたままだったが、やっと旬になったようである。袋田の滝、氷結せず! 第一駐車場から時計回りで。電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成した。(令和元年手続改正により申請適用外) 注:この地形図のスケールは編集されています。距離を参照される場合は元のスケールで確認してください...   (続きを読む)
2021/02/15 10:49:09 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12655885503.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
せんだって健康維持のために軽くジョギングをしたら、ふくらはぎが痛くなった。2週間かけて治してから走ってみたらまた痛くなりそうで、歩いた。これではまずいので、「やっぱり登ろう」ということで宝篋山へ行ってみました。週末に行くと数百人の登山者であふれるようなので、平日にした。それでも結果的には100人くらいに出会ったと思う。マスクとソーシャルディスタンスと極力無言で対策していった。鬼越尾根の大奇岩! 【202...   (続きを読む)
2021/02/11 09:48:33 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12655619607.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
せんだって円空に関する書籍を何冊か読んだ。円空は江戸時代初期の修行僧で、仏師でもある。生涯で12万体の仏像を彫るという誓願を立てて、来る日も来る日も彫り続けた。その強烈な印象を与える造形は、今でも見る人を魅了してやまない。2012年から2018年にかけて、飛騨路・美濃・尾張と円空の残した仏像を訪ねて旅をした。本を読み写真を眺めていたら、そんな旅路の風景がよみがえってくる。ところで円空さんは天和3年(1683)に...   (続きを読む)
2021/02/09 18:49:25 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
登山者  降っても晴れても  [0/8]
https://ameblo.jp/yamaninoboro/entry-12655221140.html
山に登ったり走ったり、東へ西へ・・・
今日は昨日よりもさらに気温が上がるというので、筑波山麓まで足を伸ばしてみました。新治村(にいはりむら)というのは今は存在しなくて、土浦市の郊外の一部となっています。このエリアの石造物を調査した 『土浦の石仏 -新治地区編-』 という報告書を参考にして、2015年に延べ四日間をかけて見て周りました。その数600体以上。今日はその時のマップを何枚か取り出して、のんびりと歩いていきます。瓦谷寺の大黒天 今日のエリア...   (続きを読む)
2021/02/07 20:49:43 (2ヶ月前)
[最初] [最後] [一件] [?]
       



[  下記条件の情報数: 32  件  ]  [  一覧中の記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上の登山情報を投稿するブログが評価対象)   は「登山情報のみ表示:オン」のとき表示されない情報  ]  [  下記の操作の説明:  情報のタイトルをクリックするとオリジナルのページを表示。ブログ等の名称をクリックすると情報の一覧を表示   ]

表示順: [ 新しい順 ] 表示形式: [本文先頭部分付き ]
登山情報のみ表示: [ オフ ] 人気情報のみ表示: [ オフ ]
情報源 : [ 指定のブログ等 ]
情報種類: [ 全選択 ]


<< その前 今日までの90日分の情報 その後 >>





【このページの説明】

「登山関連のブログ情報」サービスは、多数のブログ等に投稿された登山関連情報を収集し、統合した情報を日時順の一覧で提供するサービスです。


  • 当ページは、指定のブログ等の、当サイトが保管している情報の一覧です。

  • 統合対象にしているサイトは [統合対象ブログ] に示します。

当サービスによる統合を希望するブログ等がある方は、お手数ですが、当サイトの [統合対象ブログを推薦] 機能でご連絡ください。 推薦されたブログ等は、当サイト管理人が統合対象として適切かどうかを判断して対応させていただきます。

当サービスによる統合を希望されないブログ等のオーナー様は、お手数ですが、当サイトの [お問い合わせ] 機能でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、当サービスより当該のすべての情報を削除させていただきます。

   
岳 完全版 (第7集)

ベストセラー「BLUE GIANT」シリーズで超話題の石塚真一氏。彼の出世作をサイズも大きく、雑誌ビッグコミックオリジナル誌掲載時のカラーページを再現収録し...
[4月30日発売]
PEAKSアーカイブ ソロトレッキング 2nd (PEACSムック)

