登山関連のブック情報 - 2015年6月



 

当ページは、当サイトに統合された情報等から、登山に関連する書籍・雑誌等を、発売日順に整理したものです。

画像およびタイトルは amazon にリンクしています。


種類の選択: 全て | 書籍 | 書籍以外 | 雑誌 | ムック | コミック | DVD

掲載ブック数:33 一覧の最後にジャンプ
2015年6月                 [↑ページ先頭]
1 6月30日 男の隠れ家ベストシリーズ 夏、山へ2015  [ムック]

2 6月30日 日本百名山ベストプランBOOK

日本百名山に登りはじめたい人のための、山選び、プランニングに役立つ山歩きガイド。絶景山、花や紅葉など季節限定の魅力がある山、温泉など登山に加えての魅力がある山、山頂へのアプローチが便利な山など、各山の魅力がわかるベストコース23を厳選してガイドする。日本百名山を効率よく登るための、縦走プランや周回プランについても紹介。各山のデータ比較、気候や歴史の雑学など、日本百名山のことがよくわかるコラムも充実している。日本百名山ぬりつぶしMAPや、魅力がひと目でわかる全山リストも掲載。
3 6月29日 別冊PEAKS 最新登山ギアガイド

ちょっと日帰り登山から、今年こそテントを担いで縦走してみたいと思う方にお届け最新の登山ギアガイド。より快適に、より遠くへ歩いていくために知っておきたいギアと選び方、ギアの使い方まで詰め込みました。
4 6月27日 RUN+TRAIL Vol.13 2015年8月号  [雑誌]

特集 100マイラーも夢じゃない 目指せロングレーサー 比叡山 出会いが詰まった50Km超レース 第2特集 佐藤光子の「俺チャレ」
5 6月26日 ツンドラ・サバイバル

登山家ハットリ・ブンショウのサバイバル・シリーズ第3弾! 鮮烈なデビューから10年、釣りも鉄砲もすっかり板についてきた。サバイバル登山は円熟に向かいつつある。夏の南アルプスでの墜落事故。その現場への再訪と再起。より深い狩猟登山を求めて晩秋の北海道へ。そして、隕石湖に生息する新種のイワナを求めて、1ヵ月におよぶ北極圏横断の旅へ。広大なフィールドで展開されるサバイバル・ノンフィクション。
6 6月25日 ひょいっと源流釣り

源流釣りは、天然無垢のイワナと戯れ、源流を遡行し、渓で食事をして泊まる、そのすべてを味わうのが醍醐味。そこにはただ魚を釣るだけではない、自然と一体になる喜びがあふれています。本書は別冊『渓流』の初期から写真と記事を長年担当してきた著者が、豊富な経験と知識をもとに、源流釣りを安全に楽しむためのノウハウをテーマ別に分かりやすく解説します。ほか、トラブル・エスケープの実例、源流で食べる美味しい料理レシピ、忘れえぬ源流釣りの旅など本書を繰り返し読むことで、今まで特別な人だけの世界と思われていた源流釣りの世界がぐっと身近になってくるはずです!
7 6月23日 ランドネ 2015年8月号  [雑誌]

特集:ふたりで山キャンプ・はしめての山キャンプは新緑が輝く瑞牆山へ・ふたりのバックパックの中身・山キャンプの計画、どうたてる?・山の「住まい」の選び方・テントの設営のキホンを知ろう・1泊2日山キャンプのごはんなどなど あの一瞬を、素敵におさめる 山のカメラ入門
8 6月23日 soto 2015(1)  [ムック]

流行の外遊びを中心に、山を丸ごと楽しむためのアウトドアマガジン。必要なギアや行ってみたいフィールドが満載の一冊。
9 6月20日 登山案内 一等三角点全国ガイド[改訂版]

一等三角点の山は日本地図作成のために、最初に埋められただけに展望のよい名山ばかり。登れば登るほど、山頂のあの四角い標石に愛着が湧いてくることは必至です。一等三角点巡りをしませんか。
10 6月19日 季刊のぼろ vol.9  [雑誌]

