登山関連のブック情報 - 2015年7月



 

当ページは、当サイトに統合された情報等から、登山に関連する書籍・雑誌等を、発売日順に整理したものです。

画像およびタイトルは amazon にリンクしています。


種類の選択: 全て | 書籍 | 書籍以外 | 雑誌 | ムック | コミック | DVD

掲載ブック数:41 一覧の最後にジャンプ
2015年7月                 [↑ページ先頭]
1 7月31日 九州の登山口401

初心者・ベテランを問わず、山に登る際に困るのが登山口の場所。登山口が分からないと山には登れない。本書は、登山口の正確な位置や駐車場の有無と規模など、詳細な情報を掲載したガイドブックです。タイトルの通り、紹介する登山口の数はオール九州の401件。登山者の目線に立ち、きめ細かい情報を網羅した“使える”一冊です。
2 7月28日 日本の山岳信仰 (別冊宝島)

本企画は日本人の精神文化の根底にある山岳信仰を概観し、各地の個性ある山々の信仰と歴史の実態を豊富な写真、絵画、資料などを使って解説します。日本の三大霊場をはじめ、富士山、今年1200周年を迎える高野山、北陸の名峰・白山、死者の魂が集まる青森・恐山、四国随一の修験道の山・石鎚山など個性豊かな山々が登場します。
3 7月28日 信州山歩き地図Ⅲ 里山編〈北信・東信〉

登山ルートをイラストマップで紹介する「信州山歩き地図」シリーズの第三弾。東北信地方にある、主に初級者向けの里山・低山91山を取り上げ、山ごとにイラスト地図と写真付き解説で掲載します。登山道の様子や見どころ、危険カ所などを詳細な部分まで描き込んだイラスト地図は、視覚的にルートを把握することができ、安全登山に役立つ内容です。百名山や中級者向け以上の山を取り上げた前作と合わせると、東北信地方の日帰り登山の山はほぼ網羅。オフシーズンも楽しめて、里山ファン待望の一冊です。著者は元県警山岳遭難救助隊長。
4 7月27日 はりま低山ハイキング―手軽な山や丘を歩こう

5 7月26日 写真集 ― 山 ― 御在所岳 2014.10

6 7月25日 つり人 2015年9月号  [雑誌]

7 7月24日 わたしに会うまでの1600キロ

アメリカ西部を縦断するする遊歩道「パシフィック・クレスト・トレイル」。どん底だった26歳のシェリルを癒したのは、トレイルの厳しくも優しい自然と1600キロの道のりだった。セックス、ドラッグ、不倫、中絶、最愛の母の死、離婚、父の暴力、多くの重荷を背負った彼女は、自身の再生を賭けて過酷な大自然の中へと一歩を踏み出した。
8 7月24日 日本の山はすごい! 「山の日」に山を考える

日本の山はすごい! 世界に類のない自然の宝庫であり、長い歴史のなかで培われてきた山の文化がそこにある。日本人と山とのかかわりについて理解を深め、日本の山の魅力を再発見するための情報を広くコンパクトにまとめた解説の書。
9 7月24日 日本の山を数えてみた データで読み解く山の秘密

国民の祝日「山の日」に山を深く知るための深いデータが満載!全国1万8000の山を調査・分析することによって、日本の山の知られざる一面が明らかに。国土地理院の地形図に記載された日本全国の山、約1万8000山をすべて数え上げ、データ化、調査、分析してみると、意外な事実が浮かびあがってきた。山名の読み方や名前の由来、分布などについて、多角的に分析を試みた山名蘊蓄本。難読山名、干支の山、人名の山、数字の山、三国境の山、etc。
10 7月24日 長野県警 レスキュー最前線

初めての遭難救助、思い出に残る救助活動、涸沢常駐、航空隊の活躍など、遭難救助における長野県警察山岳遭難救助隊員と遭難者のドラマ。
11 7月24日 富士山噴火

元陸自のパイロット・新居見充は平成南海トラフ大地震で家族を亡くした喪失感とともに生きていた。が、迫り来る富士山の噴火に、御殿場市と自衛隊を巻き込んだ全住民避難に動き出す・・・・・・!
12 7月23日 ランドネ 2015年9月号  [雑誌]

