登山関連のブック情報



 

当ページは、当サイトに統合された情報等から、登山に関連する書籍・雑誌等を、発売日順に整理したものです。

画像およびタイトルは amazon にリンクしています。


発売日の選択: 本日以前(90日分) | 2019年10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2018年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2017年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2016年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2015年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2014年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月
種類の選択: 全て | 書籍 | 書籍以外 | 雑誌 | ムック | コミック | DVD

掲載ブック数:52 一覧の最後にジャンプ
2019年9月                 [↑ページ先頭]
1 9月19日
(本日発売)
日本百名山 山あるきガイド下 (大人の遠足BOOK)

深田久弥が名著『日本百名山』で選んだ全国の名山を上下巻で紹介。下巻は人気の槍・穂高から中央・南アルプス、北陸、関西、中四国、九州屋久島・宮之浦岳まで51座を掲載しています。憧れの日本百名山を、初級・中級クラスの登山者でもチャレンジできるよう、余裕を持った行程で、複数ルートがある場合は最も登りやすいコースで設定しているのが特徴です。またエスケープルートや縦走ルートにもなるサブコースはコラムと地図で詳しく紹介しているので、力量にあったルートを選べます。見やすく詳細な登山地図と高低図。前夜泊登山コースでは登山口に近い宿泊施設を掲載しています。各コースのアクセスは公共交通はバスの時間帯、クルマは登山口の駐車場情報がプランニングに役立ちます。百名山の踏破を目指すなら巻末の『日本百名山完登のためのプランニング術』が必見。月別プラン、長期休暇は縦走コースにあてる、ハードな山は早めにのぼっておく、など具体的なアドバイスとエリア別の公共交通アクセス図で見やすく解説。巻末のエリア別・目的別のプランニングガイドは、遠隔地の登山旅行で悩んだ時にお役立てください。
2 9月17日
(一昨日発売)
山の本 109号  [雑誌]

3 9月17日
(一昨日発売)
ヤマケイ登山学校 ロープワーク

ロープワークをはじめよう!大きな判型で、読みやすくわかりやすいヤマケイ登山学校シリーズ。ときに命を預けることになるロープワーク。日本山岳ガイド協会がいま現在提唱している、ロープワークの本当のスタンダードをカラーイラストを多用した見やすいにまとめたロープワークの最新教科書です!
4 9月14日 山と溪谷2019年10月号「心に残る秋の山35コース」  [雑誌]

5 9月14日 PEAKS(ピークス) 2019年 10月号 (特別付録:トレイルフード・コンテナ―)  [雑誌]

6 9月14日 岳人 2019年 10月号  [雑誌]

7 9月14日 ヤマケイ文庫 どくとるマンボウ青春の山

終戦の年、避けられぬ死への煩悶を抱きつつ訪れた憧れの上高地。父との葛藤を胸に対峙した穂高岳。青春と自然を綴った北杜夫のエッセー選集。昭和20年、昆虫や信州の自然への憧れから松本高校に入学した北杜夫は、避けられぬ死への悲痛な思いを抱えながら上高地を訪れる。その後、頑固で癇癪持ちの父でありながら、歌人としては畏敬すべき存在であった斎藤茂吉との軋轢に悩み、ひとり穂高岳と向かい合う。この経験を、作家はのちに「まさしく私の青春そのもの」と記す。また、1965年には、カラコルム遠征隊に参加、独特のユーモアを交えたエッセー、紀行文から『白きたおやかな峰』の背景を読み取ることができる。単行本未収録作品を含む、山のエッセー選集。
8 9月11日 山歩きの地図読みドリル

■地図読みの基本と応用力が身につく!この本は、入門者にも無理なく読図力が身につくように、「基本解説編」で地図読みの基礎をおさえたうえで、「問題編」で力ためしをする構成になっています。写真や、イラストを多数掲載し、わかりやすく解説しています。■ユニークな地図読み問題が満載!問題編は、ベーシックな問題と、レベルアップした二部構成になっています。やさしい問題から、じっくりと取り組む骨のある問題まで掲載しています。地形図や、写真を見て場所を探す問題から、ナビゲーション、地形をイメージする問題、コンパスの問題まで、解いて楽しくなる問題が満載です。■取り外しができる別冊解答集!答え合わせも、問題が見やすい別冊にしました。問題ページと解答ページを並べて見ることで、なぜ間違えたのか、しっかりと理解ができます。何度も考えながら、じっくりと取り組むことで、読図力は飛躍的にアップします。
9 9月10日 ワンダーフォーゲル2019年10月号「ひとりで山へ」  [雑誌]