九州密着・山歩き専門誌「季刊のぼろ」夏号(vol.9)の特集は「山は、水。」「夏の山登りは暑い」。そんなイメージを払拭させる、清涼感あふれる夏の山登りの魅力が盛りだくさん! 滝を見ることができたり、渓谷沿いを歩いたり、水の音が聞こえる涼感たっぷりな山登りや遊歩道を紹介します!☆その他のコーナーも情報満載!
11 6月19日 穂高に死す

穂高における山岳遭難の歴史を振り返り、連峰に若くして逝ける登山家たちの群像を描いた話題作を文庫化。昭和初期から第2次登山ブームの30年代まで、穂高連峰で起きた遭難を、歴史を軸に紹介。
12 6月18日 山のリスクと向き合うために 登山におけるリスクマネジメントの理論と実戦

6000mを超える高峰に、酸素ボンベも確保ロープも持たずに登る山野井泰史氏をはじめとするアルパインクライマーたちは、死と隣り合わせの冒険が怖くないのだろうか。そこからどうやって無事生還しているのだろうか。彼らのリスクマネジメント方略を明らかにする研究から、不確実さに満ちた山のリスクに対処するための実践的な指針が得られた。 本書は、彼らのリスクマネジメントについての研究を核に、一般登山者が山でのリスクに向き合うための理論から実践までを、山岳遭難についての豊富な資料に基づき解説するとともに、登山者がそのスキルを能動的に高めることができるアクティブラーニングの手法を提案する。また、登山者は山でのリスクに対してどのような責任を負うべきなのか、公共はどこまでそれを助けるべきなのだろうか。「自己責任」という曖昧な言葉でこれまで見過ごされてきた山のリスクへの責任の取り方やリスクの意義についても考える。
13 6月15日 PEAKS(ピークス) 2015年7月号  [雑誌]

今月は「ホントは教えたくない『最高の山道具店』」が特集。時に命を預ける山道具だからこそ、通販などではなく、きちんとしたお店で買ってほしい。でも、「一体どこがオススメ店なのかがわからない」という声もよく聞く。そこでこの特集である。エリアは日本全国。さらに、プロショップならではのオススメ山道具も紹介する。第二特集は最新のマウンテンフットウエア2015。今年オススメの山用シューズをドドーン! と紹介。人気の村石太郎氏の野外道具探訪では、ノルウェーの厳しい環境で鍛えられたブランド・ノローナを採り上げます。さらに、インタビュー企画「なぜならそこに山があるから」では、北八ヶ岳の「黒百合ヒュッテ」の米川岳樹さんが登場!
14 6月15日 山と溪谷 2015年7月号  [雑誌]

特集「もっと遠くへ。北アルプス、大縦走。」さまざまな楽しみ方ができる北アルプス。そんな北アルプスを、4つのジャンルに分けて、おすすめコースを紹介します。困難だからこそ惹かれる「岩稜」。天上の楽園に咲く「花」。衣食住の全てを担ぐ「テント泊」。技術と体力を駆使して挑みたい「チャレンジコース」。夏だからこその大縦走。綴じ込み付録の「北アルプス全エリアMAP」とともに今年は、北アルプスの大縦走計画を立ててみませんか。
15 6月15日 岳人 2015年7月号  [雑誌]

特集「山岳トレイルを行く」 [ガイド]北アルプス・槍ヶ岳から剱岳へ / 丸山 剛 [ガイド]大雪山旭岳から十勝岳へ / 大塚 友記憲 [ガイド]南アルプス全山縦走 / 宗像 充 [インタビュー]純粋に歩き旅を求めた先の7800km 田中 陽希 [ハウツー]長期縦走中に迫り来る肉体的限界に備える知恵 [ハウツー]あなたは仲間と行く? ソロで行く? [ルポ]大峯奥駈道 / 三宅 岳 [ルポ]朝日連峰主脈縦走路 / 加藤 芳樹
16 6月15日 新ハイキング 2015年7月号  [雑誌]

