登山の四方山話のブログ - 「おひとりさま」時代



     
指定カテゴリー: その他

「おひとりさま」時代

2014年11月23日 04時21分

私は昔から多人数での行動や幕営はあまり好きではありませんでした。

しかし、最近は、それを遥かに超えた「おひとりさま」時代らしいですね。

紹介する記事

【登山ちゃんねる 】

★1人1テント「おひとりさま」時代 キャンプ場、変わる光景

http://www.yamanobori.jp/listArticle?url=44659

|山も「おひとりさま」の時代の到来をうかがわせている。
|紅葉の名所、北アルプス・涸沢のキャンプ場は、約500張
|りのテントで埋め尽くされていた。管理する涸沢ヒュッテ
|経営者、山口孝さん(66)は「自分のスペースを重視する
|若者を中心に、少人数用テントが増えた。昔の山岳部の
|ように一緒に自炊し同じテントに泊まるという人は少な
|く、登山の時代の流れが変わってきた」と話す。

|東京都江東区の会社員、藤中佑司さん(32)は同僚3人と訪
|れた。「自分独りの空間がほしいし、共用テントなら誰
|が持つかが問題になる」と1人1張りずつ使う。藤中さん
|のテントは広さに余裕がありそうだが「(一緒だと)狭く
|て耐えられない」と1人で眠る。

|登山初心者の東京都渋谷区の中田りんさん(21)は、買っ
|たばかりのテントを背負って1人で来た。「知らない人
|と登山するのは怖かった」。山岳会に入らなくても、イ
|ンターネットで十分情報収集できたという。

記事に記載のとおり、テントは、たしかに、軽くなりました。それが「おひとりさま(1人1テント)」を推し進めたことは、間違いないと思います。

「おひとりさま(1人1テント)」で悪いわけではないのですが、歩みを共にする数人の仲間がいるのなら、一つのテントに一緒に入ればより楽しいのではないかと思うのは、今風ではないのでしょうね。(^^;

登山の四方山話 管理人


2014年11月23日 04時21分
カテゴリー : 情報種類分類:一般 ,その他
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)
このページをソーシャルブックマーク:



この記事のトラックバックURL

現在、トラックバックは受け付けていません。

この記事にコメントする

お名前(必須)

メールアドレス(表示されません)

URL

コメント(必須)



現在、コメントは受け付けていません。


   
 カテゴリー (情報数)
 アクセス ランキング
    (非表示)
 最近のコメント
    (非表示)
 最近のトラックバック
    (非表示)

 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/10/26 22:00:47