10 9月9日 カレンダー2020 空から見た北アルプス (ヤマケイカレンダー2020)

空から見た『北アルプス』Bird's Eye View of Northern Alps北アルプスの名峰の数々を、鳥目線でとらえた雄大な航空写真によるカレンダー2020年版です。日本の代表的なアルプスの魅力的な姿、山好き、登山家、クライマー、アルピニスト等に大人気の北アルプスの雄大な山々を「鳥目線」の航空写真カレンダーでお楽しみください。
11 9月9日 カレンダー2020 富嶽万象 美しき富士 大山行男作品集 (ヤマケイカレンダー2020)

季節に応じてその姿を変える富士山の傑作写真カレンダー。季節や時間ごとに変化するダイナミックな富士の姿は、見るものを魅了します。富士山撮影の第一人者、大山行男氏が、貴重な富士の姿を写し撮った富士山カレンダーの決定版です。
12 9月5日 北海道の山と谷 3 大雪・十勝連峰・夕張山地・増毛山地・道北

13 9月5日 ROCK & SNOW 085 全国ボルダー「2級・二段」100課題 (別冊山と溪谷)  [ムック]

14 9月2日 秋山2019 2019年 10月号 岳人 別冊  [雑誌]

15 9月2日 Notebook: Japan Mountain, Fuji

16 9月2日 Notebook: Japan Mountain, Fuji

17 9月2日 Composition Book: 山 | ランドスケープ | 3D | 高品質 | 作曲ノート | 幅広の100ページ | ジャーナル | 日記 | 注意

2019年8月                 [↑ページ先頭]
18 8月29日 神奈川の山登り&ハイキング 令和の絶景最新版 ウォーカームック

ジモトからすぐそば!初心者向けハイキング!立ち寄りスポットも満載
19 8月27日 RUN+TRAIL - ランプラストレイル - Vol.38  [雑誌]

20 8月27日 PEAKS特別編集 東アルプスの山 詳細ルートガイド

関東圏の人気エリア「奥秩父」「秩父」の山ガイド。「東アルプス」と呼ばれている奥秩父山塊の主脈にあたる山々を中心に、「秩父・奥秩父といえば」といった、だれもが思い描くような著名な山や首都圏近郊からアクセスしやすいルートを複数紹介。ルートごとに攻略ポイントが描き込まれた地図と、ポイントとなる箇所の詳細な写真で詳しく解説していきます。歩行時間や登山適期、問合せ先などのデータ情報、アクセス方法など、登山時のプランニングに役立つ情報も併せて掲載。日帰りや週末登山など、奥秩父・秩父の山へ思い立ったときにいつでも行けるような、必要となるすべての情報を網羅しました。
21 8月24日 山びとの人生: 神秘と不思議の民俗を訪ねて

マタギや木地屋の取材などから、山人の暮らし、伝承、信仰に迫る。怪異現象や山岳地名の分析も懇切に。
22 8月23日 山の手帖2020

いつも手元に山がある幸せを― 山の手帖も3年目。2020年版をお届けします!北・中央・南アルプス&八ヶ岳の情報満載の山のスケジュール帳です。2019年12月~2020年12月の週間ダイアリーは毎週の山岳写真もパワーアップ。月間ダイアリーは、3カ月増量の2021年3月まで。充実の資料編に「山で見られる雲図鑑」と「標高別・色別植物図鑑」が登場! ビニールカバー、スピン付き。表紙はリバーシブル仕様 山の手帖着せ替えサイトからお好きな表紙をダウンロードしてお使いください。
23 8月22日 ワンダーフォーゲル 10月号増刊 秋山JOY2019 「紅葉のアルプスへ」 (別冊 山と溪谷)  [ムック]

秋山・紅葉に特化したヤマケイの丸ごと1冊コースガイドブック。秋は一年を通じて山がもっとも美しく彩られる季節。鮮やかな紅葉の山を満喫するために、ワンダーフォーゲル編集部が自信をもってお届けする秋山ガイドの決定版、それが『秋山JOY 』! 巻頭の特別企画は涸沢。一度は訪れたい秋の涸沢の美しいグラフと、楽しみ方や歩き方を紹介します。特集は大人気の日本アルプス。槍・穂高連峰をはじめ、剱・立山連峰や後立連峰などのおすすめの山をご紹介。第2特集では北海道、東北、上信越の山々、遅い時期まで紅葉が楽しめる関西、九州の山々まで、全国の紅葉のいい山を厳選してお見せします!
24 8月21日 関東日帰りの山ベスト100 改訂版 (ブルーガイド山旅ブックス)

