登山の四方山話のブログ - 「アルピニズムと死 ぼくが登り続けてこられた理由」(山野井泰史氏著)



 

 (目次を全て表示)
   

「アルピニズムと死 ぼくが登り続けてこられた理由」(山野井泰史氏著)

2014年11月17日 00時12分

山野井泰史氏が10年ぶりに新刊を出版しました。

紹介する記事(1)

【東京雪稜会のH田さん】

★「アルピニズムと死 ぼくが登り続けてこられた理由」 山野井泰史氏最新書

http://www.yamanobori.jp/listArticle?url=41208

|先頃発売されたばかりの山野井氏の最新刊を読了しま
|した。これはやばいです。
|山野井の卓越したクライマーとしての資質と非凡な人
|間性を感じることができます。
|失敗談や冷静な自己分析も紹介されています。各エピ
|ソードが素直に面白いです。

私も読み終わりました。

彼がまだ生存しているのが不思議だと思いました。

紹介する記事(2)

【山について語るときに僕の語ること】(山岳ガイド 松原尚之 氏のブログ)

★アルピニズムと死/New book of Yasushi Yamanoi

http://www.yamanobori.jp/listArticle?url=47962

|山野井泰史自身の筆による10年ぶりの新刊が出版され
|ました。
|発売になる『山と渓谷』12月号にその書評を書かせて
|いただきました。

上記記事中に、松原ガイドの『山と渓谷』12月号掲載予定の書評の一部が写真で紹介されていました。

その一部を以下に引用します。

(略)
|生々しい死亡事故の記憶……などが語られている。
|けれどそうした負の側面に焦点を当てていながらも、
|本書のいたるところから立ち上がってくるのは、
|むしろ登山という行為の放つ美しさであり、
|アルピニズムに対する心からの賛歌である。

|はからずも山野井は、困難な登山と分かちがたく結
|びつく“死”を取り上げることにより、逆にアルピ
|ニズムの崇高な魅力を際立たせた。
(略)

読了して私が感じたことが、美しい文章で表現されていました。

登山の四方山話 管理人


2014年11月17日 00時12分
カテゴリー : 情報種類分類:登攀 ,登山書籍
固定リンク | コメント(1) | トラックバック(0)
このページをソーシャルブックマーク:



この記事のトラックバックURL

現在、トラックバックは受け付けていません。

コメント
<このコメントは、現在、サイト管理者による承認待ち状態です。>
投稿者: It's like you're on a misoisn to save me time and money! | 2015/08/01 20:31:14
この記事にコメントする

お名前(必須)

メールアドレス(表示されません)

URL

コメント(必須)



現在、コメントは受け付けていません。


   
 カテゴリー (情報数)
 アクセス ランキング
    (非表示)
 最近のコメント
    (非表示)
 最近のトラックバック
    (非表示)

 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/10/27 22:08:16