特集:おいしい山小屋ごはん一度は食べたい、あの名物山小屋ごはん・白駒山荘:天ぷらそば ・丸川荘:とろろごはん ・嘉門次小屋:イワナの塩焼き などなど・あの山小屋のごはんを作っている人たち・小屋番さんのコレが気になる・おすすめ山小屋売店ごはん・山小屋ってどんなところ?・1泊2日の山小屋泊の装備 この夏はじめる水遊び
13 7月23日 Number Do わたしのホーム・マウンテン  [ムック]

特集 わたしのホーム・マウンテン CONTENTS 山野井泰史[北岳] 山野井妙子[涸沢] ふたりで辿る初めての山の記憶 竹内洋岳[剱岳] この剱の頂から私は世界を目指した 青木達哉[前穂高岳] 人生をより豊かにしてくれた山 コラム① 植田正治[大山] 頂上へ登ったのは、たった一度だけ 服部文祥[乾徳山] サバイバル登山家の非サバイバル親子登山 釈由美子[穂高連峰] 山が繋いだ父との絆 コラム② 三松正夫[昭和新山] 愛する山を自分のものにした男 吉田類[藻岩山] 野性を求めさまよう、「酒と山」放浪記 藤原正彦[蓼科山] 親父の山、郷愁の山 コラム③ 秋田県民・山形県民[鳥海山] 「ちょうかいさん」か「ちょうかいざん」か。300年の争い 達人が案内する地元のホーム・マウンテン 六甲山 天城山 八甲田山 第2特集 山は泊まれば10倍楽しい。 山小屋×テント あるある鼎談 鈴木みき×小林千穂×ジュン・オソン Youはどうして山小屋に? テント泊? 山と溪谷社の編集者たちが心震えた“山小屋ごはん”10選 簡単、満腹、美味。星空の下で味わいたいテント泊の夜グルメ この主人がいるから、この山小屋へ いつの日か訪れたい、魅惑の「世界の山小屋」 コラム① 無人小屋は大人の社交場でもある 藝大山岳部は藝大「山小屋」部!? 初めてのテント泊基礎知識 コラム② テント泊には「自由」と「不自由」がある コラム③ ハンモック泊は大人の秘密基地遊びだ 角田光代「なんでわざわざ中年体育」~第20回 旅ラン 高野秀行「伸びしろマンがゆく!」 近藤篤「走りきろうよ、メロス」 モスクワ 増田俊也「オトナの部活」第5回 READ and RUN! リレー連載短編小説 岩松了
14 7月22日 箱根山噴火リーディング

警戒レベル3に引き上げられた箱根山噴火の霊的背景に迫る。火山活動の今後は?浅間山・富士山噴火はあるのか?災害の霊的原因と物理的メカニズムの関係とは?首都圏での噴火活動が活発化する驚愕の真相が明らかになる。
15 7月22日 日本の火山図鑑: 110すべての活火山の噴火と特徴がわかる

日本は、4つのプレートがぶつかり合った境界に位置するため、世界でも有数の火山列島と言われています。最近は火山の活動が活発化しており、噴火や災害の話題が多くのメディアで取り上げられています。そこで本書では、火山についての正しい知識を身につけられるように、火山の成り立ちや噴火のしくみがどのようなものなのか、日本にはどのような火山が存在しているのかなどについて解説し、防災に関する話題にも触れています。日本にある110すべての活火山について、その全景や噴火時のようすがわかる写真を多く掲載し、それぞれの火山の噴火史(規模・災害・その後の対応)を紹介するとともに、現在の状態や将来的な噴火予測などについても解説しています。火山が丸ごとわかる一冊です。
16 7月22日 生還者

カンチェンジュンガ山で大規模な雪崩が発生、4年前に登山をやめたはずの兄が34歳の若さで命を落とした。同じ山岳部出身の増田直志は、兄の遺品のザイルが何者かによって切断されていたことに気付く。兄は事故死ではなく何者かによって殺されたのか――? 相次いで二人の男が奇跡の生還を果たすが、全く逆の証言をする。どちらの生還者が真実を語っているのか? 兄の死の真相を突き止めるため、増田は高峰に隠された謎に挑む!
17 7月17日 マッターホルン最前線 ヘルンリ小屋の日々と山岳レスキュー