丹沢・箱根・奥多摩・高尾・八ヶ岳・南ア・富士山周辺・秩父・奥武蔵・上州・尾瀬・日光・房総・筑波…関東周辺登っておきたい山
25 8月18日 女ひとりで26日間 ヒマラヤを歩いてみれば 〜大自然と自分に繋がる旅〜

こんなにも美しい大自然の中で、目一杯体を使い、五感をフル稼働させて体感した先にあったのは、自分への信頼と美しい地球に生きていることへの喜びだった。かねてから憧れだったヒマラヤを歩きにネパールへ。エベレスト街道を歩くためにカトマンズ空港に向かうも、早速のフライトキャンセル。そんなハプニングから始まった旅は、自分の選択を信じる続けることで、次第に大きな流れに乗っていく。普通の女性がひとりで歩いた26日間のノンフィクションドラマを写真と共に。ヒマラヤトレッキングを考えている人や山が好きな人はもちろん、何かに挑戦したい人へ。
26 8月16日 山と溪谷2019年9月号「紙地図と電子地図」  [雑誌]

27 8月16日 PEAKS(ピークス) 2019年 9月号  [雑誌]

28 8月16日 岳人 2019年 9月号  [雑誌]

29 8月8日 秋山トレッキングサポートBOOK (NEKO MOOK)  [ムック]

2019年7月                 [↑ページ先頭]
30 7月30日 夢のトライアル (山とマラソンに挑んだ鉄人の記録)

みちのく福島・白河に、昭和・平成を駆け抜けた韋駄天にして山男がいる。本書は、その驚くべき数多の足跡を綴った夢と冒険の記録であり、登山やマラソンを愛してやまない人々に贈る応援歌であり無窮の人生讃歌である。
31 7月25日 走ること、生きること ―強く、幸福で、バランスのとれたランナーになるために―

美しさと強靭さを兼ね備え、数々の山岳競技で勝利を飾り、世界中のアスリートを虜にするエミリー。その独創的な練習方法、健康レシピなどのライフスタイルからメンタルの鍛え方まで美しい欧州の自然とともに描くフォトエッセイ。これは、走ることに対する私の愛の告白だ。カメラはトレイルランニング界のレジェンドにして彼女の最愛のパートナーでもあるキリアン・ジョルネが担当。「山とランニングへの愛に満ち満ちたこの美しい本で、誰もがもっと山を愛し、もっと強くなれることを願っています」(編集者・トレイルナンナー 福島舞) 10カ国以上で刊行。待望の日本上陸。
32 7月24日 山は心の支えだった

著者は1962年北大医学部薬学科卒、在学中はスキー部山班で活動。国立衛生試験所(現・国立医薬品食品衛生研究所)勤務。最後の1年間、PMDEC(現PMDA)医療機器審査部長を併任。また、1989年から国際規格「医療機器の生物学的評価」を作成するISO/TC194の日本代表を務めた。傍ら、国内外の山々に登る。主にその体験を基にしたエッセイ集。著者作成の版画による山の挿画が秀逸。
33 7月24日 山の霊異記 霧中の幻影 (角川文庫)

山岳怪談実話の名手による、山の霊気に満ちた本当に怖い怪談集。霧の山道で背後からついてくる操り人形のような女性、登山中になぜか豹変した友人の態度、死ぬ人の顔が見えるという三枚鏡。登山者や山に関わる人々から聞き集めた怪異と恐怖を厳しい自然とともに活写する。
34 7月23日 ランドネ 2019年 9月号(特別付録:ランドネオリジナル お着替えポーチ)  [雑誌]

35 7月19日 マウンテンスポーツマガジン トレイルラン 2019 夏号  [ムック]

