登山の四方山話のブログ - 一ノ倉沢・南稜フランケ(谷川岳) の悪さ加減



 

 (目次を全て表示)
   

一ノ倉沢・南稜フランケ(谷川岳) の悪さ加減

2014年11月26日 02時39分

以下の記事ですが、悪さ加減の臨場感あふれる表現に共感したので、共有します。

紹介する記事

【(埼玉県) 大宮アルパインクラブ】

★2014/10/26 谷川一ノ倉沢烏帽子沢奥壁 南稜フランケ

http://www.yamanobori.jp/listArticle?url=41250

|08:00 1P(Ⅳ+)30m/リードI
|事前の情報通り残置Pほとんどない。ランナウトに絶
|えながら登る。体感、グレード以上。

|09:00 2P(Ⅳ+)40m/リード:イオりん
|ここもランナウト。

|09:55 3P(Ⅴ+)40m/リード:I
|核心P。そして寿命が縮まったP。
|ハング下を右にトラバースし、新しいRCCがあり、
|そこから直上。細かいスタンス、カチ。
|そして登っても一向に残置ピンがない・・
|気が付けば25mはランナウトしている。

|11:00 4P(Ⅴ)40m/リード:イオりん
|トラバースのラインが草付きで足元がかなり悪い。

|11:45 5P(Ⅴ-)40m/リード:I
|焦点が合わないので、リードを替わってもらおうかと
|思ったがやりたい気持ちが上回りリードする。
|ランナーは腐ったハーケンが2,3箇所。直上後、右
|に行き過ぎたのか、YCCルートに入ってしまったのか、
|終了点が2枚の腐ったハーケン。ハンギングするのも恐
|ろしかった。

|12:30 6P(Ⅲ)15m/リード:イオりん
|トラバース悪い。絶対Ⅲ級じゃない。

|13:00 馬の背リッジに合流
|無事、完登できたことを喜び、感動の握手(笑)

本人たちが言っているとおりルートを外れている可能性もありますが、正しい南稜フランケのルートでもランナウトに大差はないと思います。

以下にも南稜フランケの記録が流れていましたが、やはりランナウトの嵐です。

★一ノ倉沢 烏帽子沢奥壁(南稜フランケ)
http://www.yamanobori.jp/listArticle?url=18831

|4P目、Ⅴリード。
|ここはランナウトピッチでした。
|途中から、登れども登れどもピンなし。

|最後に取った支点がはるか下に見えます。
|やばし。

|ここにはあるだろうと、バンドにあがったけれども、残置なし。
|必死でキョロキョロ探したら、ようやくリス発見。
|やったー。

|ハーケンを叩き込もうとしたら、同じリスに二本、
|錆びて根元から折れてるハーケンが突き刺さっていました。
|クロモリ一本、残置。

「南稜フランケ」は私も登っていますが、そのときも何度も10メートル以上ランアウトしました。

あそこは、壁が以下の感じのため、V級前後のピッチが続きますが、すごいランナウトします。

 ・岩が固く、リスが少ない。
  ⇒ ハーケンが打てない。(ただし、浮石も少ない)

 ・それなりに難しいが、登れる。
  ⇒ 誰もボルトを打たないで攀じる。(ただし、ランナウトする)

私個人の感想ですが、「南稜フランケ」は、大きくランアウトしますが、岩が硬いので、登り終えた感触はいい感じだったことを覚えています。

登山の四方山話 管理人


2014年11月26日 02時39分
カテゴリー : 情報種類分類:登攀 ,登山記録
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)
このページをソーシャルブックマーク:



この記事のトラックバックURL

現在、トラックバックは受け付けていません。

この記事にコメントする

お名前(必須)

メールアドレス(表示されません)

URL

コメント(必須)



現在、コメントは受け付けていません。


   
 カテゴリー (情報数)
 アクセス ランキング
    (非表示)
 最近のコメント
    (非表示)
 最近のトラックバック
    (非表示)

 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/10/27 22:07:53