世界の秀峰マッターホルン。2015年に初登頂から150 年を迎えたその山稜に建つ山小屋の主人が綴る日誌。 吹雪や落雷、岩雪崩など過酷な環境のなかでの、命を賭けた数々のレスキューの秘話、世界中からの登山者やハイカーでにぎわう山小屋の人間模様の数々。 登山愛好者には見逃せない、マッターホルンを舞台にした貴重なエピソードが満載!
18 7月15日 PEAKS(ピークス) 2015年8月号  [雑誌]

19 7月15日 岳人 2015年8月号  [雑誌]

20 7月15日 山と溪谷 2015年8月号  [雑誌]

特集 日本百名山 十問十答「百名山で最も手ごたえのある山は?」「活火山の百名山、ピークはどこまで?」「百名山踏破のご予算」など、完登をめざす人もめざさない人も、知ればより楽しくなる百名山の魅力を10の切り口で紹介します。 第2特集「いざ! 登頂困難な山へ」岩場など技術的に困難な箇所があったり、登山道が明瞭でなくルートファインディングが難しかったり、アクセスが悪い、徒渉がある、などの理由により、登るのが大変な山は全国にたくさんあります。でも、大変な山だからこそ、登頂のヨロコビをより強く感じるのが山好きの習性ともいえます。本特集では、一般登山者がぜひ登っておきたいレベルの、登頂困難な名山を紹介。
21 7月15日 新ハイキング 2015年8月号  [雑誌]

22 7月15日 COYOTE No.56 ◆ Yosemite for Beginners  [雑誌]

ヨセミテ国立公園の魅力を紐解く新しいヨセミテガイドブック!! いつの時代も旅人を魅了してやまないヨセミテ国立公園へ! キャンプ、デイハイク、フィッシング、サイクリング…… その楽しみは無限大。国立公園と山を徹底的に歩くためのヒントをここに。
23 7月13日 山登りのいろは -たのしい登山のヒント集-

自分で考えて工夫すれば、山登りはもっと楽しくなる!登山経験豊富なメンバーが、たのしい登山の手引きを紹介。道具や服、行動食など、登山にまつわるモヤモヤを通りいっぺんでないたのしいアイディアで解決します。
24 7月13日 Sports Graphic Number Do EXTRA トレイルランニング レース名鑑

25 7月12日 一歩ずつの山歩き入門

“山スカート”の発案者、四角友里さんが、10年間かけて失敗を重ねながら培ってきたノウハウを丁寧に解説! 山歩きデビューから2泊3日の山小屋泊トレッキングまでを応援します! Chapter1 憧れの山へ一歩ずつ近づく計画を立てる chapter2 山への敬意をこめたウエアを身につける Chapter3 山歩きをサポートしてくれる道具を相棒にする Chapter4 疲れず、笑顔で歩く工夫をする Chapter5 山小屋に泊まって、新しい世界を見る
26 7月11日 キリマンジャロ男が山に求めたもの(下)

