登山関連のブック情報 - 2019年3月



 

当ページは、当サイトに統合された情報等から、登山に関連する書籍・雑誌等を、発売日順に整理したものです。

画像およびタイトルは amazon にリンクしています。


発売日の選択: 本日以前(90日分) | 2019年3月 | 2月 | 1月 | 2018年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2017年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2016年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2015年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2014年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月
種類の選択: 全て | 書籍 | 書籍以外 | 雑誌 | ムック | コミック | DVD

掲載ブック数:6 一覧の最後にジャンプ
2019年3月                 [↑ページ先頭]
1 3月28日
(発売予定)
PEAKS特別編集 【最新版】みんなの山道具  [ムック]

グリーンシーズンを想定したあらゆるスタイルのソロ装備を紹介!自身の山行スタイルに合わせて組み上げる登山装備。個人の思考によってさまざまな組み合わせがあるだけに、ほかの人の装備すべてを拝見できる機会はありません。「だけど見てみたい!」という声にお応えして、『みんなの山道具』シリーズ5作目が2年ぶりに登場します。テント泊装備はもちろんのこと、意外と個性がでる山小屋泊や日帰り装備も紹介する本書では、登山と関わるプロたちの装備を拝見できるだけでなく、自宅の装備収納スペースやライフスタイルと登山のつながりまで伺いました。新たに導入したいけれど嵩張るうえに高価な山道具。装備を増やしながらも生活を豊かにする、“登山”と向き合う考え方まで網羅した一冊です。
2 3月18日
(発売予定)
関東百名山

関東の名山・人気コースを選び抜いた新しい「百名山」の決定版!関東地方各地に数多散らばる山々のなかから「名山」にふさわしい100山を「関東百名山」として選出。『山と溪谷』などの登山専門誌で活躍する著者5人が、豊富な登山経験と多角的な情報を吟味し、選んだ全100山・100コースを詳しくガイドします。日帰りコースを中心に、すぐに登りに行きたくなる関東の100山です。地域の魅力にあふれた「百名山」をお楽しみください!
3 3月18日
(発売予定)
穂高小屋番 レスキュー日誌

穂高の山小屋に暮らし、誰よりも深く穂高を知る男・宮田八郎。小学館コミック「岳―ガク―」(石塚真一著)に登場する小屋番「宮川三郎」のモデルにもなり、穂高の遭難救助に欠かすことのできない人物だった。2018年4月に海難事故で不慮の死を遂げてしまったものの、「山で死んではいけない」というメッセージを多くの登山者に届けたいテーマとして、彼は書き残していた。現場に長く居たからこそ経験できた山岳遭難救助の実態について、具体的な体験談をもとにレポートし、「防ぐことができたはず」の遭難が二度と起きないように、現場からの貴重な声を登山者に届ける。山岳遭難の現場ではいったい何が起きているのか。長年、穂高岳山荘を基点に、遭難救助の最前線で活躍し続けててきた宮田八郎が、山岳レスキューの実態をつぶさに紹介。遭難救助の初体験から、霧の中の危機一髪のヘリ・レスキュー、季節ごとの遭難歳時記等、心に残る遭難救助の数々が描かれる。穂高の小屋番であり遭難救助隊員でもある宮田八郎の、登山者に向けた厳しくも暖かいメッセージ。
4 3月18日
(発売予定)
黒部源流山小屋暮らし

北アルプスの山小屋の中でも、黒部川の岸辺という特殊な環境にある源流の小屋、薬師沢小屋。電波も届かない山奥で、どのような暮らしがあり、どのような出来事が起こるのか。薬師沢小屋で働いて12年目になるイラストレーターのやまとけいこが、小屋開けから小屋閉めまでの時間軸に沿いながら、リアルな山小屋ライフを楽しい文章とイラストで紹介します。
5 3月16日
(発売予定)
生かされなかった八甲田山の悲劇

八甲田山雪中行軍と2年後に起きた日露戦争、その関連性と類似性に着目して、冬の戦争の悲惨な実態に迫る歴史ノンフィクション!1902(明治35)年1月、雪中訓練のため、青森屯営を出発した歩兵第5連隊第2大隊は、八甲田山中で遭難し、将兵199名を失うという、歴史上未曾有の山岳遭難事故を引き起こした。のちに新田次郎の小説や映画「八甲田山」がともに大ヒットしたことで、フィクションでありながら史実として定着した感が強い八甲田山の雪中行軍。その点に危機感を抱いた著者は、いくつかの疑問を明らかにし、新たな事実を掘り起こして前作『八甲田山 消された真実』を著わした。本書では、雪中行軍の2年後に勃発した日露戦争との関連性と類似性に注目し、八甲田山の悲劇と悲惨な冬の戦争の実態に言及する。まず雪中行軍の生存者たちの証言とその後の彼らの歩んだ生涯、汚点回復のため津川連隊長が執心した半年後の岩手耐熱行軍、そしてついに日露戦争へと突き進む。完璧な要塞と言われた旅順への総攻撃と二〇三高地の激戦、無能無策な第三軍の戦いに怒った友安旅団長、そして判断を誤った立見師団長の黒溝台会戦・・・・・・。冬の戦争の悲惨さを描き当時と変わらない軍隊の体質など、雪中行軍から何も教訓を得られていない事実を明らかにする。
6 3月15日
(発売予定)
山の本 107号  [雑誌]

終了
掲載ブック数:6 一覧の先頭にジャンプ

発売日の選択: 本日以前(90日分) | 2019年3月 | 2月 | 1月 | 2018年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2017年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2016年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2015年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 | 2014年12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月
種類の選択: 全て | 書籍 | 書籍以外 | 雑誌 | ムック | コミック | DVD


   









 
当サイトの機能と情報


  • 当サイトはAmazonを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogle Adsenseの参加者です。
  • Copyright © 2014-2019 登山の四方山話 - 2019/02/16 11:57:25