登山関連のブック情報 - 2018年9月 - 書籍



 

当ページは、当サイトに統合された情報等から、登山に関連する書籍・雑誌等を、発売日順に整理したものです。

画像およびタイトルは amazon にリンクしています。


種類の選択: 全て | 書籍 | 書籍以外 | 雑誌 | ムック | コミック | DVD

掲載ブック数:18 一覧の最後にジャンプ
2018年9月                 [↑ページ先頭]
1 9月30日 山の手帖2019

山好きは、今年も山を持ち歩く― 2019年版ができました! 北・中央・南アルプス&八ヶ岳の情報満載の山のスケジュール帳。2018年12月~2019年12月の月間・週間ダイアリー 毎週の山岳写真もパワーアップ 充実の資料編に「日本の氷河」と「野鳥図鑑」が新登場! ビニールカバー、スピン付き。表紙はリバーシブル仕様 今年もあります! 山の手帖着せ替えサイト お好きな表紙をダウンロード。印刷してお使いください。
2 9月28日 カレンダー2019 美しき日本の山 The Splendor of Japanese Mountains (ヤマケイカレンダー2019)

日本を代表する山岳写真家による1,000点以上にもおよぶ名作・力作・秀作の中から選びに選びぬいた13点の山岳写真で構成、毎年大好評のヤマケイ定番山岳カレンダー2019年度版。美しく、そして四季折々の表情を見せる日本の山々が、日本を代表する山岳写真家によって、渾身の作品となり、大迫力のカレンダーに仕上がっています。時に厳しく、また時にやさしげな山々の姿は、登山を楽しむ人だけでなく、多くの人々の心をとらえます。2019年も、日本の名峰をカレンダーでご堪能ください。
3 9月28日 カレンダー2019 美しき世界の山 (ヤマケイカレンダー2019)

世界各国の山岳美を厳選!アルプス、アンデス、ヒマラヤ・・・全世界の山々の迫力を写し撮った壁掛けカレンダー2019年版です。日本を代表する山岳写真家たちが、写し撮った世界の名峰、絶景の数々、毎月存分にお楽しみいただけます。
4 9月26日 一生、山に登るための体づくり

山登りを楽しく続けるために必要な体力を鍛えるための「山筋GOGO体操」を提案する、女子美術大学名誉教授・石田良恵先生が、「登山時報」で50回にわたって連載した人気企画をまとめた1冊です。
5 9月21日 図解 山の救急法 医学的根拠から応急処置法まで

病院から遠く離れた山中で事故に遭遇したとき、傷ついた人、病に倒れた人を目の前にしてほかに頼れる人がいないときに、救助者が一番にすべきこととは? 傷病者を適切な治療を受けられる病院に搬送する、その前に補助的な応急処置をするためにはファーストエイドの知識と処置法が重要だ。本書は、自身が海外登山の経験も豊富な登山家であり、凍傷治療の第一人者で災害ドクターとしても国内外で活躍する金田医師と、同じく登山家で、ドクターヘリなどによる救急救命の第一人者である伊藤医師が執筆。巷にあふれる「迷信」や科学的裏付の乏しい前時代的な応急処置ではなく、それぞれの山での経験や、医師として行った治療・処置をふまえ、「医学的根拠に基づいたファーストエイド」を平易に解説した。さらに患部や処置法をわかりやすく表現したイラストを豊富に使うことで、一般の人もひと目で理解できる内容になっている。山などのアウトドアだけでなく、近年頻発している自然災害の現場でも、正しい判断と処置をするための一助となるテキスト。
6 9月21日 もっとゆる山歩き いつだって山日和

大好評 『ゆる山歩き』 の第2弾! 登ることではなく歩くことを楽しむのが「山歩き」。大自然の中を、景色を楽しみながらゆる~く山を楽しみましょう。初心者が行かれないような危ないコースは紹介していないので、ゆっくり登れば大丈夫。 第1弾に続き、季節ごとに分けて、首都圏からすぐに行くことができる全50のコースを紹介しています。
7 9月21日 55歳からの やってはいけない山歩き (青春新書プレイブックス)

楽しくて心身にも良いと中高年に人気の山歩き。しかし「まだ若い」という過信から、日帰りできる低山でもケガ、体調不良、事故、あわや遭難…とトラブルに直面する人が続出中。事前の簡単なエクササイズ、最新ウェアや用具の活用法、単独登山でも道に迷わないポイントなど、自分のペースで安心して歩けるコツをコンパクトに凝縮。シャツ1枚と同じ重さの必携バイブル!
8 9月20日 再訪の山

50代60代・ダイナミックな山の魅力に果敢に応え、70代・ハンデを負ってなお山歩きを続け、80代・山麓を歩き山と人との関わりに心を寄せる。人生の機微が散りばめられた異色の山歩きの記。
9 9月20日 山と高原