世界冒険シリーズ第一弾『Kilimanjaro: One Man's Quest to Go Over the Hill』には、私自身がアフリカ最高峰キリマンジャロへ挑戦した記録が記されています。当事40歳だった私は、中年の危機に直面していました。そこで、生活を一新するためにキリマンジャロへの挑戦を決意しました。本書は中年になった私が挑戦したキリマンジャロ制覇までの道のりとその他の様々な試練を乗り越えた現実の記録です。当事、私は外交官としての仕事に行き詰まり、迷いとストレスを感じる日々を過ごしていました。そして2010年、新しい生活へ向かって飛び立つために、アフリカ最高峰であるキリマンジャロに挑戦することを決心しました。中年になってから、長年勤めた外交官を辞めて自分の夢を追いかけることには大きなためらいがあります。私にとっては巨大な挑戦であるキリマンジャロを制覇することができたら、著作業という自分の夢に向かって進んでいく不屈の精神を養えるに違いない。私はそう信じていました。2010の終わりに大いなる希望を抱いてスタートした登山ですが、すぐにキリマンジャロへ登ることがいかに困難であるかという現実に直面しました。「全ての人のエベレスト」として知られているこの山の山頂までの道のりは、これまで私が乗り越えてきた至難と比べ物にならないほど、想像を絶する試練でした。頂上に達するどころか、生き延びるために奮闘しなくてはならなかったのです。精神的かつ肉体的な強靭さを必要とするキリマンジャロ登山は、私の人生の最大の挑戦でした。この記録は、中年になったと感じ、困難に直面することがあっても生活を変える勇気が必要な人たちに是非読んでいただきたいと思っています。また、世界的に高い山々に登山しようと考えているアマチュア登山家達の参考にもなるはずです。キリマンジャロ登山への計画をじっくりと練ってから挑戦した私自身の考察やアドバイスが一杯詰っている本書は、キリマンジャロに登ろうと考えている読者に実行に踏み出す勇気を与え、様々な困難を乗り越えて頂上に達する助けになるでしょう。『Kilimanjaro: One Man's Quest to Go Over the Hill』は2012年グローバル電子書籍賞佳作賞を受賞しました。私自身が登った登山路の写真も60枚以上掲載されています。
27 7月11日 キリマンジャロ男が山に求めたもの(上)

世界冒険シリーズ第一弾『Kilimanjaro: One Man's Quest to Go Over the Hill』には、私自身がアフリカ最高峰キリマンジャロへ挑戦した記録が記されています。当事40歳だった私は、中年の危機に直面していました。そこで、生活を一新するためにキリマンジャロへの挑戦を決意しました。本書は中年になった私が挑戦したキリマンジャロ制覇までの道のりとその他の様々な試練を乗り越えた現実の記録です。当事、私は外交官としての仕事に行き詰まり、迷いとストレスを感じる日々を過ごしていました。そして2010年、新しい生活へ向かって飛び立つために、アフリカ最高峰であるキリマンジャロに挑戦することを決心しました。中年になってから、長年勤めた外交官を辞めて自分の夢を追いかけることには大きなためらいがあります。私にとっては巨大な挑戦であるキリマンジャロを制覇することができたら、著作業という自分の夢に向かって進んでいく不屈の精神を養えるに違いない。私はそう信じていました。2010の終わりに大いなる希望を抱いてスタートした登山ですが、すぐにキリマンジャロへ登ることがいかに困難であるかという現実に直面しました。「全ての人のエベレスト」として知られているこの山の山頂までの道のりは、これまで私が乗り越えてきた至難と比べ物にならないほど、想像を絶する試練でした。頂上に達するどころか、生き延びるために奮闘しなくてはならなかったのです。精神的かつ肉体的な強靭さを必要とするキリマンジャロ登山は、私の人生の最大の挑戦でした。この記録は、中年になったと感じ、困難に直面することがあっても生活を変える勇気が必要な人たちに是非読んでいただきたいと思っています。また、世界的に高い山々に登山しようと考えているアマチュア登山家達の参考にもなるはずです。キリマンジャロ登山への計画をじっくりと練ってから挑戦した私自身の考察やアドバイスが一杯詰っている本書は、キリマンジャロに登ろうと考えている読者に実行に踏み出す勇気を与え、様々な困難を乗り越えて頂上に達する助けになるでしょう。『Kilimanjaro: One Man's Quest to Go Over the Hill』は2012年グローバル電子書籍賞佳作賞を受賞しました。私自身が登った登山路の写真も60枚以上掲載されています。
28 7月11日 ヤマノススメ 9巻  [コミック]

29 7月10日 BE-PAL(ビーパル) 2015年8月号  [雑誌]

30 7月10日 ワンダーフォーゲル 2015年8月号  [雑誌]

