登山の四方山話のブログ - 情報種類分類:遡行



     
[前の記事]
(本記事が先頭)      
[次の記事]
御神楽沢本谷から奥壁(新潟・福島県境) (2014/12/01) ->

指定カテゴリー: 情報種類分類:遡行

太田切川・御所谷(中央アルプス)の高人気

2014年12月5日 01時19分

登山の四方山話に流れてくる遡行記録に、妙に数が多い沢があります。「中央アルプス・太田切川・御所谷」です。

千畳敷に上がるロープウェイの真下が本谷で、周辺に支沢が広がります。

★太田切川・御所谷(中央アルプス)
http://www.yamanobori.jp/listArticle?url=2146,2308,21486,4994,3581,25815,8664
http://www.yamanobori.jp/listArticle?url=3306,4747,173,3575,4741,51392,47757

妙に多いのは、その流域に人気があるからと思いますが、今まで、私の認識に、それはありませんでした。

その流域に関して、沢登りに詳しい知人からのコメントは、以下でした。

 ・その流域の遡行は快適
 ・その流域の下山は楽(ロープウェイが使える)
 ・上記の2要素が相乗して人気が高いのだろう。

納得です。来シーズンは私も行ってみようと思います。

なお、今、「下山が楽」という言葉に非常に惹かれています。理由は以下です。

4ヶ月前、「中ア・滑川・奥三ノ沢」を遡行したとき、三ノ沢岳に詰め上げたあと、車を置いてある敬神ノ滝山荘(上松)に降りなければならないため、三ノ沢岳~宝剣~駒~敬神ノ滝山荘(上松)の下山を行いました。

なんと、三ノ沢岳から8時間もかかりました。敬神ノ滝山荘についたとき、みんな、ヘロヘロでした。そのとき、「もう中央アルプスなんか来ないぞ~!」と騒ぎたくなる状態だったのです。

そんな中央アルプスに「遡行が快適で下山が楽」な沢があるなんて…。(^^;

登山の四方山話 管理人


2014年12月5日 01時19分
カテゴリー : 情報種類分類:遡行 ,登山記録
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)
このページをソーシャルブックマーク:
[前の記事]
(本記事が先頭)      
[次の記事]
御神楽沢本谷から奥壁(新潟・福島県境) (2014/12/01) ->



この記事のトラックバックURL

現在、トラックバックは受け付けていません。

この記事にコメントする

お名前(必須)

メールアドレス(表示されません)

URL

コメント(必須)



現在、コメントは受け付けていません。


   
 カテゴリー (情報数)
 アクセス ランキング
    (非表示)
 最近のコメント
    (非表示)
 最近のトラックバック
    (非表示)

 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/05/31 23:23:09