登山の四方山話のブログ - 御嶽山噴火で生還された方の手記



 

 (目次を全て表示)
   

御嶽山噴火で生還された方の手記

2014年12月29日 00時13分

御嶽山噴火で生還された方の手記がいくつか出ていますが、以下のお仕事をしている方の手記が出たため、

 ・日本山岳ガイド協会認定ガイド/信州登山案内人

気になって読んでみました。

紹介する記事

【山岳事故・山岳遭難対策なら jROの日本山岳救助機構】

★御嶽山噴火に対する思い

http://www.yamanobori.jp/listArticle?url=62249

読み終わって思ったことは、「地獄の中でも『冷静さを失わなければ』還って来れる可能性があるんだな。」ということでした。

また、職業がガイドという立場上、以下の様な質問もされていますが、以下のように、当日はガイドの下見に来た一登山者であり「自分の命を必死で守った」旨を、答えられています。

後の取材で、何人もの記者に「ガイドで救助隊メンバーなのに何故一人で逃げたのですか? 4人の方達と一緒にいようとは思わなかったのですか?」と聞かれた。私は「ガイド中でも、救助中でもない。単独行だった」、まだ噴火が終わったとは思っていなかった。自分の命を守る事に徹した。生きる事に執着した。その判断は間違ってないと信じている。

また、上記の方もそうですが、どの生還者の手記にも(下方のリンクも参照)、「他人を助けず、自分だけ降りてきた」ことへの複雑な思いがつづられています。

「一緒に行きましょう」それは一見やさしい言葉なのかもしれない。自分の確信のないただの直感の判断に人を巻き込むのは「無責任」ではないか。今生きているので私の直感は正しかった。しかしあの時何が正しいのかは誰にも分からなかった。留まる事が正解だったかもしれない。噴石が来ていたら確実に一ノ池で私はやられていただろう。

★御嶽山噴火 生存者の手記に複雑な思いがつづられていました。
http://www.yamanobori.jp/listArticle?url=62361

生還者の方の多くは、これからずっと、そのことが心に突き刺さったままになるのでしょうね。辛いことですね。

登山の四方山話 管理人


2014年12月29日 00時13分
カテゴリー : 情報種類分類:安全 ,遭難対策
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)
このページをソーシャルブックマーク:



この記事のトラックバックURL

現在、トラックバックは受け付けていません。

この記事にコメントする

お名前(必須)

メールアドレス(表示されません)

URL

コメント(必須)



現在、コメントは受け付けていません。


   
 カテゴリー (情報数)
 アクセス ランキング
    (非表示)
 最近のコメント
    (非表示)
 最近のトラックバック
    (非表示)

 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/05/23 18:19:27