・特集 夏はやっぱり日本アルプスを歩こう!『ワンゲル』編集部員が自ら歩いてアルプス縦走の楽しさを伝える夏の特集「歩こう。」シリーズ、一昨年の「南アルプス」、昨年の「北アルプス」に続き、3年目となる今年は、北・南・中央アルプス各山域を網羅します。紹介するのは、憧れの岩稜・西穂~奥穂(北ア)、後立山連峰を一気に制覇する・白馬~爺ヶ岳(北ア)、定番中の定番・表銀座(北ア)、中ア南部の名峰をつなぐ・空木~越百山(中ア)、人気のラウンドコース・聖~赤石(南ア)、通好みのルート・光岳~深南部(南ア)、沢登りでつなぐチャレンジ・北アルプス横断(北ア)。いずれもアルプスの魅力たっぷりのコースです。・別冊付録『完全保存版ガイドブック「歩こう。」日本アルプス縦走コース19』特集と連動し、3シーズンをかけて『ワンゲル』編集部員が歩いてきたアルプスの縦走コースすべてを1冊にまとめたガイドブック。過去2年分と今号に掲載した全19コースを詳細マップで紹介した完全保存版の別冊付録ガイドです。・第2特集「教えます! みんなの山ごはん、アイデア&レシピ」登山者から集めた山ごはんに関するアイデア集。日帰りランチから数日にわたる縦走での食糧計画に使えるレシピを中心に、山での食事に役立つヒントを盛りだくさんに紹介します。
31 7月10日 GARVY(ガルヴィ) 2015年8月号  [雑誌]

夏休みのキャンプシーズンに向けて今月のガルヴィは、ファミリーで楽しむキャンプテクニックを徹底的に紹介します。ファミリーキャンプサイトの最新情報から、夏の外遊びにぴったりなウエア&ギア、子供と一緒に遊べるキャンプ場ガイドまで、夏キャンプを快適にしてくれる知恵がつまっています。はじめてキャンプデビューするファミリーのための情報も盛りだくさん。今年の夏休みは、親子で思いっきりアウトドアを楽しんじゃおう!
32 7月10日 日本百名山登頂記(四)―一歩、一歩 時には半歩

山の初心者からベテランまで、とりわけ中高年登山者必読!山登りも後半戦に入り、遠征が多くなります!遠い完登への道。予期せぬ様々な事態が発生します。ある山では夜の雨中行軍を強いられ、ついに遭難寸前まで追い込まれます。10編(15座)を収録。
33 7月10日 明解日本登山史

「エピソードで読む日本人の登山」 登山の世界を深く知り、より楽しむためには登山史の知識は不可欠です。最近の登山者人口の増加とともに登山史に興味を持つ人が増えていますが、山崎安治「日本登山史」(1969)以降、通史としての登山史の本は出ていません。そこで、『目で見る日本登山史』「ふるさと百名山」などで普遍的な史観による登山史を執筆してきた登山史研究家・布川欣一さんが、日本登山史の概論を、コラム「エピソードで読む登山史」、年表とともに解説します。明解な内容、軽便な新書判で、幅広い読者が手に取りやすく、手許に置いて便利に使える山の教養書です。
34 7月8日 65歳、マナスルへの挑戦 『百名山登頂記』その後

第1部 百名山登頂、その後深い想い出作りの山旅女峰山(栃木県)/白神岳(青森県)/ニペソツ山(北海道)/芦別岳(北海道)/八海山(新潟県)/中ノ岳(新潟県)/天狗岳(長野県)/小秀山(長野県・岐阜県)/経ヶ岳(長野県)/石狩岳・音更山(北海道)/仙ノ倉山(新潟県・群馬県)/南駒ヶ岳(長野県)/ウペペサンケ山(北海道)/夕張岳(北海道)/鳥甲山(長野県)/荒沢岳(新潟県)/天塩岳(北海道)/ピパイロ岳(北海道)/黒姫山(長野県)/大普賢岳(奈良県) 第2部 日本の山から世界の山へ8000メートルへの憧憬/ケニヤ山とキリマンジャロ(ケニア・タンザニア)マッターホルン(スイス/イタリア国境)/アイガー(スイス)/カラパタール・エヴェレストBCトレッキング(ネパール)/パタゴニアトレッキング(チリ・アルゼンチン)/リンプフィッシュホルン/ツィナールロートホルン(スイス)/グランドジョラス(フランス/イタリア国境)/メラピーク(ネパール)/カストールとリスカム西峰(スイス/イタリア国境)/ 第3部 マナスルへの挑戦/マナスル(ネパール)/頂は頭上すぐそこにあった/おわりに/おすすめ山岳書30冊
35 7月8日 一度は歩きたい!北アルプス全エリア マップガイド