特集「夏山開幕」 稜線に白い雲が湧きあがり、足元には高山植物が咲き始め、登山者を迎える準備が整う。夏山の幕開けだ。 今月の表紙:北岳 間ノ岳から中白根を越えると、北岳の雄姿が目の前にそびえています。心地よい風を受けながら、北岳を目指しました。
17 6月15日 山の本 2015年夏号 92巻  [雑誌]

人はなぜ山に登るのでしょうか。そんな疑問に答えるヒントを、作家、詩人、登山家、写真家、画家、歌手の皆さんが山に登った心象風景を主に活字で描き、山歩きの魅力を語っています。山のガイドは毎号、知られざる静かな山を案内。プロ、アマを問わず、読者の投稿もひろく受け付けており、読者の連載記事が単行本になった例もあります。表紙は創刊号より沢野ひとし氏のしみじみイラストが飾り、山の雰囲気を醸し出しています。新聞記事を読んでいて本能的に南ア(南アフリカ)を「南アルプス」と置換してしまう山歩き中毒のアナタも絶対に満足する山歩きの読本です。読者は20~70代まで(50代が中心)、男性70%、有名山岳よりも静かな山を好む登山者に愛読され、定期購読の割合が約40%になります。
18 6月15日 鏑木 毅 トレイルランニングトレーニングBOOK

国内最強のトレイルランナーが教える、トレイルランニングに勝つ練習方法や楽しみ方を直伝。 第1章 速くなる走り方とは 第2章 トレーニングを計画する 第3章 トレラングッズの選び方、使い方 第4章 練習場所をセレクトする 第5章 路面に柔軟に対応できるフォームを作る 第6章 トレイルに対応した走り方を鍛える 第7章 レースに出場する
19 6月12日 山をたのしむ

生態学者・文化人類学者であり、探検家である梅棹忠夫氏の登山と探検を振り返った著作。晩年になって想いを新たにした随想、対談などをまとめたもので、氏の最後の著作。
20 6月12日 入門&ガイド フリークライミングアンドボルダリング

技術書とガイドブックが一体化!フリークライミング&ボルダリング技術と知識の全般を詳しく解説し、岩場エリアガイドを多数収録。豊富な図版でわかりやすく、実際のクライミング計画にもすぐに役立ちます。
21 6月12日 私には山がある

田部井淳子(著) 登山好きになった理由、親友の滑落死、生涯の伴侶との出会い、雪崩に巻き込まれながらエベレスト登頂成功など胸を打つ体験談の数々。
22 6月12日 ハイジと山男(やまお)(1)  [コミック]

派遣社員だったハイジは亡き祖父が遺した山小屋を訪ねることに。一族の変わり者だった祖父。そんな彼と一緒に働いていたという霧島はハイジの山男(=祖父)のイメージを覆す爽やかな青年。
23 6月10日 BE-PAL(ビーパル) 2015年7月号  [雑誌]

内容紹介 予約の取れない人気ガイドに教わる らくらく山登り 夏山入門大特集 これさえ読めば、誰でも安心してはじめられる! 別冊付録 大人の逸品 初夏号
24 6月10日 GARVY(ガルヴィ) 2015年7月号  [雑誌]

本格的なアウトドアシーズンを目前にした今月号の巻頭特集は「海・川・湖 水辺へGO! ウオーターアクティビティ大全」です。夏の水遊びを徹底的に掘り下げて紹介。今年大注目のSUP(スタンドアップパドルボード)からカヌー・カヤック・パックラフト・フライフィッシングまで、水辺のアクティビティのハウツーが満載!さらに最新の水遊びギア情報やウオーターアクティビティが楽しめるキャンプ場も網羅しています。
25 6月10日 懐かしき“ヤマヤ”たちの歌