ひとりで山を歩くために、もっと知りたい山の知識 2018年に発売し、大好評をいただいた「PEAKSアーカイブ ソロトレッキング」の第二弾! ひとりで山を歩きたい...
[4月28日発売]
岐阜百秀山 ―森の国水の国―

飛騨山脈、木曽山脈、御嶽山、白山山地、飛騨高地、越美山地などのそうそうたる山々から市街地近郊の低山まで、3000mの高山、豪雪の山、ヤブ山、里山と、多様...
[4月26日発売]
登り続ける、ということ。: ――山を登る 学校を建てる 災害とたたかう

世界7大陸の最高峰を登頂した野口健さんは、過酷な登山を続けながら、ネパールでの学校建設や植林、国内外での震災の復興支援などに取り組んでいく。なぜ、困...
[4月22日発売]
風は山から吹いている ―― Why climb mountains with me?

高校時代にスポーツクライミング選手としてインターハイにも出場した筑波岳。しかし、訳あって大学では競技を続けないと心に決めていた。そんな岳に目をつけ...
[4月21日発売]
奥会津最後のマタギ: 自然との共生を目指す山の番人

茨城の石油会社に勤めていた猪俣さんは、父の死を機に23歳で福島県金山町に帰郷。そこで猟師のマタギたちと深く接し、その技能や知恵を体得する。70歳を迎え...
[4月20日発売]
見えないところを見てみよう~日本の山・森のいきもの

普段は見えない、土の中や水の中、木の中、石の下などそうしたところでくらしている生きものたちがいます。この本では、1枚のイラストの中からそうした生きも...
[4月17日発売]
ヤマケイ文庫 完本 マタギ 矛盾なき労働と食文化

秋田県北秋田市阿仁地区のマタギたちの猟や生活風景を15年以上にわたり撮影・記録した『マタギ 矛盾なき労働と食文化』と、クマやノウサギなどの獣肉や山菜・...
[4月17日発売]
山と高原地図ガイド 日本百名山 下巻

登山地図の定番『山と高原地図』の昭文社が送り出す登山ガイドです。登山をする誰もが憧れとする深田久弥選定の日本百名山を、山と高原地図で培った見やすい...
[4月16日発売]
山と高原地図ガイド 日本百名山 上巻

登山地図の定番『山と高原地図』の昭文社が送り出す登山ガイドです。登山をする誰もが憧れとする深田久弥選定の日本百名山を、山と高原地図で培った見やすい...
[4月16日発売]
山心は自粛できない~山が導く自然の教えと人とのふれあい (ルネッサンス新書)

「山は人生そのもの」を見事に綴ったエッセイ。真摯でありながら、ユーモラスな筆致が快適に心に響く、元数学教師の山の本。待望の第2弾!
[4月16日発売]
岳人 2021年 5月号

[4月15日発売]
山釣りJOY 2021 vol.5「いざ、源流パラダイスへ! 」 (別冊山と溪谷)

深山幽谷たる源流からコロナ下でも楽しめるご近所パラダイスまで一気に紹介。いまもっとも渓流釣りの世界で注目される最新テクニック「渓流ベイト(フィネス)...
[4月13日発売]
岩手山の花と木

本書の特徴は、花の色を白、黄、赤、青、その他の五つに分けて配列し、同色の花を大きさの順にならべ探しやすく構成してあります。そのため知りたい花の名前...
[4月9日発売]
新 岡山の山100選

岡山県内の山を厳選。ベテランからビギナーまで楽しめる100コース(131座)を紹介。山の特徴、コースガイド、各種データ、登山の「適・最適期」カレンダー、高...
[4月7日発売]
山にあこがれて 私の山行記

四十代から六十代は登山にかなりのエネルギーを費やしていた。この時期、仕事も充実していたし、他にも幾つかの趣味に取り組んでいた。いわゆる人生の熟年期...
[4月1日発売]




 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2021 登山の四方山話 - 2021/05/06 15:13:16