登山の四方山話のブログ - freefan 70号 の懸垂下降の解説の「ロープを少し引き上げて足で軽く踏む」について



 

 (目次を全て表示)
   

freefan 70号 の懸垂下降の解説の「ロープを少し引き上げて足で軽く踏む」について

2014年12月18日 02時32分

前の記事に引き続き、freefan 70号 の懸垂下降の解説で思ったことのメモ・その2です。

下降器に懸垂を行うロープをセットするとき、ロープにテンションがかかっている状態のままではセットできません。そのため、手でロープを上に引っ張ってロープに余裕を作ってロープを下降器にセットするのですが、その説明の範囲では、手が三本ないと容易にはセットできません。

従来の資料では、そのあたりをウヤムヤに書いているものが多いような気がしますが、本資料では、堂々と「ロープを少し引き上げて『足で軽く踏む』」と解説しています(freefan70号の25ページ:以下)。

ロープを少し引き上げて足で軽く踏むの画像


上記は、慣れた人は誰でもやっていると思いますし、懸垂下降を人に教える際には口頭で伝えていると思いますが、「ロープは踏んではダメ」と教わってきたせいか、従来、それが資料に書かれて説明されていることは少なかったと思います。

この資料は、実際にやること(「ロープを少し引き上げて足で軽く踏む」)をキチンと書いた、適切な解説と思いました。

ただ、写真が、『足で軽く踏む』感じではなく、体重がしっかりかかっているのではないかと思わせるような写真であることが、少しだけ気になりました。(^^;

登山の四方山話 管理人


2014年12月18日 02時32分
カテゴリー : 情報種類分類:登攀
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)
このページをソーシャルブックマーク:



この記事のトラックバックURL

現在、トラックバックは受け付けていません。

この記事にコメントする

お名前(必須)

メールアドレス(表示されません)

URL

コメント(必須)



現在、コメントは受け付けていません。


   
 カテゴリー (情報数)
 アクセス ランキング
    (非表示)
 最近のコメント
    (非表示)
 最近のトラックバック
    (非表示)

 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/05/23 19:19:38