「この非常時だと言うのに、山に行く奴は非国民だ」 “伝説のクライマー”が綴った戦中戦後の山々を駆けめぐる雪と岩の無垢の歌。それでもカメさんは山に登った。昭和十九年十月、敗戦の色も濃く、穂高には登山者の影もなかった。昭和二十年三月東京大空襲で 家族を亡くしたカメさんは無一物で山へ向かう。「山が好きだから、後に他になし」。アルプスの神々は峻厳な鷹の翼を広げて、孤独な聖者を迎え入れてくれた。
26 6月9日 東京近郊ミニハイク〔BE-PAL版〕

明日、スニーカーで山にでかけてみませんか。2008年に初版が発行され、近年の山ブーム&山ガールムーブメントの先駆けとなった名著『東京近郊ミニハイク』が、全面増補改訂し、BE-PAL版として再登場! 東京から日帰りで行けて、誰でもいつでも気軽に登れて、必ず楽しい、おすすめの山23+丘陵4のコースガイドを掲載。新規コースも加えて、山のよさ、山登りの楽しさを、美しい写真とデザインで伝えます。「寄り道スポット」や、「山のウエア」「山のもちもの」も最新情報に大幅アップデート。これから山を始めたい人にも、これまで山を楽しんできた人にも、定番の一冊です。山には、山にしかないものがあって山に行けば、必ずいいことがあります。週末は、すてきな山の一日を!
27 6月9日 経験ゼロからのステップアップ 女子の山登り入門

TV「日本百名山」でおなじみの山女子の先輩が、自らの経験を踏まえ経験ゼロの人でも自分でちゃんと山を楽しめるようになる方法を伝授。★自分でできる山計画★地図の読めない女は卒業★山ウエアの上手な着まわし★山での困りごと解決★山ごはんの楽しみなど
28 6月8日 夏山JOY 2015  [雑誌]

夏、憧れのアルプスへ!『最新登山用品カタログ THE EARTH 2015』『北アルプス登山マップ』『南アルプス登山マップ』『北アルプス 白馬・後立山 縦走&山旅ブック2015』
29 6月8日 菊池哲男の山岳写真の写し方

山で出会う絶景を美しく記録する。現在山岳写真の教室の講師として活躍している著者が、写真教室で教えながら、生徒に伝えたいと思っている山岳写真の極意ををわかりやすく解説。
30 6月6日 山怪 山人が語る不思議な話

著者の田中康弘氏が、交流のある秋田・阿仁のマタギたちや、各地の猟師、山で働き暮らす人びとから、実話として聞いた山の奇妙で怖ろしい体験談を多数収録。話者が自分で経験したこととして語る物語は、リアリティがあり、かつとらえどころのない山の裏側の世界を垣間見させてくれる。山の怪談。現代版遠野物語。
31 6月5日 関東・甲信越一泊でたのしむ山歩きガイド

「山の魅力」を満喫しながら歩く厳選40コース。食事、個室、お風呂、トイレ、料金…など、おすすめの山小屋、宿泊施設を徹底紹介!
32 6月4日 ROCK & SNOW No.68 2015夏号 特集 グレード別初登記録 国内ボルダー編  [ムック]

065号では世界のルートのグレードを追った記録を、067号では世界のボルダリング編を紹介しました。そして今号では国内ボルダーに限定してグレード別初登記録をご紹介します。日本で独自に発達した「段・級」グレードシステムの考案者であり、日本ボルダリング界の草分けともいえる草野俊達氏のインタビューは必読です。日本で独自に発達した「段・級」グレードシステムの考案者であり、日本ボルダリング界の草分けともいえる草野俊達氏のインタビューは必読。
33 6月2日 アンナプルナ南壁 7,400mの男たち  [DVD]

一人の男を救うために、世界10カ国の登山家が集結した。\"生きること\"を感じる、感動のドキュメンタリー!登山者の5人に2人が命を落としている、世界で最も危険な山\"キラー・マウンテン\"アンナプルナへ、一人の男を救うために命の危険をかえりみず集結した世界10カ国の登山家たち。彼らのその後を追った感動のドキュメンタリー!
終了
掲載ブック数:33 一覧の先頭にジャンプ

種類の選択: 全て | 書籍 | 書籍以外 | 雑誌 | ムック | コミック | DVD


   



 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/03/19 17:23:16