夏到来。ガッチリ汗をかいて、気持ちよく山を走ろう。
36 7月16日 大雪山―神々の遊ぶ庭 市根井孝悦精選作品集

憧れの北の大地・大雪を、写真家・市根井孝悦が渾身の力をこめて表現した決定版 2000年の『大雪山――母なる大地』、2006年の『大雪山――四季の彩り』、2014年の『大雪山――わが心の山』でこれまでに発表してきた写真のなかからベストショットを厳選し、最近、新たに撮影した大雪の写真も加えた写真集。春の雪解けの躍動感、夏の高山植物の見事さ、秋の紅葉の鮮やかさ、そして冬の厳しい表情まで、余すところなく大雪の素晴らしさを再現している。随所に見開き写真を挿入、カラーの迫力ある誌面で構成。また、写真の解説、大雪山の撮影エッセイなども。山岳写真家・市根井孝悦による大雪山写真の集大成。
37 7月13日 PEAKS(ピークス) 2019年 8月号 [雑誌](特別付録:タイベック・ビッグサコッシュ)  [雑誌]

38 7月13日 山と溪谷2019年8月号「南アルプス」  [雑誌]

39 7月13日 岳人 2019年 8月号  [雑誌]

40 7月10日 ワンダーフォーゲル2019年8月号「ソロスタイルで行こう! テント泊入門」  [雑誌]

41 7月9日 山と食欲と私(10): バンチコミックス  [コミック]

42 7月6日 ヤマケイ文庫 山怪 山人が語る不思議な話

日本の山には「何か」がいる。シリーズ累計20万部突破! ! 山の怪談ブームの火付け役。山で働き暮らす人々が実際に遭遇した奇妙な体験。NHKドキュメンタリーで映像化、漫画化、海外で翻訳化もされたベストセラーがついに文庫化!秋田・阿仁のマタギたちや、各地の猟師、山で働き暮らす人びとから実話として聞いた、山の奇妙で怖ろしい体験談。現代版遠野物語。文庫化にあたり特別版付記「山怪後日談」を収録。
43 7月6日 ヤマケイ文庫 名残の山路

旅行雑誌『旅』の名編集長が平成に残した山と旅の珠玉の紀行文集 旅行雑誌『旅』の元編集長で、紀行作家としても知られる岡田喜秋さんが、平成時代30年間に書き記した山と旅行の紀行文集。第1部のテーマは「変わりゆく山河」。大杉谷の再探訪での印象や、翁峠に秘められた故事の探求、安曇野の今昔物語など、登山者にも身近な山岳・山村に対する思いを紹介する。第2部のテーマは「名残の秘話」。信州の最北にひっそりとたたずむ野野海池と信州の南端にある深見池の探訪録や、物語のある鎌倉、京都、柳生の里の旅行記録など、昭和・平成にも意外に語られることのなかった山路のエピソード集。第3部は「郷愁の山路」。筆者にとって、今も忘れえぬ情景がよみがえる地、高尾山、西沢渓谷、金時山等、登山者になじみ深い人気の山の魅力を円熟の筆致で表現。平成年間における山と旅に関するさまざまなエピソードを紹介し切った一冊。
44 7月1日 岐阜の山旅〈飛騨〉 (爽BOOKS)

45 7月1日 出羽三山

出羽三山神社が著す「出羽三山」の写真読本。世界が注目する「自然」と「信仰」が息づく聖なる地「出羽三山」。古来修験道の霊場として人々の崇敬を集めるその地と十年にわたり向き合う写真家・稲田美織氏の写真と共に、歴史・文化・自然を解説したカラー写真読本。(「出羽三山とは」より)月山、羽黒山、湯殿山からなる「出羽三山」。御開祖蜂子皇子が山を開いた1400年以上前から、自然と信仰が息づく聖地なる地として、さらに修験道の霊場として、人々の崇敬を集めてきました。かつて、関西の伊勢神宮を参拝することを「西の伊勢参り」、東北の出羽三山を詣でることを「東の奥参り」と称しました。中でも関東以北の人々にとって、「奥参り」は重要な人生儀礼のひとつとされ、多くの人が出羽三山を詣でました。羽黒山で現世の幸せを祈り、月山で死後の世界を感得して往生を祈り、そして湯殿山で新しい生命をいただく。現在(羽黒山)、過去(月山)、未来(湯殿山)の三山をすべて巡ることで、死と再生を体感し、私たちは新たな魂として生まれ変わることができるのです。
2019年6月                 [↑ページ先頭]
46 6月30日 東海 山歩きガイド ゆったり楽しむ