高原にはいつも、いい風が吹いています。山と街の間にある高原は、どちらの魅力も感じられる場所。Tシャツとワンピース、スニーカーとパンプス。両方ともバッグに詰めて、心地いい週末旅へ出かけましょう。山が多い日本は高原の宝庫。古くから避暑地として、登山基地として愛され、歴史や文化が深く刻まれている高原を10箇所選び、温泉・馬・かき氷・探鳥キャンプなど特徴あるテーマを設定し、ルポ形式で高原の魅力を紹介します。
10 9月20日 どこどこ山はどこにある

11 9月14日 ぼくたちの やま

近く遠く、いつもそこにある山は、私たちの心の原風景。春夏秋冬 - 季節を装う山の姿は美しく、やさしく、どこか懐かしく…。時をきざむ自然・生命の息づかいのなかで、ふと感じる何かを大切にしたい。
12 9月10日 カレンダー2019 空から見た北アルプス (ヤマケイカレンダー2019)

空から見た『北アルプス』Bird's Eye View of Northern Alps 北アルプスの名峰の数々を、鳥目線でとらえた雄大な航空写真によるカレンダー2019年版です。日本の代表的なアルプスの魅力的な姿、山好き、登山家、クライマー、アルピニスト等に大人気の北アルプスの雄大な山々を「鳥目線」の航空写真カレンダーでお楽しみください。
13 9月10日 カレンダー2019 富嶽万象 美しき富士 大山行男作品集 (ヤマケイカレンダー2019)

日本一の山、そして世界文化遺産の山、富士山の貴重な瞬間、その姿を毎月堪能することができるカレンダーです。富士山撮影の第一人者大山行男氏が、季節や時間ごとに変化するダイナミックな富士山の姿を写し撮っています。
14 9月10日 山怪 参 山人が語る不思議な話

高度なテクノロジーが支配する現代に、原初的な恐怖を掘り起こし、新たなる遠野物語として社会現象になった「山怪」を体験せよ! 山で働き暮らす人々が実際に遭遇した奇妙な体験の数々。ベストセラー『山怪』の第三弾が現る!山岳、怪談、民俗学・・・・・・。領域を超えて拡散する「語り」の魔術。
15 9月10日 それいけ避難小屋

間取り展開イラストがわかりやすい。かつてない「避難小屋イラスト図鑑」の登場! 避難小屋とは、悪天候などの非常時に避難・休憩・宿泊するための山小屋。営業山小屋のように管理人がいない場合もあり、個性的な小屋が多い。『山と溪谷』2014年4月号から好評連載中の「それいけ避難小屋」を単行本化。著者独自のカラーイラストで描かれた間取り図は、写真や図面と違い、小屋の雰囲気まで伝わってきます。東北から四国までの51軒を全て実踏調査。いまだかつてない「避難小屋イラスト図鑑」!
16 9月7日 高梁の山登山詳細図 臥牛山・愛宕山・鶏足山・八長富士・八長山・稲荷山・神崎山・木野山 全21コース

高梁盆地を取り囲む山は、高梁川の東岸北から臥牛山(487m)、高陣(502m)、狼岩山(523m)、愛宕山(427m)、高倉山(382m)、そして南に鶏足山(585m)と連なっている。川の西岸には、北から八(お)長(なが)富士(400m)、八(お)長(なが)山(436m)、日向山(358m)、稲荷山(418m)、神崎山(386m)がある。臥牛山は、天空の城郭・備中松山城が建つ山で、松山城を訪れる人は年間4万人(高梁市役所調べ)といわれる。愛宕山は火伏せの神が祀られた由緒ある山で、登山道には丁石が立ち、展望がすこぶる見事である。高陣、狼岩山は、雲海に浮かぶ松山城を撮影するために高梁市が敷設した市道沿いにあり、秋、雲海の季節には大勢の写真愛好家が殺到する区域にある。高倉山は高梁市街の南に聳える送電鉄塔が立つ山で、登山愛好家の登行欲をそそる山である。高梁川西岸に連なる山々は、自然林に覆われ、探検的登山ができる魅力ある山域である。これらの山の登山道は、一部を除いてほとんど一般には知られていなかった。その知られざる山道を、2017年11月~2018年4月、16名が延べ88日間に亘って踏査、整備し、それをまとめたのが「高梁の山登山詳細図」である。
17 9月6日 いっしょにのぼろう

人生について考えながら、お子さんやお孫さんに読んであげたくなる絵本
18 9月1日 山小舎日記 3000メートル青春賦

山は感受性の玉手箱。出逢う喜びも、悩みを受け止める強さも、みんな山から教わった。山の上に広がる青空を体感できる、豊かにして爽快なエッセイ。
終了
掲載ブック数:18 一覧の先頭にジャンプ

種類の選択: 全て | 書籍 | 書籍以外 | 雑誌 | ムック | コミック | DVD


   






 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2020 登山の四方山話 - 2020/11/28 14:40:12