登山関連のブック情報 - 2014年9月



 

当ページは、当サイトに統合された情報等から、登山に関連する書籍・雑誌等を、発売日順に整理したものです。

画像およびタイトルは amazon にリンクしています。


種類の選択: 全て | 書籍 | 書籍以外 | 雑誌 | ムック | コミック | DVD

掲載ブック数:11 一覧の最後にジャンプ
2014年9月                 [↑ページ先頭]
1 9月30日 西上州の山 ベスト100ルート―妙義山から両神山まで

2 9月29日 WILDERNESS(ウィルダネス) No.3  [ムック]

歩いてしかたどり着けない、とっておきの場所へ心揺さぶる風景へ。・-ノルウェイ-北緯68度Lofotenの夏・-ヒマラヤ-いつもの海と遠くの山・-カナダ-自然界のネイディブ・アートへ・-アラスカ-森林限界を超えた谷の向こうへ・厳冬期黒部横断の5年間・気温差100度への挑戦 気温50度のデスバレー 灼熱ツーリング
3 9月29日 「この花の名前、なんだっけ?」というときに役立つ本

「この花 、名前はなんだっけ?」。そんな悩みを解決する一冊。散歩や街歩き、山歩きが、より楽しめます! 近所の散歩や散策、ちょっとした旅行先の山歩きの際などに「よく見かけるけど、この花の名前はなんだっけ?」といったことが多々あるだろう。雑草と言われる植物にもきちんと名前があり、その名前がわかり、その由来などもわかれば、散歩などがさらに楽しく、充実したものになることは請け合い。この本は道端や公園などに生えるものから、野山や海岸、水辺などのものまで、野草・雑草を掲載した図鑑。生育地を「人里」「野原や里山」「水辺」に分け、春・夏・秋の季節ごとに160種類ほどの植物を並べました。花の形が似ているもの、つまり科ごとに分けてあるので、まずは花の形などで調べられるのが大きな特徴。よく似た植物や間違えやすい植物も、それぞれ同じページにコラムとして載せてあります。四六判なので持ち歩きにもとても便利で、ポケット版よりも情報も多い。
4 9月26日 山で正しく道に迷う<絵>本-“まさか! "の原因は山ではなく、“心"が作りだす-

「山」という場所は、ハイキング程度の道でも常にいろいろな危険が潜んでいる。本書では、山の危険は、山という「場所」にあるのではなく、私たちの行動が引き起こすという立場で、登山初心者の陥りやすい具体的危険・予防策などを図解でわかりやすく解説する。
5 9月22日 愉しき山談義

山歩きの神髄、登山者への提言、新百名山の選定、そして憧れのヒマラヤ行きのエピソード…長年の経験に培われた含蓄と示唆に富む言葉の数かず。談論風発の十二篇、初の集成。
6 9月20日 剱 TSURUGI

登攀技術、撮影技術、写真機材の特性をフルに活かし、斬新なアングルから表現した剱岳の決定版!黒部川をめぐる山の代表格である剱岳をテーマに、これまでの登山技術と撮影技術、そして機材をフルに活かした取材を行ない、岩稜岩峰の各所で取材、ビバークを重ねてきた。今回の写真集は、10%程度が今まで撮った作品(フイルム)、90%程度がこの3年で撮り下ろしたもの(デジタル)となっている。今回は、横位置の写真が多いため、判型もそれに合わせ横長となっている。
7 9月20日 地図読み はじめの一歩

登山初心者がもっとも必要性を感じながらも、なかなか身につけられないのが読図技術。登山者のための地形図の読み方を伝授する平塚晶人さんが、知識ゼロから理解できる地図読み方法を解説します。登山者の現状を踏まえて、登山地図の代名詞「山と高原地図」(昭文社)の使いこなしと、国土地理院の2万5000分の1地形図の活用術、コンパスの使い方の基本をわかりやすく解説します。
8 9月19日 本間晶子写真集 RISHIRI Episode-1

北の果ての島に聳える優美でかつ気高い秀峰・利尻山。その魅力の深奥に迫る女性写真家・本間晶子初めての写真集。実力派女性写真家・本間晶子氏の初めての写真集。日本の北の果ての離島で、険しくも優美な山容をもって登山者や写真家の心を魅了する秀峰・利尻山。その姿を追い求めた、写真家渾身の作品集です。厳しい氷雪の表情から、命わきかえる夏の風景、また、バリエーションルートからの作品もふくめて、利尻山の魅力を表現します。
9 9月10日 だからこそ、自分にフェアでなければならない。 プロ登山家・竹内洋岳のルール

彼だけが何故、日本人で唯一、14座を登り切れたのか。生き延び、山に登り続けるプロ登山家が胸に刻んできた思いに、写真家が迫る。日本人唯一の14(フォーティン)サミッター(8000メートルを超える山は地球上に14座あり、その全ての登頂に成功した登山家のこと)であるプロ登山家・竹内洋岳に、写真家・小林紀晴が天狗岳登山とインタビューで密着取材。/運は存在しないというのが、私の山登りです。/8000メートルを超えると、経験は役に立ちません。むしろ余計だという気もするのです。/リーダーになるべくしてなる人は、その環境に適応した人。/実際には、日常の方が死に近い気がします。/山の中に立ち入れば、自ずとフェアな世界なんです。/など、命をかけて登り続けたプロ登山家だからこそ語れる、「人生哲学」。
10 9月2日 soto 2014(2)  [ムック]

山登りを中心に、人気の外遊びを提案するアウトドアマガジン。「必要なギアや行ってみたいフィールド」がこの1冊に詰まっています。週末、その季節にあった旬な外遊びを、友達や家族と一緒に楽しむ方法を提案。アウトドアの外遊びも含めて、そのノウハウとギア、フィールド情報のいいとこ取りをして紹介。計画の立案から、役に立つ情報まで、もっとアウトドアを楽しむための提案本です。
11 9月1日 富山の百山

ふるさとの里山から3千メートル峰まで、山を愛する人びとの待望のガイドブック。富山県山岳連盟創立65周年・北日本新聞創刊130周年。
終了
掲載ブック数:11 一覧の先頭にジャンプ

種類の選択: 全て | 書籍 | 書籍以外 | 雑誌 | ムック | コミック | DVD


   






 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/03/19 16:42:18