県別のおすすめコースを徹底解説! 山の詳細データ・見どころをご紹介。温泉などの「立ち寄りスポット紹介」も! 山を楽しむためのマル得情報が満載! 四季折々の豊かな自然、心地よい風景を楽しむ 厳選! 55コース
47 6月28日 夏、山へ。2019 (男の隠れ家 別冊 サンエイムック)  [ムック]

48 6月27日 RUN+TRAIL - ランプラストレイル - Vol.37  [雑誌]

49 6月27日 PEAKS8月号増刊 CAMP TOOLS  [ムック]

いま、日本は空前のキャンプブーム。アウトドア専門誌はもとより、女性一般誌までもがキャンプに注目している時代ですが、果たして、自分が思い描いているキャンプを楽しめているでしょうか? これからキャンプを始めたい、またはもっと自分らしいキャンプを楽しみたい。そう思っている人たちに向けた、2019年キャンプ本の決定版が『CAMP TOOLS』です。巻頭は珠玉のキャンプツールで彩られた、基本的なキャンプサイト構成のヒントをご紹介。キャンプサイト内を「リビング」「キッチン」「焚き火スペース」と3つに分け、サイト内スタイリングの解説や雰囲気を盛り上げる道具も紹介します。さらに、「アウトドアのなんでも屋」としてイベントやさまざまなブランドのPRをサポートしている牛田浩一さん、アウトドア体験を通じてプロジェクト企画やコーディネートでご活躍の長谷部雅一さん、そしてアウトドア各誌や企業広告で引っ張りだこのスタイリスト・近澤一雅さんの3人が、いまのキャンプシーンをもっと楽しむための座談会を開催。ここだけ読むだけでもキャンプの楽しみ方が広がること間違いなしです。そのほかタイプ別ひとりで張れるテントの張り方、キャンプツールを自宅でも活用するインテリア術をはじめ、キャンプの楽しみであるご飯レシピはなんと圧巻の12ページと内容盛りだくさん。間違いなく今年いちばん充実しているキャンプの本となっています。ぜひ一読いただき、フィールドへ出かけてみてください。
50 6月27日 ひとり山ごはん・ふたり山ごはん  [ムック]

ひとりで行くのか、ふたりで行くのか。日帰りハイクなのか、山の上でテント泊するのか。コースタイムは長いのか短いのか、季節はいつなのか。誰とどこへどんなスケジュールで行くのかによって、山ごはんで重視したいポイントは変わってくるもの。そこでシーン別におすすめの山ごはんレシピと、ラクに楽しむコツを紹介します。
51 6月25日 山ごはんレシピBOOK (NEKO MOOK)  [ムック]

52 6月24日 ヤマケイ文庫 「アルプ」の時代

山を思索の場とし、研ぎ澄まされた感性を集めた山の文芸誌「アルプ」。創刊当初から編集に深く関わってきた山口耀久が、次代へ語り継ぐため、渾身の力をこめて「時代」を綴る。昭和33(1958)年、『アルプ』という雑誌が刊行された。山の文芸誌として格調の高い文章を厳選して掲載し、多くの読者を獲得した。当時、マナスルが初登頂され、1958年には『氷壁』がブームになり、『岩と雪』が刊行されている。第2次登山ブームと言われる登山界の好調期が訪れていた。こうした時代的背景をふまえつつ、著者と読者に支持され25年間刊行が続いた『アルプ』という雑誌に焦点を当てた評論である。高度経済成長を経験した昭和の時代の豊かさをひとつの山の雑誌を通して俯瞰した読みもの。『山と溪谷』に15回にわたって連載された内容に、大幅に加筆・訂正し、ほとんど書き下ろしとと同様の評伝となった。草野心平、山本太郎、鳥見迅彦などの『歴程』の詩人たち、武田久吉、田部重治、冠松次郎、尾崎喜八などの明治期の多彩な執筆者たち、辻まこと、近藤信行などの大正・昭和の新しい執筆者たちなどの人物論や、山の紀行文における虚と実などの文学論、「アルプの夕べ」や「アルプ選書」などの催しを詳細に記述。「アルプ」の誕生から終刊までの背景となった時代や、「アルプ」に関連した人物、書籍など、多角的な内容、組み立てとなっている。
終了
掲載ブック数:52 一覧の先頭にジャンプ

発売日の選択: 本日以前(90日分) | 2019年10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2018年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2017年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2016年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2015年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2014年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月
種類の選択: 全て | 書籍 | 書籍以外 | 雑誌 | ムック | コミック | DVD


   



 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/09/19 23:35:51