誰もがあこがれる北アルプスエリアの地図付きガイドブック。人気コース合計24本を収めた4枚の地図の裏には詳細なルートガイドを掲載しているので、山に持っていくのはこの地図だけでOK! ブックには、山小屋やアクセスなど事前計画に必要な情報が満載
36 7月7日 信州の里山トレッキング東北信編

咲き競う花々や可憐な蝶、知られざる植物や昆虫、信州ならではの大 パノラマ、山城に残る戦国武将の夢の跡、里人と山のかかわり等々、里山トレッキングの魅力のすべてを長野県認定「信州 山の達人」 が余すところなく紹介します。発見や驚愕に満ちたコラムも満載! お勧めの38山、74コース。
37 7月7日 山の履歴簿 第二巻 北海道中央部

本書は山の記録をデータベースとしてまとめ、「山の事典」を残したいとの思いから多くの文献資料から山域別に「山の履歴」を集大成し、山小屋・登山記録・遭難事故などを加え、山名の由来となったアイヌ語地名解も数多く収録し成ったもの 考文献・資料(第二巻)/第一巻の訂正と補稿/同名・類似の山名一覧表(北海道中央部)/山名索引(北海道中央部 A-Z)
38 7月7日 のぼる小寺さん(1)  [コミック]

ボルダリング部に所属する小寺さん。クールなのかと思ったら、だれにでも礼儀正しく、部活には一生懸命。クラスで孤立している人とも仲が良く、部活には誰よりも先に来て、備品の掃除をしているような、心優しい普通の女の子。一体この子はなんなんだ……? 彼女の、ミステリアスでささやかな日常をそっと覗き見る、新感覚日常コメディ!
39 7月5日 乗鞍の四季彩〜Colors of four seasons Norikura〜 SlowPhoto

乗鞍高原の四季の彩りを写真家・山下茂樹が活写した写真集です。カラー写真60点収録。乗鞍高原は、日本の飛騨山脈南部東側に位置する高原です。自然保護のためマイカーでの進入は禁止されています。星空の乗鞍の風景など、四季の移ろいをこの写真集でご堪能ください。なお、写真集は写真を大きくご覧いただくために横位置に固定しています。端末を横位置にしてご鑑賞ください。
40 7月3日 海と山といつものごはん お料理絵日記4

東京の暮らしに別れをつげ、引っ越した先は、神奈川・三浦半島。海の見える丘の上で新しい生活が始まりました。でも、素材を大事にした料理は変わりません。しらす漁が始まれば「釜揚げしらす丼」、晴れた5月には「プチトマトの天日干し」、お茶のお稽古のあとに「うなぎ鍋」など。人気料理家の暮らしをレシピとともに描く、大人気シリーズ第4弾。
41 7月2日 フィールドライフ No.48 夏号  [雑誌]

特集は「アウトドアな釣行」。登山家の服部文祥さんと四角大輔さんによる「テンカラ」と「フライフィッシング」の競演や、マウンテンバイクで行く毛バリ釣りの旅、カヤックで楽しむ海釣りなどの取材記事、そのほかゲームフィッシング年代記やテンカラ、フライフィッシングのABCなど、釣りの楽しみ方が盛りだくさん。フィールドライフならではのアウトドアな釣りの遊びをご紹介します。また各人気連載を始め、写真家・星野秀樹さんのシエラ紀行や環境イベント・シートゥサミット参戦記なども掲載。そして今回もモリパークアウトドアヴィレッジへ行きたくなる綴込付録「TOKYO MOUNTAIN LIFE」付き。夏もしっかりアウトドアを楽しみましょう。
終了
掲載ブック数:41 一覧の先頭にジャンプ

種類の選択: 全て | 書籍 | 書籍以外 | 雑誌 | ムック | コミック | DVD


   



 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/07/23 23:23:09