登山の四方山話のブログ - 凍傷と金田医師の話



 

 (目次を全て表示)
   

凍傷と金田医師の話

2014年12月31日 00時15分

以前、自分の以下の記事で、

★凍傷はヒューマンエラーである。故に防げる
http://www.yamanobori.jp/listArticle?url=62773

金田医師が書いた本として、以下のように、紹介だけしていました。

★感謝されない医者―ある凍傷Dr.のモノローグ 単行本 – 2007/2/1 金田 正樹 (著)

上記の本が出版された時、ヘンなタイトルだなと思いましたが、読まないまま、今日に至っていました。

機会を得たので、今回、あらためて、読んでみました。ヘンなタイトルの所以が分かり、そして、納得しました。

タイトルの所以に関した要点を、以下に、私なりにメモしてみます。

登山をする整形外科医ということで、あるとき、凍傷患者を診た。
Webに「凍傷の専門家」のようなことが掲載され、その後、日本中から凍傷の診療依頼が届くようになった。
約30年で、凍傷患者を800例以上診た。
しかし、通常の整形外科の診療は数万に及ぶわけで、凍傷の専門家のような扱いは意に沿っていない。
当初、凍傷という症例に興味をもち、論文を一度書いたことがある。
しかし、それ以降、忌避する気持ちがあり、凍傷に関した研究などは行っていない。
忌避する理由は、以下である。
・診療を求めてやってきた凍傷事例は、手指または足指の切断に至ることが4割程度あった。(800×0.4=320本位の指を切ったということ)
・多くの患者にとって悲しむべき事態であり、退院時も沈痛な状態であることが多い。
凍傷は、可能なら診たくなかったが、患者から診療の希望があれば、それに最善を尽くすのが医師の仕事である。
退院時、通常は感謝される医者の仕事だが、指を切断した患者からは、感謝の言葉は出ない。 ⇒ 本のタイトルの「感謝されない医者」

わたしたちも、金田医師に何度かお世話になりました。

ここに、あらためて、金田医師に感謝の言葉を贈らせていただきたいと思います。

また、今後、私と一緒に山に行った誰も凍傷にならないことを、最大、努力していきたいと思います。

***

上記以外にもたくさんのエピソードが載っており、興味が尽きない一冊でした。

そのようなエピソードの一つに「同時に6人の凍傷患者が入院」した話があり(内容は悲壮感のない楽しい話)、私達も同様な体験をしたことがあるので、当時を思い出しながら、楽しく(?)読ませていただきました。

私達は、ある年の冬の八ヶ岳で、小同心クラックを登攀中、1名が数本の手指を完全に凍結させたため、その者を下山させ、金田医師の元に走らせました。当然、即入院となったわけですが、数日後に見舞いに行ったとき、驚くことがありました。なんと、4人用病室の残る3床が、同日に隣の大同心を登攀していた3人だったのです。

当日、八ヶ岳は、それなりに吹雪でしたが、いつものことなので、登攀活動に入りました。ただ、いつもより冷え込んでいたと思います。我々以外のパーティも多くが登攀活動を開始し、その3人を含むパーティが大同心に取り付いたことも、承知していました。

小同心と大同心、隣り合ったルートを同日に登攀した2つのパーティの4人が同じ凍傷で同じ病室に入院したことに、驚きました。4人の入院生活は、金田先生の本の「同時に6人の凍傷患者が入院」した話のように、それなりに楽しかったようでした。入院した1名は、約1ヶ月後、指を切断せずに、退院できました。

凍傷という残念な話ですが、自分がヤマでとても元気だった頃の1ページを構成する懐かしい思い出の一つです。

登山の四方山話 管理人


2014年12月31日 00時15分
カテゴリー : 情報種類分類:安全 ,遭難対策
固定リンク | コメント(1) | トラックバック(0)
このページをソーシャルブックマーク:



この記事のトラックバックURL

現在、トラックバックは受け付けていません。

コメント
<このコメントは、現在、サイト管理者による承認待ち状態です。>
投稿者: Your's is the inleitlgent approach to this issue. | 2015/08/01 23:36:28
この記事にコメントする

お名前(必須)

メールアドレス(表示されません)

URL

コメント(必須)



現在、コメントは受け付けていません。


   
 カテゴリー (情報数)
 アクセス ランキング
    (非表示)
 最近のコメント
    (非表示)
 最近のトラックバック
    (非表示)

 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/11/18 07:03:09