登山関連のブック情報 - 2020年3月 - 書籍



 

当ページは、当サイトに統合された情報等から、登山に関連する書籍・雑誌等を、発売日順に整理したものです。

画像およびタイトルは amazon にリンクしています。


種類の選択: 全て | 書籍 | 書籍以外 | 雑誌 | ムック | コミック | DVD

掲載ブック数:15 一覧の最後にジャンプ
2020年3月                 [↑ページ先頭]
1 3月30日 改訂版 日本百名山地図帳

日本百名山の登山地図と詳細情報を1冊にまとめました。
2 3月30日 渓谷登攀

史上最強の遡行者(沢ヤ)といわれている大西良治。沢登りだけではなく、クライマーとしても有名な大西だが、その卓越した登攀技術で国内の最難クラスの沢を単独遡行し多数成功させてきた。本書は沢登りを変えた男の記録。
3 3月28日 コンペで勝つ! スポーツクライミング上達法

国際ルートセッターの資格を持つ著者が、海外のクライマー育成環境の視察や日本代表ユース選手たちを育ててきた経験をもとに、「コンペで勝つ」ための理論と指導方法を伝授。
4 3月27日 辰野勇 モンベルの原点、山の美学 (のこす言葉KOKORO BOOKLET)

日本のアウトドアブランドの雄「モンベル」創業者・辰野勇。世界最年少記録(当時)アイガー登攀、資本金ゼロからの起業、ショップを通じた地域貢献……登山から学んだ人生哲学を語る。
5 3月24日 親子で山さんぽ

4歳~小学生のお子様を持つ親子のための、山登り・ハイキングのガイド。東京から日帰りで行ける関東甲信越のハイキングコースや登山コースを25本ほどご紹介!またMAPには、トイレ場所や標高差、道の様子など、小さい子供がいても安心できる情報を掲載します。お子様と登るときの注意点や服装のアドバイスなど、安全登山の知識も豊富に紹介していきます。お子様の年齢・登山経験によって、少しずつレベルアップできるような構成になっているので、お年頃にあったコースを探すことができます。
6 3月18日 大学的富士山ガイド

日本を代表する富士山は、山梨県、静岡県にまたがってそびえている。富士山に一番近い公立大学である都留文科大学が、富士山を「文化」、「自然」、「都留」の三つの要素から学問的にガイドする。本文の英訳文も掲載。外国人旅行者・留学生にもオススメ。
7 3月18日 ヤマケイ新書 IT時代の山岳遭難

「便利さ」「楽しさ」を拡大するために発達するテクノロジー。しかしながら、そのテクノロジーに頼り、依存しすぎることが原因で遭難したり、遭難の一歩手前まで追い込まれる登山者が増えている。そこで本書では、現役登山ガイドとして活動し、山と溪谷誌でも執筆を続ける著者が急速に発達するテクノロジーと登山を俯瞰して、登山者がどのようにテクノロジーと向かい合い、活用するのが最適かを解説する。
8 3月18日 アルパインクライミング教本

独学で登山を始め経験を積み、さらにロープを必要とするバリエーションルートに挑戦したい。最新の登山技術や登山道具の知識を学びたい。そんな登山者に向けた、アルパインクライミングの教科書。わかりやすいイラストで最新の確保技術やロープワーク、登山テクニックを紹介。なぜその技術が必要なのかを理論的に解説。
9 3月16日 ヤマケイ文庫 約束の川

湯川豊氏の待望の釣りエッセイ第4弾。釣りエッセイの名手が放つ珠玉の短篇集。日本の渓流を舞台に、失われつつある原風景を鮮やかに描きだす。『イワナの夏』『夜明けの森、夕暮れの谷』『ヤマメの魔法』に続く、最新釣りエッセイ集。精緻な筆致で描き出される日本の渓流風景を舞台にした小説のような感動をもたらす珠玉の22篇に加え、釣りを愛した文人について綴る「先行者たち」6篇を収録。
10 3月13日 季刊のぼろ Vol.28

第一特集は、「2020年 みんなの山計画」。春、本格的な登山シーズンの幕開け。「今年はいろんな花を見るぞ」「絶景スポットを巡って撮影したい」「今年こそ○○にチャレンジしたい」などと目標を掲げ、この1年の登山プランを練る登山愛好者たちも多いはず。そんな読者のみなさんの参考になるよう、それぞれのテーマで活動している熟練の登山者から、これまでの経験を踏まえ、今年はいつ、どの山に、何を目的に登るのかを聞き、紹介します。
11 3月13日 関西周辺 クルマで行く日帰り山歩き 絶景を楽しむ厳選コースガイド

登山口までは車で行って、山歩きを楽しむためのガイドブック。標高差が1000メートル前後の山を紹介。
12 3月13日 奥多摩 山、谷、峠、そして人

『山と溪谷』誌18年1月号からの連載「奥多摩山、谷、峠、そして人」に加筆し書籍化。奥多摩は、川苔山、大岳山、棒ノ折山、三頭山、雲取山など、首都圏のハイカーが気軽に登れる人気エリア。だが同じ奥多摩でも、飛龍山、将監峠、唐松尾山、笠取山、倉掛山など多摩川源流域の山は訪れる人も少ない。山田少年が山登りを始めた子ども時代の1965~1970年ごろと現代の山を行き来しながら、奥多摩の魅力、変わったもの、変わらないものを見つめる。
13 3月13日 ヤマケイ登山学校 山のリスクマネジメント

大きな判型で、読みやすくわかりやすいヤマケイ登山学校シリーズ。山に潜むさまざまなリスクを知り、回避するための知識や遭遇してしまった危険に対処する方法をわかりやすく紹介します。
14 3月4日 ヤマケイ新書 日本の火山に登る 火山学者が教えるおもしろさ

気鋭の火山学者と科学ジャーナリストが、最新のデータと知見に基づいて解説する、登山者のための「火山本」 御嶽山噴火以来、活動的火山特別措置法が改正され、安全対策などが都道府県に義務づけられました。噴火災害など火山といえばネガティブなイメージをもちがちですが、実は火山はこの国土にはかりしれない恵みをもたらす存在であるのです。火山を取り巻く現状を踏まえ、火山というフィールドをどう楽しむか。気鋭の火山学者・及川輝樹氏との対話を通じて、楽しく学ぶ本です。
15 3月3日 アラスカで一番高い山 デナリに登る (月刊たくさんのふしぎ2020年4月号)

終了
掲載ブック数:15 一覧の先頭にジャンプ

種類の選択: 全て | 書籍 | 書籍以外 | 雑誌 | ムック | コミック | DVD


   






 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/11/29 10:03:21